大人カジュアルが簡単に決まる!【黒ブラウスコーデ15選】|人気のレース・シアーブラウスなど【2022夏】

オンもオフも活躍!「黒ブラウス」のコーデを特集

黒ブラウスコーデ

「黒ブラウス」の夏コーデを特集。かわいらしくも大人っぽくも着られる黒ブラウスは、上品かつクラシカルに着こなすのが今季のおすすめ。繊細なレースや透け感のあるシースルーなど、色っぽさも漂う黒ブラウスで夏のオシャレを楽しんで!

黒ブラウスを合わせるトレンドコーデ

大人っぽいきちんとコーデはもちろん、デニムとラフに合わせるだけでも、上品なトレンドコーデが作れる黒ブラウス。

黒ブラウスコーデ

今っぽくしたいときは、レースやシアー素材の黒ブラウスが推し♡ 夏でも重たくなりすぎず、軽やかな印象に仕上がります。

黒ブラウスコーデ

カラーパンツやビビッドカラーのバッグなど、明るい色を組み合わせることで、おしゃれ感をよりアップさせるのもおすすめ。

黒ブラウスの着こなしポイント

黒ブラウスコーデ

  1. 夏はレースやシアーの黒ブラウスで軽やかな印象に
  2. パフ袖などボリュームのある黒ブラウスはタイトボトムですっきりと
  3. カラーパンツやビビッドな色のバッグなど色を加えるとおしゃれ度UP
  4. 上品な着こなしにするなら小物も黒をリンクさせて統一感を

黒ブラウスを合わせるレディースコーデ

【1】短めブラウス×ハイウエストパンツで美スタイルに

RULE1 クロップド初心者はブラウスなら間違いない♡『着慣れたブラウスなら、流行りのクロップド丈も手が出しやすい♡ いつものブラウススタイルも短丈にするだけで、即スタイルよく見える新鮮バランスに!』

定番のデニム×ブラックコーデもクロップドトップスなら自然とメリハリがUP。レトロな印象のカシュクールブラウスをクロップド丈で取り入れると今っぽいおしゃれ感がアピールできます。パールネックレスやかごバッグで上品な甘さも添えて。

CanCam2022年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石村真由子

【2】ボリュームブラウスはタイトボトムでバランスよく

05 つっかけブーティ『今すぐ履けて秋本番まで長く使える!』

黒のパフ袖ブラウスと渋めカラーの花柄スカートを組み合わせた大人ガーリーコーデ。シアーソックスの透け感で華奢な甘さを醸したら、トレンドの黒ブーティで辛さを投入。ニュアンスグレーのシアーソックスと花柄のグレーをリンクさせると、より洗練された雰囲気がつくれます。

CanCam2021年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/浜田麻衣

【3】レディな黒ブラウスをハーフパンツでカジュアルに

C チアフルガーリーになるにはこの4ブランドをBEST BUY!

気分を盛り上げてくれるロマンティックなフリルブラウスをハイウエストのバミューダパンツでカジュアルダウン。360°あしらわれたフリル襟で顔まわりの印象も華やぎます。ベージュかつ長め丈のショートパンツは秋のおしゃれにも活躍させて。

CanCam2021年9月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良  構成/田中絵理子

【4】甘めの黒ブラウスを×デニムでカジュアルダウン

04なんだかんだあざとかわいいが最強!

ブラックのレトロブラウスとデニムを合わせて、トレンドのちょい辛コーデに。さりげない透け感やドットでラブリー要素もMIXすれば、休日のデートスタイルにも最適。トレンドど真ん中の大きめ襟なら、控えめなアクセ使いでも今っぽくきまります。

CanCam2021年9月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/鶴見知香

【5】レースブラウスやミニバッグで上品デニムコーデ

リラクシーなはき心地とスタイルアップのいいとこ取り!ハイウエストストレートデニム

黒レースのブラウスで無骨なデニムに大人なかわいげをプラス! 高めのウエスト位置からストンとまっすぐに落ちるシルエットが、ゆるっとしつつも美脚見えを叶えます。トレンドのパフスリーブがかわいいカットワークレースのブラウスで絶妙な甘×辛バランスを演出したら、チェーンバッグや華奢サンダルで女っぽさもON。

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company)  スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】華奢サンダルで黒ブラウスコーデに抜け感を

デートスタイルの着こなしVariation もっと見せます!『公園デートは袖コンブラウス×パンツで〝接近映えカジュアル〟に』

カットワークの黒ブラウスはデニム合わせでラフに投入! ハイライズなストレートデニム×フラットシューズのカジュアル感で糖度をオフ。キャメルカラーのバッグとメタリックサンダルで、小物は軽さを意識するとバランスよく着こなせます。

CanCam2021年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子

【7】黒のギンガムブラウス×フレアデニムの旬顔コーデ

Q.一瞬で洒落見えする、初夏にオススメの柄モノは?『A.レトロムードなギンガム&ドットをモードに着こなして!』

キャッチーなパワショル×ギンガムチェックの甘盛りブラウスは、ヘルシーなハイウエストデニムをさらりと合わせるのが王道かわいい組み合わせ♡ 差し色に季節感のあるグリーンバッグを取り入れたら、抜けのあるパデッドサンダルでコーデを締めつつトレンド要素をプラスして。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【8】甘めデザインのブラウスは黒で大人っぽく

01ロマンティックブラウス×ジェラートカラーパンツ

黒のオフショルブラウスに品と色気を兼ね備えたライラック色のパンツを合わせて、かわいいだけじゃない洒落感たっぷりのきれいめスタイルに。ロマ度が高いギャザーデザインのオフショルブラウスも、黒ならモード見えするのでおすすめです。黒とライラックの配色が大人かわいいムードをつくる近道♡

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】黒ブラウス×ブルーパンツで鮮度高めなパンツスタイル

01ロマンティックブラウス×ジェラートカラーパンツ

通勤にも休日にもぴったりの大人かわいいパンツスタイル。甘盛りブラウス×マニッシュパンツの絶妙なバランスが、トレンド感もきちんと感も叶えてくれます。黒とくすみブルーの合わせで新鮮かつトレンド感もGETしましょう。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【10】上品かわいい黒ブラウス×マーメイドスカートコーデ

TREND05 コンサバはコンサバで着ず遊び心で外すべし

ハリのあるマーメイドスカートのきちんと感を、パフ袖ブラウスの甘さで中和。上下共にレディな服なので、配色は定番をキープするとバランスよく着こなせます。小物は黒のカチューシャ&ミニバッグで品よく締めて。パンプスはベージュ×ドット柄でほんのり甘さを♡

CanCam2021年4月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、田中かほ里 構成/鶴見知香

オフィスにおすすめなきれいめブラウスコーデ

【1】通勤におすすめなベーシックカラーコーデ

ボリューム袖の黒ブラウスにカーゴパンツを合わせた大人カジュアル。華やかトップスを取り入れたことで、シンプルなワンツーコーデが見違えるほど今っぽい仕上がりに。バッグはブラウンで明るさを演出して。

CanCam2022年7月号より 撮影/遠藤優貴 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【2】オレンジパンツが新鮮な黒ブラウスコーデ

2 コットンブラウス×セミフレアパンツ『上品見えする〝ナチュラル素材〟で優しく♡』

透け感が女っぽい黒ブラウスにやわらかな色合いのオレンジパンツをコーディネート。トレンドアイテム同士を組み合わせても、パンツのシルエットがきれいめなものを選べばバランスよくまとまります。足元は白のフラットシューズで軽やかな抜け感を。

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【3】透け感のある黒ブラウスなら軽やかな印象に

小花柄スカートを大人っぽく着こなすなら、透け感のある黒ブラウスを相棒にコントラストをつけてみて。パッと見の印象を引き締めると甘さよりフェミニンムードが高まります。抜け感のある白パンプスや小ぶりのショルダーバッグなど、落ち着いた小物合わせもきれい見えのコツ。

CanCam2021年5月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【4】ピンクパンツ×ドット柄ブラウスでガーリーに

01ロマンティックブラウス×ジェラートカラーパンツ

黒×ピンクの王道配色は、肌が透けるシアーブラウスやトレンドのセミフレアパンツでアップデート! ハンサム見えするフレアパンツのおかげで、ガーリーなドット柄も甘さ控えめに着られます♡ コーデを大人っぽく仕上げる黒サンダルや小さめのバッグもポイント。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】黒ブラウス×ラベンダースカートのきれいめコーデ

甘くないフレアが断然新しい♥ハリ感フレアスカート『Lavender』

女らしいフレアスカートをリラクシーな黒ブラウスでゆるく仕上げて。フレアボトムをフィット&フレアで着ないのが甘く見せないコツ。あえてメリハリを作らないゆるっとしたシルエットで、今どきのエフォートレスなコーデが完成します。淡いラベンダーは黒で締めてほんのりクールさも足して。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

シックな黒ブラウスで上品な大人カジュアルに

大人っぽくコーデが決まる黒ブラウスは、きちんと見せたいオフィススタイルにもおすすめ。この夏は繊細なレースや透け感のあるシースルー素材の黒ブラウスで、色気も品もある旬のトレンドコーデを手に入れて!