定番デニムのおすすめ冬コーデ15選|ブルーデニム・スキニーデニムなど

トレンドコーデに必須!ジーンズの最旬スタイルをチェック♡

シーズンレスでお役立ちのジーンズは、この冬もトレンドアイテムの着こなしにマスト! 定番デニムだからこそ、今っぽい着こなし術や色合わせをアップデートしなくっちゃ♡ ということで、ライトブルージーンズやスキニージーンズを合わせる、CanCamのおすすめ冬コーデを特集します。

【目次】
ライトブルーのジーンズを合わせる冬ファッション
スキニージーンズを合わせる冬ファッション

ライトブルーのジーンズを合わせる冬ファッション


【1】ライトブルーデニムパンツ×ピンクニット

きれい色コートはウォッシュデニムでボーイッシュに

さりげなくミックスカラーになったピンクニットは、一枚でロマンティックなかわいさ♡ 古着チックなデニムを合わせて、ちょっぴりヴィンテージライクな着こなしに。足元は、あったかかわいい靴下使いでおしゃれ感度を上げて。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】ライトブルーデニムパンツ×白ボアジャケット×グリーンニット

きれい色コートはウォッシュデニムでボーイッシュに

大胆なビッグケーブル編みが目を引くカラーニット! POPなライトグリーンの透けニットは、鉄板デニムで受け止めつつ、ピンクバッグとのカラーMIXやソックス使いでやんちゃかわいく着こなして♪

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】ライトブルーデニムパンツ×ストライプ柄ワンピース×黒ニット

きれい色コートはウォッシュデニムでボーイッシュに

真面目なストライプ柄ワンピは、タートルニットとのレイヤードでカジュアルダウン!シャツワンピは1枚で着ないのが旬なんです。ゆるっとしたサイズ感なので、ウエストを締めてバランスよく。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【4】デニム×ピンクコート×ベージュニット

きれい色コートはウォッシュデニムでボーイッシュに

端正なロングコートもシュガーピンクだとお茶目なかわいさ♡ きれい色コートとデニムを淡いトーンでなじませれば、大人っぽくて洗練された抜け感が生まれます。さらに、おしゃれムードを引き出す配色ルールは、素材が重くなる冬に効果的! 仕上げは、キャップやコンバースなどのボーイッシュ小物を効かせて、よりミックス感を楽しんで。

CanCam2019年1月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/加藤かすみ(TRON) ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/木村 晶

【5】デニム×黒トップス×ピンクコート

シンプルコーデに映える鮮やかコートで視線をひとり占め♥

直球でかわいいベリーピンクコートは、デニムでほんのりスパイシーに攻略! ふわっとしたシャギー素材で質感もフェミニンなので、はおるだけで女の子ムード満点です。〝存在がおしゃれ〟を狙うなら、ベルト付きトップスやグレーブーツで、甘く着ないという選択を。

CanCam2019年1月号より 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】デニム×赤ケーブルニット縄編みニット×デニムの定番コーデにファー小物でアクセントを

赤ニット×デニムのカジュアルコーデには、ファー付きローファーできちんと感と意外性を♡ トラッドなローファーも、ボリューミーなファー付きならキマりすぎず、程よく力の抜けた雰囲気に仕上がります。

CanCam2019年1月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/田中絵理子

【7】ブルーデニム×グリーンニット

idea4今すぐから春まで味わい尽くすなら…【レディブラウス】を冬→春へ着回しまSHOW!『本気の古着でも新品でも、選びの決め手はクラシカルでレディライクなこと。繊細レース、フリル、シルキー素材、ガーリーなギャザーetc.大げさなくらいのディテールも今シーズンはアリ!今すぐ買って冬服とレイヤード、春になったら一枚で、とことん着回し尽くそう♪』

ギャザーフリルをあしらったブラウスを、今季のトレンドニットにレイヤード。ほっこりしがちなケーブルニットは、裾と袖からフリルを見せてアクセントをつけることで、奥行き&今っぽさが生まれます。丈短めの旬バランスで、定番ニット&デニムスタイルをアップデートしちゃいましょ♪

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY)モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/木村 晶

【8】デニム×もこもこ白カーデ

BIGサイズのもこもこカーデで憧れのセレブカジュアルに

ざっくり&ボリューミーな白ニットに包まれて、究極にかわいい♡女子コーデが完成! ざっくり編まれたハンドメイドのボリューム感がかわいいと、世界中で大人気のオーストラリア発ブランド、I Love Mr Mittensのカーディガンはアウターなみの暖かさ。Tシャツ×デニムのシンプルコーデに、ざっくりはおるだけでサマになります。

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 プロップスタイリスト/尾崎 愛 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/TOKYO CLASSIC CAMP 構成/手塚明菜

【9】デニム×白Tシャツ×ベージュカーディガン優しいミルクティー配色でデニムコーデをほんのり甘く

極太糸のニットカーデは、ラフなデニム×パンプスで大人カジュアルに振るのが正解。カーデと小物でさりげないベージュグラデを意識すれば、フェミニンで優しいムードが漂います♡

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/木村 晶

【10】デニム×ざっくりニット

最旬ニットを主役に♡目を引くふたごコーデがかわいすぎ♡

アイシーカラーのモケモケニットは、この冬一枚は欲しいアイテム。色のトーンと糸のゲージを合わせるだけでも充分こなれたシミラールックに。無敵のコンバースを仕上げに加えて、すっきり見えるこなれカジュアルを完成させて。

CanCam2018年12月号より 撮影/酒井貴生(aosora) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜・石川 恋(以上本誌専属) 撮影協力/田中かほり 構成/西村真樹

スキニージーンズを合わせる冬ファッション


【1】グレースキニージーンズ×カウチンカーディガン×グレーニット

冬のキレイ色アイテムと合わせて、モノトーンをとことん楽しむ!『ついつい欲しくなるキレイ色アイテム。どんな色も受け入れてくれる万能なモノトーンコーデに投入すれば、テクニックいらずで即おしゃれ上級者見え♡』

スキニー×タートルニットの辛口タイトな雰囲気を、ノルディック柄カウチンが程よくラフにくずしてくれる。ライダースやチェスターコートを合わせがちなコーデも、カウチンにスイッチするだけでおしゃれ上級者な空気感。

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子(P.30〜P.31・P.40〜P.44・P.46〜P.49)、丸林広奈(P.32〜P.39・P.45)、ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY)モデル/楓(本誌専属) 構成/木村 晶

【2】ネイビースキニージーンズ×ブラウンボアコート×白ブラウス

冬のキレイ色アイテムと合わせて、モノトーンをとことん楽しむ!『ついつい欲しくなるキレイ色アイテム。どんな色も受け入れてくれる万能なモノトーンコーデに投入すれば、テクニックいらずで即おしゃれ上級者見え♡』

ヴィンテージ感のあるブラウスをスキニーデニムでストイックに。さらにトレンドのボアコートをはおることで、コーデの鮮度がアップします。小物でも大ぶりビジューや大粒パールなど、リッチ見えアイテムでデニムコーデを格上げ。パーティでも活躍しそうなビジューBAGは、あえてカジュアルコーデに投入してラフに持つのが上級者風♡

CanCam2019年1月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/田中絵理子

【3】ネイビースキニージーンズ×赤コート×ボーダーニット

冬のキレイ色アイテムと合わせて、モノトーンをとことん楽しむ!『ついつい欲しくなるキレイ色アイテム。どんな色も受け入れてくれる万能なモノトーンコーデに投入すれば、テクニックいらずで即おしゃれ上級者見え♡』

ドラマティックな赤コートにボーダーを仕込んで、目指すはパリの女の子! デニム×ボーダーニットの定番コーデを赤コートと小物でアップデート。アクセントのベレー帽はシャレ見えに必須です♡

CanCam2019年1月号より 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】黒スキニージーンズ×白ボアコート×白Tシャツ

冬のキレイ色アイテムと合わせて、モノトーンをとことん楽しむ!『ついつい欲しくなるキレイ色アイテム。どんな色も受け入れてくれる万能なモノトーンコーデに投入すれば、テクニックいらずで即おしゃれ上級者見え♡』

思わず触れたくなるボアコートは、やわらかなエクリュとカーキの配色がカジュアルすぎない仕上がりに。シンプルなニット×デニムのコーデに、ボアコートで立体感をプラスすればメリハリのある最旬カジュアルの出来上がり。差し色に加えたイエローのパンプスが、ラフなアウターを大人っぽく見せてくれるので女らしさもばっちりキープできちゃいます!

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【5】黒スキニージーンズ×ブラウンカーディガン×グレーTシャツ

冬のキレイ色アイテムと合わせて、モノトーンをとことん楽しむ!『ついつい欲しくなるキレイ色アイテム。どんな色も受け入れてくれる万能なモノトーンコーデに投入すれば、テクニックいらずで即おしゃれ上級者見え♡』

リラックス感のあるカーデを、スキニーデニム&ハイヒールで女っぷりよくミニマムに。マスタード色でさらにスパイスをオンすれば、ブラウンのこなれ見えが加速します!

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/木村 晶

スキニーデニムもブルーデニムも、トレンドコーデに欠かせない超ベーシックアイテム♡ スタイルアップができるデニムも増えているので、体型に合う一本を見つけてみて!

>CanCam.jp TOPに戻る