黒ブラウスコーデ12選|大人見えするレース・シースルーブラウスは着回しもOK!【2020夏】

黒ブラウスのトレンド夏コーデ

Chapeau d’ Oのラフィア帽

黒ブラウスの夏コーデを特集。女の子らしくも大人っぽくも着られる黒ブラウスは、上品かつクラシカルに着こなすのがおススメです。今シーズンは、繊細なレースや透け感のあるシースルーなど、女っぽさが漂う黒ブラウスもチェックして♪

【目次】
今っぽい黒ブラウスの着こなしのコツ
最旬♡黒ブラウスの夏コーデ
きれいめな黒のレースブラウスコーデ
シックな黒ブラウスで品のある大人カジュアルに

今っぽい黒ブラウスの着こなしのコツ


今季は形も色も、豊富です!トレンドボトム、何選ぶ?『あやみは…キレイめカラーパンツ』

大人っぽいきちんとコーデはもちろん、デニムとラフに合わせるだけでも、上品なトレンドコーデが作れる黒ブラウス。今年っぽくしたいときは、ワッシャー加工やシアー素材の黒ブラウスが推し♡ カラーパンツやビビッドカラーのバッグなど色と組み合わせることで、おしゃれ感をよりアップさせるのもおすすめです。

Point
・ワッシャー加工やシアー素材の黒ブラウスが今年っぽい!
・カラーパンツやビビッドな色のバッグなど色を加えるとおしゃれ度UP
・黒靴をリンクさせると大人っぽくて品のある雰囲気に

最旬♡黒ブラウスの夏コーデ


【1】黒ブラウス×デニムパンツ×黒サンダル

シックな黒ブラウスはデニムで女らしさを引き立てるのがおすすめ。とびきり女性らしいデザインをかごバッグとデニムで引き算すれば、こなれ感も高まります。デニムはフレアをチョイスして、トレンド感も忘れずに。

CanCam2020年5月号より 撮影/有馬秀星(MOUSTACHE) ヘア&メーク/谷口里奈(R&eo) モデル/中村麻美 構成/時吉 茜

【2】シアー黒ブラウス×デニムパンツ×黒サンダル

媚びない色気でドキッとさせて ワイドデニム×肌見せトップス『クールな印象のワイドデニム。実は、「大人っぽい!」とメンズからの支持率高め♡ 肌見せトップスもヘルシーに受け止めてくれるから、初夏のデートにベストマッチ!』

万能に活躍してくれるベーシックなワイドデニムは、トレンドのシアーブラウスなど遊びのあるアイテムが好相性! ブラウスとリンクする黒小物やサングラスで大人っぽく仕上げましょ。

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】黒ブラウス×ピンク柄スカート×黒パンプス

Item1 女のコパフスリーブ

パリッとしたハリ感のある袖×リブニットの異素材MIXなら、重くなりがちな黒ブラウスにもかわいいメリハリが♡ ガーリーな花柄スカートの甘さも程よく、大人っぽく着こなせます。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/としまえん 構成/手塚明菜

【4】黒ブラウス×ラベンダーパンツ×ベージュバッグ

今季は形も色も、豊富です!トレンドボトム、何選ぶ?『あやみは…キレイめカラーパンツ』

カラーボトムをきれいめに着こなすなら、ハイウエスト&センタープレスがおすすめ。合わせるトップスは、今年っぽい黒ブラウスでシックに締めて。パンツ以外を黒とベージュでまとめれば通勤シーンにも間違いない!

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

【5】ワッシャー黒ブラウス×デニムパンツ

いつものデニムやスカートに、主役級ブラウスを♡春イチ着たい、エモいトップスは?『美月は…センシュアルなシアーブラウス』

エモ&着映えが狙える、くしゅっと洗いをかけたようなワッシャー素材のブラウスは、あえてデニムを合わせてトーンダウン。デコルテ周りが華やかな分、ヘアはハーフアップにしてすっきり♡

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

【6】黒ブラウス×クロシェ 白スカート×黒パンプス

クロシェ素材のタイトスカートと黒の肌見せトップスで、「頑張りすぎてないけどちゃんとおしゃれ!」なモノトーンコーデが完成。背中のちょっとした開きやスカートの裾の透け感で、さりげない女っぽさをアピールしましょ。

CanCam2019年9月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/岩附永子

【7】黒ブラウス×ブラウンワイドパンツ×パープルバッグ

大人っぽさを意識したパンツスタイル。こっくりブラウンのワイドパンツは、落ち感のある素材やサテンの上品な光沢感などきちんと見えする一面も。コンパクトな黒ブラウスをインすると、無理なくスタイルアップが叶います。

CanCam2019年9月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/岩附永子

【8】黒ブラウス×グレーパンツ×グリーンサンダル

これから挑戦したい!気になる小物はこの3つ 「前よりいろんなテイストの小物使いを楽しめるようになった今、おしゃれの幅を広げてくれる旬小物に挑戦してみたい!」

黒のフリルブラウスにグレーのクロップドパンツを合わせた大人かわいい着こなし。差し色にグリーンのサンダルをプラスして、夏らしいインパクトを♡ パンプスだと難しい鮮やかカラーも、抜け感のあるつっかけサンダルなら軽やかに仕上がります。

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】黒ブラウス×イエロー花柄スカート

服がプリプラのときはバッグに〝イイもの〟がMyルール 「シンプルかわいいプリプラ服が大好き♡ だけど、小物の中でも存在感の大きいバッグは、年齢に合ったちゃんとしたものを持って、高見えさせます!」

ノースリニットに花柄スカートを合わせた、ちょっぴりクラシカルな大人スタイル。スクエアフォルムのバッグを合わせて、リラクシーな着こなしにクラス感をプラスして♡

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【10】黒ブラウス×白スカート

DIOR アイコニックな存在に再び恋をする♡『「SADDLE」ベルトポーチ昨年復活したアイコン「サドル」バッグの最新作。 新デザインは、従来よりコンパクトなサイズ感に、 レザーベルトが付いたウエストポーチ型。「CD」のゴールドロゴが上品なアクセントに♡』

ノースリーブブラウスに白スカートを合わせた、上品でセンシュアルな夏コーデ。小物はどこかレトロな雰囲気を醸すディオール オブ リーク柄のウエストバッグをON。今のヴィンテージ気分を盛り上げてくれる、大人のモノトーンコーデです。

CanCam2019年5月号より 撮影/清水奈緒 スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/浜田麻衣

きれいめな黒のレースブラウスコーデ


【1】麦わら帽子×黒レースブラウス×白パンツ

Chapeau d’ Oのラフィア帽

透け感のある黒レースブラウスに白デニムをコーディネート♡ 甘さやセクシーさをヘルシーにシフトさせてくれるデニムは、初夏のおしゃれコーデにも最適。ほんのり爽やかさもプラスできます。

CanCam2020年6月号より 撮影/北浦敦子 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/MAKI(Linx) モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/佐藤彩花

【2】黒レースブラウス×白デニムパンツ×黒パンプス

カジュアルかつ女っぽい。今なりたいイメージを一発で叶えるコーデ肌見せトップス×ワイドパンツ

notコンサバに取り入れたい白デニムは、裾の切りっぱなし&ワイドシルエットのラフな一枚を指名して。繊細な黒レースブラウスと切りっぱデニムの、ちょうどいいバランスがおしゃれです。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/ひるいちか ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉茜、木村晶

シックな黒ブラウスで品のある大人カジュアルに


大人っぽくコーデが決まる黒ブラウスは、きちんと見せたいオフィススタイルにもおすすめ。この夏は繊細なレースや透け感のあるシースルーの黒ブラウスで、女らしくて品のある旬のトレンド感を手に入れて!

 

>CanCam.jp TOPへ戻る