2人に1人が社内恋愛の経験あり♡女性638名に聞いた社内恋愛事情

社内恋愛は「できればしたくない」が多数派!? 社内恋愛の恋の結末は?

(c)shutterstock.com

一緒に働いているうちに気付いたら好きになっていた…なんて経験、ありませんか? コロナ禍で出会いの機会が減っている今注目が集まっている「社内恋愛」。とはいえ仕事に支障が出たら…と考えるとあと一歩が踏み出せないという人も多いのではないでしょうか。そこで株式会社キャリアデザインセンターが女性638名を対象に行なった調査を元に「社内恋愛と仕事」についてご紹介します!

社内恋愛、したいと思う?

最初に社内恋愛をしたいと思うかどうかを聞いたところ、「できればしたくない」が最も多く33.7%という結果に。「絶対したくない」も合わせた社内恋愛否定派は51.4%で、「非常にしたい」「できればしたい」「してもいい」を合わせた肯定派を上回る結果となりました。

そんなつもりはなくても仕事で関わるうちに好きになっていることが多いのが社内恋愛ですが、積極的に社内恋愛したいと思っている人は少ないようですね。

社内恋愛、したことある?

先ほどの調査結果で社内恋愛はしたくないと考えている人が多いことがわかりましたが、実際に社内恋愛の経験があるか聞いてみると「はい」50.3%と、約半数の人が経験していることがわかりました! 社内恋愛をしたいと思っているかと、実際に恋に落ちるかどうかは

別の話のようですね♡

社内恋愛をしたお相手はどんな人? きっかけは何?

社内恋愛したことがある人に、相手の立場を聞いたところ、「同僚」が1位で41.1%、次いで「先輩」37.4%、「上司」23.4%となりました。

社内恋愛のきっかけについては「仕事で関わった」65.7%が圧倒的1位という結果に! 一緒に仕事をしているうちに距離が近付いたり頼りになる一面を見て好きになってしまうなんてことが多そうですね。

次いで「職場の飲み会」28.0%、「一目惚れ」7.2%が続き、その他のコメントとしては、「通勤経路が同じだった」「社員旅行」「元々付き合っていた彼と同じ会社に就職した」がありました。

社内恋愛の結末は?

気になる社内恋愛の結末について尋ねると、最も多かったのは「交際して別れた」54.5%でした。
「告白せず終わった」10.9%、「結婚して離婚した」5.3%、「振られた」も4.0%おり、残念ながらハッピーな状態が続くケースは少数派のようです。

ただ社内恋愛が実り「結婚した」「交際中」もそれぞれ25.5%、9.0%と、結婚に結びついたケースも4人に1人いることが判明! 上手くいかないかも…と思って尻込みせず、アタックしてみるのも大切かもしれませんね。

社内恋愛がうまくいかなかったことで、仕事面ではどんな変化があった?

社内恋愛をできればしたくない派の人には、上手くいかなかった時にも同じ会社で働き続けないといけないことがネックになっているという人も多いはず。そこで「交際して別れた」「結婚して離婚した」「振られた」と答えた人に、仕事面での変化について尋ねると、「とくに変わらない」が1位で36.5%という結果に! 公私混同はしない人が多いという結果に、少し安心しましたね。

ただ残りの約65%の人には影響があったことになります。2位は「仕事がやりにくくなった」31.0%、4位は「仕事のモチベーションが下がった」15.7%となっており、「仕事のモチベーションが上がった」7.6%や「仕事がやりやすくなった」3.6%などポジティブな影響よりネガティブな影響の方が目立っています。

仕事に持ち込むつもりはなくても、別れた後も顔を合わせる必要があると辛い気持ちが長引いたり出社するのが憂鬱になってしまう気持ちもわかりますよね。また、同僚にも交際が明らかになっている場合には周りにも気を使わせてしまう…なんてこともあることから、交際中は秘密にしておくのがベターかもしれません。

社内恋愛が多い会社ってどう?

最後に、社内恋愛が多い会社についてどう思うかについて尋ねると、「どちらとも言えない」が最も多く51.9%でした。「いい会社だと思う」「ややいい会社だと思う」という肯定派は26.8%、「いい会社だと思わない」「あまりいい会社だと思わない」という否定派は21.3%で、肯定派の方がやや多い結果となりました。

社内恋愛で仕事に支障が出るなら困りものですが、社内の人間関係が良好な証拠だと考えれば良い会社と言えるかもしませんね。

社内恋愛のメリットやデメリットを把握して素敵な恋人を見つけて

社内恋愛していると仕事のモチベーションが上がったり仕事への理解が得られやすい、通勤後にデートしやすいなどメリットもたくさんある反面、顔を合わせる時間が長いことでマンネリしたり別れた後に気まずい思いをしたりと、デメリットも。どちらも理解した上で、それでも一緒にいたい! と思える人に出会えたなら、ぜひチャンスを逃さずアタックしてみてくださいね。

情報提供元/株式会社キャリアデザインセンター