「流行ピンク」はこの2色♡ピンクスカートの春コーデ17選|好印象が抱かれるおすすめピンクを厳選!

ピンクスカートのおすすめコーデ集

春になると着たくなる♡ピンクスカートの春コーデを集めました! プリーツやレースなど、華やかでガーリーな着こなしは要チェック! 甘さ控えめなピンクスカートはオフィススタイルに取り入れるのもおすすめです。

最強のモテカラー「ピンク」のスカートをお洒落に着るコツ

赤色に白色が混ざっているピンクは、色彩心理学において男女を問わず優しさや愛情を感じさせる色であり、この色に包まれると人は温かみや安心感を抱くことができると言われています♡ 感情的な面では、「あなたを受容しています」というイメージを伝えられるカラーなので、ファッションに取り入れることで相手が好印象を抱きやすいのもポイント。オフィスだけでなく、デート服に迷ったら取り入れてみてもいいかも♡

今季の注目はこのピンク!

「ピンク」とひとことで言っても、トーンや彩度はさまざま。その中で、今季注目のピンクはどんな色…?

くすみ感がおしゃれな「ファジーピンク」

ファジーピンクとは、ダスティピンクやジェラートピンクといったニュアンスのあるピンク色。甘すぎないのにフェミニン、華やかなのに儚げ、そんなどっちつかずの“あいまいさ”がファジーピンクの特徴です。奥ゆかしいかわいげを引き出してくれるので、甘めのカラーが苦手な人にも受け入れられるはず! 

イキイキとした表情が映える「コーラルピンク」

肌なじみも顔映りもよく、ヘルシーな血色感が手に入るコーラルピンク。オレンジの明るく快活なイメージと、ピンクがもつ上品なフェミニンさの洗練されたMIX感で、茶目っ気たっぷりのやさしい雰囲気がまとえます。ピンク味の強いベージュピンクも仲間です♡

今年っぽいピンクスカートの合わせ方

  1. モテカラーのピンクスカートはデートコーデにぴったり
  2. オフィスや大人っぽい着こなしには「くすみピンク」がおすすめ
  3. この春夏は「ファジーピンク」と「コーラルピンク」に注目!
  4. 全身ピンクコーデはトーンを変えて奥行きを出す

ピンクスカートの大人カジュアルな春コーデ

【1】ピンクスカート×黒ブラウス

シアーブラウス×ギャザースカートはフェミニン派の王道的組み合わせ。たっぷりの生地を使ったボリューミーなスカートなら、ちょっぴり特別な日の装いにもぴったり。淡いジェラートピンクを黒で引き締める大人っぽい配色もポイントです。

CanCam2021年5月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【2】ピンクスカート×白Tシャツ×メタリックパンプス

フォトTシャツ×ピンクのロングスカートで、簡単なのに絵になる春コーデが完成。仕上げにグレーのざっくりカーデを加えるだけで、華やかなカラーミックスが楽しめます。足元はゴールドのフラットシューズで淡色コーデをマイルドに仕上げて。

CanCam2021年5月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【3】ピンクスカート×ボーダーカットソー

いくつになっても心躍るボリューミーなフレアスカートはやさしいピンクで大人かわいく。チュールを贅沢に使ったドラマティックなスカートも、パリっぽいボーダーカットソーでほんのりカジュアルに落とし込むと自然体に着こなせます。大人こそおしゃれに決まるヘアピンアレンジも、遊びゴコロたっぷりにTRYして。

CanCam2021年5月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/KIKKU モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/権藤彩子

【4】ピンクスカート×ベージュTシャツ×白スニーカー

Pink×Beige『Pink×Beige Variation』

リュクスな光沢プリーツとベージュのロゴTで、スポーティなルックもエレガントに。ちょっとした動きもドラマティックに見せてくれる、ピンク系のツヤありプリーツがコーデのスパイスになっています。足元はダッドスニーカーでキレよく仕上げて、甘さと辛さのバランスがいい理想のきれいめカジュアルに。

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】ピンクスカート×白ジャケット×白Tシャツ×スニーカー

甘くないフレアが断然新しい♥ハリ感フレアスカート『Fresh Peach』

ロマンティックなピンクスカートはこなれ感漂う春レザーを選んで糖度オフ! 春にあえてのレザー風素材が鮮度アップに効果的。今季は女らしいロングスカートを白ブルゾンやスニーカーでラフに着くずすのが気分です♪ 最後はあえてのイエローバッグで、淡色コーデに今っぽいアクセントを。カラー×カラーの合わせもおしゃれっぽい♡

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】ピンクスカート×ネイビーTシャツ

たまには「ゆるさ」も欲しいもの♪カジュアル気分の日に着たいのは?『美月は…キャッチーなロゴT』

Tシャツ×ミニスカートの甘カジュアル。無地Tシャツだと、なんだか素っ気ない!? そんなときはロゴを足すだけで、コーデの〝説得力〟が見違えるほど増すんです♡ 女性らしさが盛り上がるピンク系のサテンスカートとボーイッシュなロゴTのバランスが絶妙です。

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

今っぽいコーデになるくすみ系ピンクスカート

【1】くすみピンクスカート×ラベンダートップス×黒キャップ

カジュアルコーデなのに、ピンクベージュの透け感スカートでちゃっかり女っぽい…って最強! トップスは同系色のラベンダーカラーでワントーンコーデに。キャップやゴツめスニーカーなど、甘さが上手にオフできるスポーティ小物を投入するとヘルシーに仕上がります。

CanCam2020年5月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石黒千晶

【2】くすみピンクスカート×黒トップス×白スニーカー

大人見えするくすみ感がニュアンスおしゃれ!ファジーピンク

甘めのレーススカートも、しっとりした落ち感のあるシルエットで大人顔に。ピンクスカートにプレーンな黒タートルを合わせた定番の配色は、きれいめな白スニーカーのカジュアルダウンでコーデの鮮度がアップします!

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】くすみピンクスカート×ラベンダートップス×メッシュサンダル

大人になって選ぶようになったくすみピンク

フェミニンさとおしゃれ感を取り入れた、ラベンダー×ピンクの色合わせが新鮮! ノースリーブの肌見せとワッシャープリーツのニュアンスたっぷりな質感で、エモさ満点な着こなしです♡ トーンを淡くそろえることで好感度高めの上品さも盛り上げて。

CanCam2020年5月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【4】くすみピンクスカート×ブラウントップス×白パンプス

Item4 大人くすみピンク

カットワークレースの華やかスカートがコーデの主役♡ コントラストのやわらかなブラウンカーデで優しく引き締め、甘さ控えめのほろ苦ピンクコーデに仕上げてみて。白小物の優しいオーラがプラスされると好感度もさらに高まります。丈感やトップスの色合わせを大人っぽくすることで、甘めのピンクスカートもオフィス仕様に。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】くすみピンクスカート×ラベンダーニット

きゅんPOINT2 触りたくなるしっとりふわふわの脚『ボトムスからチラッと見えるだけでドキドキしちゃう! 白くてやわらかそうでしっとり潤っていてマシュマロみたいな食べ頃感あるトラップ美脚なんです♡』

グレーのニットにピンクスカートを合わせた最愛配色♡ 女のコらしさの中に知的さも叶う色合いで、ミニスカートを大人かわいく着こなして。

CanCam2020年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/西村真樹、木村 晶

オフィスにも使えるピンクスカートのきれいめコーデ

【1】ピンクスカート×ピンクシャツ×白パンプス

シャツ×プリーツスカートの鉄板フェミニンコーデもピンクのワントーンなら新鮮に。ハリ感のある大きめシルエットのシャツを選べば、ピンクでも甘くなりすぎず大人っぽく着こなせます♡ 小物もかごバッグや白パンプスで爽やかにまとめて。

CanCam2020年5月号より 撮影/有馬秀星(MOUSTACHE) ヘア&メーク/谷口里奈(R&eo) モデル/中村麻美 構成/時吉 茜

【2】ピンクスカート×ブラウントップス

10きれいめカットソー×映えフレア

ベビーピンクでフェミニンムードたっぷりなチュールスカートは、肌がほんのり透けるシアーカットソーを合わせてセンシュアルに。王道のぴたふわバランスでありつつ透け感や色合わせが抜群に今っぽい理想のコーデが完成します。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友里(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】ピンクスカート×パープルトップス×クリアバッグ

02肌見せニット×マーメイドスカート

甘さたっぷりなピンクレースも、マーメイドラインならこんなに大人顔。上品なマキシ丈なので、深めのラウンドネックニットを合わせてもセクシーすぎずちょうどいい塩梅に♡ 仕上げに黒小物で全体を引き締めて、かわいいよりも〝オトナきれい〟なアプローチを。TPO次第でゆるっとジャケットを羽織ってもおしゃれです。

CanCam2021年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/小松胡桃(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】ピンクスカート×ブラウントップス×ベージュバッグ

顔映りのいい発色でイキイキとした表情に コーラルピンク

ブラウンニット×ピンクスカートで優しく気品のある印象に。親しみやすいコーラルピンクは、リッチなサテンスカートでグッとキレイ見え。ブラウンニットを合わせた温かみのある配色で、女らしさと今っぽいカラーリングがアピールできます。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】ピンクスカート×ピンクブラウス×ピンクサンダル

やっぱり春は”色”で華やぎたい!春に着たいキレイ色は?『あやみは…大人かわいい春ピンク』

トーンの異なるピンクを合わせて、奥行きのあるエモフェミ配色に。カシュクールブラウスやカーヴィーラインのクロシェスカートで魅せる女らしさも計算ずくです♡

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

【6】ピンクスカート×ピンクブラウス×ピンクパンプス

華やかで品のある大人フェミニンスタイル 通勤ノーブル恋style 洋服を選ぶ基準は、上品さとオフィスで浮かない華やぎ。そして自分がより素敵に映るスタイルアップ服はマスト♡今シーズンもそのポイントは変わらずに、キレイ色や新鮮ディテールで春仕様にアップデート!『恋style3ボウタイブラウスできれいなお姉さんに きちんとしつつも顔周りを明るく見せるボウタイブラウスが、今シーズン人気♡ さらっと垂らすタイプのタイで、脱・まじめに取り入れて♪』

なめらかでてろんとした素材のブラウスは、長めのスカート合わせで大人かわいくコーディネート。パンプスまでピンクで揃えたワントーンにフェミニンムードも高まります。薄ピンクやコーラルピンクなど、色味の異なるピンク合わせがおしゃれっぽさのカギ。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

フェミニンもカジュアルもピンクスカートでつくれる♡

大人フェミニンなピンクスカートの春コーデをご紹介しました。女の子らしさ満点のピンクスカートですが、落ち着いたくすみピンクのスカートならオフィスコーデにも合わせやすい! きれいめな着こなしだけでなく、×スニーカーでカジュアルダウンした着こなしも今っぽくておすすめです。