白サンダルのおすすめコーデ14選|グルカやスポサンなど今季のトレンドもチェック!

2021春夏♡白サンダルのおすすめコーデ集

白サンダルを合わせた軽やかなスタイルは、春夏のおしゃれにぴったりですよね♡ 女らしさもゲットできるし、きれい色アイテムとの相性も抜群! 今回は、白サンダルを取り入れたトレンドコーデを紹介します。厚底やヒールなど、幅広いラインナップも要チェック!

2021サンダルのおすすめのデザインは?

白サンダル

ばっちりコーデを決めるなら、足元のおしゃれもこだわりたいもの。そこで、この春夏に一足は押さえておきたいトレンドのサンダルをご紹介します。どのデザインも白をチョイスすれば、より夏っぽいムードが高まります♡

■パデッドサンダル

白サンダル

ふっくらとしたフォルムが特徴の「パデッドサンダル」は今シーズンの注目デザイン。「パデッド」とは「詰め物」を指す単語で、やわらかな質感でクッション性があり、安定感のある履き心地が特徴です。足元にボリュームをもたせる今年っぽい着こなしに最適!

■グルカサンダル

白サンダル

ウェーブディテール(編み込み仕様)が特徴のグルカサンダル。抜け感のあるデザインなので、ゴツめのシルエットでも重くなりすぎず今っぽい足元が演出できます。

■スポーツサンダル

白サンダル

歩きやすくておしゃれなスポーツサンダルは、カジュアルコーデに合わせる以外にも、きれいめコーデのハズシ役にぴったり! 厚底タイプも多く、スタイルアップも叶います。水陸両用ならアウトドアシーンにも活躍! 靴下を合わせて印象を変えるアレンジもおすすめです。

■クリアサンダル

白サンダル

涼しげなクリア素材を足元に取り入れて夏モード全開に♪ 甲の部分やヒールがクリアになっているデザインが多く、どんなコーデにも合わせやすく、軽やかな印象に見せてくれます。

■ウェッジソールサンダル

白サンダル

歩きやすさもヒールの高さも欲しいなら、安定感のあるウェッジソールのサンダルがおすすめ。コルク風だったり麻素材のソールを選ぶと、春夏らしい爽やかな印象に。

白サンダルコーデのポイント

白サンダル

  1. パデッドサンダルやグルカサンダルはボリューム感が今旬!
  2. レジャーの多い季節は、水陸両用のスポサンが便利
  3. コーディネートに白をリンクさせると抜け感もばっちり

トレンドの白サンダルを合わせる春夏コーデ

【1】白サンダル×ベージュシャツ×ブラウンワンピース

Q.ベーシックカラーが好きだけど飽きてきちゃいました…『A.ブラウン・カーキ・ベージュのアースカラーで大人っぽく♡』

ベージュシャツ×ブラウンワンピのベーシックな色合わせは、リネンがもつナチュラルな風合いでよりドライに、かっこよくアップデート! 華やかな色を使わずとも目に留まる、大人の引き算コーデが楽しめます。足元は白の華奢サンダルでクリーンにまとめつつ、夏柄のトートBAGをガツンと効かせてアクセントを。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【2】白サンダル×ブルーワンピース×白バッグ

Q.この夏イチオシのお出かけワンピってなんですか?『A.バルーン袖&背中見せワンピがオトナきれい的トレンド最前線!』

ウエストが絞られた最強の大人ワンピは、スモーキーなミントカラーやドライな素材感でこなれ感もばっちり。肌なじみがよく抜け感のあるサンダルと茶目っ気のあるシェルBAGで夏気分も先取りしましょ。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【3】白サンダル×グリーンニット×白スカート

10きれいめカットソー×映えフレア

ツヤ感のあるティアードスカートに、襟と袖にメロウデザインを施した透けカットソーを合わせて可憐で女性らしい表情に。グリーン×ブルーのカラーMIXも華やかさを後押し♡ サンダルはスカートとリンクするオフ白を選んで、コーデ全体を軽やかに仕上げて。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】白サンダル×白ブラウス×イエローチェック柄パンツ

03春イエロー×大人ベージュのまろやか配色

明るいイエローのギンガムチェックは、パンツで取り入れて小粋な装いに。トップスは白ではなく、まろやかなエクリュベージュのニットを合わせるのがポイント。ミニマルな白サンダルを合わせて締め色なしのなじませ配色にすることで、ギンガムも〝オトナきれい〟に着こなせます。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】白サンダル×ピンクブラウス×オレンジセンタープレスパンツ

01ロマンティックブラウス×ジェラートカラーパンツ

ブラウン感覚で使えるこっくりオレンジのクロップドパンツと、ほんのりピンクがかったふわ袖のベージュブラウスでグラデ風に仕上げるのが今っぽい♪ 配色を際立たせたいから、ベージュバッグや白サンダルなど小物はなじませカラーを選択。ブラウンのベルトだけ効かせてハイウエストパンツの長所を生かしましょ。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】白サンダル×ピンクニット×ブルー花柄スカート

ピンクニット×ブルーの花柄スカートの一見難しそうなカラーミックスも、くすみ色同士だとケンカせずすんなりとなじみます。白Gジャンは腰巻きやたすき掛けなど、コーデを盛るアイテムとしても活躍♡ 高めの位置にキュッと巻けば脚長効果も狙えます。すっきり抜け感のある白サンダルでコーデの爽やかさもUP。

CanCam2021年5月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【7】白サンダル×ピンクワンピース×白バッグ

夏らしい開放感のあるノースリワンピをはじけた夏小物で盛って!ノースリワンピ×夏小物『待ってました!お気に入りのワンピースを1枚で着られる真夏日!長め丈のワンピースは、麦わらハットやサングラスなどの夏らしい小物で盛り上げれば、簡単にフォトジェニックな装いに♪ワンピなら派手なカラーや柄も取り入れやすい!』

シンプルながら大人オーラが漂う、Aラインワンピ×サングラスの夏コーデ。流れるAラインが美しいワッシャー加工のワンピースは、濃いめのピンクで大人かわいい印象に。白サンダルやニットバッグできれいめに仕上げると女らしさも上乗せできます。

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【8】白サンダル×ベージュシャツワンピース×白パンツ

ナチュラルで優しいムード漂う♡エクリュデニム×ワントーン『この春おしゃれな人から着てる、あいまいエクリュデニム。旬のベージュと組みわせるニュアンスワントーンで女性らしくやわらかな印象を作るのが、彼の心をキュンとさせるコツ♡』

ラフさが欲しいデートコーデは、ワンピレイヤードで差をつけて。ボトムに細身のエクリュデニムを合わせて、スッキリ着こなすのがバランスよく見せるコツ。白サンダルを合わせることで、足先まで淡色トーンがキープできます。

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】白サンダル×ブラウンニットワンピース×Gジャン

視線を集めるクロシェワンピは、落ち着いたブラウンを選べば大人っぽく着こなせます! 小さめのバッグや白のバーサンダルなど上品小物を足して、フェミニンオーラもばっちりです。羽織りはカーデでなくあえてのデニムジャケットでこなれ見えるする味付けを♡

CanCam2020年6月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/田臥曜子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/まい(本誌専属) 構成/石黒千晶

フェミニンな白ミュールサンダルのコーデ

【1】白サンダル×ブラウントップス×ブルードット柄スカート

Q.一瞬で洒落見えする、初夏にオススメの柄モノは?『A.レトロムードなギンガム&ドットをモードに着こなして!』

ミントベースに白ドットのナロースカートが、甘すぎない爽やかな雰囲気。そこにダークブラウンのニットを合わせれば、新鮮おしゃれなチョコミント配色が楽しめます♡ 女っぽいマーメイドラインや抜け感のある白バッグ&サンダルで洗練度を高めて。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属)  撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【2】白サンダル×白Gジャン×ブラウンニット×グレースカート

Q.夏に向けて長め丈スカートをアップデートしたい! 『A.シンプルトップスに合わせるだけで着映えるボリュームスカートが買い!』

軽やかな質感のボリュームスカートは、まろやか配色で優しげにまとめて。こっくりブラウンをパキッとした白ジャケット&サンダルでサンドイッチすることで、ほっこり見えず今っぽい印象に。歩くたびふわっと広がる軽快なシアースカートは、ニットキャミやGジャンなど厚手素材と合わせるとこなれ感がアップします。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【3】白サンダル×ライムシャツ×デニムパンツ

長く愛せるいいものを!エシカルなおしゃれを意識

イエローがかったグリーンのシャツは、×デニムですっきりと。夏らしい配色と今っぽいムードが絶妙にマッチ! 足元はエクリュのサンダルで、爽やか&女らしく仕上げています♡

CanCam2020年8月号より 撮影・スタイリスト・ヘア&メーク・モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/山木晴菜

【4】白サンダル×白スエット×イエローチェック柄スカート

甘くなりがちなギンガムチェックのスカートは、白のスエットを合わせて今っぽラフにカジュアルダウン! 定番のギンガムも、ふわっとしたエアリー感やポップなイエローなら新鮮に着こなせます。鮮やかすぎないくすみイエローなら幼い印象も払拭できてGOOD♪ 足元は華奢な白サンダルでカジュアルを大人っぽく仕上げて。

CanCam2020年5月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/丸林広奈 構成/浜田麻衣

【5】白サンダル×ブルーアウター×オレンジカットソー×ベージュスカート

軽めのロングアウターとフレアロングスカートの重めシルエットが今旬。背抜きコートでトップスをのぞかせて、ブルー×テラコッタオレンジのカラーMIXを楽しんで♪ 靴は華奢なサンダルですっきり抜けを魅せるとバランスよくまとまります。

CanCam2020年5月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/Midori モデル/菜波(本誌専属) 構成/田中絵理子

春夏コーデは白サンダルで抜け感をプラス

足元に抜け感がプラスできる白サンダルは、軽やかに過ごしたい春夏コーデに必須! シンプルなミュールやバーサンダルのほか、パデッドサンダルやグルカサンダルなど、コーデに投入するだけで今っぽく仕上がる旬のデザインにも注目です♡