2020夏・ノスタルジックなかわいらしさを♡ロングワンピースの夏コーデ14選

ロングワンピースの夏コーデを大特集

ロングワンピースが映える♡夏の着こなしをピックアップ♪ 花柄ワンピのキレイめコーデや、スニーカーを合わせるカジュアルコーデなど、今すぐにマネしたいおすすめコーデを紹介します!

ドレッシーなレトロ柄ワンピ『例えば、おめかしディナーやリッチなホテルで過ごすとき。リゾートだからってカジュアルすぎるのは場にそぐわないから、シルエットがキレイなヴィンテージ風ワンピでレディに。柄の存在感を引き立たせるため、小物はワントーンで統一するのが好バランス。』

【目次】ロングワンピースの夏コーデ
黒のロングワンピースの夏コーデ
ロングワンピース×カーディガンの夏コーデ

ロングワンピースの夏コーデ


【1】グリーンロングワンピース×サンダル

U_¥10,000で〝大人ジェニワンピ〟をGETするなら…♡『汚れても気にならないものが欲しい! 夏の旅行用にたくさんGETしたい! そんな気持ちにフィットしてくれる、高見えプチプラワンピ集めました♡』

ボリューミーな生地とティアードのデザインで、きれいなAラインをメイク。涼しげな白バッグとヌーディなサンダルで、夏のグリーンを爽やかに着こなして。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】ネイビーロングワンピース×パープルサンダル

女っぽキャミワンピ『キャミワンピでリゾートらしく肌見せスタイルに挑戦を!幼い印象にならないように、長め丈はマスト。さらに、ディテールやシルエット、素材感などに女性らしさをプラスするのが大人に映えるコツ。』

大人のリラックス感をアピールするなら、表情豊かなシワ加工プリーツがオススメ。シンプルながらニュアンスたっぷりのデザインは、体型カバーもばっちりです♡ パープルの差し色で、黒をより大人っぽく着こなして。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】マスタードロングワンピース

女っぽキャミワンピ『キャミワンピでリゾートらしく肌見せスタイルに挑戦を!幼い印象にならないように、長め丈はマスト。さらに、ディテールやシルエット、素材感などに女性らしさをプラスするのが大人に映えるコツ。』

ギャザーを寄せた背中のリボンディテールやパッと目を引くマスタードなど…、どこをとってもジェニックなイチ推しワンピ。ターコイズのピアスや太めのバングルなど、シンプルだけど今っぽいアクセ合わせで洗練された印象に♡

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】ピンクロングワンピース×麦わら帽子

シックめティアードワンピ『ふんわり広がるAラインシルエットが、フェミニンさと着映え感をプラスするティアードワンピ。シンプルデザインが多いので、キャッチーな小物でアクセントを効かせてリゾ気分UP!』

上品なコットンジャカード素材とくすみピンクが、ちょっぴりノスタルジックな一枚。今年っぽいティアードのデザインで、きれいめなビーチコーデの完成です♡ PVCバッグやストローハットを相棒に、トレンド感もこなれ感も準備万端!

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ネイビードット柄ワンピース×ベージュサンダル

ドレッシーなレトロ柄ワンピ『例えば、おめかしディナーやリッチなホテルで過ごすとき。リゾートだからってカジュアルすぎるのは場にそぐわないから、シルエットがキレイなヴィンテージ風ワンピでレディに。柄の存在感を引き立たせるため、小物はワントーンで統一するのが好バランス。』

トレンド続行のドット柄を選ぶなら、ダークトーンベースの小粒が上品に着られてオススメ。背中が見える大胆なデザインとクラシカルな長め丈のワンピには、はおりで肌見せ感をコントロールするのもgoodです。小物はなじみのいいニュアンスカラーで、品よくノーブルに着こなして。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】花柄ロングワンピース

ドレッシーなレトロ柄ワンピ『例えば、おめかしディナーやリッチなホテルで過ごすとき。リゾートだからってカジュアルすぎるのは場にそぐわないから、シルエットがキレイなヴィンテージ風ワンピでレディに。柄の存在感を引き立たせるため、小物はワントーンで統一するのが好バランス。』

旬の小花柄ワンピをBOHOテイストで着こなせば、都会的でおしゃれっぽいリゾート仕様に。絶妙なダスティブルーと大人っぽいロング丈で、ヴィンテージムードも満点です。ソフトな肌触りのインドコットンで着心地もばっちり。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】白花柄ワンピース

ドレッシーなレトロ柄ワンピ『例えば、おめかしディナーやリッチなホテルで過ごすとき。リゾートだからってカジュアルすぎるのは場にそぐわないから、シルエットがキレイなヴィンテージ風ワンピでレディに。柄の存在感を引き立たせるため、小物はワントーンで統一するのが好バランス。』

大人感と可憐さが同居する、モノトーンフラワーのレトロワンピ。フロントボタンやパフスリーブがクラシカルなので、今っぽさも上品さも手に入ります♡ ガウンとしても着られる2WAYタイプなら着回しもOK!

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

黒のロングワンピースの夏コーデ


【1】黒ロングワンピース×ベージュキャップ

ボリュームたっぷりのティアード、エレガントなマキシ丈、女の子らしいフレアシルエット…1枚でジェニックなブラックワンピ。これ1枚で充分かわいいから、キャップやぺたんこ靴と合わせてカジュアルに、気張らず着るのが正解です。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【2】黒花柄ロングワンピース×白サンダル

U_¥10,000で〝大人ジェニワンピ〟をGETするなら…♡『汚れても気にならないものが欲しい! 夏の旅行用にたくさんGETしたい! そんな気持ちにフィットしてくれる、高見えプチプラワンピ集めました♡』

すっきり見えるVネックでロング丈ワンピを軽快に。腰部分に大きめのリボンが付いているので、後ろ姿も絵になります♡ ブラウンや白小物で、やわらかな印象にまとめましょ。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】黒Tシャツロングワンピース×ワイドパンツ

エモT屋さんのおすすめ/01  Tシャツワンピ『ワンピという女子っぽ要素とゆるっとした脱力系シルエットのギャップがエモい♡ 1枚でも、レイヤードしても今っぽく仕上がる万能アイテム!』

人気のチャンピオンコラボにTシャツワンピが登場! ほんのり褪せた色味やストレートシルエットが、リラクシーで今っぽい雰囲気を醸し出します。INに柄物のワイドボトムをレイヤードして、今どきのゆる×ゆるシルエットに。

CanCam2019年7月号より 撮影/山岸和人 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/kika モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/STRANGER 構成/佐藤彩花

【4】黒レースロングワンピース×ベージュジャケット×白スニーカー

BITTER BLACK  ベージュ、カーキ、ブラウンなど、落ち着きのあるアースカラーを味方に付ければ、キレよくハンサムな‟辛い黒„の完成!リネンやコットンなど天然素材を選ぶことで、ひとさじの女らしさも漂って。

クロシェの透け感がかわいいワンピースは、一枚ずつ手編みで作られているこだわりのニット素材。ひざ下だけの透け感や今っぽいマキシ丈が、上級者っぽいおしゃれコーデに最適です♡ ばさっとはおったリネンシャツと、ラフなスニーカーで抜け感をプラス。真夏はフラットサンダルを合わせて、よりカジュアルに着こなしても。

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【5】黒リネンロングワンピース

BLACK好きのみやもが着こなす「甘い黒」と「辛い黒」ふたつのベクトル

背中を大胆に見せたブラックワンピで、ドキッとするような女らしさを演出。風に乗ってドラマティックに揺れ動くアシメトリーな裾も、おしゃれ感度UPの秘策。

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【6】黒ワンピース×麦わら帽子

ーAkane's Private Fashion Part①ー買ったばかりの新作服で私らしい〝大人シンプル〟普通のシンプルじゃつまらない。ちょっとひねって茜らしいスパイスをプラス。

ガーリーワンピこそ、シックな黒で脱甘めを目指すのが最旬ルール。デコルテのスクエアカッティングやウエストのギャザー、そして細かいドットなどシンプルだけど小技が効いた一枚です。足元はカジュアルなスニーカーを合わせて、デイリー仕様に着こなして。

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

ロングワンピース×カーディガンの夏コーデ


【1】ベージュロングワンピース×黒カーディガン

女っぽキャミワンピ『キャミワンピでリゾートらしく肌見せスタイルに挑戦を!幼い印象にならないように、長め丈はマスト。さらに、ディテールやシルエット、素材感などに女性らしさをプラスするのが大人に映えるコツ。』

コンシャスなベージュワンピなら、色っぽさは最高潮に♡ 肌色に近いベージュは、黒カーデや黒サンダルでキレよくまとめてメリハリ&大人っぽさを意識して。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶 

 

★ベージュパンツのおすすめ春コーデ8選|ワイド・フレア・ショートパンツ

>CanCam.jpトップへもどる