大人レディなら男女にモテる♡きれいめワンピースの秋冬コーデ22選

女っぽさを盛り上げて!きれいめワンピの着こなしを特集

今すぐに取り入れたい♡ 映え度抜群のレディなワンピースコーデをクローズアップ。花柄ワンピ・ロングワンピ・レトロワンピなど、旬のワンピースを取り入れた最旬コーデは必見です♡

【目次】
きれいめワンピース冬コーデ
きれいめワンピース秋コーデ

きれいめワンピース冬コーデ


【1】ベージュニットワンピース×黒パンプス

赤茶ブラウスをのぞかせてレトロムードに♡<

イレヘムや編み地の切り替えなど、アシンメトリーなデザインで360度美人見えする主役ワンピ。ほんのり光沢もあり、映え度高めの仕上がりです。靴はシンプルな黒フラットで、大人っぽく着こなして。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/室橋佑紀(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【2】赤ワンピース×白コート

赤茶ブラウスをのぞかせてレトロムードに♡<

ディナーデートにもぴったりの赤ワンピは、アシンメトリーな丈感と裾フリルでおしゃれっぽさも両得♡ コーデにコントラストをつけず、ダークグレーの厚手タイツでなじませるのもポイントです。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/室橋佑紀(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【3】小花柄ワンピース×ブラウンファーコート

赤茶ブラウスをのぞかせてレトロムードに♡<

フェミニンな小花柄ワンピに合わせて、アウターも小物もクラシカルなムードたっぷりに♡ オーバーサイズのファーコートは、コンパクトよりゆるシルエットを選ぶのが今っぽさのポイントです。

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】ラベンダーニットワンピース×プリーツスカート

赤茶ブラウスをのぞかせてレトロムードに♡<

起毛感もかわいいグレンチェックコートは、マスタードイエローのラインがアクセントに。ラベンダーでつなげたニットとスカートにはおって、ロング&リーンに仕上げましょ。

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】黒レース袖ワンピース×ラメパンプス

赤茶ブラウスをのぞかせてレトロムードに♡<

万人受けマスト! 気取らないパーティスタイルは、安心安定の黒オールインワンがおすすめ♡ 透け感のあるレース袖が、フェミニン気分も満たしてくれる。小ぶりのバッグとラメパンプスで、パーティムードも盛り上げて。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】ギンガムチェック柄ワンピース

赤茶ブラウスをのぞかせてレトロムードに♡<

バックリボンが目を引くギンガムチェックのワンピース。ゆるっと女の子らしいシルエットを甘めの小物でmoreかわいく♡

CanCam2020年1月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子、加藤真実(本誌)

【7】ベージュニットワンピース×白ショートブーツ

赤茶ブラウスをのぞかせてレトロムードに♡<

女性らしい華奢な鎖骨を引き立てるスクエアネックは小顔効果もバツグン! シンプルな前身頃とは裏腹に、目を引くバックシャンデザインがポイント。フィット感のあるコンパクトな上半身と、ひらっと広がるフレアスカートの〝フィット&フレア〟シルエットが絶品です。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【8】花柄ワンピース×白ボアコート

赤茶ブラウスをのぞかせてレトロムードに♡<

まだまだ活躍させたい、ヴィンテージ風の花柄ワンピ。ガーリーな雰囲気はキープしつつも季節感をトッピングするなら、優しげカラーのボアコートがお役立ち。モノトーンでまとめると、上品な印象がより高まります。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】ドット柄ワンピース×黒ニーハイブーツ

赤茶ブラウスをのぞかせてレトロムードに♡<

クラシカルなドット柄のAラインワンピースを、ぺたんこの黒ニーハイで大人めレディにシフト。黒タイツで上品にまとめるより、ニーハイならではの程よいラフさをプラスするのが今っぽい。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/菅博子、鶴見知香

【10】ピンクニットワンピース×ピンクニットパンツ

赤茶ブラウスをのぞかせてレトロムードに♡<

ボディラインが気になるニットワンピも、くしゅっと細リブが入っているデザインなら体型の目くらまし効果が抜群! INに重ねたパンツの裾にも、深めのスリットが入っているので抜け感もUPします♡

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/佐藤彩花

きれいめワンピース秋コーデ


【1】シャツワンピース×白ニット

アースカラーでまとめた大人なシャツワンピコーデ

厚手のニットカーデはカジュアルな着こなしにはもちろん、きれいめのシャツワンピにもピッタリ♡ パンプスはこっくりとしたブラウンをチョイスして、落ち着いたトーンを統一させて。スエード素材なら季節感もアップします。

★【今日のコーデ】通勤にも大活躍!アースカラーの大人ワンピーススタイル

【2】チェックワンピース×グリーンパンプス

華やかチェック×秋色キャメルでトレンドを先取り!

カラフルだったり大柄だったり、絵になるチェックワンピース♡ キャメルのチェック柄なら大人っぽさも同時にGETできるのでおすすめです。足元はグリーンを差して、重すぎない締め色効果を期待!

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】グリーンワンピース×ブラウンバッグ

ヴィンテージライクなくすみグリーンがおしゃかわ♡

首つまりのデザインやフロントのレース付きラッフルフリルも、今っぽいレトロムードを後押し! 深い色合いでも涼しげに見えるのは、透け感のあるシフォン素材のおかげです。ほっこりは避けたいから、ヌーディなゴールドサンダルで女っぽいツヤ感もプラスして。

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/室橋佑紀(ROI) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】花柄ワンピース×ゴールドアクセ

レディな花柄ワンピに、ゴールドアクセで「大人の輝き」を添えて♡

モノトーンの小花柄は、可憐だけどどこか大人っぽい印象が魅力♡ 艶っぽいゴールドアクセをプラスして女らしさも底上げすれば、ちょっぴりレトロなフェミニンコーデが完成します。

CanCam2018年9月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【5】チェックワンピース×デニムジャケット

旬のチェックワンピで新しいシーズンの幕開け♡

裾に向かってふわっと広がるシルエットや、美スタイルを叶えるウエストのシャーリングがドラマティック! あえてデニムジャケットを投入して、レディなコーデにこなれ感をONしましょ♡

CanCam2018年10月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】ライダースジャケット×ロングワンピース

コンパクトなライダースはワンピや長め丈ボトムと好相性☆

リッチ見えするスエード調のライダースを、ヴィンテージ感満載のロングワンピにON。ラベンダーは印象がハードにならない上に、黒やグレーなど相性のいいカラーも多いのでオススメです!

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/山木晴菜

【7】小花柄ワンピース×黒ブーツ

小花柄に長め丈のシルエット、一枚でレトロな存在感♡

ネイビーブルーの小花柄が大人っぽくてロマンティックな主役ワンピ。五分袖のパフスリーブやウエストの切り替え、そして共布のベルトなど着るだけでスタイルUPができる一枚です。女の子らしさが詰まっているので、足元はショートブーツでちょっぴりハズすのが今年流♪

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】Vネックワンピース×クリアファーバッグ

いつもより大人な色とシルエット、その洗練された存在感にハッとする

深Vネックや立体的な袖のギャザー、そして胸下切り替えなど、ヴィンテージ感を盛り上げるジェニックなデザインが魅力的。全体がクラシカルになりすぎないように、キャッチーなクリアファーBAGを取り入れて新しさもMIXするのがオススメです。

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】花柄ロングワンピース×ラウンドBAG

×ロングワンピだけで、今っぽコーデが即完成!

ヴィンテージライクな花柄に挑戦するなら、まずはロング丈のワンピから! レトロでフェミニンなシルエットが、賑やかな花柄をぐっと大人っぽく見せてくれます♡ 秋はブーツ合わせがしたいから、肌がチラ見えする丈感を選ぶとバランスがいいんです。

CanCam2018年10月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂  モデル/楓(本誌専属) 構成/八木橋佳世

【10】ネイビー花柄ワンピース×ピンクパンプス

ネイビーならキュートな花柄ワンピも程よく糖質OFF♡

華やかなフラワープリントも、派手になりすぎず大人っぽく着られるネイビー地ならぐっと上品な印象に。手元や裾のフリル、さらに華奢見えするフィット&フレアなど、しっかり女の子らしさも詰まってます。

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/田中絵理子

【11】ロング丈花柄ワンピース×ピンクバッグ

ロング丈の花柄ワンピは上品さとかわいさのいいとこ取り!

ヴィンテージドレスのようなロングシルエットに、レトロな花柄プリントがおしゃれな1枚。小ぶりなバッグやヒールを合わせてレディ感を後押し!

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/田中絵理子

【12】花柄ワンピース×チェーンバッグ

パーティにも映える女の子らしいフィット&フレアワンピ♥

結婚式などのパーティシーンでは、華やかなフィット&フレアが鉄板の花柄ワンピがオススメ♡ 女の子らしい花柄とウエストのキュッとしたラインは、彼だけでなく女子人気も期待できます。

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/まい(本誌専属) 構成/田中絵理子

 

甘さのある花柄ワンピや大人っぽいニットワンピなど、シーンによってチョイスしたい最旬ワンピは要チェック! 今年っぽいブラウン小物を合わせたり、ヴィンテージ感のあるアクセサリーをプラスしたり、コーディネートの仕上げにもトレンド感を意識するのを忘れずに♡

 

>>CanCam.jp TOPへ戻る