手軽にスポーティMIX!黒キャップのおすすめコーデ17選

今っぽくコーデが締まる!黒キャップのコーデ特集

黒キャップをプラスした、おすすめの夏コーデを大特集。スポーティ~レディな着こなしまで、どんなテイストにもハマるキャップ使いは、この夏ぜひチャレンジして♡

黒キャップを合わせる夏のレディ―スコーデ


【1】黒キャップ×黒キャミソール×白シャツ×ベージュロングスカート

これからの季節に欠かせない肌見せコーデは、リブキャミにロングシャツをバサッとはおる大人ヘルシーな雰囲気がオススメ♡ つややかなサテンスカートやミュールで女らしさを盛り上げつつ、キャップで抜け感を加える…この絶妙なカジュアルテイストもツボ。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】黒キャップ×黒キャミソール×白シャツ×黒デニムパンツ

ゆるシャツのボタンを開けて、INしたキャミと肩をチラ見せ。いつものデニムスタイルも、どこか色っぽいムードを漂わせてくれる肩見せテクがポイントです。シャツをちょっぴり着崩すことで、着こなしに立体感も生まれて女っぽさがアピールできます。仕上げはロゴトートとストラップミュールをプラスして、小物にもトレンド感を。カジュアルすぎない黒キャップでスポーティ要素もMIXすれば、コーデの完成度がアップします!

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/アンスティチュ・フランセ東京(飯田橋) 構成/石黒千晶

【3】黒キャップ×花柄ワンピース×アイボリージャケット

旬のダブルジャケットを、女性らしい花柄ワンピにはおる甘辛MIX。ラフにはおれるBIGジャケットは、合わせやすい&長く使えるオフベージュがオススメです。爽やかなカラーとリネン素材で、黒ベースの花柄ワンピを軽やかに着こなして。小物はキャップとスニーカーでスポーティにまとめて、よりこなれた印象に。旬のダッドスニーカーは程よいボリュームソールと、合わせやすいクリアホワイトがポイントです♡

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】黒キャップ×黒タンクトップ×黒ロングスカート

BITTER BLACK  ベージュ、カーキ、ブラウンなど、落ち着きのあるアースカラーを味方に付ければ、キレよくハンサムな‟辛い黒„の完成!リネンやコットンなど天然素材を選ぶことで、ひとさじの女らしさも漂って。

シンプルタンクにニットレースのロングスカートを合わせた夏コーデ。おしゃれに差がつくニットスカートは、ヒップとギャザーの位置をやや低めに設定したマーメイド見えするシルエットに。ヴィンテージ感が程よくこなれ感もばっちりです。小物は黒キャップと黒サンダルで潔いクールさを。

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属)  構成/新城真紀

【5】黒キャップ×クリームワンピース

バックVネック×ロングワンピの女度高めな一枚も、ラフなサーマルなら等身大に着られそう! メンズライクなアイテムがバックシャンになるだけで、パッと見のラフさと女っぽさのギャップが印象的です♡ キャップやスニーカーでやんちゃに味付けをして、大人なスポーティコーデを堪能して。

CanCam2019年6月号より 撮影/菊地 史(impress) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】黒キャップ×グリーンワンピース

これから挑戦したい!気になる小物はこの3つ 「前よりいろんなテイストの小物使いを楽しめるようになった今、おしゃれの幅を広げてくれる旬小物に挑戦してみたい!」

カジュアルなキャップをロングワンピに合わせて、やんちゃ感のあるガーリーコーデに。黒キャップなら子供っぽく見えないので、締め小物としても活躍します。甘ワンピのカジュアルダウンにもひと役!

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】黒キャップ×チェックワンピース

ウエストのくびれ感がツボ!

どこか懐かしいノスタルジックなチェックワンピは、今年っぽい小物合わせがおしゃれのカギ! 差し色の華奢サンダルで、ほんのり女らしさも盛りつつ、トレンドのロープバッグやキャップで鮮度のある着こなしに。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【8】黒キャップ×グレーワンピース

さらっと着られてすぐに洗えるTシャツワンピは休日コーデに◎

地厚素材のゆったりシルエットのワンピースは、体のラインを拾いすぎないうれしいデザイン♡ カラフルなバッグやビビッドイエローのスニーカー、サングラスなどの小物を投入して、シンプルなTシャツワンピをプレイフルに盛り上げて!

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【9】黒キャップ×白キャミソール×ガウン×デニムパンツ

派手カワなロング丈ガウンにはショートパンツで抜け感を

ヴィンテージ感のある柄ガウンは、タンクトップとショーパンに重ねて軽やかにコーディネート。健康的で女らしい肌見せもポイントです♡ 足元はビーチサンダルで思いきりラフに仕上げて。マクラメ編みのバッグも、今っぽいボヘミアンスタイルをさらに盛り上げてくれます!

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/楓(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【10】黒キャップ×ネイビーTシャツ×白ワイドパンツ

キャッチーなロゴTをボトムにINしたアクティブstyle

ロゴT×ワイドパンツのシンプルコーデに、斜めがけのウエストポーチで今っぽさをプラス! キャップ、Tシャツ、サンダルのカラーを同系色で合わせれば、ウエストポーチの差し色がグッと活きる&not子供っぽい印象に♪ こんな日は、三つ編みヘアに挑戦して、ちょっぴりミーハーなかわいらしさをアピールして。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/堀田茜(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【11】黒キャップ×白Tシャツ×チェックロングスカート

ロゴT×ギンガムチェックの赤リンクでフォトジェニックに

オーバーサイズのロゴTと、ギンガムチェックのスカートを合わせた派手かわコーデ。赤をリンクさせることで、こなれ感のあるおしゃれスタイルが完成します♡小物は、キャップやサコッシュでスポーティーにまとめれば、最旬の女の子カジュアルが出来上がり♪

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【12】黒キャップ×赤タイトスカート

水着×タンガリーのレイヤードでこなれ系ビーチコーデに☆

花柄ビキニとニットスカートを合わせた、レトロでセクシーな赤リンクコーデ。ショート丈のタンガリーシャツを水着にレイヤードすれば、露出が調整できる&おしゃれ感がUPします。女らしいコーデにカジュアルなキャップを合わせた、絶妙なハズしテクはモテ要素もばっちり♡

CanCam2018年8月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【13】黒キャップ×ボーダーワンピース

ミニマルなボーダーワンピでカジュアルかわいく♡

カジュアルなマリンボーダーこそ、女の子らしいワンピースでキュートに取り入れるのが正解! 着こなしやすい細ピッチ、定番カラーのネイビー×白をセレクトすれば、清潔感のあるカジュアルスタイルが完成します。ヘルシーなアメリカンスリーブや、ちょっぴりモードな裾のヘムデザインも、おしゃれ見えのポイントに。キャップやスニーカーでスポーティに味付けすると、今っぽさがさらにUPするのでオススメです。

CanCam2018年7月号より 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/斉藤 誠(Lila) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/手塚明菜

【14】黒キャップ×黄ワンピース×スニーカー

淡いレモンイエローのワンピはスポーティー小物で引き締め!

そのままきても十分かわいいレモンイエローのワンピースは、キャップやスニーカーのスポーティー小物でエッジをプラス。ウエストをガチャベルトでキュッと絞めれば、トレンド感も急上昇!

CanCam2018年7月号より 撮影/坂田幸一 スタイリスト/伊藤舞子 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/手塚明菜

【15】黒キャップ×ネイビー&赤の花柄セットアップ

レディなセットアップを小物でカジュアルダウン☆

ネイビー×赤の花柄セットアップは、ロング丈のフレアシルエットがレディーな印象。そのまま着こなしてもいいけれど、おしゃれ度を重視したいときは、小物でアップデートするのがオススメです。ボーイズライクなキャップや、トレンドのPVCバッグでカジュアルにシフトして♡ 足元は華奢なサンダルで、女っぽさも忘れずに。

CanCam2018年6月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/冬木慎一(Sui) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/長谷川 礼、権藤彩子

【16】黒キャップ×マルチストライプワンピース

ストライプ柄×スポーティー小物でつくる今っぽカジュアル

Happyな気分を底上げしてくれる、イエロー×ネイビーのマルチストライプ♪ トラッドな柄こそ、女の子らしいワンピで取り入れるのがオススメです。フロントのボタンやベルトのウエストマークなど、デザイン性が高いワンピは1枚でも着映えるので、夏のお出かけに最適♡ ネイビーのキャップとスニーカーを投入して、ちょっぴりやんちゃに。

CanCam2018年6月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/EASE、浦田聡美、田中かほ里 構成/手塚明菜

【17】黒キャップ×緑スエット×黒ワイドパンツ

女の子らしいけど、ちょっぴりやんちゃなドットパンツStyle♡

スイートなドット柄パンツも、×キャップやスエットでスポーティに楽しむのが今っぽい♡ バッグシャンのスウェットなら、女らしさもしっかりキープできるのでオススメです。バッグは、トロピカルなショッパー風のトートでコーデに遊び心を。

CanCam2018年6月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/EASE、浦田聡美、田中かほ里 構成/手塚明菜

 

★女の子らしくカジュアルダウン♡白キャップの夏コーデ6選

>>CanCam.jp TOPへ戻る