冬イエローのおすすめコーデ7選|マスタード・レモン色の着こなし

冬コーデに映えるイエローの着こなし例

冬ファッションと相性のいい、イエローアイテムを取り入れた冬コーデをピックアップ♡ マスタード色・レモン色トップスのおすすめスタイルを紹介します♪

【目次】
黄色カーディガン 冬コーデ
からし色ワンピース 冬コーデ
からし色トップス 冬コーデ
レモン色トップス 冬コーデ

黄色カーディガン 冬コーデ


【1】短丈カーデとロングタイトで今どきモードなバランスに♡

短丈カーデとロングタイトで今どきモードなバランスに♡

コーデの主役は、ざっくりとした編み地の立体感とマスタードイエローの色味が、どことなくレトロかわいい短丈カーデ。ボトムに合わせたコーデュロイのタイトスカートで、今っぽい上下バランスを楽しんで。インナーのロックTシャツも、パンチのある色味がこなれた着こなしにぴったりです。バッグは差し色のビビッドピンクをチョイスして、よりキャッチーに仕上げましょ。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/木村 晶

【2】ほんのりレトロなビジュー小物で印象づけて♡

ほんのりレトロなビジュー小物で印象づけて♡

ベージュやマスタードの秋色コーデに黒小物でメリハリをON! ベルトとヒールのさりげないビジューリンクも、ステキに見える秘密です♡ 初心者はまず、クリアビジューからトライして。

CanCam2019年1月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/田中絵理子

からし色ワンピース 冬コーデ


【1】定番ニットワンピをキルティングアウターで今旬に

定番ニットワンピをキルティングアウターで今旬に

キルティング×ムートンのドッキングが新鮮な旬アウターを投入! 袖から背中にかけてエコムートンがMIXされたデザイン性の高い一枚は、他とかぶらないonly oneの存在に♡ 中に着たマスタード色のワンピースとの絶妙なコントラストが、より一層おしゃれムードを引き出してくれます♪ 裏地はボア素材で防寒もばっちり!

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

からし色トップス 冬コーデ


【1】ボアコート×カラーアイテムでメリハリのある今どきコーデに

ボアコート×カラーアイテムでメリハリのある今どきコーデに

テーマパークで思いっきりはじけたい!なんて日にももってこいのアクティブな装いは、ボアコート×カラーニットがポイント。ニットは顔色を明るく見せるマスタード色を選んで、チアフルな雰囲気を盛り上げて♪ 萌え袖がキュートなアウターも、ボアコートならあざとすぎず好印象です♡

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【2】映え度満点のもこもこジャケットで今っぽ見え♡

映え度満点のもこもこジャケットで今っぽ見え♡

まるでわんちゃんのようなもこもこコートは、カールした素材感が暖かさとおしゃれ度をあげてくれる旬アイテム。ボトムに丈感がおしゃれっぽいミモレ丈スカートを合わせて、今っぽい重ためシルエットを楽しんで。主張の少ない細かいチェックなら、柄スカート初挑戦でも安心です♪

★【今日の明けましてコーデ】初詣デートはやっぱこれでしょ♡

レモン色トップス 冬コーデ


【1】カーキに近いライム色を投入してコーデ全体を華やかに♪

カーキに近いライム色を投入してコーデ全体を華やかに♪

カジュアルがおしゃれにきまるのは、ライムグリーンのニットとカーキのコートを重ねた同系レイヤードにあり。細かめのキルティングにやわらかなボア素材がドッキングしたアウターは、ベーシックな色合いながら存在感のある一枚。ノーカラーなのでインナーで色遊びできるのもおしゃれゴコロをくすぐるポイントです。

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【2】目を引くイエローニットでイベント映えも確実♡

目を引くイエローニットでイベント映えも確実♡

おしゃれに気合いが入る日は、アクティブだけどトレンド感がアピールできる配色テクで差をつけて。クリアでおしゃれっぽいレモンイエローのニットをデニムですっきりまとめたら、パイピングが大人っぽいボアコートで大人めな印象に。さりげなく黒を効かせることで適度なメリハリ感が生まれるので、カラーニットの着こなしがぐっとおしゃれに決まります。足元はデニムからのぞくロゴソックスでさりげないストリートムードをプラスしつつ、厚底ローファーで今っぽい外しをさらにON! イベントシーズンの映えコーデには、 感度の高い小物合わせが重要です♡

CanCam2019年1月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/レモネードbyレモニカ渋谷ストリーム店 構成/浜田麻衣、時吉 茜

 

>CanCam.jp TOPに戻る