彼氏にされて嬉しい「生理中」の気遣い5つ

彼氏にされて嬉しい「生理中」の気遣い5つ

体も心もどんよりする生理中。彼氏と一緒にいても、なんだか気分が優れない……なんてこともありますよね。とはいえ、女子の気持ちが弱っているときだからこそ、彼氏の「優しさ」が染みるのも事実です。あなたは、生理中、彼氏にどんな気遣いをしてもらうと嬉しいですか? 女子たちの意見を聞いてみました。

カップル

体調を気遣う優しい言動

  • 「外出しているとき、お手洗い大丈夫?と聞いてくれる」(32歳・アルバイト)
  • 「薬を買ってきてくれる、暖かい言葉と飲み物」(20歳・学生)
  • 「薬を買ってきてくれたり、歩くスピードをいつもよりもゆっくりしてくれる」(21歳・その他)
  • 「ゆっくりする?座る?など、あまり体力を使わせないようにしてくれること」(23歳・会社員)

 

女子意見で非常に目立ったのが、彼氏からの具体的な気遣いの行動です。「トイレ」や「薬」など、生理中の女子の事情はさまざまです。とはいえ女子慣れしていない彼氏に、こんな対応を求めるのは難しいのかも……!? 女子側から、さりげなく「お願い」する工夫も必要かもしれません。


「手」から伝わる優しさ

  • 「腰をあっためたり、さすってくれたり、毛布をかけてくれる」(25歳・会社員)
  • 「腰をさする、温かい飲み物を作ってくれる」(22歳・無職)
  • 「おうちデートのときただただぎゅっとしてくれること」(35歳・会社員)

 

心も体もしんどい時期だからこそ、女子を癒してくれるのが彼氏の「ぬくもり」なのでしょう。どんな風に触れて欲しいのかは、それぞれの好みによって違ってくるはず。もし「嬉しいな」と思えるポイントがあったら、積極的に彼氏に「ありがとう」と伝えてみてください。


「大丈夫?」の一言でもOK

  • 「大丈夫?と心配してくれたとき」(40歳・会社員)
  • 「生理痛ひどいから、伝えたら心配した言葉をかけてくれるとうれしい」(24歳・会社員)

 

とにかく辛そうな彼女に対して、どう行動するべきか迷ってしまったときには、「大丈夫?」の一言だけでもOKです。彼女の体調不良を気遣っている、気にかけていることだけ伝えれば、十分なのかもしれません。


「放っておく」のも優しさです

  • 「ご飯作ってくれる、もしくはほっといて欲しいです」(24歳・専業主婦)
  • 「ただ普通に寝させてくれる」(20歳・会社員)
  • 「大丈夫?とかあえて聞かずにそっとしておいてほしい」(24歳・会社員)

 

何をどうされても結局は辛い! だからこそ「とにかくそっとしておいて欲しい」と思う女子も少なくないようです。こんな気持ち、角が立たないように伝えるのは難しいかもしれませんが、できるだけ穏やかに説明してみてください。また可能であれば、デートの予定変更をお願いするのもオススメです。


強要しないこと

  • 「自分の性欲を押し付けない」(22歳・学生)
  • 「予定していたデートの行き先を変更しても怒らないこと」(25歳・会社員)

 

とにかく体がしんどい時期に、彼氏の欲望をぶつけられても……ただただウンザリしてしまいます。生理中の強要は、別れの原因になってしまう可能性もアリ。無理なことは「無理」と、毅然とした態度を見せる必要がありそうですね。

仕方がないこととはいえ、心も体もしんどい生理中は、恋人とのトラブルも起こりがちですよね。女子たちに、生理中の彼氏とのトラブルについても聞いてみました。


Q. 生理のせいで、イライラして彼氏に当たってしまったことはありますか?

生理のせいで、イライラして彼氏に当たってしまったことはありますか?グラフ

ある 37%

ない 63%

 

あると回答した方に、どんなイライラをぶつけてしまったのか聞いてみました。

彼氏にぶつけてしまったイライラエピソード

  • 「生理痛がかなり重いので話しかけられるだけで口が悪くなります。ほんとごめんなさい」(24歳・専業主婦)
  • 「彼氏が浮気してるのでは?など、日ごろ不安に感じつつも聞けないことが爆発したり」(35歳・会社員)
  • 「ちょっとした受け答えが癪に触って、なにその言い方、とぶつけてしまった」(27歳・会社員)

 

ホルモンバランスが乱れがちな生理中は、「些細なことでもイライラしてしまう」という女子が多いよう。ほんのちょっとしたきっかけが、大きなケンカにつながってしまう可能性もあるようです。トラブルを避けるためには、あらかじめ生理中であることを伝えた上で、ほんの少し距離を置く工夫も必要なのかもしれませんね。


【まとめ】

生理中には、「自分の体調で精いっぱいで、余裕がなくなる!」なんて女子も多いのではないでしょうか。この余裕のなさが、トラブルに結び付いてしまう可能性もあります。彼氏の気遣いに嬉しさを感じたときには、ぜひ素直に「ありがとう」と伝えてみてください。それすらも難しいと感じたときには、家で大人しくしているのが一番なのかもしれません。