黒ブラウスのおすすめコーデ11選|レース・シースルーブラウス【2019秋】

黒ブラウスのおすすめ秋コーデ集

黒ブラウスの秋コーデを特集。女の子らしく着られる黒ブラウスは、上品かつクラシカルに着こなすのがおススメです。繊細なレースや透け感のあるシースルーなど、女っぽさが漂う黒ブラウスもチェックして♪

【目次】
黒ブラウスを合わせる秋コーデ
黒のレースブラウス 秋コーデ
黒のシースルーブラウス 秋コーデ

黒ブラウスを合わせる秋コーデ


【1】黒ブラウス×グレーパンツ

一枚でレディになれるロマブラウスに夢中♥ この秋多いクラシカルブラウスは、ボウタイやパールなどがさりげなくポイントになった、大人に着られるものが欲しいです。ブラウスの上品さを引き立てたいから、ハズしは加えずにとことん女性らしくコーディネートしたい!

通勤はもちろん、素敵なレストランに行くときにもぴったりのボウタイブラウス。レディにもハンサムにも着られるブラックなら、着回しも楽しめます。マニッシュな気分の日には、×グレンチェックパンツでシックにまとめて。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/田臥曜子 ヘア&メーク/sachi モデル/まい(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】黒ブラウス×デニムパンツ×シャツ

スキニーデニムやスニーカー、キャップ合わせのカジュアルな着こなしも、上品な黒ブラウスのおかげで大人っぽく仕上がります。フレンチスリーブのブラウスは肩がちょこっと隠れるデザインなので、黒でも甘さが出せる一枚。カーキのリネンシャツを腰巻きにしてラフな印象を後押ししましょ。

CanCam2019年9月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/岩附永子

【3】黒ブラウス×ブラウンワイドパンツ

大人っぽさと仕事できる感(笑)を意識した、パンツスタイル。こっくりブラウンのワイドパンツは、サテンの上品な光沢感がきれいめな印象にしてくれるから、クライアントや取引先との〝初めてまして〟のシーンでも頼れる存在。コンパクトな黒ブラウスをインすると、無理なくスタイルアップが叶います。

CanCam2019年9月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/岩附永子

【4】黒ブラウス×黒マキシスカート

レディなブラウスとギャザー使いがドラマティックなスカートで、街に映えるオールブラックコーデに。スカートの前後と両サイドに入ったスリットは、足さばきがいい上にさりげない色気を運んでくれる大人アイテム。トップスも黒でまとめて、シックで女らしい印象に♡

CanCam2019年9月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/岩附永子

【5】黒ブラウス×グリーンロングスカート

レトロな柄ブラウスをロングスカートでレディにシフト

レトロな小花柄ブラウスは、トレンドのヴィンテージ感を出すのにぴったりなアイテム。×ロングスカートでシックなパリジェンヌLookに仕上げましょ。

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】黒ブラウス×ラベンダーロングスカート

ヴィンテージ風トップスでNOTコンサバなスカートコーデに

女性らしく柔らかなラベンダーを黒で締めて、大人っぽい着こなしに。フェミニンなシルエットと配色には、ツヤのあるレザーブーツできりっと辛さを足すのがポイントです。

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/まい(本誌専属) 構成/山木晴菜

黒のレースブラウス 秋コーデ


【1】黒のレースブラウス×グリーンのジャンパースカート

9位 着回せておしゃれ感もあるって♡ ジャンスカって、やっぱり頼れる!コンパクトトップス×ジャンスカ『インナー次第で、印象を変えられるのがジャンスカのいいところ♡リブニットやレースなどのコンパクトトップスと合わせて、きちんと見せるのが流儀のようです!』

秋らしいダークグリーンが、コーデの鮮度をググッと上げてくれるワンピスタイル。レースブラウス×トレンチ風ジャンスカの合わせは秋におすすめ。繊細なレースブラウスと合わせて、レディに仕上げるのが正解です♡

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【2】黒のレースブラウス×デニムパンツ

黒のレースブラウス×デニムで気分は上品フレンチガール♡

パフスリやバックリボン、そして大胆な背中見せ…♡ ドレッシーなブラウスは、デニムでカジュアルダウンするのがちょうどいい! 差し色に赤のミニバッグを効かせれば、パリジェンヌを彷彿する小粋なスタイリングが楽しめます。

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

黒のシースルーブラウス 秋コーデ


【1】黒のシースルーブラウス×グレーワイドパンツ

6位 「パンツなのに女っぽい♡」とスカート派からも票が多数!肌見せトップス×ハイウエストパンツ『〝コーデを考えるときに大切なこと〟1位の「スタイルがよく見える」を、簡単に叶えてくれるハイウエストパンツ!抜け感のある肌見せトップスを合わせれば、相乗効果でさらにGOODバランスが完成します☆』

キャッチーなドット袖ブラウスで、きちんと感のあるグレーパンツもこなれ見え。大胆な袖の透け感やフロッキードットが、レトロかわいい印象です。ハリのある素材できちんと感もあるワイドパンツで、上品さもおしゃれ感のいいとこ取り♪ 差し色のパープルも秋っぽくてgoodです!

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【2】黒のシースルーブラウス×水色フレアスカート

ブラック×透け感のコンビで大人っぽさを加速させて

レディな黒ブラウスを、マイルドなブルーでやさしげに取り入れて。黒小物でシックにまとめながらも赤リップで今っぽさをプラスすれば、レトロ感のあるコーデも現代っぽく着こなせます♡

CanCam2018年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/遊佐こころ(SPACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/八木橋佳世

【3】黒のシースルーブラウス×ベージュワイドパンツ

可憐なドットブラウスはワイドパンツでちょいハンサムに

透け感のあるシアー素材なら、黒の長袖ブラウスも涼しげな印象に。シンプルなタックパンツでなくハイウエストのワイドパンツを選ぶことで、コンサバなブラウスもグッと今っぽく着こなせます。

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/菊池かずみ  モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

 

★ベージュジャケットのおすすめコーデ10選|2019秋の着こなし

★長く愛せるシンプル名品♡2019秋・サンローランの新作小物が手放せない

>>CanCam.jp TOPへ戻る