寒暖差に注意!「気温24度」の服装をわかりやすく解説|最低・最高気温別コーデ40選【2022レディース】

最高・最低気温24度のおすすめコーデを特集

気温24度服装

気温24度の日は、何を着たらいい? 出かける前に天気予報をチェックしても、気温に合う洋服選びは難しいものですよね。今回は、季節の変わり目に多い「最高気温24度」の日と、夏本番の「最低気温24度」の日、それぞれに最適なおすすめコーデを紹介します♡ 羽織りを取り入れた気温差コーデや、涼しいけど手抜きに見えない夏ファッションは必見!


最高気温24度の服装

春や秋に多い最高気温24度の予報では、外出する時間帯や天気を意識してコーデを選ぶことが大切! 朝晩にかかる外出だったり天気が曇りや雨であれば、ジャケットやGジャンなどを合わせて防寒対策を忘れずに。日中だけの外出なら、長袖のシャツやブラウス、端境期に便利な半袖or5分袖のニットを取り入れるのがおすすめです。

【1】爽やか白パンツ×ネイビージャケットのきちんとコーデ

気温24度服装

ネイビーのダブルジャケット×白パンツの爽やかコーデ。インナーをくすみカラーTシャツにしておくと定番トラッドにこなれムードがプラスできます。靴はフラットシューズやパンプスの代わりに、今年は上品なローファーをチョイス。気温が上がったらジャケットを脱いだり羽織ったり、体温調節のしやすさも◎。

【2】ナイロンパーカをオールブラックでモードに

気温24度服装

寒暖差のある時季に便利なマットな質感のきれいめブルゾン。THEスポーティには着こなさず、ちょっとした動きも絵になるランダムプリーツのイレヘムスカートを合わせてニュアンスたっぷりにコーディネート。黒の分量が多いときはシアーブーツとベージュバッグで軽さを出すのがおすすめです。

【3】黒インナー×ベージュジレですっきり縦長効果

気温24度服装

袖なしのロングジレが今季のトレンド。縦長ラインを強調してくれるロング丈なら、スタイルアップ効果もばっちり。やわらかい素材をセレクトすればカジュアル派も気取らずに投入できます。オトナきれいに着こなすには、ベージュ×黒など色を絞ってすっきりまとめるのがコツ。

【4】ディテールが女っぽいニットワンピコーデ

気温24度服装

ロマンティックなボリュームパフスリーブを、シルエットやカラーの引き算でグッと大人な印象に仕上げたニットワンピ。人気続行のブラウンに、ライラックのミニバッグを効かせて洒落感のあるコントラストを楽しんで♡ 朝晩の気温差は薄くて軽いアウターを持参するのが安心です。

【5】バーガンディ×ピンクの大人配色なカジュアルコーデ

気温24度服装

品のあるバーガンディシャツが洗練された大人の女性にマッチ。ボトムは程よくボディラインを拾うシワ加工プリーツスカートで、ほんのり色気も香らせて。カジュアルになりすぎないよう、チェーンバッグや抜け感のある華奢サンダルであくまできれいめベースに仕上げましょう。

【6】透け感がおしゃれなクロシェ編みニットで新鮮に

気温24度服装

程よい透け感が女性らしさを高めてくれるクロシェニットは、うっすら見える肌がフェミニンで大人。ストライプのBAGやオレンジのパンツなど、品のよさはキープしつつちょっとした遊びゴコロを足すとコーデの雰囲気がおしゃれっぽくまとまります。

【7】ニュアンスカラーのデニムで女っぽカジュアルに

気温24度服装

美シルエットのVネックニットは甘すぎない着こなしがおすすめ。女っぽくなりすぎないよう、同系色のベージュデニムを合わせて大人カジュアルに仕上げるとコーデのおしゃれ感もアップ。大きめクラッチやサングラスなど、カジュアルベースにほんのりモード感を薫らせると、気張ってないのに芯がある今っぽい雰囲気に仕上がります

【8】シアーニットや淡色スカートで軽やかな着こなしに

気温24度服装

グレーの透けニット×パステルカラーのスカートで洗練された印象に。グレージュブーツで軽やかさをプラスすればブリッジコーデにもぴったり。パイソン柄のバッグを合わせることで、まろやかなイエロースカートがキレよく大人に着こなせます。

【9】ピンクワントーンが映えるフェミニンカジュアル

気温24度服装

おしゃれに見えて、品があって、なんだか優しげなピンクベージュのワントーンコーデ。ラフなTシャツでリラクシーに見せつつも、カーヴィなラインを引き立てるマーメイドスカートで色気を忘れないのが女子の心意気♡ 白のメッシュバッグを合わせて、爽やかさも香らせて。

【10】人気のポロニットを×デニムでカジュアルに

気温24度服装

Tシャツの延長線上で着られる薄手のポロニットが新鮮! いつものデニムコーデも、襟が付いているだけで手抜き感はゼロ。ちょっぴり透け感のあるシアーな素材&ドルマリンスリーブは、季節の端境期にも重宝します。

【11】デコラティブなブラウスはモノトーンでシックに

気温24度服装

首元がきゅっと詰まったお行儀のいいノーカラーブラウスには、袖のビッグフリルで目を引くポイントを加えて今どきなフレンチガールに。上半身がグッと華やいで、カフェタイムやオンラインミーティングでも絵になるコーデが決まります♡ シックなモノトーンでまとめると、佇まいは凛としてエレガント。

【12】オレンジ×ブルー小物のカラーMIXコーデ

気温24度服装

元気なオレンジにあえて反対色の淡いブルーを差した遊びゴコロたっぷりのスタイリング。ビッグチェックが特徴のワンピースは、ゆったりとしたシルエットで暑い日もストレフリー。ボリューミィなワンピには、すっきり見えするまとめヘアでこなれ感をプラスして。

【13】線画の花柄が上品♡グリーン小物をアクセントに

気温24度服装

王道にかわいい花柄ワンピこそ、旬の柄やシルエットで今どきにアップデート。今季のトレンド柄であるヴィンテージライクなフラワープリントなら、品のいい華やかさも手に入ります。セージグリーンのバッグを合わせて、モノトーンコーデをまろやかに仕上げて。

【14】チュニック×フレアパンツのきれいめ通勤コーデ

気温24度服装

とろみ素材のカシュクールブラウスは、ネックラインやデコルテをキレイに見せてくれるおすすめアイテム♡ ベーシックなベージュのワントーンコーデもパンツのシルエットや素材感を意識するだけでリッチ感がググッとUP! ころんとしたかごバッグやサンダルで季節感も添えましょう。

【15】×デニムコーデは甘めトップスでフェミニンに

気温24度服装

動きやすさと今っぽさをあわせ持つニュアンスカラーデニムは、カジュアルになりすぎないように大きく開いた胸元とパフスリが目を引くニットでセンシュアルに。ウォッシュがかったグレーデニムを主軸に全身をモノトーンでまとめると、ほんのり緊張感が漂う女っぽカジュアルが完成します。

【16】ラフなデニムスカートはマーメイドラインで大人っぽく

気温24度服装

デニムスカートはカーヴィなマーメイドシルエットやフロントスリットで女っぽさを高めることで大人見え。インディゴブルーのニットを合わせたワントーンで上品さを後押ししたら、パールやギンガム柄ミュールをプラスして、レトロかわいく仕上げましょ♡ 肌寒い日は羽織りを一枚。

【17】落ち着いた配色は×白デニムジャケットで軽さを

気温24度服装

歩くたびふわっと広がる軽快なシアーナイロンスカートは、ニットキャミやGジャンなど厚手素材と合わせるとこなれ感UP! 斜めに入ったティアード切り換えが腰回りをすっきり見せてくれるから、フレアスカートでも甘すぎず、スタイルアップも期待できそう。こっくりブラウンをパキッとした白でサンドイッチするとほっこり見えず今っぽい。

【18】一枚でかわいい♡くすみピンクのワンピース

気温24度服装

デコルテがキレイに見えるペンタゴンネックやフィット&フレアシルエットなど、どこをとっても女のコらしさ抜群のワンピはデートにもぴったり♡ 小物はキャメル〜ベージュでまろやかに引き締めて、優しげな印象をキープして。ゆるっと羽織れるカーデがあると便利です。

【19】簡単にコーデが決まるジャケットセットアップ

気温24度服装

テーラードジャケット×ショーパンのセットアップは、さらりと着るだけで今っぽモードなコーデが完成。爽やかなリネン素材でリラックス感もいただきです♡ 足元は黒のポインテッドトウでキリッと引き締めて。

【20】ボリュームスカートは透けトップスで軽やかさを

気温24度服装

かわいらしいピンクにオシャレ感を意識するなら、ちょこっと灰色が混ざったような“くすみピンク”がおすすめ。パサッと広がるボリューム感がドラマティックで目を引くフレアスカートは、トップスを選ばずともキマる優秀品。大人かわいく仕上げたい日は、ほどよい透け感のシアーブラウスが好相性です。

最低気温24度の服装

最低気温が24度の日は、日中の最高気温が30度を上回る可能性大。通勤か休日か、その日の外出先やシーンにもよりますが、ノースリーブ×薄い羽織りで出かけるのが間違いなし! 軽い羽織りを持っておくと日差しが強いときの紫外線ブロックにも役立ちます。ほかにも帽子を取り入れたコーデやサンダルなど、小物で暑さ対策をするのもポイント。

【1】エクリュトーンでカジュアルコーデを上品に

気温24度服装

きれいめ顔のサスペ付きパンツに、ライムグリーンのカットソーを合わせたニュアンス配色コーデ。ライムグリーンで上半身を明るく見せると、女子会やオンライン会議でも映える華やかさが漂います。小物はベージュでまとめて優しげな配色に上品さを上乗せして。

【2】ニットアンサンブルで気温の変化にも対応

気温24度服装

どんなコーデにも合わせやすいニットアンサンブルは、気温差のある時季に大活躍! 絶妙なテラコッタオレンジだから、通勤コーデも程よくこなれて華やぎます。暑い一日には、カーデを肩にぐるりと巻いてさりげなく日差しを避けつつ、コーデに奥行きをプラスして。

【3】ベージュグラデが大人っぽいキャミワンピコーデ

気温24度服装

華奢見えするキャミワンピにベージュTシャツを合わせて人気のミルクティ配色に。バッグのみ締め色のブラウンを選んで全体にメリハリをつけたらサンダルはベージュでヌーディにまとめて。

【4】爽やかで好感度が高いブルートーンコーデ

気温24度服装

動きに合わせて表情が変わるワンピースは、ナチュラルな麻混素材だからドレッシーなシルエットでも肩の力が抜けた印象に。同系色のリブニットをインしてブルーのワントーンにまとめると、みずみずしい装いが完成します♡ 小物にイエローを散らして今年っぽいボールドカラーMIXを楽しんで。

【5】リラクシーなワンピを黒小物で引き締める

気温24度服装

リラックス感のあるワンピースは、ダークカラーのキレのよさを残しつつ、黒よりも抜け感のあるチャコールグレーでこなれ見え。クロスになっているバックデザインから、ちらっとのぞく肌が夏らしい1枚。キャップやダブルベルトサンダルで、とことんカジュアルに仕上げてましょう。

【6】洒落感高めなチェック柄のパンツセットアップ

気温24度服装

パフスリブラウス×ハイウエストパンツのセットアップは、遠目からでも存在感があっておしゃれ度満点。ストレートパンツにブラウスをINすると脚長効果もばっちりです。

【7】帽子で日焼け対策も!マキシ丈ワンピコーデ

気温24度服装

暑い日は背中の開いたキャミワンピで潔く肌見せ。リラクシーなワンピも、落ち感のある素材ならリッチ感も上々! 大人っぽく着られて気分の上がる1枚で夏気分を盛り上げて。ぷっくりとしたギャザーサンダルでさらに今年らしいアクセントも忘れずに。

【8】モノトーンコーデに小物でアクセントを

気温24度服装

黒キャミ×白デニムの夏コーデ。キャッチーなバッグを引き立てたモノトーンコーデには、大ぶりのストローハットを合わせて夏らしさとHAPPYオーラを上乗せ。流行カラーのイエローは、小ぶりの巾着でも存在感バツグンです。 

【9】バックシャンが色っぽい♡サテンのマキシワンピース

気温24度服装

なめらかな光沢感と落ち感が色っぽいキャミワンピは、さりげなくアシメトリーな裾や特徴的なバックデザインが魅力。昼に着るカジュアルなレイヤードもいいけれど、夜なら潔く1枚で。イエローのバッグや白サンダルを合わせるとコーデが沈まず明るい印象もまとえます。

【10】サロペット×華奢サンダルで女らしく

気温24度服装

ストレートラインのオーバーオールは美脚効果も抜群。淡いブルーの優しげな印象を損なわないように、インナーにはフリルブラウスを合わせて甘さを追加。足元にヒールサンダルを投入すれば女らしさがプラスできます。

【11】オールインワンを肌見せでスタイリッシュに

気温24度服装

夏らしいリネン素材のバックシャンオールインワンはフェミニンに着られる一枚。ミニマルな小物合わせですっきりと着こなすと都会的なきれいめカジュアルが完成します。

【12】柄バッグが引き立つ♡白のマキシワンピース

気温24度服装

ボリューミーなワンピースは、あえてメリハリをつけないゆったりシルエットが大人っぽい。クリーンな白はシンプルなのに目で追っちゃう華やかさあり♡ アクセやバッグも引き立つから、お気に入りの小物を合わせるのがおすすめです。

【13】マキシワンピはミニバッグで軽やかに

気温24度服装

ボリューミーな袖とストンと落ちる細身シルエットのギャップが、女らしさを際立たせてくれる映えワンピ。エレガントな1枚はラフなつっかけサンダルやマイクロミニバッグで軽やかにまとめると今っぽさが即アップ。おしゃれっぽさを高めるならフラットシューズが正解です。

【14】華やかスカートはシンプルなトップス合わせが◎

気温24度服装

ふんわり広がる裾がドラマティックなティアードスカートは、アシメトリーなデザインでこなれ感も◎。ボリュームのあるスカートと合わせるなら、トップスはシンプルなものを選んでバランスを調整するとスタイルがよく見えます。体のラインに程よく寄り添うニットタンクで、フェミニンなピンクスカートコーデに色気をプラスして。

【15】甘いレーススカートは×Tシャツでバランスよく

気温24度服装

腰回りがピタッとしたマーメイドスカートは、女性らしいまあるいシルエットをアピるのに最適。シャープなカッティングが目を惹くヘムデザインや、華やかなボーダーレースがコーデに夏らしい抜け感と奥行きをプラスしてくれます。女っぽさがトゥーマッチにならないように、カットソーで程よくカジュアルダウンを。

【16】白Tシャツ×デニムスカートの休日コーデ

気温24度服装

ベルト×ラインが女っぽいラップ風スカートは、華奢なロゴT合わせで大人カジュアルに着こなして。ベージュのバッグやサンダルで小物はヌーディにまとめると、デニムカジュアルがきれいめに仕上がります。

【17】フェミニンな花柄ワンピにベージュバッグを優しく馴染ませる

気温24度服装

一枚でコーデが決まるワンピースは、小花柄にボリューミーなバルーン袖、フリルネックなど大人っぽくてかわいいディテールがおすすめ。スクエアネック×胸下切り替えのふんわりシルエットでスタイルもよく見えるから、気合いの入るデートコーデにもGOODです。

【18】ブルーのシャツワンピースを黒小物で引き締め

気温24度服装

きちんと感のあるシャツワンピは清潔感漂うブルー&ほんのり透けるシアー素材で爽やかに。ブラックのサンダルやバッグを投入して、やわらかなワンピースをキレ味よく着こなして。

【19】甘めブラウスをデニムでカジュアルダウン

気温24度服装

カットワーク刺しゅうとフリル袖がフェミニンなブラウスは、デニム×かごバックで抜け感をプラス。華やかなブラウスもボトムや小物をカジュアルにまとめるとおしゃれっぽく仕上がります。

【20】カーヴィラインが色っぽい肌見せコーデ

気温24度服装

程よい甘さをプラスしてくれるラッフル袖ニットで気になる二の腕もしっかりカバー。短丈でボトムを選ばずウエストインができるので見た目のすっきり感もGETできます。上半身の肌感が多い分、ボトムはロングスカートで品のよさをキープ。小物はベージュでやわらかな配色にまとめて。

「気温24度」の服装のポイント

春や秋に多い最高気温24度の日は、朝晩と日中の温度差も大きいので、防寒アイテムや体温調節がしやすいコーデがおすすめ。カーディガンやデニムジャケットを使ったコーデや薄手のニットが活躍します。

7月や9月に多い最低気温24度は、天気によっては最高気温が30度を超える真夏日もあるので要注意! 汗ばむ季節は、Tシャツ素材のトップスや一枚でおしゃれが決まるワンピースなどが理想です♡ 帽子やサンダルなどファッションでも暑さ対策を忘れずに。