「好きな人が欲しい」という人へ。どうすれば好きな人ができる?

【好きな人が欲しい!恋愛しにくい人の特徴は?どうすれば好きな人ができる?】


女性いわゆる「恋愛体質」と呼ばれる人は、好きな人がすぐにできて、恋人がいつも途切れない。
その一方で、なかなか好きな人ができず、彼氏いない歴ウン年を重ね続ける人がいます。果ては「恋愛ってどう始めるんだっけ?」という状態に陥ってしまうことも。

恋人よりもまずは「好きな人」を見つけることから。今回はそんな「好きな人が欲しい!」という状況にいる人のためになる、恋しにくい人の特徴や、恋愛に関する巷の女子の赤裸々な本音をご紹介します!

 

 

【「恋ができない人」と「恋しやすい人」の違いは何?】


好き!

まずは、「恋しやすい人」と「恋しにくい人」の違いを探っていきましょう!
女性100名に赤裸々な意見を聞いてみました。

 

■Q.あなたは好きな人ができやすいほう? できにくいほう?


あなたは好きな人ができやすいほう? できにくいほう?

できやすいほう 59%
できにくいほう 41%

6:4で「できやすい」のほうが多い結果に。とはいえ、「みんなが恋をしていなきゃいけない風潮自体がなんとなくプレッシャー……」と思うことも多いであろう「好きな人がなかなかできない派」の皆様は、4割は「できにくい」ということで、ちょっとホッとするのではないでしょうか。

また、「好きな人がなかなかできない派」に、「これまででいちばん長く好きな人がいない期間って、どのくらいですか?」と聞いてみると、「3年」「5年」という意見はもちろんたくさんあり、中には「10年」という方もいました。

それぞれの意見の方に理由を聞いてみると……。

 

■それぞれの理由


【好きな人ができやすい派の意見】

「出会う場所が多い」(21歳・フリーランス)

「惚れやすい。一目惚れもするし、笑顔がかわいい人を好きになりやすい」(24歳・学生)

「優しくされるとすぐ好きになってしまう」(24歳・会社員)

「人の悪いところより、良いところに先に目がいく」(31歳・アルバイト)

「好意があるとわかるような言動をされると気になってしまう」(23歳・派遣社員)

「ちょっと仲良くなって、ドキッとしたら恋!? ってなっちゃいます」(21歳・アルバイト)「ときめかないとつまらないから。好きな人がいると自分磨きになるから」(23歳・学生)

「ちょっとしたきゅんとした出来事があれば、すぐ気になってしまうから。そこから付き合えるかどうかは慎重になりますが……」(25歳・専門職)

【好きな人ができにくい派の意見】

「好きが何かわからない」(26歳・会社員)

「恋愛が遠ざかっていた期間が長かった」(36歳・会社員)

「友達として好きになることが多い」(18歳・学生)

「年を重ねると、異性にまったくときめかなくなった」(24歳・専門職)

「楽しいんだったら恋をしたいですが、つらい思いをするくらいなら、好きにならないし、恋人はいらない……と思ってしまいます」(26歳・会社員)

「顔、スタイル、声……など、これだ! と思う人にしか自分の時間をささげたくない」(23歳・公務員)

「一度好きになると一途なんですが、そのぶんなかなか次に行けない」(23歳・学生)

 

見ていると、「好きな人ができやすい」タイプの人は、「何かキュンとくるポイントがひとつあると恋に落ちる」と、恋に対してのフットワークが軽い。一方で「好きな人ができにくい」タイプの人は、「自分のツボをすべて満たしてくれるような人じゃないと好きにならない」という傾向があるように感じます。

それぞれのタイプの方に、「ところで、最近好きな人ができた、というときのエピソードを教えてください!」とさらに調査。どんなタイミングで、女子は人を好きになるんでしょうか……?

 

■「できやすい派」の「好きな人ができるタイミング」


(1)優しくされたとき

「職場の年上の人が、優しくてかわいくて、キュンってなります」(21歳・アルバイト)

「歩くペースを合わせてくれて、階段はエスコート、お店を出るときにコートをかけてくれたとき」(25歳・専門職)

「私が泥酔して家までちゃんと送ってくれて、でも相手は終電があるからと送り届けたら早々に帰っていったとき」(24歳・会社員)

「同じ職場で何度か送り迎えしてもらっているうちに」(30歳・専門職)

(2)何度か出かけているうちに……

「ネットで仲良くなって、実際に何度か会ってお話しているうちに、誠実さに惹かれた」(21歳・フリーランス)

「クラブで知り合った人。趣味が合って何度か出かけて、手を繋がれてときめいてしまいました」(21歳・学生)

「街コンで出会って、何度かごはんに行った人のことを好きになった。会って次の月には好きになっていたけれど、相手はまだそこまで考えていませんでした」(27歳・派遣社員)

(3)タイプの人はキラキラして見える!

「身長が高い人と話しているときにキュンとする! 私は173cmあるので、自分より高い人がいないから、すぐ好きな人候補になります」(24歳・学生)

「何かに没頭してキラキラしている人を見たとき」(27歳・アルバイト)

 

■「できにくい派」の「好きな人ができるタイミング」


「何度か会っているうちに、気を使いすぎず話せている自分に気づいたとき」(26歳・会社員)

「結婚する気はないことや、恋人を作る気もないことを伝えていた友人に『もっと外に出るべきだ。僕が連れだす』と言われました。その人と結婚する予定です」(36歳・会社員)

「好きな人を作ると決めて、それに割く時間を具体的に決めれば作れます」(26歳・会社員)

「私に好意を持ってくれていた男性で、何回か食事を重ね、初めて会った次の日に『もう会いたい!』と思った。そのときにはもう相手は自分に好意はなく手遅れでしたが……」(21歳・学生)

「存在が絶対的な上司。厳しいけれど惚れる」(23歳・公務員)

 

やっぱりこうして見比べると、好きな人ができやすい人は「キュン」の感度がものすごく高いですね! 優しくしてもらうエピソードがあったり、見た目で好き……というポイントがあったり、相手の好意をキャッチするとすぐにときめく傾向。

逆に、好きな人がなかなかできない……という人は、つい身構えてしまうとか、無意識にハードルが高くなっている可能性大。その結果、もしかしたら相手からの「好き」のサインも見逃してしまっているのかも……。(なかなかできない組には、そもそも最近人を好きになったエピソードがない、という方も、ある意味当たり前かもしれませんが、多数いらっしゃいました)

 

恋の季節、春。「こんなに簡単に恋しちゃっていいのかな?」と思ってしまう人は、考えすぎずに自分の「キュン」にもう少し素直になってみると、恋がやってくるかも♡

さて、次回は「こんな人いるいる! 周囲にいる、なかなか好きな人ができない人にありがちなこと」の調査結果をご紹介します。

>好きな人が欲しい!「恋ができない人・恋しやすい人」って、違いは何?それぞれの意見を聞いてみた

 

 

【20代に聞いた、恋愛にまつわる本音】


恋人と過ごす

続いては、今どきの20代の恋愛観を探っていきましょう。
結婚して子供を生んで…というのが”普通”のだと信じられてきたこれまでの幸せの形とは違った感覚を持っている人も多いこの世代の本音はどんなものでしょう?

今回は22歳の未婚男女190人に対して「恋愛観と結婚観」に関するアンケート調査をした結果をご紹介します。イマドキの恋愛事情を徹底解析致します!ぜひ皆さんもご参考にしてみて下さい。

 

■恋愛に関する当たり前は、変わってきている!


ケンカ

【イマドキ、彼氏・彼女がいるのは当たり前じゃない?!】

まずは恋人に関しての当たり前について尋ねてみました。

恋人に関しての当たり前について

「彼氏・彼女がいるのが当たり前だと思うか」について尋ねたところ、「そう思う」または「どちらかといえばそう思う」と答えたのは合わせて12.6%しかいませんでした。一方、「どちらかといえばそう思わない」「そう思わない」と答えた人は合わせて72.1%でした。

また男女別に集計してみた結果、「そう思わない」と答えた男性は64.8%、女性は78.4%でした。女性の方が、恋人がいることに対して当たり前ではないと感じているよう。恋人がいることが、当たり前と思っていたそこのあなた! 時代は変わってしまったようですね……。

■出会いがなければ恋活・婚活するのは当たり前?


出会いがなければ恋活・婚活するのは当たり前?

恋愛も結婚も、当たり前とは限らない、と回答する現代。「出会いがなければ恋活・婚活をするのが当たり前だと思いますか?」という項目を見てみると、やはり「そう思う」と回答したのは、男性は31.8%、女性は24.5%。女性に比べて、男性の方がお相手を探すことにはやや積極的なようですが、どちらにしても約3人に2人は出会いがなくても、特に恋活・婚活をする気がないという意見。いわゆる草食系の時代はまだまだ続きそうです。

 

情報供元:株式会社パートナーエージェント

>恋人も結婚も「当たり前」じゃない人、超多数!20代に聞いた、恋愛と結婚にまつわる本音

 

【「恋をしにくい人」にありがちな9の特徴】


最後に、世間の声を元に「恋をしにくい人」「好きな人ができない人」の特徴をピックアップしました!
女性100名に「あなたの周囲に、なかなか恋をしない人はいますか?」と調査をしてみると、7割以上の女性は「ある」と回答。
そんな身の回りにいる「なかなか恋をしない人・できない人」の特徴を聞いてみると……確かに!

 

■理想が高い!


「理想が高い」(回答多数)
「理想が高くて仕事が忙しい人」(23歳・公務員)

最も回答が多かったのはこちら。やはり本人がどんなにかわいかったり性格がよくたって、なかなか存在しない男性を求めていては、なかなか恋には結びつきません。

■仕事が忙しい


「仕事や趣味が充実していて、男なんていらないと言っている人」(27歳・派遣社員)
「勉強熱心で仕事がうまくいっている」(23歳・学生)
「仕事が忙しすぎる」(24歳・専門職)

やっぱりどうしても1日の中で相当な時間を割くことになる「仕事」。残業が多くてなかなか平日にデートができなかったり、土日出勤があったりすると、疲れてデートに割く時間よりも寝たい……ということになりがち。

■現在がじゅうぶん充実している


「現状に満足している」(21歳・学生)
「趣味が充実している」(23歳・専門職)
「アイドルを追いかけている」(21歳・学生)
「恋愛より楽しいことがあったり、恋人や恋愛への執着が弱い」(26歳・会社員)
「自分の時間が好き」(36歳・専門職)

「仕事」もそうですが、趣味もそう! 趣味があったり、友達と過ごす時間が楽しかったり、ひとりの時間を愛していたり……そんな風に、彼氏を作らなくても寂しいと思わずに楽しめることはもちろんいいことだけど、恋をする必要性も感じられなくなり、気づけば彼氏いない歴が何年も積み重なったりして……。

■単純に出会いがない


「男性と出会う環境にいない」(19歳・学生)
「男性のいる環境が苦手」(27歳・アルバイト)
「アパレルで働いて、職場に女性しかいない」(21歳・学生)

どんなにいい商品であってもお店に並んでなければ買うことはできないようなもの! 男性のいる場にいかなければ、彼氏ができることはありません。

■そもそも恋愛にあまり興味がない


「なにごとにもドライ」(27歳・アルバイト)
「恋愛に興味がない」(18歳・学生)
「恋愛のしかたを忘れた、と言う」(23歳・派遣社員)
「今まで恋人があまりいたことがなくて、恋人を作ることを諦めている」(26歳・会社員)
「あまり男性に興味がなさそう」(25歳・学生)

人は興味のないことはなかなかできません。ただ、そもそも興味がないのか、していないうちに頭の恋愛回路が鈍っていったのか……まったく必要性がないならもちろん恋愛を無理にする必要はありませんが、「いつのまにか忘れていた」なら、少しずつ男性と会う機会を増やしてみるなど、リハビリから始めてみると良さそう。

■人見知り


「圧倒的な人見知り」(30歳・専門職)
「男性の目を見て話せない」(23歳・専門職)
「連絡のやりとりが続かない」(25歳・専門職)

こちらもコミュニケーションの経験値を積めば少しずつ解消できるはず。「またダメかも」なんて思わず、とにかく根拠がなくても自信を持つようにしたり、面倒くさい……などのネガティブな感情を持たずに人と接することを心がけてみましょう。

■男性のイヤなところを見ちゃう


「減点法で異性を見ている。ダメ! って思う判断が早すぎる」(25歳・会社員)
「相手のイヤなところからチェックしたり、一度でもこの人無理と思ったらとことん無理になってしまう」(26歳・会社員)
「水商売を経験したことがあって、男性の汚い部分をよくわかっている」(23歳・公務員)

以前の「恋しやすい人・恋しにくい人の違い」の記事でもご紹介しましたが、恋をしやすい人はとにかく「人のいいところ」を見るのが得意! どうしてもイヤなところが目につきがちですが、できるだけいいところを見るようにすると変わるかも。

■現実の男性よりもアレが好き


「三次元より二次元派」(25歳・その他)
「韓国の美形男子がタイプで、なかなか現実にいない」(25歳・専門職)

趣味の延長で、イケメンを現実に求めてしまうけれど……やっぱりなかなかそんな理想の人は日常生活には現れないのが現実。観賞用は観賞用、彼氏用は彼氏用で役割分担をすると良さそう。

■その他いろいろ


「恋愛=すぐ結婚 というイメージが強すぎる」(31歳・アルバイト)
「ひとりで生きていくことを家庭環境で決めた人が多いと思います。私もそうだったので……」(36歳・会社員)
「相手から好意を寄せられると引いてしまう」(26歳・会社員)
「元カレを引きずっている」(21歳・学生)

 

その他さまざまな理由が寄せられましたが、こうして並べてみると「そりゃ、恋ができなさそう……!」という特徴がそろいぶみ。もちろん必要がないのであれば無理にする必要はまったくありませんが、「欲しいのに、できない」という方は、こんなポイントに気をつけてみては。
そう、今の状況から脱却したいなら、こういった特徴を払拭できるように意識してみるのがなによりの近道なのです!

>なかなか彼氏ができない理由はコレかも。「恋をなかなかしない人」にありがちな9の特徴

 

 

「好きな人が欲しい!」という人のための今回の調査、参考になるものはあったでしょうか。
記事の中でも触れてきましたが、恋愛は必ずしなくてはいけないものではありません。したい気持ちはあるのに、どういもうまくいかない……という人はぜひ、自分の今までを振り返ってチェックしてみてくださいね♪

 

 

【あわせて読みたい】

男子の本音炸裂!こんなデート服は嫌だ、こんなLINEはガッカリ…【年間ランキング・男子の本音編】

※がっかり…女子が「キスが下手くそそうだな」と思う男子の特徴

男子学生が選んだ「女子のがっかりLINE」ベスト5!あなたも知らない間にやってない?

絶対やらないで!男子がげんなりする「女子のガッカリ」行動がなんとなくわかる…

※合コンでがっかりすることって何?男性に聞いてみた!