【美髪へ導くケア方法】NG習慣、朝と夜の頭皮&ヘアケア方法も♡

髪ケア

サラつや髪は女性の憧れ♡日々のお手入れ法を見直したり、ケアをプラスすることで美髪に近づくことができます。美髪になるための習慣、人気ヘア&メイクやCanCamモデル、美容家などに聞いた髪のケア方法をたっぷりご紹介します!

髪と頭皮のNG習慣8選

あなたはいくつ当てはまる? Do or Don’t Check List

美髪習慣を知る前に、現状をチェック!

  • ドライヤーは使わず、自然乾燥
  • シャンプーの原液を直接、髪と頭皮へオン!
  • シャンプーで2度洗いし、汚れを徹底オフ
  • コンディショナーは頭皮からたっぷり塗る
  • ヘアオイルは夜に1度だけ、少なめの量を塗る
  • ブラッシングはスタイリングをするときだけ
  • 頭皮ケアは、まだ早い!
  • 朝は寝グセ部分のみ水で濡らして直している

これ、実は全部NG…! 当てはまるものは見直してみて。これを踏まえて美容賢者に正しい頭皮&ヘアケアの知識を聞いていきましょう!

【朝】おすすめの頭皮&髪のケア方法

美しい髪は美人の第一条件! だけど美髪をGETするために何からしたら良いかわからない…。そんなお悩みを解決するため、人気ヘア&メイクやCanCamモデル、美容家などの美容賢者の方々に、頭皮と髪に差がつく朝と夜のプチ習慣を教えてもらいました♡

教えてくれたのは…

右上から左に
ヘア&メイク・河嶋 希さん
io所属。大人かわいいヘア&メイク提案にファン多数。ヘアアレンジ術を紹介した著書『河嶋希 ヘア本』(双葉社)も好評! 
CanCamモデル・まい
CanCamモデルの中でも美容知識はトップクラス! 30代になった今もキレイな肌、髪、体をキープする努力家。
美容家・岡本静香さん
現代女性にも続けやすい「心地よい美容」を発信。2分でわかる・変わる、美容習慣動画『2minutes beauty』も人気。
uka広尾店 ヘアスタイリスト・佐藤由衣さん
髪の悩みが解消され、魅力が光るヘアスタイル提案に定評あり。髪質に合ったヘア&頭皮ケアのアドバイスも得意。

①ブラッシング前にヘアオイルを塗る

朝起きたらまずは、少量(1円玉大)のヘアオイルを毛先中心にオン。

「寝ている間にできた髪の絡まりがほぐれやすくなります。スタイリングが終わった後にもヘアオイルをつけると、日中もパサつきにくくなりますよ」(佐藤さん)

■おすすめアイテム

右:ロクシタン オスマンサス ボディ&ヘアオイル 100ml ¥5,390(限定品) 中:マンダム ルシードエル #質感再生ヘアオイル 90ml ¥1,540 左:I-ne BOTANIST ルース ボタニカルマルチオイル 60ml ¥1,980

右:シルキーなツヤを与えるミストタイプ。中:細くてやわらかい髪向き。左:ヘアケアの他、頭皮のディープクレンジングにも活躍。

②朝起きたら、必ずブラッシング

髪の絡まりを放っておくと、傷みやすくなります。毛先中心にヘアオイルをつけた後、パドルブラシで毛先側からとかして。

「毛先の絡まりがほぐれたら、髪の根元からパドルブラシを通しましょう。頭皮マッサージができる上、顔のくすみやむくみもスッキリするはず!」(河嶋さん)

■おすすめアイテム

右:キナリ クラフトオーガニック バンブーパドルブラシ ¥2,860 中:ジルスチュアート ビューティ ヘアブラシ ¥3,960 左:シャンティ マぺぺ ふかふかクッションのパドルブラシ ¥1,320

右:耐熱性があり、スタイリング時にも使える。中:ナイロン毛と天然毛のミックスタイプで、髪のツヤ感もアップ。左:クッション製が高く、ブラシ部分を手でつかんで頭皮に押しあてて使ってもOK。

③移動中でも頭のコリを感じたら頭皮マッサージ

「頭皮の硬さや頭の疲れを感じたら、外出先でも指を使って頭皮マッサージをしています」(河嶋さん)

頭皮はコリやすいポイント。こまめにマッサージして、健康的な髪が育つ環境をキープして。

④ミニブラシを常備して、こまめにとかす

髪の絡まりはダメージの一因。とかすことでツヤ感が高まるブラシもあり、見た目も美しく!
「絡まっていない状態をキープするため、トイレやメイク直しの際に髪をとかす習慣を身につけて」(河嶋さん)

■おすすめアイテム

右:シャンティ マペペ 小つげ櫛 ¥836  左:ジョンマスターオーガニック コンボパドルブラシミニ ¥3,190

右:天然木ですべりがよく、静電気が起きにくい。左:マイナスイオンを放つイオン毛と、天然の猪毛が使われた混合ブラシ。

ブラッシングやオイルケア、マッサージなど、コツコツできる習慣が美髪に繋がるはず! さっそく始めてみて。

⑤髪の根元を濡らして寝グセをオフ

毛先側についた寝グセも、原因は根元のうねりにあり。根元を水で濡らし、手ぐしで左右に振りながらブローすると毛先までまとまるように。

「髪のクセが強い人は仕上げにヘアアイロンを滑らせると、よりなめらかに!」(岡本さん)

髪と頭皮に優しいドライヤーやアイロンが続々デビュー♪

ドライヤーやヘアアイロンの熱は、少なからず髪と頭皮の負担に。2022年秋は、そんなデメリットを払拭する機能が搭載された新作が豊富!3年以上使い続けている人は、買い替えを検討してみて。

右:パナソニック ヘアードライヤー ナノケア EH-NAOJ オープン価格 左:ヤーマン YA-MAN TOKYO JAPAN スムースアイロンフォトイオン ¥22,000

右:ブランド史上最大風量&コンパクトに進化。左:潤ったツヤ髪に仕上がるストレートアイロン。

⑥アホ毛をおさえて美髪イメージUP!

分け目などに多いピョンピョンと生えた短い毛は“アホ毛”と呼ばれるように、だらしない印象を与えがち。

「アホ毛をおさえるだけでも、髪がキレイに見えます。専用アイテムもあるので、使ってみて」(佐藤さん)

■おすすめアイテム

右:花王 ケープ キープウォーター ナチュラル 100ml ¥770(編集部調べ) 中:コーセー スティーブンノル マディション58 マルチ スティックバーム 20g ¥1,760(編集部調べ) 左:ジョンマスターオーガニック スリーキングスティック 15g ¥2,310

右:ガス抜き不要のミストタイプで旅行にも便利。中:アホ毛が目立つ部分にスティックを直塗り。左:固まりすぎず、自然な仕上がり。

⑦たんぱく質を意識してとる

「髪はケラチンというたんぱく質で構成されていて、健康な髪の発育にはたんぱく質が不可欠です」(佐藤さん)

肉類やプロテインも◎。コラーゲンは頭皮の潤いや若々しさを保つのにも効果的で、特におすすめ!

■おすすめアイテム

右:ニッピコラーゲン ニッピコラーゲン100 5gパック 5g×30包入り ¥4,104 左:大正製薬 アルフェ ビューティコンク〈ドリンク〉 50ml ¥297

右:無味無臭。ドリンクや料理に混ぜて。左:コラーゲン5,000mgの他、4種の美容成分もイン。

⑧スタイリングの締めは髪にも使えるUVスプレー

「出かける前には必ず、髪や頭皮にも使えるUVスプレーを使い、紫外線対策をしています」(まい)

髪と頭皮が浴びる紫外線量は、顔の約3倍ともいわれています。髪が傷んだりヘアカラーが退色しやすくなる他、年齢を重ねたときのボリュームダウンやうねりの原因につながるので早いうちから対策して損なし!

■おすすめアイテム

右:デミ コスメティクス ハレマオ UVカットスプレー LT COOL SPF50+・PA++++ 80g ¥1,320 中:資生堂 アネッサ パーフェクトUV スキンケアスプレー N SPF50+・PA++++ 60g ¥1,980(編集部調べ) 左:クラランス サンケア オイルミスト SPF30・PA+++ 150ml ¥4,070

右:ライム&ティーツリーの香り。中:空気中の水分にも反応してUVブロック膜が強化。左:オーシャンフレンドリー処方。ベタつかない。

アホ毛ケアやUVケアなど、サボりがちなものを習慣化することが、美髪への第一歩♡

【夜】おすすめの頭皮&髪のケア方法

①シャンプー前に必ずブラッシング

「入浴前の乾いた髪の根元から毛先を、パドルブラシで30秒間くらいしっかりとかすのがコツ。髪や頭皮に付着した汚れが浮き上がり、シャンプー時に汚れが落ちやすくなります」(佐藤さん)
頭を下げて毛流れを起こすように多方向からとかすと、より効果的。多くの美髪美人が行う定番ルーティン!

②予洗いは絶対!

予洗いとは、シャンプー前にお湯だけで髪と頭皮を洗うこと。

「約1分間、シャワーを浴びながらシャンプーをするように手を動かして洗います。髪や頭皮に付着した汚れの大半が落ちて、シャンプーの泡立ちがアップ&髪や頭皮へのダメージを軽減できます」(河嶋さん)

③シャンプーは手のひらでうっすら泡立ててからなじませる

「少量のお湯を加えて軽く泡立ててから、髪や頭皮になじませたほうが負担が少なく、泡が広がりやすいので摩擦ダメージも軽減できます」(佐藤さん)
手に取ったシャンプーを直接、髪や頭皮になじませるのはNG。泡立ててからなじませた後は、頭皮を中心にマッサージするようにもみ込んで。洗い流すときは、上からはもちろん、頭を下げて襟足にもシャワーを浴び、すすぎ漏れゼロに。

④コンディショナーorトリートメント後にコーミング

コンディショナーやトリートメントを全体的になじませたら、根元から毛先までコームを使ってとかし、すみずみまで行き渡らせて。
「髪1本ずつに浸透しやすくなり、ドライ後のサラツヤ感に差が!」(佐藤さん)

いつものお風呂で少し意識するだけでできる美髪習慣、ぜひ試してみて♡

⑤週1〜2回はヘアパックで集中ケア

「いつもはトリートメントを使っていますが、週1回は補修力がより高いヘアパックを投入」(河嶋さん)
5〜10分ほど放置してなじませてから流すのもコツ。外出が多かった日の夜やデートの前夜などに取り入れてみて。

■おすすめアイテム

右:ケラスターゼ マスク リイドラタント 200ml ¥6,380 左:コーセー スティーブンノル リペアコントロール ヘアパック W 220g ¥1,375(編集部調べ)

右:髪はもちろん、頭皮も保湿できて重くならないジェルマスク。左:ハイダメージ毛を集中補修し、つるんとなめらかな指通りに。

⑥頭皮セラムをデイリー使い。難しい場合は、週1回頭皮クレンジング!

「20代前半から、タオルドライ後に頭皮セラムをなじませて頭皮をマッサージ。クセもかゆみも軽減されてうれしい!」(まい)

将来の薄毛やうねり、白髪予防にも効果的なので、ぜひ始めて。毎日が難しい人は、週1回の頭皮クレンジングからスタート!

■おすすめアイテム

右:ケラスターゼ セラム ポテンシャリスト 90ml ¥6,600 左:ヘンケルビューティーケア オーセンティック ビューティ コンセプト コンディショニングウォーター 100ml ¥4,950

右:頭皮のバリア機能をサポート。左:柑橘系と花々のフレッシュな香り。

■おすすめアイテム

右:ドランク エレファント ティーエルシー ハッピー スカルプスクラブ 180ml ¥4,290 中:コーセー プレディア ファンゴ ヘッドクレンズ SPA+ 250g ¥2,200 左:uka Scalp Cleansing Deep & Light Skinny Bottle 100ml ¥1,650

右:髪と頭皮が乾いた状態で使うタイプ。中:ひんやりクールな使用感も気持ちいい! 左:頭皮汚れをオフ&潤いチャージ。

⑦ヘアオイルの量は“ちょっと多め”を意識

「髪質にもよるけれど、ショートヘアなら1〜2プッシュ、ミディアムヘアは2〜3プッシュ、ロングヘアは3〜4プッシュが目安。剛毛な私はミディアムですが3〜4プッシュ使います」(佐藤さん)
枕と髪の摩擦が軽減され、翌朝のまとまりやすさに違いを感じるはず。

⑧ドライの最後に冷風をあてる

「手ぐしを通しながら上からドライヤーの温風をあて、まずは根元から乾かします。毛先までしっかり乾いたら、仕上げに冷風を1分間ほどあてると、ツヤ感がアップ!」(河嶋さん)
理由は、髪表面のキューティクルが引き締まるから。髪の水分が流出しにくくなったり寝グセがつきにくくなったり、いいことたくさん♪

⑨髪が絡まりやすい人はシルク製のナイトキャップや枕カバーへチェンジ!

天然繊維の中でもシルクは、吸湿性や放湿性、保湿性が高く摩擦や乾燥ダメージが起きにくいのが特徴です。
「髪質を問わずおすすめでき、扱いやすい髪に。自宅で洗えるタイプもありますよ」(佐藤さん)

いつものルーティンにちょい足しでできる美髪習慣で、周りと差をつけちゃいましょう♪

美髪の人が実践するヘアケア習慣&愛用品

髪の美しさが美人の条件だったのは、なんと、平安時代から! 一度傷んだら元には戻らないからこそ、ダメージを受けにくい髪に育むための美髪&頭皮ケアが大切。美のプロやモデルが無理なく続けられて、髪の美しさに差がつく習慣をご紹介します♡

差がつく習慣①:3種のブラシを使い分け!

頭皮マッサージ用ブラシは“アッカカッパ”、艶出し用ブラシは“ジョンマスターオーガニック”、コームは“オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー”のものを愛用。

「ピンの先に丸い粒々が付いている頭皮マッサージ用ブラシ(写真上)、2種の異なる毛質が使われている髪の艶出し用ブラシ(写真中央)、分け目を整えるのに使う目の細かいコーム(写真下)の3種を使い、頭皮マッサージからスタイリングまで毎日行っています。日々のヘアケアはもちろん、頭皮ケアに力を入れたり、ブラシにこだわったりすることで、髪色をハイトーンにしてからもキレイな状態を保てていると思います」(河嶋さん)

■その他の差がつくアイテム

NAKAMA-Lab エックストリートメント コンディショナー 500ml ¥6,050

サロン発想で頭皮と髪をケア。

ルベル/タカラベルモント SEE/SAW ヘア&スキャルプシャンプーB 250ml ¥3,520(美容室専売品) 

髪と頭皮に優しい処方で、きちんとオフ。

ブラシを使い分けることで美髪を保つことができるそう。さっそく取り入れてみて♡

差がつく習慣②:髪のクセに悩むなら頭皮ケアは絶対!

「モジャモジャと広がる天然パーマがイヤで、学生時代には縮毛矯正をかけていました。頭皮も乾燥しがちで、毎日きちんと洗っていてもかゆみを感じることが…。けれども、オージュアの頭皮ケアローション(下記画像)を使うようになってからは、頭皮のかゆみも髪のクセも改善♡ 以来、月2回はエステや美容院で頭皮マッサージを受けて、自宅でも週1回のペースで頭皮クレンジングを続けています」(まい)

ミルボン オージュア モイストカーム モイスチュアローション 100ml ¥2,200(美容室専売品) 

あれがちな頭皮にも優しい使用感。

■その他の差がつくアイテム

テクノエイト オッジィオット セラムCMCオイル 100ml ¥3,960(美容室専売品)

さらっとなじむオイルで、ツヤ髪に。

人から見られない頭皮のケアこそが、美髪を作る習慣なのですね♡

差がつく習慣③:10日に1回、オイルパック

「オーガニックのオイルを頭皮から毛先になじませて、入浴。20分後に洗い流すケアを、10日に1回のペースで行っています。シャンプーは基本的に頭皮を洗うものと考えていて、毛先には泡をさらっとすべらせるくらい。その洗い方をしたいので落ちにくいワックスはスタイリングに使いません。続けるうちに強かった髪のクセがだいぶ落ち着き、頭皮のかゆみとは無縁に!」(岡本さん)

■その他の差がつくアイテム

コスメデコルテ AQ リペア スムース シャンプー 250ml ¥3,850

コスメデコルテ AQ リペア スムース トリートメント コンディショナー 250g ¥4,400

皮の潤いを守りながら心地よく洗い、うねりやクセが気になる髪も、毛先まで素直にまとまるように。上品なフローラルウッディの香り。

洗い流すだけでなく、パックをすることで髪のお悩みを改善できたようです! 気になる方は試してみて。

差がつく習慣④:25歳から頭皮ケアを続けています

「髪と頭皮についた汚れをきちんと落とさない限り、頭皮トラブルは解消されず、ダメージを受けにくい健康的な髪も生えにくくなります。また、後に使うトリートメントのなじみが悪くなり、髪も傷みがちに。それを防ぐために、私はいつも入浴前の乾いた髪と頭皮を入念にブラッシングします。すると、髪はもちろん、頭皮の毛穴に詰まった汚れも落ちやすくなりすっきり洗えるように。25歳から続けていて、髪質も変わりました!」(佐藤さん)

ブラッシングには、頭皮を傷つけずにマッサージできるパドルブラシ(右上)を使用。頭皮用美容液「uka Re Serum for Scalp」と「スカルプブラシ ケンザン」(左上)の併用も日課。

入浴前のブラッシング、このひと手間が美髪を保つ近道に。ぜひ取り入れてみて♡

◆価格表示に関するお知らせ◆
※本記事に表示している価格はすべて税込です。
※ご紹介した内容は2022年9月22日現在のものです。時期によっては、お取扱いが終了している商品もございます。
※取材にご協力くださった方の肩書等は、取材時点のものです。