黒白コーデでメリハリも♡春のモノトーンスタイル16選

程カジュアルが今っぽい♡春の白黒コーデ集

黒×白でつくる春のモノトーンコーデを厳選。シンプルなモノトーンコーデを今っぽく着こなすには? アイテム選びから小物合わせまで、おすすめの着こなしを紹介します!

 

【目次】
黒トップス×白ボトムス 春コーデ
白トップス×黒ボトムス 春コーデ

黒トップス×白ボトムス 春コーデ


【1】黒ブラウス×白スカート

DIOR アイコニックな存在に再び恋をする♡『「SADDLE」ベルトポーチ昨年復活したアイコン「サドル」バッグの最新作。 新デザインは、従来よりコンパクトなサイズ感に、 レザーベルトが付いたウエストポーチ型。「CD」のゴールドロゴが上品なアクセントに♡』

ノースリーブブラウスに白スカートを合わせた、上品でセンシュアルな着こなし。小物はどこかレトロな雰囲気を醸すディオール オブ リーク柄のウエストバッグをON。今のヴィンテージ気分を盛り上げてくれる、大人のモノトーンコーデです。

CanCam2019年5月号より 撮影/清水奈緒 スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/浜田麻衣

【2】黒ブラウス×白ワイドパンツ

カジュアルかつ女っぽい。今なりたいイメージを一発で叶えるコーデ肌見せトップス×ワイドパンツ

notコンサバに取り入れたい白デニムは、裾の切りっぱなし&ワイドシルエットのラフな一枚を指名して。繊細な黒レースブラウスと切りっぱデニムの、ちょうどいいバランスがおしゃれです。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/ひるいちか ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉茜、木村晶

【3】ベージュパーカ×黒白柄タンクトップ×白スカート

おしゃれなムードが今すぐ作れる、4つのトレンドKEYWORDHow to make 〝the mood〟? 2 色は主張しすぎず、なじませる[ ミュートカラー ]『キレイ色が気になる季節だけど、今季はあえて彩度を抑えたミュートカラーもトレンド。旬の配色を押さえておけば、〝おしゃれなムード〟もこんなに簡単♡』

白×ベージュをベースに作ったラテ配色なら、グッと大人な雰囲気に。シンプルだからこそ、素材や柄でメリハリをつけるのがポイントです。スポーティなパーカも、光沢感のある上品ベージュを選べばストリートすぎず女っぽさがグンとUP。モノトーン柄のニットタンクや黒BAGでコーデをキリリと引き締めて。

CanCam2019年4月号より 撮影/伊原木美香 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】黒ニット×グリーンシャツ×白スカート

BIG SILHOUETTE『女の子らしいワンピやスカートは、そのままガーリーに着るのもいいけれど、あえてゆったりとしたニットやブルゾンをかぶせてシルエットに変化をつけると、コーデにおしゃれな抜け感が。メンズライクなニットやスポーティな小物など、やんちゃなハズしで「かわいすぎない」ギャップを意識するのも「おしゃれなムード」への近道。』

ピュアな白スカートは、×ゆるニットで気楽に着るのがちょうどいいバランス♪ インパクトのあるロゴニットも、リラクシーなスカート合わせで清潔感のある印象にまとまります。

CanCam2019年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】ピンクカーディガン×黒ブラウス×白スカート

ざっくりカーデのインナーに、スタンドカラーの黒ブラウスを重ねたレトロコーデ。上品なコットンスカートを合わせてちょっぴり懐かしい雰囲気に仕上げましょ。足元はインパクトのあるレオパード柄のバレエシューズで、今年っぽいアクセントを。

CanCam2019年3月号より 撮影/寺山恵子 スタイリスト/伊藤舞子 構成/佐藤彩花

【6】ベージュアウター×黒ニット×白パンツ

白パンツ×ウエストポーチをアクセントに

デコルテ開きのリブニットに変形デニムをコーディネート。カジュアルすぎるのは避けたいので、リブニットはスクエア型の大人デザインをセレクトするのがオススメです。首元はドット柄のスカーフをプラスして、上品でこなれたフレンチシックに♡ バッグはトレンドのウエストポーチでハズしをON。ベルト代わりの細ストラップで、メリハリ&スタイルアップも叶えましょ。

CanCam2019年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

白トップス×黒ボトムス 春コーデ


【1】グレーアウター×白カットソー×黒パンツ

ほぼシルバーパンプスな白スニーカーでクリーンな抜け感を出す!『擬態のコツは、足元の印象を薄くして目線を他に向けさせること。全身を淡いトーンでまとめるのもgood。清潔感あふれるクリアな白スニーカーなら、服装にうるさい先輩も何も言えまい。』

定番のモノトーンコーデも、白Tシャツやスニーカーを合わせて程カジュアルな通勤コーデに。VANSのオールホワイトスニーカーは、カチっとしたフォルムも会社向け。黒スキニーをキレ味よくはけるのも真っ白スニーカーならではです。

CanCam2020年3月号より 撮影/大辻隆広(go relax E more) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/時吉 茜

【2】カーキアウター×白アウター×黒パンツ

カジュアル服にキレイめエッセンスをプラス!渋谷シンプル茜Style『茜style1ヘビロテコーデはフーディと黒デニム!地厚&すっぽりかぶれるゆるめシルエットが今っぽフーディの条件。程よいキレイめ感をキープできる黒デニム合わせなら、オフィスにも着ていけそう♪』

シャープな黒デニムに合わせたのは、スポーティなデザインをデイリーに落とし込んだChampionのゆるパーカ。トップスはクリアホワイトをチョイスして、フレッシュな雰囲気で着こなして。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【3】チェックシャツ×ベージュアウター×白Tシャツ×黒パンツ

カジュアル服にキレイめエッセンスをプラス!渋谷シンプル茜Style『一見真面目なダブルジャケットや、それとは正反対のラフなフーディを自分らしいカジュアルに落とし込むのが得意! この春は、メリハリの効いた色使いにも挑戦してキレのあるコーデにチャレンジしてみたい…!』

終日オフィス作業デーは〝リラックス〟がモットーだから、コートの下は楽ちんなノンストレスコーデで決まり。定番のベージュトレンチも、この春はゆるっとオーバーサイズに更新してたくさん着たい♡

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【4】ブラウンコート×白インナー×黒パンツ

今ロエベが欲しい理由03 通勤スタイルを格上げしてくれる『デイリーに使うA4サイズのトートこそ、気分が上がるものでなくっちゃ! 通勤服になじむシンプルさと、リッチな洒落感が同居するのは老舗ブランドならでは。』

レザーとキャンバスの2タイプがある〝クッション トート〟は、ロエベのニューフェイス。春一番になびかせたいトレンチは、鮮やかなトートを添えて周りと差をつけて。キレイなアクア色が、ONコーデをとっつきやすい印象に仕上げてくれます。

CanCam2020年3月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【5】カーキジャケット×白ワンピース×黒パンツ

Cut & Sewn One-piece「体が泳ぐゆったりシルエットで、女らしい華奢さをアピール」

気楽なカットソーやスエット素材のワンピースは、今どきカジュアルに欠かせないアイテム。ワンピはオーバーサイズ、ボトムはレギンスでスッキリ見せるとコーデにおしゃれなメリハリが生まれます。GUのミリタリージャケットのほか、サングラスやシルバーBAGなど、合わせも辛口に振り切ればクールでモードな春コーデが完成します♡

CanCam2019年5月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/まい(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】白パーカ×黒柄スカート

楽ちんでかわいい!テイストMIXの大本命 ぶかっとトップス×スリムフレアスカート×スニーカー

BIGフーディ×小花スカートのゆるゆるコーデ。ストリートな印象が強い真っ白パーカの足元は、ベーシックなコンバースでハズしすぎないのがベター。スポーティなボディバッグで、ゆるっとしたコーデにリズムをつけて。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美、松田美穂 モデル/堀田茜 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉茜、木村晶

【7】白トレーナー×黒柄スカート

楽ちんでかわいい!テイストMIXの大本命 ぶかっとトップス×スリムフレアスカート×スニーカー

裾にかけて広がっていくフェミニンなスカートに、彼から借りたようなボーイッシュなトップスを合わせるMIXコーデ。足元はスニーカーでカジュアル感を上乗せすれば、女らしさと程よい抜け感を兼ね備えた甘辛コーデが完成します。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美、松田美穂 モデル/堀田茜(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉茜、木村晶

【8】白シャツ×黒インナー×黒スキニー

SNS映えするきれいめモノトーンカジュアル!黒デニムでモノトーン

黒で繋げた着こなしに白シャツを無造作にON! シンプルながら今っぽくて女らしい理想の白シャツスタイルは、簡単なのにこなれて見える推しコーデ。ニュアンスたっぷりのビッグシャツ、スキニー、ボリューム系スポサン、とメリハリをきかせたバランスも今っぽくておすすめです。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/L’IGNIS、北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉 茜、木村 晶

【9】白ニット×黒パンツ

SNS映えするきれいめモノトーンカジュアル!黒デニムでモノトーン

定番となったフレンチデニムスタイルで一歩リードしたいなら、ドライな黒デニムを選んでクールダウン。バレエシューズ&バッグもベージュ系でなじませれば大人のカジュアルコーデが即完成♡ 甘く見せないフレンチって新鮮!

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/ひるいちか ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉茜、木村晶

【10】白ブラウス×黒デニムパンツ

春の流行はコレを選んで、こう着ます! Maru-chan's STYLE 7

ジェニックなサテンブラウスを、ブラックデニム&辛口アクセでモードにシフト。サテン素材の落ち感、たっぷりとした袖、手の甲にかかるカフス…など、モードなデザインのブラウスはブラックデニムで引き締めるのがベストバランスです。アクセやチェーンバッグでツヤを足して、キレのいい女らしさを目指しましょ!

CanCam2019年4月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト・モデル/丸林広奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY)協力/稲垣あすか 構成/木村 晶   

 

★ブラウス・Tシャツ・ニットなど♡白トップスコーデ31選|春夏秋冬のおすすめ

★ニットスカートのおすすめコーデ11選|白・ブラウン・ラベンダーの着こなし

>CanCam.jp TOPへ戻る