こなれ見えする鉄板スニーカー♡コンバースの秋冬コーデ25選【2019レディース】

こなれ感抜群!コンバースのおすすめコーデを大特集

大人気スニーカー・コンバースを投入した、おすすめの秋冬コーデを紹介します。登場回数が多いブラウン・白・黒・赤のカラー別にまとめました♡

スニーカーの定番コンバースの着こなし例

【目次】
ブラウン系コンバース秋冬コーデ
白コンバース秋冬コーデ
黒コンバース秋冬コーデ
赤コンバース秋冬コーデ

ブラウン系コンバース秋冬コーデ


【1】ベージュコンバース×チェックシャツ×黒スカート

カジュアルは色使いや小物でどこかに女らしさをプラス!

少量のグレーが作るシックな抜け感で、大人に似合うカジュアルバランスを提案! ショートシャツ×ロングスカートで脚長見えも叶います。チェックの色味とリンクさせた、ベージュコンバースもポイントです♡

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】ベージュスニーカー×ボーダートップス×ブルースカート

カジュアルは色使いや小物でどこかに女らしさをプラス!

てろっとした質感が大人なリネンジャケットは、ボーダータンクやスニーカーのカジュアル感と好相性。ラフにまとまりすぎないように、ボトムは程よくフィットするニットタイトで女らしさもトッピング♡ ゆるっと感とシャープさがバランスよくMIXした、大人カジュアルがテーマです。

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】マスタードコンバース×チェスターコート×黒ワンピース

カジュアルは色使いや小物でどこかに女らしさをプラス!

王道のチェスターコートだからこそ、色で冒険! 杢っぽいニュアンスのあるマスタード色なら、シンプルな黒ワンピがぐっと華やかな装いに仕上がります。ヴィンテージ風のボタンもリッチ見えのアクセントに。重めのバランス感もおしゃれです♡

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【4】ブラウンコンバース×白ブルゾン×パープルニット×ブラウンパンツ

カジュアルは色使いや小物でどこかに女らしさをプラス!

ボアコート×深みのあるパープルニットが、ほんのり大人な雰囲気を香らせる最旬カジュアル。ワイドパンツを合わせたゆる×ゆるのコーデも、ニットとバッグでプラスしたパープルがシャープなアクセントを効かせてくれます。強いカラーを入れることで、スニーカー合わせでもNOTほっこりが叶います♡

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里  ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里、篠原里緒 構成/渡辺みらの

白コンバース秋冬コーデ


【1】白コンバース×ピンクニット×ベージュスカート

大人っぽさを狙うならタイトワンピをチョイス

ピンクニットの裾から白Tをチラリとのぞかせて、きれいめなとろみスカートをおしゃれにカジュアルダウン。全体にリズムが生まれてバランスまでUPします。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】白コンバース×白ダウンジャケット×カーキシャツ×黒デニム

大人っぽさを狙うならタイトワンピをチョイス

ダウン×スニーカーのスポーティスタイルを、ミリタリーシャツで大人に見せて。体温調節がしやすいレイヤードなら、冬のお出かけにもぴったりです。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】白コンバース×白Tシャツ×ブルーパンツ

大人っぽさを狙うならタイトワンピをチョイス

Tシャツにキャップにスニーカー…やんちゃなモノトーンカジュアルも、センタープレス入りのブルーパンツを投入すればグッと大人っぽい印象に。アウターは上品なノーカラーVコートで、洗練されたカジュアルコーデを堪能しましょ♡ 小ぶりのショルダーバッグで今っぽさをONしつつ、足元はアクティブな白コンバースを指名して。

CanCam2019年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】白コンバース×チェスターコート×デニム

大人っぽさを狙うならタイトワンピをチョイス

クリア感のあるアイスブルーのチェスターでデニムをキレイめ方向にシフト! 足元には白コンバースをプラスして、こなれ感をトッピング。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【5】白コンバース×ピンクコート×ベージュニット×デニム

大人っぽさを狙うならタイトワンピをチョイス

端正なロングコートもシュガーピンクだとお茶目なかわいさ♡ きれい色コートとデニムを淡いトーンでなじませれば、大人っぽくて洗練された抜け感が生まれます。おしゃれムードを引き出す配色ルールは、素材が重くなる冬に効果的! 仕上げは、キャップやコンバースなどのボーイッシュ小物を効かせて、よりミックス感を楽しんで。

CanCam2019年1月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/加藤かすみ(TRON) ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/木村 晶

【6】白コンバース×ふわふわニット×コーデュロイパンツ

大人っぽさを狙うならタイトワンピをチョイス

シンプルなワンツーコーデは、ヴィンテージ感のある配色で鮮度を上げて。くすみパープル×ブラウンの新鮮カラーミックスなら、今っぽいムードが加速します! 色で旬をアピールすると、シンプルコーデが洗練されておしゃれっぽく♡ 足元はコンバースで、こじゃれた抜け感を意識して。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/木村 晶

【7】白コンバース×イエローカーディガン×ベージュスカート

ラフな着こなしを、もこもこ素材のカーデで今っぽく!

毎年人気のニットカーデですが、フェザーヤーン素材ならより今っぽい仕上がりに。もこもことした素材感は、朝晩の温度差対策はもちろん女子度もアップします♡ 上下をゆるシルエットで合わせたときは、共布ベルト付きのロングスカートで腰位置を高く見せるのがポイント。ラフにまとめたいから、足元はスニーカーを合わせてこなれ度の高いカジュアルに♪

★【今日のコーデ】フェザーヤーンの「もこもこカーデ」がこの秋イチかわいい!

【8】白コンバース×チェックワンピース

着回し力抜群のチェックシャツが映える秋のおでかけスタイル

チェックのロングシャツ×スニーカースタイルで秋のおでかけを満喫♡ 重ね着を楽しめる時期は、ボタンを少し開けてTシャツをレイヤードして着こなすのがオススメです。ラフな白スニーカーを合わせて、抜け感のあるカジュアルスタイルに仕上げましょ。

★着痩せ効果大のワンピース発見!丈と柄がポイント【今日のコーデ】

【9】白コンバース×ニットパンツ×Tシャツ

ニットパンツ×Tシャツで〝ちょっとそこまで〟なシャレスタイルに

この秋注目のニットパンツは、脚のラインを拾わないので〝スタイルが気にならない〟という意味でもらくちん♪ 古着っぽいTシャツは黒を選んで、ちょっぴりタウン仕様を意識するのがポイントです。

CanCam2018年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/遊佐こころ(SPACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/八木橋佳世

【10】白コンバース×ノースリーブニット×チェック柄パンツ

スポーティー小物をMIXして、正統派なチェックもこなれ見え!

ボルドーとブラウンチェックが秋ムードを高めてくれる旬配色。こなれ感ばっちりのスポーティ小物は、白でまとめて抜け感をプラスするのがポイントです。

CanCam2018年10月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【11】白コンバース×黒フーディ×ロングスカート

大好きブランドのロゴ入りでモノトーンを華やかに★

フーディ&スニーカーと、グレンチェックのフリルスカート&ミニBAGで、カジュアルと女の子らしさのちょうどいいバランスに。ロゴ入りのフーディなら、ちょっぴり女の子らしさも叶います♡

CanCam2018年10月号より 撮影/柴田フミコ スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里、篠原里緒 構成/渡辺みらの

【12】白コンバース×ニット×ワンピース

大人っぽさを狙うならタイトワンピをチョイス

コンパクトな長袖ニットと合わせれば、この秋冬、長~く使えるタイトワンピ。サイドのボタンも大人見え&スタイルアップポイントです。

CanCam2018年10月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/八木橋佳世

黒コンバース秋冬コーデ


【1】黒コンバース×チェックシャツ×パンツ

カジュアルは色使いや小物でどこかに女らしさをプラス!

今どきのゆるっとしたボーイッシュコーデは、タートルの重ね着で女らしさをひとさじ。ゆとりのあるシルエットには、ぴたっとフィットするタートルと細身のパンツでギャップを効かせるのがポイントです。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】黒コンバース×白ニット×ロングワンピース

カジュアルは色使いや小物でどこかに女らしさをプラス!

ドット柄のワンピースは前を開けて、シンプルニットにはおるだけでこなれ見え♡ デニムやスニーカーを合わせたカジュアルコーデにもしっくりです。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】黒コンバース×ラベンダーコート×ワンピース×デニム

カジュアルは色使いや小物でどこかに女らしさをプラス!

ドットワンピにデニムをレイヤードした上品カジュアル。ラベンダーコートで華やぎもプラスしつつ、黒コンバースでラフにまとめるのがおすすめです♪

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】黒コンバース×ロングニット×白パンツ

カジュアルは色使いや小物でどこかに女らしさをプラス!

ヴィンテージ感漂うモスグリーン&モヘアのようなふわふわウールのロングカーデは、はおるだけでおしゃれ偏差値が急上昇! 明度が高すぎないグリーンはモノトーンとすんなりなじみ、黒トップス×白パンツのシンプルコーデを素敵にアップデートしてくれます。

CanCam2019年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】黒コンバース×スーパーロングコート×フーディ×黒デニムカジュアルは色使いや小物でどこかに女らしさをプラス!

シャープなグレーのワントーンは、ストリートMIXで等身大な着こなしに。くるぶし丈や長めのベルトがモードな印象を与える分、フーディやスニーカーを合わせて一歩先行くコーデを意識。色味をまとめることで、感度の高いシャレ見えコーデがきまります。

CanCam2019年1月号より 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】黒コンバース×ラベンダーカーディガン×白Tシャツ×黒デニム

カジュアルは色使いや小物でどこかに女らしさをプラス!

ゆるカーデにキャラTやスニーカー…。めいっぱいラフに着こなしたいときほど、キラキラアクセやピンクのファーBAGで盛り上げて! ラベンダーの甘さと黒デニムの辛さも好バランスです♡

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里、篠原里緒 構成/渡辺みらの

【7】黒コンバース×スエット×ミニスカート

大きめサイズのスエットは×ミニスカでヘルシーかわいく

オーバーサイズがかわいいフーディに、ミニスカートを合わせてバランスよく♡ 華奢なChampionロゴが大人っぽいスポーツMIXにしっくりです。

CanCam2018年10月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/楓(本誌専属) 構成/八木橋佳世

赤コンバース秋冬コーデ


【1】赤コンバース×白Tシャツ×ロングジャケット×スカート

カジュアルは色使いや小物でどこかに女らしさをプラス!

チェリーピンクや赤でまとめた、インパクトのあるシャレ見えコーデ。身につけた瞬間、見た目も気持ちもキュンキュンさせてくれる、チェリーピンクの台形ミニと赤とのグラデーションがおしゃれです♡

CanCam2017年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/としまえん、田邉沙緒莉 構成/石黒千晶

【2】赤コンバース×赤スエット×スカート

おちゃっぴートレーナーで冬のおしゃれレイヤードを満喫

赤を主役にするときは、写真映えをテーマにとことんおちゃっぴーにやりきってしまうのがポイント。首元からスタンドカラーのインナーをちら見せさせたパーカとミニスカートを合わせて、フレッシュな着こなしに。足元は定番コンバースの赤のハイカットをプラスすれば、おちゃめなコーデの完成です。アイテムで遊びつつも、カラーは統一してまとめるのがコツ。

★【今日のコーデ】冬のおしゃれに差をつける「レイヤード」テクをマスターして!

 

ロングセラーを続けるコンバースは、カジュアルにはもちろん、トレンドコーデのハズし役にもぴったり♡ 使い勝手の良さを重視するならベージュや白、アクセントにプラスするなら赤、締め色効果を狙うなら黒がおすすめです!

 

>CanCam.jp TOPに戻る