白や黒コンバースを使った人気コーデ25選|スタイリストの愛用品や着こなしテクも要チェック!【2021レディース】

こなれ感抜群!大人気のコンバースコーデを大特集

大人気スニーカー「コンバース」を投入した最旬コーデを大特集! カジュアルファッションに合わせたり抜け感づくりに使ったり、鉄板のコンバースを持っておくだけで着こなしの幅が広がります。登場回数が多い白や黒に加えて、ほかのカラーを取り入れたおすすめコーデもご紹介します。

老若男女問わず愛され続けるスニーカー「コンバース」

コンバース

1908年にアメリカで誕生した「コンバース」のスニーカー。カジュアルコーデの定番とも言える「コンバース」のオールスターは、流行に左右されない安定感のあるデザインでロングセラーを続ける大人気モデル。キャンバス地を使ったスニーカーのほか、レザーやスエード素材などバリエーションも増えています。

コンバースの合わせやすさにスタイリストもドはまり!

■コンバースにハマったきっかけは?

コンバース

▲CanCamスタイリスト伊藤舞子さんのコンバースコレクション

白っぽい色とそれに近い生成りだけですでに6足…! これらはコレクションしているわけではなく、どれも普段よく履いているレギュラー陣とのこと♡ コンバース好きになったきっかけ、選び方のコツ、コーデのポイントを聞いてみました。

昔は生成りのハイカットくらいしか持っていなかったのですが、スタイリストになってコーディネートを組むたびに、コンバースって何にでも合うなということに気づいて、買い始めました。

コンバース

海外旅行に行った時にも買います。海外のものは日本に売っているものとソールが違うんですよ。クッション性があって歩きやすいので少しずつ集めています。ベージュのローカット、真っ白のキャンバスハイカット、グレー✕赤ライン、黒のハイカットは海外で買ったものです

■白、生成り、ベージュと近い色味はどう使い分けてるの?

コンバース

コンバースはソールのラインの色だけでも印象が変わるので、つい購入してしまいます。同じ白でも、赤ライン、黒ライン、ラインなしのものなどいろいろあるんです。ワントーンのグラデーションコーデが好きなので、なじませるのに絶妙な色合いの靴が必須というのも理由です

コンバース

コーディネートを考える際、統一感が出るので3色くらいでまとめるというのがマイルールなんです。例えばきれい色の柄スカートを選んだら、合わせるトップスはベーシックカラー。そのトップスと同色の靴を合わせるとまとまりがよくなります。そのため、ベーシックカラーの絶妙な色違いをいくつか持っておくと便利なんです。どんな色柄の服でもこれだけあればだいたい対応できます

■ローカットとハイカットの使い分けは?

コンバース

ローカットは足元を軽やかに見せたいときに。足首がちらっと見えるので、抜けよくスッキリ見えます。ハイカットは靴にかかるくらいのロング丈のスカートやワイドパンツに。ショートブーツ感覚で合わせています

「ハイカット」「ローカット」のコンバースコーデのポイント

コンバース

  1. 白系や黒のコンバースはどんなコーデにも合わせやすい
  2. ショートブーツ感覚で合わせられるハイカットコンバース
  3. ローカットコンバースは足首が見えることですっきりした印象に
  4. カジュアル以外にもきれいめコーデのハズシ役におすすめ
  5. トップスや小物の色とリンクさせると統一感のある着こなしに

ブーツのように合わせられるハイカットのコンバースコーデ

【1】グレーハイカットコンバース×いグレースエット×チェック柄スカート

クラシカルで上品なカラーのチェックスカートをカジュアルに振って、やんちゃかわいく♡ トレーナーとスニーカーをダークカラーで統一すれば大人っぽさがキープできます。

CanCam2020年11月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/田中絵理子、石黒千晶

【2】黒ハイカットコンバース×ボーダートップス×白スカート

愛らしベビーブルーのボーダーニット『淡く溶けるようなブルーのボーダーニットと、目尻にちょこんと入れた水色アイラインがおしゃれポイント。ピュアなベビーブルーの力を借りて、無邪気なカジュアルコーデが完成!』

ブルー系のMIXニットに白のフレアスカートを合わせたガーリーカジュアル。手でほぐしたようなダメージ感に愛着がわくゆったりニットなら、一枚でコーデがサマになります。足元は靴下+黒コンバースで、人とかぶらないおしゃれな春コーデを完成させて。傘もブルーを取り入れると雨の日のおしゃれ度もUPします。

CanCam2021年4月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/入江陽子(TRON) ヘア&メーク/村上 綾 モデル/山下美月(本誌専属)構成/佐藤彩花

【3】黒ハイカットコンバース×黒トップス×花柄ワンピース

週3日着たい!センシュアルワンピ着回し

花柄のワンピースにオーバーサイズのスエットを重ねて甘めのスポーティコーデに。ビッグスエットをかぶせるワンピのスカート風アレンジは手軽にできておすすめです。スエットの重ね着や黒でカジュアルムードをUPさせたら、パールネックレスやミニバッグで女っぽさもキープして♡

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】黒ハイカットコンバース×ブルーニット×白シャツワンピース

好感度シンプル・トラちゃんはこの3アイテムで仕事運UP

品のあるレイヤードスタイルなら、白のシャツワンピにニットをかぶせるアレンジがおすすめ! 今季らしい絶妙な丈バランスで新鮮さも手に入ります。足元を黒コンバースで外すのも簡単に洒落見えするコツ♪ タイツ合わせなら防寒対策も◎。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【5】黒ハイカットコンバース×黒アウター×白パーカ×黒パンツ

やっぱりトレンド物は楽しいから 今っぽいニューカマーを〝相棒〟に加えてみる。

ハードになりすぎずおしゃれ度を上げてくれるレザーパイピングのアウターは取り入れて損ナシ。コートの下は、白フーディ×黒パンツのきれいめカジュアルですっきりと着こなして。ラフさが盛れる黒コンバースもこなれ見えするいい味になってます。

CanCam2020年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/渡嘉敷愛子 モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/鶴見知香

足元をすっきり見せられるローカットのコンバースコーデ

【1】ブラウンローカットコンバース×ブラウントップス×白スカート

ニットトップスとワッシャープリーツのスカートを合わせた春色コーデ。流行のシトロンイエローに赤みのあるこっくりブラウンを合わせると、程よくキレが加わって洗練された印象へと昇華。差し色のブルーバッグと締め色のコンバースで配色にもひと工夫を。

CanCam2021年5月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【2】白ローカットコンバース×ボーダー柄カットソー×デニムパンツ×ベージュトレンチコート

流行に左右されない王道のトレンチコートをパリっぽく♪ 定番のベージュトレンチを、ボーダーとデニムでフレンチカジュアルに仕上げれば、ベーシックなのに今っぽいカジュアルコーデに仕上がります。靴はコンバースを合わせつつ、キレイめなスクエアBAGできちんと感をキープするのもおすすめテク♡ ベルトを結ぶときにフロントのボタンを開けて、中のコーデが見えるようにしておくのもポイントです。

CanCam2020年10月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【3】黒ローカットコンバース×白ジャケット×黒Tシャツ×デニムパンツ

ジャケットをカジュアルに取り入れるなら、アクティブで軽快なロゴTシャツ×デニムスタイルを採用。ベーシックになりすぎないように、アクセ感覚でピンクバッグを斜めがけにしたりカラフルな傘を合わせて明るめの配色に。最後は定番の黒コンバースをコーデの引き締め色に加えるのがポイントです。

CanCam2020年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/森野友香子(Perle Management) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【4】黒ローカットコンバース×白ジャケット×ブラウンニット×ピンクスカート

モカブラウンのニットとくすみピンクのスカートをつないだ、コクのあるインナーコーデにジャケットをON! くすみ系のカラーでまとめることで、おしゃれっぽさもUPします♡ 今っぽい空気感をたっぷり含んだ感度高めの着こなしには、力の抜けた黒コンバースでこなれた足元をメイクして。

CanCam2020年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/森野友香子(Perle Management) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【5】白ローカットコンバース×ピンクジャケットセットアップ×ベージュTシャツ

テーラードジャケット×ショートパンツのセットアップは、くすんだピンクベージュで今っぽく! ベージュのTシャツなどドライな配色でまとめれば、ショートパンツのセットアップも大人見えが叶います。脚を大胆に見せるショートパンツはヘルシーなスニーカー合わせで颯爽と♡ ローカットの白コンバースならこなれ感も清潔感も手に入ります。

CanCam2020年5月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石黒千晶

【6】黒ローカットコンバース×白トップス×黒スカート

10きれいめカットソー×映えフレア

ドラマティックに揺れ動くワッシャープリーツスカートを、リラクシーなゆるロンTとローテクスニーカーでカジュアルにシフト。黒コンバースでハズシを加えて、ラフだけどちゃっかり女っぽい理想のリラクシーコーデを楽しんで。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】白ローカットコンバース×ピンクシャツ×白インナー×ベージュパンツ

顔映りのいい発色でイキイキとした表情に コーラルピンク

ピンク系のワイドパンツにピンクのシアーシャツをはおって絶妙な甘辛バランスに。気負わないコーラルピンクなら辛口なワイドパンツもマイルドに着こなせます。白コンバースで外すおしゃれテクも、大人カジュアルのポイント。ピンクや白などやさしい色味だけで構成すると、辛口なワイドパンツコーデがフェミニンにシフトします。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】白ローカットコンバース×グリーントップス×デニムパンツ

おうちコーデに欠かせないデニムルック。デコルテがきれいに見えるVネックカーデをプルオーバーのように合わせて、デニムコーデを女っぽく盛り上げて♡ スニーカーは白コンバースで清潔感のあるカジュアルに。

CanCam2020年11月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/田中絵理子、石黒千晶

【9】白ローカットコンバース×ピンクジャケットセットアップ×白Tシャツ

ジャケットセットアップ

ダブルジャケットのセットアップは、くすんだピンクがトレンド感のあるカラーリング。ロゴTやスニーカーでカジュアルダウンすることで、堅さがOFFされデイリーコーデに着回せます♡ 白T×白コンバースなら軽やかさもばっちりです。

CanCam2020年10月号より 撮影/生田昌士(hannah) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【10】白ローカットコンバース×ブラウンワンピース

たまには「ゆるさ」も欲しいもの♪カジュアル気分の日に着たいのは?『美月は…エモさたっぷり白コンバース』

こっくりブラウンのワンピースは、足元に爽やかな白のオールスターを合わせて季節感を投影♡ ローカット×すっきりフォルムのスニーカーだから、バランスよくまとまります。夏らしいロープバッグで小物を軽やかにまとめるとコーデの洗練度もアップします♪

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

カラー展開が豊富なコンバースのスニーカーコーデ

【1】ブルーローカットコンバース×黒ワンピース×ボーダーカットソー

一枚でも着られる黒のキャミワンピにボーダーのインナーを重ねてカジュアルダウン。足元はスニーカーを合わせれば、楽ちんなワンマイルコーデの完成です。水色のコンバースとワンピで女のコらしいお洒落っぽさもUP♡

CanCam2021年5月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【2】ベージュローカットコンバース×白Tシャツ×黒パンツ

Q.何か新しいアイテムにTRYしたい!『A.サスペンダー付きパンツでイメチェン♡』

かっちりして見えるモノトーンコーデは、ロゴTシャツや落ち感のあるサスペンダーパンツでゆる〜く着るのが夏の気分。ドット柄バッグやベージュのスニーカーでちょいスポーティに味つけすればおしゃれっぽさも急上昇♪

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【3】ブラウンローカットコンバース×ブルーキャミソール×ブルーニット×イエロースカート

キャミ×プリーツスカートの夏フェミニンに、ゆるいニットカーデでラフさをON! ブルー×シトロンイエローというジェラートカラーの掛け合わせでコーデの今っぽさも爆上がり。自然体に仕上がるコンバースも淡色をおしゃれに引き締めてくれるグレーカラーがおすすめです。

CanCam2021年5月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【4】ブルーローカットコンバース×グレーシャツ×黒ワンピース×白Tシャツ

白Tシャツ×ワンピースの重ね着に、大きめのシアーシャツをさらっとプラス。白Tや透け感のあるシャツで軽さを出せば、3枚の重ね着も重たく見えずにまとまります。カラーコンバースを合わせたカジュアルコーデもシックなトーンで大人っぽい雰囲気に。

CanCam2021年5月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【5】ベージュローカットコンバース×アプリコットジャケット×白Tシャツ×グレージュデニムパンツ

07テーラードジャケット×定番デニム

締め色なしのグラデ配色でカジュアルときれいをいいとこ取り♡ 注目のグレージュデニムに明るいアプリコットカラーのテーラードを合わせた春らしいコーデ。デニム×スニーカーでも、ジャケットやきれいめ配色にこだわることで上品見えが叶います。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】赤ローカットコンバース×白Tシャツ×フレアデニムパンツ

今季はハイウエスト×フレアのヴィンテージライクなデニムがおすすめ。フォトTシャツや赤コンバースを合わせるだけで即今っぽムードに仕上がります!

CanCam2021年5月号より 撮影/新田君彦(えるマネージメント) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/西村真樹

【7】グレーローカットコンバース×ピンクアウター×白Tシャツ×黒パンツ

シンプルorハンサムデザインで大人顔にPINK『イエベの人は…ピーチ』

バサッとはおれるメンズっぽいトレンチは、やわらかなピンク色でフェミニンに引き寄せて。インナーを白のメッセージTシャツや黒スキニーでメンズっぽく仕上げると、全体のバランスがまとまります。靴はピンクやブラックと相性のいいグレーのコンバースがおすすめ。

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 構成/山木晴菜

【8】イエローローカットコンバース×イエロートップス×白ワイドパンツ

白が混ざったクリーミィさが今っぽい まろやかイエロー

カジュアルだけど品の良さが整うイエローニット×白パンツの着こなし♡ イエロー・白・ベージュのなめらかな三重奏が、ふんわりとしたムードをメイク。配色に甘さがある分、短丈ニット×太めパンツのボーイッシュさが程よいスパイスになっています。コンバースもイエローを選ぶと洒落感がさらにUP!

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】ピンクハイカットコンバース×ラベンダートップス×ドット柄スカート

薄いラベンダートップスをボルドーカラーのスカートにIN! キャッチ―なカラーリングだって、品のあるアイテムを合わせると品よくコーデがまとまります。ルーズなシルエットが今年らしいスエットはゆるっと感が絶妙。仕上げはピンクのコンバースで遊びゴコロをプラスして。

CanCam2020年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【10】ミントハイカットコンバース×Gジャン×花柄ワンピース

清涼感たっぷりな(ミントカラーのコンバース)をお供にお出かけしたいな♪『スニーカー専門店でひと目ボレした、珍しいミントカラーのコンバース。いつもジーンズに合わせることが多いけど、たまにはワンピに合わせてガーリーに仕上げたいです♪』

レトロな花柄ワンピに大きめサイズのGジャンをプラス。爽やかなミントカラーのコンバースなど寒色系でまとめれば、ブルーのグラデが黒ワンピをかわいくシフトしてくれます♡

CanCam2020年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/Midori モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

コンバースはきれいめコーデのハズシ役にもおすすめ

シーズンもシーンも問わず、年中履きまわせるコンバースのスニーカー。Tシャツやデニムに合わせるカジュアルファッションはもちろん、ジャケットやきれい色スカートなどきれいめアイテムにも合わせられるのが魅力です! 春夏の暖かい季節はローカットタイプを合わせて足元をすっきり見せたり、ミニ丈ボトムにはハイカットタイプをブーツのように合わせたりと、デザインごとの使い分けも楽しんで。