ただ着るだけでかわいい♡「ワンピースコーデ20選」|ティアードやミニ丈などトレンドワンピも紹介!【2021】

一枚でかわいいが完成!「ワンピース」の着こなし例

毎日だって着ていたい、今っぽくてかわいいワンピースコーデを大特集! 今季注目のワンピース&着こなしを紹介します♡ デートやお出かけにぴったりな旬のコーデは要チェック♪

2021トレンドの「ワンピース」をピックアップ!

毎シーズン人気のワンピースですが、今季はどんなデザインをGETすればいい? 定番のアイテムだからこそ、旬の要素を取り入れたいのがお洒落女子の本音ですよね。そこで、トレンドを押さえたおすすめのワンピースをご紹介します。

■ティアードワンピース

かわいいワンピース

段のように布を切り替えることで、裾に向かってふんわり感が増すティアードワンピース。ボリューミーなAラインシルエットなので、胸下切り替えのデザインを選ぶと、お腹まわりのカムフラージュもOK♡ ボリュームのあるティアードワンピは、ロング丈でもミニ丈でも、小さめバッグや抜け感のあるサンダルなど、すっきり合わせられる小物でバランスよく着こなして。

■ミニ丈ワンピース

かわいいワンピース

今年トレンドのミニ丈ワンピースは、ロングブーツを合わせて洒落感たっぷりに着こなして! ティアードやフリルなど甘いディテールのフェミニンなデザインでも、シックな色を選ぶと大人かわいく着こなせます。細身のボトムを合わせて甘めのカジュアルに仕上げるのも◎。

■デニム素材のワンピース

かわいいワンピース

今季はデニム素材のワンピースがトレンドにランクイン! カジュアルなデニム素材と女らしいワンピースのバランスがとってもおしゃれ♡ スニーカーを合わせてお散歩コーデにしたり、華奢なシューズを合わせて女子会やデートコーデにしてみたり…と、シーンを問わずに着られます。

■ボリューム袖ワンピース

かわいいワンピース

ボリューム袖のワンピースはフェミニンな印象になるだけでなく、二の腕が華奢に見えるうれしい効果も♡トレンド感も美シルエットも一枚で決まるワンピースなので、時短コーデにひと役買います♪

プチプラのかわいい「ワンピース」を探すなら…ZARAが推し!

抜群にかわいくて最速でトレンドコーデが手に入る人気ブランド「ZARA」。今季も、さらっと一枚着るだけで、簡単におしゃれムードがつくれるワンピースが続々と登場しています!

■シンプルかわいい♡ レモンイエローの「リブニットワンピ」

かわいいワンピース

淡いレモンイエロー&適度なフィット感がある大人っぽいニット素材のワンピは、デートや遊びにもってこい。ぐるっと広めの襟ぐりは小顔効果も抜群です♪ ドライなベージュのシャツをはおってラフさを出しつつ、パンプスでバランスをとって♡

CanCam2021年5月号「OKスタイル「これが正解!」TOP10」より  撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI  モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

■大胆な背中見せがかわいい!「袖コンシフォンワンピ」

かわいいワンピース

フロントはシンプルだけど、後ろ姿は大胆な背中見せでドキッ! 程タイトなストレートシルエット×さりげなく素肌を感じさせる透け感で、男心を絶妙にくすぐるセンシュアルなデザイン。黒のキャミをINすることでエロさがやわらぎ、モードでおしゃれな印象に仕上がります。

CanCam2021年6月号 「コロナ禍の今、ほしいもの」より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

■くすみグリーンで都会的!「リボン付きカットワークワンピ」

かわいいワンピース

カットワーク×肩リボンがCUTEなロングワンピース。リゾートっぽくなりがちなデザインも、くすみグリーンなら都会的に今っぽく着られます♡ ×アースカラーの小物で統一感を出すとこなれ度もUP! もちろん海や川などアクティブな遊びにもピッタリです。

CanCam2021年6月号 「コロナ禍の今、ほしいもの」より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

今年っぽく「ワンピース」を着こなすポイント

かわいいワンピース

  1. トレンド感を重視するならミニ丈ワンピースがおすすめ
  2. ボリュームのあるワンピースはミニバッグや華奢サンダルでバランスよく
  3. 素材で今っぽさを出すなら「デニム」のワンピースに大注目!

今シーズン大豊作の「ミニ丈ワンピース」がかわいい!

【1】白レースワンピース×ベージュブーツ

かわいいワンピース

無敵の白ワンピはカットワークレースでレトロ感もいただき♡ さりげなく肌見せしつつ、ふんわり袖とティアードシルエットの華やかさで存在感もばっちりです。ミニ丈と相性のいいロングブーツはベージュを選んでまろやかな配色に。

CanCam2021年5月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【2】ベージュティアードワンピース×黒ブーツ×ブルーバッグ

09Aラインミニワンピ×春ブーツ

ガーリーなティアードワンピは、レザー小物で大人っぽく着こなして。コントラストがつきにくいダスティブルーのバッグにサンダルは黒をチョイス。つま先がのぞくブーツサンダルで肌感を出すと〝抜け〟が生まれてGOODです! ほっこりしがちなコットン素材はレザーの小物でハードさを盛って。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 構成/鶴見知香

【3】ブルーデニムワンピース×黒ブーツ×ベージュバッグ

09Aラインミニワンピ×春ブーツ

リラックス感のあるでデニム素材で甘ディテールのワンピをカジュアルダウン。足元にボリューミーなトラックブーツを投入するとこなれムードが盛り上がります♡

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 構成/鶴見知香

【4】白ワンピース×グレーニット×白ブーツ

09Aラインミニワンピ×春ブーツ

真面目な印象のベスト付きシャツワンピは、チャンキーなホワイトブーツを合わせて洒落感をアップ。知的なベストと、お茶目なミニ丈のギャップが今っぽさ抜群です♡ グレーと相性のいいブルーのバッグで差し色を足すのも配色が今年っぽくて◎。

CanCam2021年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/鶴見知香

【5】花柄シフォンワンピース×白インナー×ブラウンブーツ

09Aラインミニワンピ×春ブーツ

カウボーイブーツのボーイッシュさで、小花柄シフォンワンピのフェミニンさを程よく引き算! ワンピがガーリーな分、インナーにはラフな白Tを仕込むのも今っぽくておすすめです。ニュアンシーな配色がキープできるグレーのデニムジャケットもポイント!

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/鶴見知香

【6】白ワンピース×ブラウンブーツ×ベージュバッグ

09Aラインミニワンピ×春ブーツ

かわいさを直球で狙うなら、清楚な印象が一瞬で手に入る白ワンピースがおすすめ。ロマンティックなワンピースをベージュ小物でまろやかに仕上げるとフェミニンムードが盛り上がります。ミニ丈と相性のいいショートブーツで肌見せバランスを調節するのもおすすめ。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 構成/鶴見知香

【7】黒ワンピース×ブラウンブーツ

Parisガーリーなかとしのミニ×ブーツはこう着る!

パフ袖にバックシャン♡甘ディテールの黒ミニワンピは一枚で着映え度バツグン。大人っぽいかわいさをキープしたいので、トレンドのロングブーツで肌見せ面積は控えめに。ひざ上だけをチラリと見せるバランスが抜け感づくりにもちょうどです。肌寒い日は、ざっくり編みのカーディガンが一枚あるとおしゃれ&安心です。

CanCam2021年4月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】ブルースエットワンピース×黒ブーツ×ブルーバッグ

東京カジュアルな安未のミニ×ブーツはこう着る!

ゆるっと着たいスエットワンピでちょいストリートなテイストをIN♡ カジュアルなスエットもベルト付きのミニワンピなら女っぽく魅せられます♡ シンプルな分、ブーツは厚底のトラックソールでひとクセ盛るのが鉄則!

CanCam2021年4月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】花柄ワンピース×黒スエット×黒スニーカー

週3日着たい!センシュアルワンピ着回し

花柄のワンピースにオーバーサイズのスエットを重ねて甘めのスポーティコーデに。ビッグスエットをかぶせるワンピのスカート風アレンジは手軽にできておすすめです。スエットの重ね着や黒でカジュアルムードをUPさせたら、パールネックレスやミニバッグで女っぽさもキープして♡

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

【10】イエローティアードワンピース×カンカン帽

ヒロイン気分になれる(ティアード風ギャザーワンピ)で日光をたくさん浴びたい♡『ティアード風ワンピでミニ丈って新鮮です♡ いつもの私ならブラックを選びがちだけど、夏なので、心まで軽やかになるイエローなど、カラーを着て動き回りたいです♪』

女の子らしいフリルアイテムなら、今季は動くたびに広がるシルエットが美しいAラインのミニワンピがおすすめ♡ つば広のカンカン帽を合わせて、思いっ切り夏らしく着こなして。

CanCam2020年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/Midori モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

大人かわいい「ロング丈ワンピース」の着こなし

【1】ドット柄ロングワンピース×かごバッグ×ブルーサンダル

Q.一瞬で洒落見えする、初夏にオススメの柄モノは?『A.レトロムードなギンガム&ドットをモードに着こなして!』

ボリューミィなパフスリーブがかわいいドットワンピは、さりげない光沢のある素材や広めに開いたデコルテで大人の魅力がUP。カチューシャでまとめたラフなヘアや、ペタンコサンダルなどリラクシーな小物を効かせてカジュアルな抜け感をプラスして。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【2】デニムワンピースセットアップ×赤パンプス

Q.デニムを買い足すなら何を選ぶべき?『A.パンツじゃない、女のコデニムがGood!』

着たら秒で洒落るワンピースのセットアップ。デニムワンピ×ジャケットのWデニムでも濃いめのインディゴブルーなら大人っぽく着こなせます。Ⅰラインシルエットで女らしさも◎。小物は足元に赤を差して遊びゴコロもONしましょ。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【3】ピンクワンピース×ベージュサンダル×ベージュバッグ

Q.この夏イチオシのお出かけワンピってなんですか?『A.バルーン袖&背中見せワンピがオトナきれい的トレンド最前線!』

着映えも狙えるくすみピンクのフェミニンワンピは、デコルテがキレイに見えるペンタゴンネックがトレンド。ぷっくりしたクリアボタン、フィット&フレアシルエットなど、どこをとっても女のコらしさ抜群のワンピはデートにもぴったり♡ 小物はキャメル〜ベージュでまろやかに引き締めて、優しげな印象をキープしよ。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【4】花柄ワンピース×ラベンダーカーディガン

ラベンダーの花柄カシュクールワンピで、お家時間も女のコ気分を満喫♪ もふもふカーデをゆるっと羽織ってリラクシーかつガーリーなコーデを楽しんで。

CanCam2021年5月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【5】ブルーティアードロングワンピース

ノスタルジックなミントブルーのティアードドレス『袖を通せば、誰もが心踊るふわりと広がるティアードドレス。エモーショナルなミントブルーに身をゆだねて、思いっきりドリーミーに裾を揺らしたい♡ 大きな3連リボンでバックスタイルにもトキメキを背負って!』

ギュッと結んだバックリボンがアクセントのプリンセスライクなロングドレス。清涼感たっぷりのミントカラーとふんわりシルエットが、媚びないかわいさを演出してくれます♡

CanCam2021年4月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/入江陽子(TRON) ヘア&メイク/村上 綾 モデル/山下美月(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【6】黒キャミワンピース×ブルーインナー×黒ブーツ

週3日着たい!センシュアルワンピ着回し

黒のキャミワンピの下にコンパクトニットを仕込んで、きれいめ→カジュアルに変換! オールブラックに明るいミントニットを効かせると春らしさもアピールできます。INするニットは、すっきりとしたコンパクトサイズがバランス◎。バッグとブーツはすべて黒で統一して大人っぽいカジュアル感を。

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】グリーン花柄ワンピース×ベージュパンプス

上品華やかムードが高まるボリュームスリーブワンピ

ギャザーで作るパワショルと繊細リボンが映える花柄ワンピ。存在感たっぷりのフラワープリントで特別感のあるかわいさが漂います。バッグやパンプスなど全体をベージュ~イエロー系のグラデ配色でまとめるとコーデのまとまりも春気分もアップします♪

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】チェック柄ワンピース×グリーンバッグ×黒パンプス

上品華やかムードが高まるボリュームスリーブワンピ

パフッとしたボリューム袖でギンガムチェックのワンピをノーブルな印象に。パール付きシューズやシュシュでとことんレディに振って、パリの女のコみたいな雰囲気を目指したい♡

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】グリーン花柄ワンピース×グレーGジャン

5 ヴィンテージライクな花柄ワンピで色っぽ♡

1枚でおしゃれ見えする花柄ワンピは、合わせるアウターや小物次第でグッと大人めに♡ エクリュのGジャン、ベージュブーツの同系トーンで優しくなじませれば、クリーンな印象が生まれます。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【10】グリーンワンピース×ベージュビスチェ×ベージュサンダル

ニットビスチェを重ねる新鮮なワンピスタイルで、一歩先ゆく春コーデに。ダスティに仕上げたシトラスグリーンは、春らしさをとことん楽しめるイチオシカラー。コンパクトなベージュのニットビスチェでカジュアルに引き寄せると、肩ひじ張らない洒落感が演出できます。グリーンやイエローと相性のいいキャメル小物でヘルシーに仕上げて。

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

デートも女子会も「ワンピース」がかわいく映える♡

ふんわり感がフェミニンなティアードや大人かわいいデニム素材、そしてガーリーなミニ丈など、今季のワンピースも今すぐ着たくなるデザインがたくさん! 羽織りや小物の合わせ方次第でシーズン長めに着回せるので、この機会にお気に入りのワンピをGETしてみてくださいね。デートも女子会も、かわいいワンピースで気分を高めて♡