春夏の黒コーデ★20代女性におすすめの大人かわいい着こなしまとめ

春夏に役立つ黒コーデをご紹介。黒のトップス・スカート・パンツ・ワンピースを使ったコーデを大特集!おしゃれなオールインワンコーデや、人気のスニーカーコーデもまとめました。ギャップ(GAP)、GU、ユニクロのアイテムとのコーデもピックアップ!

【目次】
黒トップスのコーディネート
黒ワンピースのコーディネート
黒オールインワンのコーディネート
黒スニーカーのコーディネート
黒スカートのコーディネート
黒パンツのコーディネート

黒トップスのコーディネート


【1】イエローのロングスカート×黒タンクトップ

イエローのロングスカート×黒タンクトップ

フレッシュなバンダナ柄のイエロースカートを黒タンクでシックに仕上げて、大人なエスニックスタイルに。
シンプルな黒で引き締めれば、インパクトのある柄物も臆せずに着こなせます。小物はカゴバッグやサンダルなどの軽やかな黒で、全体に統一感と夏らしさを。

★【今日のコーデ】休み明けの憂鬱を吹き飛ばす!ビタミンカラーのバンダナスカート

【2】デニムパンツ×ギャップの黒ブラウス

デニムパンツ×ギャップの黒ブラウス

トップスは、ドット柄の生地にコットンレースがMIXされているデザイン。ハイライズが今年っぽいスキニーデニムと合わせて、飾らないのに可愛いフレンチシックなスタイルに。
カンカン帽もパリっぽい雰囲気を後押ししてくれます。 足元はイエローのサンダルを合わせて、夏らしくフレッシュな差し色を。

★【今日のコーデ】カンカン帽がかわいすぎ!フレンチシックなデニムコーデ

【3】コーデュロイのピンクスカート×ノースリーブの花柄ニット

コーデュロイのピンクスカート×ノースリーブの花柄ニット

THE女の子な花柄も、黒ベースなら大人っぽい。ボトムはレディになり過ぎない、コーデュロイ素材がベストバランス。品よく親しみやすいカジュアルスタイルに。ファッショッンとカラーをリンクさせた大振りのイヤリングで、より上級者のオシャレを楽しみましょう♪

★【今日のコーデ】夏の終わりはノスタルジック。素材で秋を感じる上級テク

【4】GUのデニムワイドパンツ×花柄黒ブラウス

GUのデニムワイドパンツ×花柄黒ブラウス

小花柄ブラウスの直球ガーリーなテンションを黒に隠して、大人っぽいイメージに転換。ブラウスに存在感があるから、ボトムは白のワイドパンツでシンプルに。
ワイドパンツやMA-1など、カジュアルな要素が多い日は、足元にはスニーカーではなくパンプスを選ぶと◎。

★【今日のコーデ】3月14日曇りのち一時雨。最高気温14℃、最低気温7℃のファッション

【5】ビビッドピンクのミニスカート×黒プルオーバー

ビビッドピンクのミニスカート×黒プルオーバー

黒×ピンクの華やかなコントラストで、リッチかつレディな装いに。一見シンプルな黒プルオーバーは、背中がレースアップになっているのと、大きく広がったベルスリーブがポイント。
インパクトのあるコーデをマイルドに仕上げてくれるソックス合わせで、抜け感を作成。親しみやすい印象に。

★【今日のコーデ】4月5日晴れ時々曇り。最高気温21度、最低気温8度のファッション

【6】グリーンのフレアスカート×半袖の黒ニット

グリーンのフレアスカート×半袖の黒ニット

ボリューミーなスカートを引き締める、軽やかな黒をON。袖コンシャスなフリルスリーブが今の気分にぴったりです。このディテール、腕を細く見せて効果もあるんですよ♡
クールな黒だからこそ、ハイテンションな色を合わせるのもあり。
パキッと鮮やかなグリーンのフレアスカートは、リボンを後ろでも前でも結ぶことができるので、気分によって雰囲気を変えられる。

★夏日のオフィスコーデ。色と素材で暑さを乗り切る【今日のコーデ】

【7】ベージュのワイドパンツ×黒チュニック

ベージュのワイドパンツ×黒チュニック

甘さのあるコットンチュニックを、黒でビターに味つけて。コットンは汗の吸収性が高く、肌触りだけじゃなく機能性も秀逸。
短めの丈感なのでハイウエストのボトムにも合わせやすかったり、今注目の袖コンシャスでさらに今年感もアップしてくれます!腰回りにゆとりのある、タック入りパンツとの相性も◎♪
センターラインが入っている綺麗なシルエットと足首を見せるサブリナ丈で、足長効果がある上にスタイルアップも叶います。

★【今日のコーデ】肌寒くても初夏気分♪トレンドのボヘミアンを上品に

【8】ピンクのロングスカート×白シャツ×黒キャミソール

ピンクのロングスカート×白シャツ×黒キャミソール

とろみのある抜き襟シャツは、ランダムリブで表情豊かなスカートに合わせて、リラックス気分たっぷりに着こなしたい気分。
白シャツの着こなしをアップデートしてくれるのは、インにレイヤードした黒のレースキャミソール。抜き襟とVラインのすき間から、ちらりとのぞく繊細なレースがセクシーなだけでなく、着こなしの奥行きも感じさせます。
上下を淡いカラーでまとめた日は、黒小物で全体を引き締めると、ぐっと高級感が増します!特にアンクルストラップサンダルは、ゆるさのある着こなしのなかに上品さをプラスするアイテム。
フラットソールやスニーカーでまとめがちですが、これひとつで印象が激変するので、ぜひトライしてみて。

★【今日のコーデ】白シャツをアップデート!レースキャミの艶っぽレイヤードスタイル

【9】黒パンツ×ベルト×GUの花柄ガウン

黒パンツ×ベルト×GUの花柄ガウン

花柄にレースキャミを合わせたレディなパンツスタイル。ALLブラックにまとめれば、甘過ぎずシックなイメージに。着こなしに差をつけるのは、ガウンをあえてワンピース風に着こなすスタイル。  サッシュベルトでウエストマークして、トレンド感とスタイルUPを意識して♪

★プチプラに見えない!GUの花柄ガウンが主役【it girlの週末コーディネート】

【10】ベージュのショートパンツ×黒カーディガン

大人でも着こなせるショートパンツの今日のコーデ

ともすれば少年ぽくなりがちなボーダー×ショートパンツのカジュアルコーデ。
品の良い黒カーデの力を借りて、大人っぽいスタイルに転じて。さらに長め丈のチノパンツなら、さらに大人っぽい表情に。短すぎない絶妙な丈感と、ハイウエストデザインでスタイルアップも叶える優秀なアイテムです。

★【今日のコーデ】真夏日にぴったりなトレンドアイテム・ショートパンツの大人コーデ

 

黒ワンピースのコーディネート


【1】ユニクロの黒ワンピース

黒パンツ×ベルト×GUの花柄ガウン

シンプルでも、コーデにリッチな重厚感を加えてくれるベロアのワンピース。よそ行きな印象のアイテムを普段の着こなしに落とし込むには、女っぽさを中和してくれる合わせが不可欠☆
ミリタリーシャツやキャスケット、ローファーなどのマニッシュアイテムでデイリーに引き寄せて。

★【今日のコーデ】ユニクロの「ベロアワンピ」でつくる秋のプチプラマニッシュスタイル

【2】ギャップの花柄ミニワンピース

ギャップの花柄ミニワンピース

時にはモノトーンの花柄ワンピで、とことんレディな気分に浸って♡
体に心地よくフィットする生地感で着心地が抜群な上に、ウエスト部分がブラウジングデザインになっているので、スタイルアップ効果も狙えます。
総花柄のミニワンピでも、モノトーンならぐっと大人な印象に。華奢なパンプスを合わせて、とことんレディに着こなして。

★【今日のコーデ】驚きのコスパ!GAPの花柄ワンピが主役

【3】小花柄ロングワンピース

小花柄ロングワンピース

一枚で印象が決まってしまうワンピは、そのデザインにもこだわりたい。”懐かしい”がトレンドの今、ヴィンテージ風の小花柄やノースリーブより少し長い”ちょい袖”が鮮度の引き上げに一役買ってくれます♡
ワンピースが主役の日は、肌馴染みの良いベージュバレエシューズを合わせるのがオススメです。
ワンピースがダークトーンなので、かごバッグで軽やかさと季節感を意識♪ バケツ型のバッグをラフに持てば、こなれた雰囲気に。

★【今日のコーデ】ジメジメした日をアゲる、ヴィンテージ風ワンピの着こなし

 【4】ストライプのロングスカート×黒ワンピース

ストライプのロングスカート×黒ワンピース

おしゃれと痩せ見えを一枚で叶えるモノトーンワンピ。カジュアルなニットとキレイめなストライプの相思相愛コンビが最初から一緒になった、まさに理想の一枚。
ゆるっと見えがちな丈長ワンピも、サイドに入っているスリットでスッキリと見せてくれます。
プラス足首だけ出すことで、さらに華奢な印象に♡ 足元はパンプスよりもブーティで重ために仕上げるのが今っぽさのキーワード。

★【今日のコーデ】3月8日晴れ時々曇り。最高気温11℃、最低気温1℃のファッション

【5】サンダル×黒Tシャツワンピ

サンダル×黒Tシャツワンピ

リラックス感のあるTシャツワンピも、お出かけ着にクラスアップしてくれる黒で。ゆるっとしているとはいえ、体のラインがキレイに見えるシルエットなので、1枚でもきちんとサマになります。
ポイントは、足元に合わせたスポーツサンダル。今シーズンもっとも注目のアイテムです!厚底タイプならスタイルアップもこっそり叶っちゃう。
ソールのモノトーンボーダーでオシャレ度はさらにアップ間違いなし!
スポーティアイテムはひとつ取り入れるだけで、コーディネートがぐっと今っぽくなるのでおすすめです♡

★【今日のコーデ】暑い日にぴったり!リラックス感のあるTシャツワンピのコーデ

 

黒オールインワンのコーディネート


白ガウン×ドットのオールインワン

白ガウン×ドットのオールインワン

トレンドのドット柄のオールインワンは、着るだけでコーデが完成する楽チンかつオシャレな優秀アイテム!
さらにTシャツ付きなのでコスパも◎♪コーデをもっと旬っぽくしてくれるのは春らしい白のレースガウン。 風に揺れる軽いレースが季節感を上げてくれます♡
気になる部分を隠してくくれるちょうどいい丈感にも注目。全体を抜け感のある印象に見せてくれる上に、歩きやすい厚底サンダルは今年の春絶対手に入れたい♪
大きすぎないサイズ感のバッグはトレンドを意識したバケツ型!

★【今日のコーデ】着回し力もコスパ力も抜群!万能なオールインワンを発見

黒スニーカーのコーディネート


【1】シャツワンピース×コンバースの黒スニーカー

シャツワンピース×コンバースの黒スニーカー

黒のウエストベルトでスパイスを効かせた、脱コンサバなシャツワンピ。キレイめなのに決しておとなしくない、鮮度の高い着こなしが叶います。
ワンピースとして着るのはもちろん、前のボタンを開けるとガウンとしても使えるので、1枚あるだけでコーデの幅が広がります。
シンプルなTシャツ×デニムに羽織るもよし、スキニーデニムにあわせてトレンドのレイヤードで楽しむもよし……いつもの着こなしが簡単にアップデートできます♪

★【今日のコーデ】雨の日でもおしゃれで快適に!コンバースが主役のコーデ

【2】ストライプシャツ×タイトスカート×黒スニーカー

ストライプシャツ×タイトスカート×黒スニーカー

シャツ×タイトスカートのきれいめコーデに、休日モードのスニーカーを合わせてカジュアルダウン。黒を選ぶことで淡いトーンの引き締めはもちろん、ちょっと大人っぽい雰囲気に仕立ててくれます。
一見ベーシックなシャツも、大きめに開いている襟とバックスタイルがポイント。肩部分が少し後ろに落ちたデザインで、大人っぽくフェミニンな印象です。後ろを向いたときに見えるリボンがアクセントに♡

★【今日のコーデ】3月20日晴れ。最高気温18℃、最低気温5℃のファッション

 

黒スカートのコーディネート


【1】ノースリーブニット×黒ロングスカート

ノースリーブニット×黒ロングスカート

カジュアルなクロシェニットも、モノトーンで合わせるとたちまちレディな装いに♡
ロングスカートの上品なプリーツと絶妙なボリューム感が、大人っぽさをプラスしてくれます。
ふわっと広がるワイドなシルエットは、体にフィットするクロシェニットと好相性。上はタイト、下はボリューミーなバランスを作るのが今年っぽさのカギです☆

★【今日のコーデ】トレンドのクロシェニットが主役。大人のサマーモノトーン

【2】ボーダートップス×コーデュロイのロングスカート

ボーダートップス×コーデュロイのロングスカート

コーデュロイスカートにボーダーを合わせた、フレンチシックなスタイル。カジュアルなコーデュロイも、黒なら質感にツヤが加わってリッチな表情に変化します。
ベーシックなボーダーTは、定番を色でアップデート。
落ち着いたベージュを選べば、ぐっとこなれた雰囲気に。ボリューム感のあるボトムにインして、バランスよく着こなして。ボルドーのローファーでクラシカルな一押しを。

★【今日のコーデ】ぐっと肌寒い日。大人気「ディッキーズ」コラボスカートを投入!

【3】白プルオーバー×GUのミニスカート

白プルオーバー×GUのミニスカート

ゆったりとしたプルオーバーにコンパクトなミニスカを合わせて、メリハリのあるスタイルに♪
トップスのギャザーが入ったボリューミーな袖が、キュートな印象をプラス。
脚見せの大胆さをセーブしてくれるモノトーンで、大人っぽくまとめて。クラッシュベロアのサンダルや、秋らしいチェックのロゴクラッチをアクセントに。

★【今日のコーデ】1500円以下!GUのミニスカが美脚効果抜群♡

【4】ギャップのブルゾン×ユニクロの黒スカート

ギャップのブルゾン×ユニクロの黒スカート

MA-1のハードな黒を、ミモレ丈スカートのレディな黒で中和。星モチーフのカットソーをインすれば、親しみやすいお茶目なかわいさが加わります。黒の重さを削ぎ落としてくれるシルバーのパンプスで軽やかに。

★【今日のコーデ】MA-1×ミモレ丈スカートの甘辛MIXスタイルが気分

【5】ジャケット×白ブラウス×花柄の黒スカート

ジャケット×白ブラウス×花柄の黒スカート

エキゾチックなボタニカル柄のスカートに、フリルブラウスを合わせたトレンドど真ん中の薄軽コーデ。
軽めの黒レザージャケットで甘辛MIXすれば、コーディネートにぐっと奥行きが出ます。
すっかりトレンド筆頭格の”盛り袖”であるフリルブラウスには、二の腕を細く見せる効果も♪ 足元にはコルクのチャンキーヒールサンダルを合わせて。このちょっとした抜け感が、今の気分にぴったりです。

★【今日のコーデ】春先の肌寒い日に頼りになる、万能アウターの着こなし

 

黒パンツのコーディネート


【1】白Tシャツ×帽子×黒ワイドパンツ

白Tシャツ×帽子×黒ワイドパンツ

一見ロングスカートに見えるボトムは、実はボリューム感たっぷりのワイドパンツ。
カジュアルにも、フェミニンにも合わせられる上品なアイテムです。モノトーンに赤を効かせたパリっぽ配色で、上品に着こなして。
コーデのアクセントや、日よけ効果もある夏らしいカンカン帽を合わせてトレンド感もアップ♡

★【今日のコーデ】帽子がアクセント♪パリシックなモノトーンコーデ

【2】白Tシャツ×赤スニーカー×ドットワイドパンツ

白Tシャツ×赤スニーカー×ドットワイドパンツ

ドット柄のワイドパンツ×ゆるめ白Tシャツのモノトーンコーデを、小物で夏らしく盛り上げたコーディネート。ボリューミーなワイドパンツも、ドットの白が抜け感になって軽やかに着こなせます。
ハイウエストのシルエットなので、スタイルアップが叶うのも嬉しいポイント。
コンバースのオールスターは、アクセントになる赤をセレクト。カジュアルだけどどこかトラッドなたたずまいなので、柄アイテムと合わせてもしっくりなじみます。 スニーカーの赤とリンクさせたお茶目なクラッチバッグで、夏らしいハジけたテンションに♪

★【今日のコーデ】「コカ・コーラ」ロゴがキュート♡お茶目クラッチが主役のコーデ

【3】コート×ボーダーニット×黒ワイドパンツ

コート×ボーダーニット×黒ワイドパンツ

黒ベースで重厚感を加えた、冬に似合うシックなボーダースタイル。ベージュのコートの柔らかな発色で、女性らしさもプラス。
定番のボーダートップスは、バルーンスリーブなどどこかひと癖あるデザインのものを選ぶのがベスト。一枚着るだけでスタイルが完成する、この時期頼れるアイテムです。
ヘアはラフにまとめて、大人っぽい雰囲気に仕上げて。

★【今日のコーデ】今買って春までお役立ち。ベージュのノーカラーコートは万能!

【4】白シャツ×ベルト×黒デニムパンツ

白シャツ×ベルト×黒デニムパンツ

デニムに大人っぽさが欲しいなら、迷わず黒デニムをセレクト。クリーンな白シャツを合わせれば、キレイめなスタイルに仕上がります。
ベーシックな組み合わせには、サッシュベルトで変化を。さらっと巻くだけでこなれ感とスタイル UPを両方叶えてくれる、便利なアイテムです。
バケツバッグやチャンキーヒールで遊び心もプラス。

★【今日のコーデ】3月24日晴れ時々曇り。最高気温14℃、最低気温5℃のファッション

 

【5】白シャツ×スリッポン×黒パンツ

白シャツ×スリッポン×黒パンツ

ずっと定番だったカジュアルが少し進化。シンプルなんだけどどこかはっと目の引くポイントのある、”ひと華”咲いたスタイルに注目です。
たとえばモノトーンスタイル。シャツにもひとくせディテールが効いていたり、シルエットがシャープなサブリナパンツに合わせるのは、秋冬まで主流だったゆるシルエットを見慣れた目には、かなり新鮮!そこにインパクトのある小物を効かせたスタイルを、フランス女優みたいだから「パリシック」と呼んでいます。
スパイスとなる小物は大ぶりのイヤリングや、辛口パイソン柄のスリッポンなど。存在感のある小物で思いっきり遊ぶのが正解です。

★【今日のコーデ】モノトーンなのに華やか!この春トレンドのパリシックスタイル

 

いかがでしたか?
春夏の着こなしの参考にして、毎日のおしゃれをもっと楽しんでくださいね!