黒ジャケットコーデ7選|着回せるテーラードやシャツジャケットなど♡【2021レディース】

テーラードもシャツジャケットも♡黒ジャケットコーデを特集

レディース黒ジャケットコーデ

クールに、モードに、女っぽく♡変幻自在の黒ジャケットコーデを大特集! 黒のテーラードジャケットやライダースジャケット、シャツジャケットを今っぽく着こなす方法を紹介します。落ち着きのある「黒ジャケット」の着こなしは、きちんと感を高めたいオフィスシーンにも取り入れてみてくださいね。

デザインによってコーデの印象が変わる「黒ジャケット」

レディース黒ジャケットコーデ

コーデを引き締めてくれる黒ジャケットは、パンツスタイルに合わせれば洗練された印象に、スカートやワンピに合わせれば甘辛な印象に…と、着回しが存分に楽しめるアイテム。休日コーデ以外にオフィスコーデにも最適なので一枚あると重宝します。

レディース黒ジャケットコーデ

きれいめハンサムに決まるテーラードジャケット、クールでおしゃれっぽいライダースジャケット、今っぽくてこなれるシャツジャケットなど、デザインによってその日のコーデの印象が変わります。

着回しやすい「黒ジャケット」はこう選ぶ!

せっかく買うなら、オフィスでも着られて、きれいめな休日コーデにも合わせられる黒ジャケットを選びたいですよね。そこで、オンオフ着回しやすい黒ジャケット選びのポイントを紹介します。

■オフィスでの着用頻度が高めの人は「程ゆるジャケット」

レディース黒ジャケットコーデ

オフィスでの着用が圧倒的に多い! 休日は気が向いたら着るかな…というアナタには、きちんと感のある黒ジャケットがおすすめ。

デザインは、甘めのブラウスに羽織るとコーデ全体がキリっと見えるテーラードが理想です。カラーやデザインに堅さがある分、ややオーバーサイズのシルエットとやわらかな素材を選ぶと、休日もおしゃれっぽく着られます♪ お仕事メインといっても、リクルート感のあるカチッとタイプはNG。

■オフィスでの着用頻度がやや高めの人は「ノーカラージャケット」

レディース黒ジャケットコーデ

オフィスで着用する頻度はそれなりに高いけど、オフの着回しも考えて遊び心もちょっぴり取り入れたい! そんな人は、ノーカラージャケットで変化をつけてみるのはいかが? もちろん、平日の活躍も見込める品のある色を狙うのがいいので、ベーシックカラーの黒なら失敗しません。

「黒ジャケット」を合わせるコーデのポイント

レディース黒ジャケットコーデ

  1. 着回しできる黒ジャケットは「オフィスでの使用頻度」で形を選んで!
  2. 大人カジュアルな着こなしには黒のシャツジャケットがおすすめ
  3. チェック柄やツイードの黒ジャケットはよりカジュアルな印象に着られる

きれいめな黒ジャケットのコーデ

【1】黒ジャケット×黒ニット×黒スカート

レディース黒ジャケットコーデ

黒ジャケットを取り入れたモードで女っぽい着こなし。オーバーサイズのジャケットとミニ丈ボトムで、地味見えしないトレンドコーデが楽しめます♡ インナーはリブニットでやわらかさをプラスするのが◎。薄手のタイツを合わせれば、ミニボトムに挑戦しやすい&大人っぽく着こなせます。

CanCam2021年1月号より 撮影/北岡稔章 スタイリスト/伊東牧子 ヘア&メイク/北原 果(KiKi inc.) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/鶴見知香

【2】黒チェック柄ジャケット×ブラウントップス×ブラウンスカート

レディース黒ジャケットコーデ

光沢感のあるプリーツスカート風のワイドパンツに同系色のニットを投入♡ 季節感のあるワントーンで洒落感も大人っぽさも盛り上げて。チェックジャケットやブーツなど、すべてをブラウンで統一すれば今っぽいフェミニンコーデが完成します。

CanCam2020年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/石川恋(本誌専属) 構成/鶴見知香

【3】黒ジャケット×黒インナー×白ワイドパンツ

レディース黒ジャケットコーデ

ハンサムなリネン素材のジャケットなら、きちんと感をキープしつつ黒でも重たくならずに着られます。今っぽく取り入れるなら、開きの広いタンクや白のワイドパンツで清潔感のあるこなれコーデに。小物をブラックでまとめることで、洗練されたモノトーン配色が堪能できます。

CanCam2020年10月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

カジュアルに着こなす黒ジャケットの着こなし

【1】黒シャツジャケット×黒インナー×ベージュスカート×黒サンダル

レディース黒ジャケットコーデ

ニュアンシーなピンクベージュのミニスカートを、×黒トップスで大人かわいく。羽織りは透け感のあるシアーシャツをゆるっと合わせて、とことんセンシュアルな印象に。仕上げにスポーティな黒サンダルでラフさも足せば、甘いミニスカもバランスよく着こなせます。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【2】黒シャツジャケット×白インナー×ベージュスカート

レディース黒ジャケットコーデ

白トップス×ピンクベージュスカートのフェミニンな合わせも、ゆるっとしたCPOジャケットを羽織るだけでこなれモードに即シフト! シルバーのバッグやポインテッドのレースアップブーツを合わせてカジュアルコーデもピリッと大人顔に仕上げましょ。

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【3】黒ジャケット×白カットソー×黒スカート

レディース黒ジャケットコーデ

黒のブルゾンに黒のロングスカートを合わせたクールで今年っぽい着こなし。抜け感のある白のロゴTやバッグでうまくバランスを取ることで、上下ブラックの重たさが回避されおしゃれっぽくまとまります。

CanCam2021年1月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【4】黒ライダースジャケット×黒トップス×ブラウンワイドパンツ

レディース黒ジャケットコーデ

透け感のあるノースリトップスにプリーツ入りのワイドパンツをコーディネート。すっきりシンプルなトップスと、ディテールにこだわったボトムとのバランスが絶妙です♡ 定番人気のワイドパンツは、いつもと違うディテールでシルエットをリニューアルして。羽織り代わりのシャツも黒を選んでシックな大人コーデに仕上げましょ。

CanCam2020年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/鶴見知香

シックにコーデを引き締める「黒ジャケット」

お出かけやオフィスなど、シーンレスかつシーズンレスに着回せるのが黒ジャケットのなせるワザ♡ 柄にも無地にも合わせやすくボトムを選ばないので、気分に合わせて様々な着こなしが楽しめます。活躍期間が長いので、インナーを変えたり甘いワンピースを合わせたり、思い思いの着こなしを満喫して。