超定番「白パンツ」こそ、買い替え必至。【白パンツコーデ16選】|太って見えない着こなし例【2022春レディース】

春コーデに必須!白パンツコーデを特集

レディース白パンツ春コーデ

爽やかで合わせやすい「白パンツ」は、軽やかに仕上げたい春の装いに必須! そこで今回は、白パンツのカジュアルな着こなしやオフィスコーデへの取り入れ方をレクチャーします。春コーデにおすすめしたい、トップスや小物の合わせ方もチェック!

大人カジュアルな白パンツのレディースコーデ

レディース白パンツ春コーデ

上品で女性らしいコーデに仕上がる白パンツは、お出かけはもちろんオフィスコーデにもおすすめ。トップスにミントやラベンダーなど春らしい色味を選んで、配色にもトレンド感を意識するのがイチオシです。足元はベージュパンプスなど淡い色をチョイスすると、優しい配色がキープできてフェミニンな着こなしが完成します。

ワントーンコーデの上手な着こなし方は?

おしゃれだけど難しそうなオールホワイトコーデは、ポイントさえ押さえれば実は簡単! アイテムの合わせ方や素材の選び方を意識して今っぽいワントーンコーデを楽しみましょう♡ それでは早速、アイテムの組み合わせ方をレクチャー!

レディース白パンツ春コーデ

①色味の違いや異素材感を意識!

カットソーにはニットのスカートを合わせたり、白ニットに白シャツをレイヤードしたりと、素材感の異なるアイテムを合わせるとコーデに奥行きが生まれます。エクリュのような黄味のある白や、アイボリーのような象牙色など、トーンの異なる白を組み合わせるのもおすすめです。

②ベージュやメタリック小物で引き締める

ブラウンやベージュ系の靴や小物を合わせると、メリハリが出すぎず女性らしくて優しい雰囲気のコーデに仕上がります。

レディース白パンツ春コーデ

春夏ならかごバッグや麦わら帽子、秋冬ならファーやボアバッグなど、季節感のある小物を合わせるのもおすすめ!

白パンツを合わせるコーデのポイント

レディース白パンツ春コーデ

  1. ミントやラベンダーなど春色トップスでフェミニンに
  2. 足元はベージュなど淡い色を合わせて優しい配色にまとめる
  3. 上品な印象の白パンツはオフィスコーデのボトムにもおすすめ
  4. 全身白コーデは素材感の違いをMIXして奥行きを

大人カジュアルな白パンツのレディースコーデ

【1】白パンツ×ブルートップスのきれいめ好感度コーデ

美人な春色といえば BLUE『ブルーはこんな人にオススメ大人っぽく洗練されたムード希望シンプルなおしゃれが私らしいいつものコーデはベーシックカラーが多め』

白のショートパンツは、×ブルーのブラウスで爽やかムードに。上品なロイヤルブルーはオトナきれいコーデに欠かせない春カラー。エアリーに広がるフレアシルエットのチュニックで取り入れると、憧れ感のあるカジュアルLOOKに仕上がります。クリーンな白とのコンビに爽やかさも高まり好感度もアップ!

CanCam2022年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/室橋佑紀(ROI) モデル/ほのか(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】白パンツ×レモンイエロートップスの爽やか配色

ブルベさんに似合う春イエローは…清涼感たっぷりのレモンライム

今年っぽい白のプリーツショーパンにキャッチーなロマブラウスをプラス。瑞々しいフレッシュなレモンライムのブラウスには、爽やかな白が間違いない組み合わせ。小物はアイスブルーのバッグで青みを足して透明感のあるかわいさを引き立てましょう。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】ワイドな白パンツはキャミ合わせでスタイルアップ

Q.たくさん着回せる服しか買いたくないんです!『A.アイディア満載のマルチwayが使える!』

ベージュのキャミはデコルテがきれいに見えるペンタゴンカッティングでフェミニンムード満点。白のワイドパンツをラフに合わせて、クールなのに女っぽいシンプルコーデを楽しんで。ブラウンのショルダーバッグを無造作に下げる自然体な小物合わせもおしゃれっぽい!

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【4】透けニットとサスペンダー付きパンツで旬顔に♡

Q.何か新しいアイテムにTRYしたい!『A.サスペンダー付きパンツでイメチェン♡』

ドライタッチの白ワイドパンツにほんのり透ける薄手のゆるニットをコーディネート。リラックス感のあるアイテム同士なら、透け感もこなれたムードに仕上がります。パンツの華奢ストラップやヌーディーなサンダルで女っぽさも◎。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【5】シャツ×ニットでショーパンをきれいめに

東京カジュアルな安未のミニ×ブーツはこう着る!

白ショーパン×白シャツにグレーのベストを合わせた最旬レイヤードコーデ。白レザーのショーパンならワントーンもキリッと辛口に仕上がります。白のレザーミニと黒ブーツのアクセントで、洗練見えする同系色コーデにおしゃれのスパイスをONしましょう。

CanCam2021年4月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】ハイウエストの白パンツでスタイルアップ

大人っぽくこなれる控えめな甘さ♡GREEN『イエベの人は…ピスタチオ』

白パンツに白のフォトTシャツ合わせたワントーンコーデ。コートの色と相性のいいベーシックカラーでⅠラインを作ればスタイルUPもお手のもの。バッグや靴もニュアンス系のカラーを選んで、好感度の高い上品カジュアルを完成させて。

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 構成/山木晴菜

【7】白パンツ×ボーダートップスの大人マリンコーデ

04 ボーダーニット

スクエアネック×パフスリが今っぽいボーダーニットは白パンツ合わせでレディなムードを後押し。クリーンなハイウエストの白パンツを選ぶとキレのよさもプラスできます。サングラスやネイビーのバッグでこなれ感をONすると、定番マリンが今っぽく仕上がります。

CanCam2022年3月号より 撮影/Ryuji Sue(See) スタイリスト/Erina Kawase ヘア&メイク/Rei Fukuoka(TRON) モデル/Ayami Nakajo(CanCam exclusive) 構成/Haruna Tezuka

【8】ベージュ小物で引き締める白パンツコーデ

好感度シンプル トラちゃん『ベスト&シャツのレイヤードトップスでコーデを盛り上げ!』

腰まわりがひらっとしているロング丈トップスは、お腹まわりのモタつきを隠すのにも重宝。同系カラーの白ベストを重ねて旬のレイヤードスタイルに仕上げると、脚長効果も期待できます♡ ボトムはやわらかなエクリュパンツでトレンドのワントーンコーデに。バッグや靴もベージュ系でまとめて旬のオーラをGETして。

CanCam2021年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

オフィスにもおすすめ白パンツコーデ

【1】セットアップでつくるオールホワイトコーデ

ハンサムなのに女らしい! ノーカラージャケット『襟のないすっきりしたデザインが、エレガントな印象を放つノーカラージャケット。ジャケットならではのきちんと感はキープしつつも、トレンド感のあるコーデに仕上げて。』

かっこいい白パンツや白ジャケットはセットアップで着るのもおすすめ。すっきりしたVカッティングのノーカラージャケットと、透け感のあるストライプニットとの組み合わせもセンシュアルで洒落見えします。抜け感のあるサンダル合わせでセットアップに軽さも演出。

CanCam2022年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【2】ワイドパンツでおしゃれも下半身カバーもGET

ドライなこなれ感が手に入るリネン混ジャケット『さらりとしたリネン混素材なら、かっちりしたテーラードジャケットでもかたくなりすぎず、軽やかで春らしい装いに。リネンならではの通気性のよさで、今から初夏まで長く着られるのもうれしい!』

スカート見えするボリューミーなワイドパンツは女っぽさを出したいときにおすすめ。シャリ感のあるジャケットを合わせて自然体に着こなして。インナーの透けニットもグラデ配色の絶妙な抜け感になっています。

CanCam2022年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【3】白パンツで抜け感のあるジャケットコーデに

KEYWORD4 環境に優しいSDGsアイテム『かわいい洋服を着ると幸せな気分になるけれど、 どうせなら地球にも優しいものを選んで、みんなで幸せになりたい。 そんな気分を反映するように、SDGsなアイテムが色々なジャンルから登場中。 洒落たアイテムが多いから、気負わず取り入れられるのもうれしい♡』

淡いイエローニットに白パンツを合わせた春コーデ。パンツをセンタープレスにするだけで全体のきれいめ感がグッとUP! ネイビーのジャケットを肩掛けにしたら、イエローのローテクスニーカー&ブラウンバッグでベーシックな味付けを。

CanCam2022年4月号より 撮影/柴田フミコ スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/福岡玲衣(TRON) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/浜崎真衣 構成/鶴見知香

【4】シックなグレーブラウスを白パンツできれいめに

No.4 盛りブラウス×ハンサムシャツ

ダークグレー×白×グレージュの今っぽい配色が、ハンサムで今っぽい印象に。スタイルアップできる白のハイウエストパンツに、大人っぽいダークカラーのフリルブラウスを合わせれば最旬のオフィスコーデが完成します。バッグはグレージュのトートで知的フェミニンに。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【5】リモートワークにもおすすめな全身白コーデ

画面越しでも伝わる”白”の清潔感は、白パンツと白シャツ×ニットベストの重ね着がポイント! シャツレイヤードでちょっぴり知的に演出すると、初対面やリモート会議、お仕事スタイルにちょうどいいムードが作れます。異素材を組み合わせて奥行きのあるオールホワイトコーデを完成させて。

CanCam2021年5月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/KIKKU モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/権藤彩子

【6】ミントトップス×白パンツのクリーン配色コーデ

Q.1オンライン会議におすすめなトップスが知りたいです!『A.1万5,000円以下のちょい甘トップスで華やかに盛るべし。』

淡色を引き立てる白パンツは今季もマスト! 春らしいミントグリーンのブラウスでやわらかな配色にまとめたらフレッシュさ満点♪ 仕上げはベージュやブラウン小物を上手に使って、さりげないメリハリ感をプラスしましょう。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【7】ピンクを合わせるフェミニンなパンツスタイル

Pink×Beige

ハンサムな白パンツStyleこそ、ピンク×ベージュ配色でほんのり甘さを香らせるのがおすすめ。上品さや好感度に直結するので〝スタイルがよく見えるかどうか〟も重要です。腰位置高めにマークしてくれるカシュクールデザインのニットでメリハリシルエットを叶えて。

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】ネイビージャケット×白パンツのきれいめカジュアル

Keyword8 淡色ローファー

紺のジャケットにラフなグレーTシャツと白パンツを合わせた大人カジュアル。定番のフラットシューズやパンプスの代わりに、今年は上品なローファーをチョイスしてこなれ感を意識。トラッドが香る絶妙なカジュアルスタイルはオフィスにもおすすめです。

CanCam2022年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、金 世娜 構成/鶴見知香

春夏はオンオフ着回せる白パンツが使える!

白パンツを合わせる春のトレンドコーデをご紹介しました。上品かつフェミニンな春コーデに欠かせない白パンツは、オンもオフも活躍必至♡ さまざまなトップスの色合わせが楽しめるので、ワイドやニット素材など今っぽい白パンツをGETしておくのがおすすめです!