色味も豊富に♡おすすめピンクコーデ26選|20代レディース【2019夏春】

夏春に着こなすおすすめピンクコーデ

ピンクのトップス・スカート・パンツ・ワンピースを使った最旬コーデを大特集! マンネリコーデのアクセントになる、ピンクの靴コーデもまとめました。ZARA(ザラ)アイテムとのプチプラコーデもピックアップ♡

【目次】
夏のピンクトップスコーデ
春のピンクトップスコーデ
ピンクスカートのコーデ
ピンクパンツのコーデ
ピンクワンピースのコーデ
ピンク靴のコーデ

夏のピンクトップスコーデ


【1】ネイビーキャミワンピース×ピンクTシャツ

シックなネイビーのキャミワンピは、大人っぽいシルキー素材と細ストラップがポイント♡ 後ろが開いたデザインなので、インナー次第で印象チェンジも楽しめます。ちょっぴりカジュアルに着たい日は、コットンTとデニムをインナーに重ねて程カジュアルに。ラフな着こなしでも女らしさがキープできます。

CanCam2019年7月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/木村 晶

【2】花柄のフレアスカート×ピンクブラウス

常夏ガールを気取るなら、鮮やかピンクと花柄を味方に♥

ちょっぴり弾け気分なスカートStyleは“見た目のインパクト”で勝負♡ 南国ムード漂うトロピカルな花柄なら、誰にも負けない華やかな印象をGETできます。トップスやサンダルは、青空に映えるフューシャピンクで統一してmore華やかに!

CanCam2018年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company)  スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(P-cott)  モデル/石川 恋(本誌専属)  構成/新城真紀

【3】デニムパンツ×ベージュピンクのプルオーバー

デニムパンツ×ベージュピンクのプルオーバー

ベロア素材がリッチなオフショルを、カットオフデニムでカジュアルダウン。デニムも同系色に徹すれば、ブラウスと程よく馴染んで上品に仕上がります。薄いカラーでコーデをまとめた日は、足元を黒で引き締めるとまとまりのあるスタイルに。トップスをボトムインする時は、きっちりではなく少しゆるっとさせるのがこなれ感を引き立たせるコツ♡

★【今日のコーデ】これは使える!季節の変わり目にぴったりなトップスを発見

【4】ネイビーのワイドパンツ×ピンクのノースリーブブラウス

ネイビーのワイドパンツ×ピンクのノースリーブブラウス

鮮やかなピンクのレースブラウスは、顔周りをパッと華やかに見せてくれるのも魅力のひとつ。トップスがフェミニンなので、シックなネイビーのワイドパンツを合わせて甘さの引き算を。トップスとリンクするピンクのパンプスをチョイスすると、統一感のあるスタイルが完成します。白やシルバーの大人っぽいアクセで、より上品にまとめて。

★【今日のコーデ】お得すぎ!プチプラに見えない華やかレーストップスが主役

【5】キャミワンピ×デニムパンツ×ベージュピンクのニット

キャミワンピ×デニムパンツ×ベージュピンクのニット

ピンクニットとキャミワンピのレイヤードスタイル。定番のデニムスタイルをアップデートしてくれる、簡単テクでおしゃれに差をつけて。タイトなリブニットとチュール素材のキャミワンピが、カジュアルなデニムスタイルにフェミニンな表情もプラスしてくれます。

★【今日のコーデ】1枚持ってると重宝!トレンドのシースルーキャミワンピが主役のコーデ

春のピンクトップスコーデ


【1】ニットワイドパンツ×ペールピンクのシャツ

ニットワイドパンツ×ペールピンクのシャツ

ペールピンクの女子っぽアイテムは、リブ素材のゆるっとしたニットワイドパンツとエレガントなスリッパサンダルを合わせれば甘すぎない春コーデに。アウターをはおるなら、きちんと感とカジュアルさの両方を兼ね備えた、ブルーデニムのGジャンがベストバランス。

★【今日のコーデ】3月28日晴れ時々曇り。最高気温16度、最低気温4度のファッション

【2】デニムパンツ×ピンクのシャツ

デニムパンツ×ピンクのシャツ

大胆なV開きの背抜きシャツで、デニムにフェミニンな抜け感を。白などベーシックカラーに飽きたら、ラベンダーのようなキレイ色を取り入れて新鮮に。立体的なシルエットで、体のラインをキレイに見せてくれるのも嬉しいです。ウエストインと足首見せできるクロップド丈ならすっきり着られ、自然にスタイルアップも叶えてくれます。

★【今日のコーデ】トレンドの背抜きシャツコーデで、360°フェミニン美人♡

【3】パーカー×白ワイドパンツ×ダスティピンクのニット

パーカー×白ワイドパンツ×ダスティピンクのニット

ピンクニット×白ワイドパンツのキレイめカジュアルを、ナイロンパーカーで今年らしくアップデート。大人っぽいトレンチ風のデザインなら、上品なスタイルにも馴染みます。雨の日に白パンツを履きたいときは、ロング丈ではなくくるぶし丈を選ぶなど、泥はねに配慮するのが大切です!

★【今日のコーデ】雨の日にぴったり!防雨もおしゃれもかなえるはおりものは?

【4】Gジャン×プリーツロングスカート×ピンクのパーカー

Gジャン×プリーツロングスカート×ピンクのパーカー

 

フロントがリボンデザインになったフェミニンなパーカは、タフなGジャンを品よく包み込んでくれるアイテム。ほんのりくすんだようなダスティピンクなら、ディテールが甘くても大人っぽい印象に。プリーツロングスカートの足元に合わせたのはスリッパ。ファータイプなら見た目もあたたか♡

★【今日のコーデ】3月10日晴れ時々曇り。最高気温15℃、最低気温3℃のファッション

ピンクスカートコーデ


【1】白ニット×ピンクロングスカート

透け感が女らしいレーストップスに、ピンクスカートを合わせて大人かわいく。コーデに甘い華やかさがある分、小物はシックな黒のチェーンバッグで上品にまとめて。トレンドの長め丈スカートは、ミニバッグを合わせることでバランスの取れたコーデに仕上がります。

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】白Tシャツ×白スニーカー×サーモンピンクのスカート

白Tシャツ×白スニーカー×サーモンピンクのスカート

肌馴染みの良いサーモンピンクなら、カジュアルなアイテムのとの相性も抜群◎。今の時季は、白Tやスニーカーを合わせてラフな着こなしを楽しんで。スエード風の素材感がリッチ見えを叶えてくれるので、カジュアルなアイテム合わせでも女性らしくキマるのがポイント。夏から秋まで着回せるスエード風素材のスカートは、秋になったら、ゆるいニットと合わせて少し女子っぽくまとめるのもアリ♡ キラキラバッグで、さりげなく遊びゴコロも。

★【今日のコーデ】気分が上がる!サーモンピンクのスカートが主役のコーデ

【3】ノースリーブの花柄ニット×コーデュロイのピンクスカート

ノースリーブの花柄ニット×コーデュロイのピンクスカート

コーデュロイに女の子らしさを加えてくれる、こっくりピンクのスカートがコーデの主役。裾にかけて広がる台形スカートは、トップスをインするとバランスよく着こなせます。甘くなりがちな花柄も、コーデュロイを合わせることで程よくラフな雰囲気に。足元はくすんだグリーンのパンプスを合わせて、大人っぽくまとめて。ファッショッンとカラーをリンクさせた大振りのイヤリングで、より上級者のオシャレを楽しみましょう♪

★【今日のコーデ】夏の終わりはノスタルジック。素材で秋を感じる上級テク

【4】グレーのタートルネックニット×ピンクのロングフレアスカート

グレーのタートルネックニット×ピンクのロングフレアスカート

いつものスカートスタイルを更新するなら、足首までの長め丈を選んでエレガントで大人っぽい着こなしに。さらにスエード調の素材ならリッチ感も一気にUP。小物は千鳥格子のバッグをチョイスしてmoreレディに♡ リボンがあしらわれたパンプスで女性らしさをさらに格上げ。ボリュームのあるスカートには、程よく体にフィットするリブニットが好相性です。

★【今日のコーデ】リッチで色っぽい「スエードスカート」が1枚あれば♡

 

【5】黒プルオーバー×ビビッドピンクのミニスカート

黒プルオーバー×ビビッドピンクのミニスカート

ビビッドな発色は、トレンドカラーのピンクの中でも即華やかになれる推しカラー。ハリのあるふんわりシルエットは、スタイルアップにも最適です。バケツ型のカゴバッグは、縦長シルエットを強調してくれる効果も。一見シンプルな黒プルオーバーは、背中がレースアップになっているのと、大きく広がったベルスリーブがポイント。足元はヌーディになりすぎないよう、靴下×サンダルでデイリーに引き寄せて。

★【今日のコーデ】4月5日晴れ時々曇り。最高気温21度、最低気温8度のファッション

ピンクパンツコーデ


【1】グレーTシャツ×ベージュカーディガン×ピンクパンツ

ブラウンとグレーの中間色のようなTシャツに、ピンク系のカーデとパンツを合わせた大人カジュアル。肌映りのいいニュアンスカラーでまとめた着こなしが、おしゃれ上級者っぽい印象です♡ 小物は首元の柄スカーフとフューシャピンクのミニBAGで、曖昧カラーのコーデにメリハリをON。Tシャツのカジュアル感を最大限味方につけて、エモい色遊びを楽しんで。

CanCam2019年7月号より 撮影/山岸和人 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/kika モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/STRANGER 構成/佐藤彩花

【2】ピンクジャケット×白タンクトップ×ピンクパンツ

ーAkane's Private Fashion Part①ー買ったばかりの新作服で私らしい〝大人シンプル〟普通のシンプルじゃつまらない。ちょっとひねって茜らしいスパイスをプラス。

ツヤのあるサテン素材、ゆるっとしたシルエット、渋めのくすみピンクが印象的なセットアップは、上下合わせてかっこよく着こなして。ゆるシャツは、ジャケットみたいにはおってウエストをベルトマーク。ウエストや足元に黒小物を取り入れる、引き締めテクが新鮮です!

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

【3】ボーダーカットソー×ピンクパンツ

フォトジェニックなピンクパンツは×モノトーンで上品に

ボーダートップス×きれいめボトムの王道スタイルも、パンツを鮮やかな色にチェンジするだけで一気にフォトジェニック♡ 遊びのあるカラーパンツは、シルエットにこだわれば大人っぽさもキープできます。パンツ以外はモノトーンで統一して、おしゃれ度高めなカジュアルコーデを完成させて。小物は丸メガネとピアスでちょっぴりレトロな雰囲気に。

★【今日のコーデ】ピンクパンツの夏コーデ

【4】白Tシャツ×ピンクのサンダル×ZARAのピンクワイドパンツ

白Tシャツ×ピンクのサンダル×ZARAのピンクワイドパンツ

テンションの異なるピンクをちりばめて、レディライクなストリートファッションを堪能。キャッチーなロゴTには、程よくきちんと感を加えてくれるワイドパンツを。メンズライクなシルエットなので淡ピンクでも甘すぎずに着られます。小物は女度の高いビビッドなピンクをセレクト。鮮やかな色合いがコーデを引き締めてくれます。

★【今日のコーデ】月曜日は楽してかわいく!きれいめTシャツコーデ

ピンクワンピースコーデ


【1】ピンクワンピース×黒サンダル

生地をたっぷり使ったくすみピンクのAラインワンピは、前後Vネックで女らしさもスタイルアップ効果もいただき。動きによってニュアンスが生まれるボリューミーなシルエットなら、一枚で存在感もばっちりです。小物はシルバーやクリアなアクセで涼しげに。さらに黒でリンクさせたビーズバッグとチュール素材のサンダルを合わせて、レトロかわいく仕上げましょ♡

CanCam2019年6月号より 撮影/菊地 史(impress) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】ピンクの花柄ワンピース×ピンクチェーンバッグ

淡ピンクの花柄ワンピで女の子の魅力を引き出して♡

フェミニンな色・柄・素材と、女の子らしさを演出する三拍子が揃ったワンピース。フレア袖や落ち感のあるシルエットなど、気になる体型をカバーしてくれる理想の一枚♡ 小物は花柄とリンクしたピンクのチェーンバッグを合わせて、とことんガーリーに着こなしましょ。

CanCam2018年6月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/浜田麻衣

【3】ピンクのキャミソールワンピース

ピンクのキャミソールワンピース

大人になると抵抗のあるピンクのワンピースも、くすみがかったダスティピンクとリネン素材のナチュラルな風合いで、すんなりと肌に馴染みます。ウエスト部分から裾にかけて広がるフレアなシルエットも、上品さを際立ててくれるポイント。ボタンを全部開けばガウンとしても使えるので、レイヤードスタイルを楽しむのもアリ♡ フェミニンなワンピースには、黒小物を散りばめて大人っぽく引き締めて。

★【今日のコーデ】暑い日にぴったり!スナイデルのワンピがかわいすぎる

ピンク靴のコーデ


【1】黒ミニワンピース×ピンクスニーカー

クールで今っぽい”スポーツMIX”でおしゃ友に差をつけて!

トリムTシャツをワンピースにアレンジした一枚は、着るだけで今っぽいスポーティ感とモードな印象が手に入る旬顔アイテム。ちょっぴり冒険なデザインも、モノトーンのシンプルな配色なら気軽にTRYできるはず♡ 前ではなく、あえて後ろに大きなロゴがあるのもデイリー仕様にぴったりです。仕上げはシルバーのサコッシュやパステル小物で、全体をトーンアップ! ワンピ以外に「黒」を入れないことで、夏らしい着こなしが楽しめます。

★【今日のコーデ】最旬の「アディダス」がかわいすぎる!トリムTワンピースのコーデ

【2】グリーンの花柄ワンピース×ピンクのパンプス

グリーンの花柄ワンピース×ピンクのパンプス

深いグリーンの花柄ワンピにビビッドピンクのパンプスを合わせて、どこか懐かしいヴィンテージ風スタイルに。ワンピの花柄と靴の色をリンクさせると、強い色も浮かずにすんなりと馴染みます。スウィートなオフショルワンピも、こっくりグリーンやセンシュアルな透け素材で大人っぽい印象に。ウエストについているリボンをキュッと結べば、スタイルアップ効果も狙える女子の好みドンピシャの一着です。

★【今日のコーデ】花金もばっちり♪今買うべきワンピースは「透け感」がポイント

【3】ネイビーの花柄ワンピース×ピンクのパンプス

ネイビーの花柄ワンピース×ピンクのパンプス

シックなネイビーにこっくりとしたピンクを効かせて、色っぽかわいい印象に♡ ベロア素材のパンプスは、季節の変わり目など小物からおしゃれを発信したいときにもおすすめ。ふわっと風になびくエアリーなシフォンワンピに合わせて、大人のカジュアルを楽しんで。

★【今日のコーデ】残暑厳しい日は、ほんのり透ける清涼ワンピが快適!

【4】ニット×ネイビーのフレアスカート×ピンクのスニーカー

ニット×ネイビーのフレアスカート×ピンクのスニーカー

ラフな着こなしの中にパステルピンクをさりげなく配色することで、大人かわいい雰囲気をプラス。ニットのロゴ、バッグ、スニーカーとカラーを揃えれば、コーディネートの統一感もアップします。コーデの主役はアディダスのスニーカー♪ しっかりと女性らしさも忘れないピンクカラーが軽やかな印象に導いてくれます。

★【今日のコーデ】パステルピンクを大人かわいく取り入れるコツ

【5】コート×ブラウス×デニムパンツ×ピンクのパンプス

コート×ブラウス×デニムパンツ×ピンクのパンプス

ベーシックなスタイルも、華やかな色や着こなしの変化を加えるだけで鮮度の高い雰囲気に。全体のアクセントには、デニムスタイルをフェミニンに格上げしてくれる〝フューシャピンク〟のパンプスをチョイス。低めのヒールと甲が広くなっているデザインは、足が疲れないのでちょっと遠出するにも良さそうです♪ かぶりがちなトレンチスタイルは、ベルトでウエストをマークして着こなしに差をつけて♡

★【今日のコーデ】3月17日晴れ時々曇り。最高気温14℃、最低気温4℃のファッション

 

★ベージュスカートのおすすめコーデ16選

★大人かわいい最旬カラー♡ブラウンニットのおすすめコーデ10選

>>CanCam.jp TOPへ戻る