茶色ニットコーデ23選【2022秋冬】|おすすめのブラウンニットも要チェック!

洒落感たっぷり♡茶色のニットコーデを大特集

茶色ニットレディースコーデ

秋冬コーデに合わせたい「茶色ニット」のトレンドスタイルを厳選♪ ワードローブに欠かせないブラウンは、チョコ・キャラメル・モカなど色味もさまざま。茶色ニットと相性の良いカラーの選び方や、アウターとの組み合わせにも注目です。

茶色ニットに合わせるならこの色がおすすめ

茶色ニットレディースコーデ

落ち着いていて大人っぽいコーデにおすすめの茶色ニット。中でもカジュアルなTシャツやカットソーと比べて、ニットはきれいめな印象になるのでオンもオフも着回しやすい!

茶色ニットレディースコーデ

ブラウンのニットアイテムに合わせるなら、大人っぽく仕上がるベージュ系はもちろん、「ピンクラベンダー」や「セージグリーン」など、旬のあいまいカラーとも相性抜群♡ くすみ系のパステルカラーはトレンド続行なのでチェックして!

茶色ニットレディースコーデ

茶色のニットトップスと茶色のボトムを合わせるワントーンコーデもおしゃれ♪ 全身がブラウン系だと秋らしい季節感も◎。

茶色ニットコーデのポイント

茶色ニットレディースコーデ

  1. カットソーよりも品が出るニットはオフィスコーデにおすすめ
  2. トレンドの着こなしなら、×「あいまいカラー」で今っぽ配色に
  3. 茶色ニット×ロングシャツなどレイヤードコーデで今年っぽく
  4. 茶色トップス×茶系ボトムのワントーンは濃淡をつけると失敗しない

茶色ニットを合わせるレディースの秋冬コーデ

【1】タートルニットのレイヤードでおしゃれ上級者に♡

10位 秋冬に着たい定番アイテムを+1テクで刷新! ちょい見せタートルレイヤード『清楚で真面目な印象のタートルネック。〝きちんと見え〟がトレンドである今季は、積極的に取り入れたい!シャツやワンピースの下にアクセント的に仕込んだり、はたまたタートルネックにタートルネックをレイヤードさせたり、自由な発想で存分に楽しんで♡』

タートルネックを1枚で着るのもかわいいけれど、同系色のニットをレイヤードすると途端に上級者っぽい雰囲気に。スカートやバッグまで同系色のグラデでまとめて大人ムードたっぷりに着こなして。

CanCam2022年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、橘 綾花、有田梨菜 構成/石村真由子、山木晴菜、岩附永子、安 彩楓、鶴見知香

【2】茶色ニット×ピンクスカートのスイーツ配色

4位 ほんのりカッコいい、鮮度高めのスカートスタイル! ハイスリットスカート×ロングブーツ『この秋、スカートのスリットはひざ上は当たり前なくらい深くなる一方!いつもは脚見せに抵抗がある人からも、「ロングブーツとセットで秋に挑戦したい!」とラブコールが。洒落ムードに欠かせない、足元重めバランスも、このタッグにお任せ♪』

定番のワンツーコーデも、チョコブラウン×くすみピンクの色合わせなら甘さと今っぽさが絶妙! 足元は、大人かわいい配色にスッとなじむノーブルなベージュのロングブーツがおすすめです。肩掛けカーデと小物をベージュにすることでコーデ全体がまろやかな印象に。

CanCam2022年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、橘 綾花、有田梨菜 構成/石村真由子、山木晴菜、岩附永子、安 彩楓、鶴見知香

【3】茶色ニット×オレンジスカートのフェミニン配色

2位 品よく色っぽい♡ 吸引力のある細見えⅠライン 肌見せニット×ほっそりスカート『ほっこりしないよう、ほんのり色っぽいムードが鍵となるニットスタイル。ほのかに肌が見えるニットとほっそりシルエットをアピールできるⅠラインスカートの最強タッグが、「秋一番に着たい大本命!」とおしゃれ読者の間で話題♡』

ほんのりモードな雰囲気も漂う洒落見えニットに女っぽいマーメイドスカートをプラス。表情豊かなローゲージニットには、落ち感がきれいなサテンスカートを合わせてスッキリとした印象に導いて。

CanCam2022年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、橘 綾花、有田梨菜 構成/石村真由子、山木晴菜、岩附永子、安 彩楓、鶴見知香

【4】こっくりブラウンはオフィスコーデにもおすすめ

Yellow 優しげなクリーミィトーンでオトナきれい仕上げ『鮮やかカラーが主流の中、イエローだけはちょっぴり例外。発色が強すぎると子供っぽく見える可能性があるので、CanCam的にはベージュ感覚で着られるマイルドなイエローがイチ推し!ベーシックカラー合わせや上品なシルエットで大人っぽく着こなして。』

大人っぽいスカートコーデは、レディなシルエットと穏やかな色合わせが今旬。白が混ざったフレッシュイエローのマーメイドスカートは、ニット&ブーツをこっくり深いブラウンにすると上品かつおしゃれっぽく仕上がります。

CanCam2022年11月号より 撮影/遠藤優貴 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI、後藤若菜(ROI) モデル/ほのか(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】鮮やかスカートを茶色ニットで引き立てて

Red ベージュorブラウンでまろやかにまとめて上品に『去年までのスモーキーなあいまいカラーから一変、この秋のトレンドカラーは鮮やかなきれい色が主流に!ひと目でパッと華やぐドラマティックな赤は、やわらかいベージュorブラウン合わせでコントラストをつけすぎない、優しげな着こなしが気分。』

インパクトのあるジューシーな赤は、はっきりした白や黒合わせよりも、マイルドにまとまるブラウンがおすすめ。こっくりブラウンのニットを選んで温かく包み込むのが正解です。ボリューム感がかわいいティアードスカートにはベーシックなリブニットを合わせて王道レディな着こなしに。

CanCam2022年11月号より 撮影/遠藤優貴 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI、後藤若菜(ROI) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】ジレ合わせでワントーンコーデを新鮮に

絶対外せない秋はおりは? 上品きれいめ派は ツイードジャケット『クラシカルなツイードジャケットはどこの展示会でも見かける勢いのトレンドど真ん中アイテム!程ゆるシルエット、モノトーン風の色合いが狙い目。』

新顔のツイードジレはタイトスカートでレディに着るのが今の気分。ツイードの中の一色と合わせたブラウンニットをインに重ねて、洗練されたムードを演出。仕上げはブラウンのキャスケットでパリっぽさも投入しましょ。

CanCam2022年10月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/権藤彩子、安 彩楓

【7】茶色ニット×グリーンパンツの新鮮なカラーコーデ

DAY5

オーバーサイズのチェックジャケットにゆるパンツを合わせたメンズ風コーデ。こっくりグリーンのバッグ、カーキのビッグトート、ミント色パンツ、と同系色を意識すると簡単なのにこなれて見えます。インナーはすべてのカラーと相性のいいブラウン系ニットでコーデをまとめて。足元はボリューミーなスニーカーでラフに外すのがきれいめカジュアルの鉄板ワザです。

CanCam2022年2月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/岩瀬博美 ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】ブラウンの大人配色を×ピンクでマイルドに

Q.5 日中外回りからの夜デート♡そんな日のオススメ靴ってありますか?『A.疲れにくくて女っぽい高機能パンプスがあると心強い!』

トレンドのエコレザースカートは、辛さをやわらかく仕上げてくれる丸首ニットでフェミニンに。ペールピンクのアウターを取り入れると親近感のあるきれいめコーデが完成します。大人っぽい柄トートとベージュパンプスをリンクさせるのもポイント。

CanCam2022年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【9】きれい色パンツ×ブラウンニットで今っぽく

02 ツイードジャケットならきちんと+αの華やかさ

ブラウンニットやベージュのツイードジャケットに、ラベンダーのパンツを合わせたニュアンシーなカラーコーデ。やわらかで大人っぽい配色なら好感度の高いフェミニンスタイルが完成します。バッグはふわふわのファーバッグでカジュアルさをプラスすれば、コーデに抜け感が生まれて清楚な中にこなれ度もUP!

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【10】シックな茶色コーデにアウターで明るさを

@LUNCH TIME【社内コンペ成功!会議終わりでランチへ】

知的なオフィススタイルは、ベージュのようなピンクのような、ニュアンシーなカラーコートがイチオシ。インナーはブラウンで統一したリブニットとパンツでシュッとスマートに引き締めて。きれいめコーデに大きめのトートバッグを合わせると、知的できちんとした印象がアップします。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属)構成/手塚明菜

【11】こっくりカラーで秋冬らしいニットコーデ

PATTERN01.こっくりニット×ティアードスカート

深みのあるパープルスカートとチョコブラウンのニットの配色が洒落感たっぷり。BIGタートルのミドル丈ニットは、大人っぽいティアードスカートや細ベルトのウエストマークで大人っぽく着こなすのが新鮮です。

CanCam2022年1月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/有田梨華、木谷成良 構成/浜田麻衣

【12】ミニスカートでブラウンコーデにかわいさを♡

2 細かめチェックミニを今年顔ブーツに合わせて着回し!

ブラウンのニットにチェックミニを合わせて、BIGシルエットのコートをプラス! 小ぶりのバッグを斜めに掛けるとスタイルアップ効果も◎。トーンが異なるブラウンのグラデーションが優しい印象に着地するのも、肌なじみのいい最旬ブーツのおかげです。

CanCam2021年12月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/有田梨華 構成/岩附永子

【13】ボリュームアウターをブラウンニットで引き締めて

6 ショール付きコート×ワッシャースカート

引き続き大人気のガンクラブチェック柄コートも、ショールをひと巻きすればクラシカルなムードが倍増! ブラウンニットとなじみのいいくすみオレンジのスカートを合わせて、かわいげも添えてみて。靴は、チェックやオレンジのまとめ役に締め色のブラックを選ぶのが正解です。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【14】グラデ配色が今っぽい!茶系のきれいめスタイル

1 ミドル丈コート×マーメイドスカート

ダークブラウンのタートルニットは人気のベージュ系グラデに必要不可欠。インナーの締め色ニットでノーカラーのボアコートにメリハリが効いてきれいめに着こなせます。ハイウエストのマーメイドスカートやロングブーツなど、スタイルが良く見えるコーデを合わせてよりすっきりと着こなして。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【15】ブラウンニット×デニムの大人っぽブーツイン

4 ポンチョコート×女っぽワントーン

ブラウンのニットにグレー系のスキニーデニムを合わせたニュアンスコーデは、インパクトのあるレオパード柄トートでツウな表情をプラス! さりげないポンチョコートもブラウンカラーをチョイスして洗練度の高いなじませ配色で着こなすとおしゃれです。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【16】タイトなニットとハイウエストスカートでスタイル美人

1 ミドル丈ボアコート×マーメイドスカート

もこもこボアコートはシルエットで女っぽく魅せるのが重要! ひらっと揺れる黒のマーメイドスカートを合わせることで、ほんのり女っぽさが漂います。トップスはブラウンのニットでやわらかさを足しつつ、足元はローファーでラフに仕上げるのがポイント。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【17】ブラウン×エクリュで仕上げるきれいめカジュアル

着映える美人コートこそ、優しいトーンで品よく着るのがトレンド。ハイネックニットとエクリュデニムのきれいめカジュアルもおしゃれっぽく仕上がります。ブラウン×エクリュの淡色コーデに、ちょっぴり主張のある柄トートでアクセントをプラスすると膨張感も払拭できます。

CanCam2021年11月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【18】シャツレイヤードで定番トラッドに旬をプラス

no.5 洒落見えレイヤード

ショート丈ニットにチュニックシャツを重ねたトレンドのシルエット。高めの位置からひらっと揺れるシャツは、お腹周りをカバーしつつ脚長効果もGETできます。×チェック柄パンツでトラッドに振れば、今っぽさときちんと感を両立したきれいめスタイルが完成します。

CanCam2021年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属)構成/浜田麻衣

茶色のニットカーデやニットジャケットの着こなし

【1】茶系アイテムでまとめる秋冬のワントーンコーデ

6位 寒い季節の鉄板コーデをアップデート! 華奢キャミワンピ×ゆるカーデ『1枚でおしゃれが完成する頼れるワンピースの中でもこの秋はキャミロングワンピが旬! ゆるっとカーディガンをトッピングしたら、ちょっぴりあざとくこなれ見え♡きれいめからカジュアルまで、コーデのバリエが豊富なところも推しポイント!』

ネックラインが大人っぽいキャミワンピは、秋らしく女度を高めてくれるモヘアニットを相棒に。バッグやブーツも、きれいめ派の王道配色・ベージュグラデでまとめれば洗練度がアップします。

CanCam2022年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、橘 綾花、有田梨菜 構成/石村真由子、山木晴菜、岩附永子、安 彩楓、鶴見知香

【2】リッチなムードに仕上がる茶色のジャケットコーデ

04 ツウ見えセットアップで回りと差をつける!『ワンピースを更新!』

簡単におしゃれが叶うセットアップは、たゆんとした袖やボウタイ、マーメイドラインのスカートなど見せ場の多いデザインがポイント。飾らずとも女っぽい印象になるので、同系色のジャケットやグレージュ小物でまとまりよく着こなして。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【3】ロングニットカーデですっきりIラインをメイク

PATTERN05.ニットガウン×ふわもこストール

すらっとしたリブタイトとストールをベージュでまとめて、ニットの重ね着コーデを大人っぽく。アウターは、袖まわりにゆとりをもたせたニットガウンを選択すると旬顔に。足元は黒のマニッシュブーツでキレよくシャープに、バッグは大きめの白ファーバッグでアクセントを効かせましょう。

CanCam2022年1月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨華、木谷成良 構成/浜田麻衣

【4】Vネックカーデをさらっと合わせて女っぽく

ブラウン系でまとめたワントーンコーデは、タイトスカートにVネックカーデを一枚で合わせて、大人っぽいワンツーコーデに。テーラードのロングコートをバサッと羽織れば、目に留まる洗練コーデの完成です。こっくりしたメープルカラーのアイコンバッグも、シンプルなパンツスタイルを程よくキャッチ―に盛り上げてくれるポイント。

CanCam2022年1月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/シバタロウ(P-cott)  モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/岩附永子

【5】ニットジャケットのこなれ見えパンツスタイル

02 ふわモコニットジャケット

アンゴラ混のふわふわニットジャケットは大人っぽいモカブラウンでおしゃれっぽく。ジャケット自体がフェミニンだから、ボトムはカーキのテーパードパンツで辛さをMIXするとこなれ感がアップします。襟元にブローチを重ね付けして華やかに盛るのも取り入れたいテクニック。

CanCam2021年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

品のある茶色ニットは休日もオフィスもおすすめ

カジュアルになりすぎず上品さがキープできる茶色ニットは、オフィスなどのきれいめコーデにもおすすめ! 今年っぽいムードにするなら、ピンクやベリーペリ、グリーンなど、くすみのある“あいまいカラー”を合わせてみて♡ トレンド感のあるおしゃれな配色が楽しめます。