通勤やリモートの正解コーデを大特集!お仕事コーデ29選|社会人におすすめの服装【2021春】

オフィスでも失敗しない!社会人コーデを大特集

きちんと見えて今っぽい、働く女性がいちばん知りたい社会人コーデを大特集! 通勤服のトレンドは? 職場で浮かない服装って? スカート・パンツ・ワンピースのアイテム別におすすめのオフィスコーデを厳選しました。

新社会人もチェック!仕事コーデのポイント

ON&OFF使えるハンサムカラーBLUE『イエベの人は…ブルーハワイ』

オフィスコーデに着るなら、清潔感のある白やピンク、ラベンダー、ブルーなど淡い色のトップスを選ぶとトレンドも上品見えも叶うのでおすすめ。キレイ色のトップスは、テレカンなどリモートワークにも重宝します。スカートは長めの丈を選んで、清楚で品のある着こなしにしたり、パンツスタイルならセンタープレスやハイウエストを投入すると今っぽくておしゃれなコーデが完成します。堅めの職場なら、ジャケットやトレンチなどきれいめコートを羽織るのもおすすめ。足元はベージュや黒などベーシックカラーの靴にすると、どんなコーデにも合わせやすい&きちんと見えて便利です。

  1. トップスは白や淡いピンク、ラベンダーなど上品で明るいものを選んで
  2. パンツスタイルならセンタープレスやハイウエストがおすすめ
  3. スカートは長め丈で清楚&品のある着こなしを意識
  4. トーンを合わせた着こなしなら、まとまりもきちんと感も演出できる
  5. ベージュや黒の靴はどんなコーデにも合わせやすい

職場で浮かない社会人向けスカートコーデ

【1】ブラウンスカート×ブルートップス×黒ローファー

Q.1オンライン会議におすすめなトップスが知りたいです!『A.1万5,000円以下のちょい甘トップスで華やかに盛るべし。』

グッドガールな襟付きハイゲージニットで愛され系の春コーデに。トラッドな襟付きニットにブラウンのロングスカートを合わせるだけで、品も今っぽさも両方GETできちゃいます! ローファーやかっちりバッグでクラシカルな女らしさを強調して。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【2】ラベンダーブラウス×グレースカート×白パンプス

Q.1オンライン会議におすすめなトップスが知りたいです!『A.1万5,000円以下のちょい甘トップスで華やかに盛るべし。』

オフィスなど品よく清楚な雰囲気には、きれい色のボウタイブラウスが出番! アイスグレーのハイウエストスカートにINして淡色のワントーンにまとめると、フェミニンさはキープしつつデキる女風コーデが出来上がります♡

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【3】ブルーコート×白ブラウス×黒スカート×ベージュパンプス

ON&OFF使えるハンサムカラーBLUE『イエベの人は…ブルーハワイ』

白ニットと黒スカートのモノトーンコーデに春色ブルーのアウターをプラス。正統派レディなきれいめコーデに遊び心のあるカラーコートを合わせると、きちんとbutこなれ感のあるスタイルに仕上がります。靴はベージュのミュールタイプで、春らしいやわらかさも意識して。

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 構成/山木晴菜

【4】グリーンコート×ブルートップス×花柄スカート×イエローパンプス

大人っぽくこなれる控えめな甘さ♡GREEN『イエベの人は…ピスタチオ』

黒地の花柄スカートにブルーのトップスを合わせた春っぽコーデに、深みのあるピスタチオ色のコートをON。イエローのカラーパンプスでぱきっとしたインパクトをプラスすると、トレンドのカラーMIXコーデにこなれ感が上乗せできます♪

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 構成/山木晴菜

【5】ベージュコート×白トップス×ブルースカート×ベージュパンプス

Blue×Beige

キレイめコーデの王道トレンチコート×フレアスカートも、アイシーブルーの花柄スカートで鮮度アップ。強い色は使わず上品なブルーやベージュなど甘さ控えめの配色で、やわらかな色合いをグッと大人顔に着こなして♡

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】ストライプ柄ジャケットセットアップ×ブルーカットソー×黒サンダル

Blue×Beige

通勤に頼れるストライプのジャケットセットアップは、合わせるインナー次第で印象がChange。きちんと感はそのままに、爽やかなブルーのニットを重ねて女性らしく着こなして。ブラウン小物で引き締めれば大人っぽいメリハリも効かせられます。

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/手塚明菜

【7】ベージュコート×白トップス×ラベンダープリーツスカート

甘さのあるラベンダーのプリーツスカートをトレンチコートで大人っぽく! 顔映りのいい色合わせは春らしい季節感が表現できるおすすめ配色。ベージュやブラウンでまとめた淡色トーンも好感度ばっちりです。

CanCam2021年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、シオン 構成/石黒千晶

【8】ベージュコート×黒トップス×グレースカート×ブラウンバッグ

アラウンド¥30,000インパクトBAG

黒のニットにロング丈の柄スカートを合わせてトレンチを無造作にON。引き続きトレンドのブラウン系ワントーンコーデは、大きめのレザーバッグでクールなアクセントをプラス。パープルのワンポイントが効かせ色になり、差のつくワントーンコーデが完成します。

CanCam2021年3月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/福岡玲衣(TRON) モデル/まい(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【9】ピンクコート×ニットトップス×チェック柄スカート×白パンプス

大人見えするくすみ感がニュアンスおしゃれ!ファジーピンク

ほんのり色づく微彩なピンクコートにペールピンクのニットを合わせて春らしく。こなれたワントーンでまとめると、ピンクの甘さが中和できて今っぽく仕上がります。間延びしないように、抜けを作るシアーニットや白パンプス、目を引くチェック柄スカートでポイントを効かせるのも重要。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【10】黒ブラウス×ベージュスカート×黒パンプス

大人フェミニン ほのか『体のラインをキレイに見せたいからマーメイドスカート』

品のある甘さが魅力の黒ブラウスに、ベージュのフレアスカートで女らしさをさらに上乗せ。上下ともに甘ディテールでも、黒×ベージュの定番配色なら大人っぽく仕上がります。小さめのバッグと低めのパンプスで、小物でも上品ムードを引き寄せて。

CanCam2021年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【11】ブラウンニット×ブラウンスカート×グリーンジャケット×キャメルパンプス

洒落た遊びを効かせてプレイフルニットワンピ

色っぽいリブニットタイトは、同色のブラウントップスとの異素材MIXで旬顔に! 光沢感のある袖とニットタイトならではの曲線に、センシュアルなムードが加速します♡ 羽織りはきれいめなジャケットできちんと感をさらに高めて。明るめブラウンのパンプスで軽さを足すのもポイントです。

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

春のおすすめ社会人向けパンツコーデ

【1】ブラウンジャケットセットアップ×ブルーニット×白トップス×ブルーバッグ

Q.10カジュアル通勤が増えたとはいえ、やっぱりかっちりジャケットが必要な日があります。リクルートスーツにならないジャケットコーデの正解って?『A.黒や紺で堅苦しい素材はやめて、ニュアンスカラーorやわらか素材をモノにせよ!』

ジャケット×パンツのセットアップで機動力バツグンのお仕事コーデに。淡いブルーのツインニットをインナーと肩掛けに取り入れて、今っぽいこなれ感と清潔感をプラス! 淡いカラーと相性がよく、重くならないブラウンは、春ファッションにおすすめです。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【2】白ニット×黒パンツ×黒パンプス

Q.6センタープレスパンツをスーツ感なく着くずすにはどうしたらいいですか?『A.デザイン性のあるトップスで、脱・地味っコ!』

白ニット×黒パンツの定番コーデも、パリっぽいレース襟でトレンド感がUP♡ コンパクトなモノトーンスタイルにあえてのビッグトートも小粋です。かわいらしさとシャープさの甘辛MIXがちょうどいい、きれいめ通勤スタイルの出来上がり♪

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【3】ベージュブラウス×黒スキニーパンツ×黒パンプス

Q.1オンライン会議におすすめなトップスが知りたいです!『A.1万5,000円以下のちょい甘トップスで華やかに盛るべし。』

パンツコーデには、ほんのりツヤのあるサテンブラウスで美人度UP! 黒スキニーや小物でピリッと引き締めれば、甘さのあるブラウスも大人っぽく着こなせます。黒のスキニーに落ち感のあるブラウスをINするとコントラスがはっきりして脚長効果も急上昇♡

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【4】白ブラウス×グレーパンツ×イエローパンプス

Q.1オンライン会議におすすめなトップスが知りたいです!『A.1万5,000円以下のちょい甘トップスで華やかに盛るべし。』

デザイン性のある白ブラウスなら、チェックパンツを合わせるシンプルコーデでも地味にならず好感度もトレンド感も◎。黒ベルトでメリハリをつければスタイルアップも叶います。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【5】グリーンブラウス×白パンツ×ベージュパンプス

Q.1オンライン会議におすすめなトップスが知りたいです!『A.1万5,000円以下のちょい甘トップスで華やかに盛るべし。』

春らしいミントグリーンのブラウスでフレッシュさ満点♪ ボトムは淡色を引き立てる白パンツでやわらかな配色に。ベージュやブラウン小物を上手に使って、さりげないメリハリ感をプラスして。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【6】イエローシャツ×イエローハイウエストワイドパンツ×白パンプス

yellow×Beige

肌なじみのいいイエロートップスで、パンツスタイルもマイルドに。あいまいなイエローベージュのワイドパンツならなじみもよく、ハンサムなパンツStyleも柔和で優しげに決まります♡ ニュアンスカラー同士の色合わせが、きれいめなのに親しみやすい理想の雰囲気作りに貢献!

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞  ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/手塚明菜

【7】チェック柄ジャケット×白ニット×ミントグリーンワイドパンツ

mint×Beige

マニッシュなベージュのジャケットは、くすみミントのワイドパンツで女っぽさをプラス。ハンサムなチェック柄ジャケットは、光沢感のあるミントのサテンパンツを合わせることでフェミニンに仕上がります。スリットから足首と甲をチラッと見せつつ白パンプスで爽やかなインパクトを。

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】ミントグリーンコート×白ニット×ベージュワイドパンツ

mint×Beige

大人ミントなトレンチコートを白×ベージュのワントーンコーデにON! ミントの甘さを程よく抑える、しっとりとしたスエード調素材が大人見えにひと役買います♪ ワイドシルエットのパンツと合わせて、ハンサムムードと女っぽさのいいトコ取り。仕上げはボーダートップスをトレンチの肩に掛けてこなれ感をプラスして。

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】白シャツ×ラベンダーセンタープレスパンツ×ラベンダーパンプス

辛口キレイに着る!センタープレスストレートパンツ『Lilac』

色っぽきれいなライラックカラーのパンツは、潔い白合わせで清楚に仕上げて。甘すぎないのにどこか儚げ、そんなフェミニンカラーのライラックは、シュッとした細身のパンツでシャープに着るのが大人っぽい! ウエストINしないチュニックブラウスで、シルエットを今っぽくアップデートするのもおすすめです。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【10】ブルージャケット×グレーカットソー×グレーデニムパンツ

TREND01 よりミルキーになったパステルカラーは全身ワントーンで!

メンズライクなジャケットも、サックスブルーの爽やかさで強くなりすぎずまろやかな印象に。ラフなダメージデニムを合わせて、ジャケットをカジュアルダウンするのもこなれテク。白でなくグレーのTシャツでなじませつつ、肩にひと巻きしたブルーニットで洒落感強めの春コーデが完成します。

CanCam2021年4月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、田中かほ里 構成/鶴見知香

ワンピースを社会人らしく着こなすテクニック

【1】キャメルワンピース×ブラウンジャケット×白パンプス

Q.10カジュアル通勤が増えたとはいえ、やっぱりかっちりジャケットが必要な日があります。リクルートスーツにならないジャケットコーデの正解って?『A.黒や紺で堅苦しい素材はやめて、ニュアンスカラーorやわらか素材をモノにせよ!』

キャメルカラーの大人ワンピにブラウンのジャケットをON。きちんとアイテムを落ち着いた配色でまとめた春コーデは、出会いの多い季節にぴったり。ベーシックカラーのジャケットを羽織ると、ワンピースのきちんと感もアップします♡ バックストラップの白パンプスやバイカラーのバッグなど、小物は軽やかなカラーで統一するのもポイント。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【2】ドッキングワンピース×ベージュコート×黒ワンピース

Q.3リモート勤務も増えた今、オン/オフ着られる便利な服しか欲しくないんです。『A.大人っぽフレアワンピなら、平日も休日も着倒せて確実にモトがとれる!』

シーンを選ばない上品なドッキングワンピがオフィスコーデに大活躍! 仕事ではスクエアバッグ×パンプスでキレイめに着こなすと好感度もアップします。オフの日は揺れるピアスやサンダルなど華奢小物を合わせてデートにも♡

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【3】白シャツワンピース×ベージュパンプス×白バッグ

Q.3リモート勤務も増えた今、オン/オフ着られる便利な服しか欲しくないんです。『A.大人っぽフレアワンピなら、平日も休日も着倒せて確実にモトがとれる!』

白のシャツワンピはきちんと見えて着回し力もバツグン! 長めのミモレ丈でこなれ見えも計算すると清純な白をおしゃれっぽく着こなせます。小物に品のあるローファーやトートバッグを合わせれば、きれいめなお仕事スタイルが完成します。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【4】黒ワンピース×ピンクジャケット×ブラウンパンプス

週3日着たい!センシュアルワンピ着回し

1枚でサラリと着た黒のキャミワンピに、ジャケットをバサッとON。コンサバに転ばないように、ミュールや巾着バッグなどのトレンド小物で大人な遊びゴコロを効かせれば、抜け感ときちんと感が絶妙な洗練コーデができあがります♪

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ピンクワンピース×白コート×ラベンダーパンプス

美しい陰影に色っぽさ漂うツヤてろワンピ

美しい光沢とまろやかなトーンで叶える大人きれいスタイル。シルエットが美しいきちんと感のあるワンピースは通勤やデートにぴったり。さらっと羽織れる春アウターも同系カラーで統一して、美人オーラを振りまいて。

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】ピンクワンピース×白コート×黒ブーツ

大人見えするくすみ感がニュアンスおしゃれ!ファジーピンク

コートからちらりと揺れるプリーツワンピで春気分をMAXに。落ち着きのあるシックなムードを醸すファジーピンクのワンピならコート合わせでも春らしいムードに♡ 黒のブーツやミニバッグで淡いトーンにメリハリをつけると、甘さより品の良さがアピールできます。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】イエロー花柄ワンピース×カーキコート×ブラウンパンプス

エモフェミニンをつくる、10Keywords『Keywords10 意外と使いやすい本命アウター透けトレンチ』

光に透ける薄軽素材のトレンチなら、辛口カーキも重く見えずフェミニンな印象に早変わり。春色のレディな花柄ワンピにはおるだけでこなれ感が漂います♪ イエロー×カーキのナチュラルな配色も、エモさが際立って◎。

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】グリーンニットワンピース×白カーディガン×ベージュパンプス

華やかで品のある大人フェミニンスタイル 通勤ノーブル恋style 洋服を選ぶ基準は、上品さとオフィスで浮かない華やぎ。そして自分がより素敵に映るスタイルアップ服はマスト♡今シーズンもそのポイントは変わらずに、キレイ色や新鮮ディテールで春仕様にアップデート!『恋style4モテとおしゃれが叶うニットワンピ 恋ならではの女性らしさが即GETできる、上品ニットワンピ。ペールトーンと華奢見えが叶うウエストマークタイプを選べば、メンズウケも上々♡』

ドラマティックに広がる美シルエットやプリーツ加工が目を引くニットワンピース。フィット&フレアはスペシャルなかわいさがあるから、仕事帰りのデートにもぴったりです♡ 小物はブラウンやベージュ小物できちんと&女らしくまとめて。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

上品でおしゃれな社会人コーデで新生活をスタート!

トレンドのさじ加減などが意外と難しい社会人コーデですが、丈感や色選びを意識するだけでおしゃれ&きちんと感のあるスタイルが作れます。肌の露出が少ない丈を選んだり、色のトーンを合わせるだけで、上品でまとまりのある着こなしに仕上がるので参考にしてくださいね。気持ちよく過ごせるオフィスコーデで、春の新生活をスタートさせて!