オフィスでの好感度も期待以上!【白ブラウスコーデ21選】|GUやユニクロのインナーも紹介【2022】

2022白ブラウスのおすすめコーデを特集♡

白ブラウスインナー

人気の白ブラウスコーデを超厳選♡ オフィス向きの通勤コーデや休日の着こなしなど、マネしたい最旬スタイルを集めました! 白ブラウスに必須のユニクロやGUのインナーも紹介します。

白ブラウスのときにおすすめのインナーは?

透けやすかったり響きやすい白ブラウスはインナーに悩みますよね。そこで今回は、コスパ抜群のおすすめインナー情報もお届け。

■GU「スタイルヒートブラフィールスクエアネックT」

白ブラウスインナー

カップ付きのスクエアネックTシャツ。自然な丸みのあるバストカップで服を着たときのボディラインもきれいです♡ リブ素材と、袖口&裾のメロー仕様で、下着に見えないデザインも優秀。カップ部分には、胸の横流れを防ぐストレッチ性に優れたパワーネットが使用されていて、バストをしっかりホールド!

■GU「スタイルヒートブラフィールレースVネックT」

白ブラウスインナー

カップ付きVネック T シャツ。こちらも自然な丸みのあるバストカップに胸の横流れを防ぐパワーネットを採用。フィット感を強めた下厚カップで美胸もサポート。正面はもちろんサイドシルエットも女性らしくきまります。

■UNIQLO「Uniqlo and MameKurogouchi」

ブラTシャツは、さらっと着られるエアリズム素材で肌触りも◎。マメクロゴウチらしいネックラインで、胸元が開いた白ブラウスに合わせても安心。

白ブラウスコーデのポイント

白ブラウスインナー

  1. 今季はインナーをあえて見せる着こなしがおすすめ
  2. ビッグカラーの白ブラウスでトレンド感をプラス!
  3. フリルブラウスとニットの重ね着が今っぽい♡
  4. チュニック丈の白ブラウスは通勤にもおすすめ

休日コーデにおすすめな白ブラウスの着こなし

【1】×イエロースカートのハッピーな白ブラウスコーデ

白ブラウスにイエローのフレアスカートを合わせた春色コーデ。柔和な配色を邪魔しないベージュのブーツは、抜け感と洒落ムードをもたらしてくれるシアー素材が今季のイチオシ。モードなイメージもあるアイテムだけど、優しいベージュとクリアなヒールでならフェミニンに取り入れられます。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子

【2】ショート丈ブラウス×ハイウエストパンツでスタイルUP

2 コットンブラウス×セミフレアパンツ『上品見えする〝ナチュラル素材〟で優しく♡』

ショート丈ブラウスとハイウエストのフレアパンツで最強の美人バランスに♡ 甘く転んでしまいそうな白のコットンブラウスも、センタープレスパンツのきちんと感で大人っぽいムードに昇華。トレンドのラベンダーもコーデの鮮度UPに効果的です。

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【3】甘めブラウスはカーキ色のボトムで大人っぽく

01 タートルINで今っぽレイヤード『レースブラウス×タートルカットソー』

辛口なカーキスカートやブラウンのインナーなど、落ち着いた色を加えることでカットワークレースの白ブラウスを大人の甘さに昇華。ふんわりした袖とタイトなウエストの対比で、メリハリのきいた女っぽシルエットに仕上がります。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【4】グレーインナーを重ねる白ブラウスコーデ

01 抜け感ありなバンドカラーシャツで大人の余裕を

定番の黒パンツは、レディ度の高いプリーツシャツなど主張のあるトレンドアイテムとも好相性。モードに着られるプリーツブラウスには、グレーのタートルニットを忍ばせてさらに今年っぽい味付けを。カラーストールで白黒のコントラストを和らげると大人のやわらかさが演出できます。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【5】白ブラウス×チェック柄で上品なお嬢さんコーデ

1 大きめ映えチェックスカートを4大シーン別に着回し!

インパクトのあるチェックスカートは品のある白ブラウスでお嬢さんコーデに♡ 程よい華やかさが欲しい会社帰りデートなど、ふんわりスリーブブラウスの甘さを添えれば好感度もアップします。チェーンバッグやアクセでツヤを足しつつ、ロングスカート×ロングブーツの重ためバランスで今年っぽく。

CanCam2021年12月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/有田梨華 構成/岩附永子

【6】トレンドのビッグカラーブラウスで今っぽい着こなしに

1 秋もトレンド!映えトップスは何を買う?『カジュアル派は…クラシカル襟ブラウス』

モードな白ブラウスはカジュアルに着てこそオシャレ度UP! キュートなビッグカラーもシャツ素材で取り入れると端正で大人っぽい印象に着こなせます。ピーターパンカラーのさりげないアシメトリーやバンドカラーもモード感をあげてくれるポイントに。ボルドーのパンツを合わせてスパイスの効いた甘さを楽しんで。

CanCam2021年10月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/金 世娜 構成/鶴見知香

【7】フレンチシックな白ブラウス×デニムの着こなし

フレンチ小物

白ブラウス×ブルーデニムのきれいめリラクシーコーデ。適度な抜け感があることで、上品ローファーが今っぽくあか抜けます♡ ミュールローファーのきちんと感をキープしながら、楽ちんなつっかけで今時のリラクシームードも。洗練された大人カジュアルに仕上がります。

CanCam2021年9月号より 撮影/三宮幹史(TRIVAL) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属)構成/浜田麻衣

【8】デコラティブなアイテムはベーシックカラーでまとめて

ノーカラー袖コンシャスブラウス

存在感のあるブラウスとボリューミィなフレアスカートでドラマティックに。シックなモノトーンでまとめれば、佇まいは凛としてエレガント。バッグに黒を選ぶときは、足元に華奢ストラップのサンダルを合わせて女っぽい抜け感を意識して。

CanCam2021年9月号より 撮影/三宮幹史(TRIVAL) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】デートにもおすすめ♡白ブラウスのパンツスタイル

デートスタイルの着こなしVariation もっと見せます!『公園デートは袖コンブラウス×パンツで〝接近映えカジュアル〟に』

ふんわり袖の白ブラウスとギンガムパンツのフェミニンカジュアル。白×黒でなくグリーンのギンガムチェックパンツを合わせると、アクティブさが加わりトレンドムードが高まります。小物はゴールドアクセやイエローバッグで華やかに。

CanCam2021年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子

【10】カラーパンツに合わせやすい白ブラウス

01ロマンティックブラウス×ジェラートカラーパンツ

パフ袖ブラウス×レモンイエローパンツの合わせは、シャープさも今っぽさも手に入る最旬コーデ。キャッチーなイエローパンツも白ブラウスとならTRYしやすくておすすめです。ヘアバンドやカゴバッグでチャーミングな魅力を上乗せすればキャッチーな印象も◎。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【11】ふんわりブラウス×ワイドパンツの今どきシルエット

01ロマンティックブラウス×ジェラートカラーパンツ

スタンドカラーの袖コンブラウスにキレのいいワイドパンツ、クリーンな白×ミント配色ならお仕事スタイルにも最適。ハイウエストにベルトマークの相乗効果で脚長見えも叶います。小物も優しげなニュアンスカラーでフェミニンにまとめて。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属)構成/浜田麻衣

オフィスでも活躍する白ブラウスの合わせ方

【1】オフィスカジュアルにおすすめな白チュニックブラウス

No.2 バンドカラーシャツ×鮮やかカラーパンツ

鮮やかなブルーのパンツに白のチュニックシャツをプラス。カジュアルOKなオフィスコーデにぴったりの合わせは、ボトムのセンタープレスでほんのり緊張感を意識するのがポイントです。スニーカーやリュックは白やベージュ系でまとめてきれいめに。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【2】デコラブラウスを×千鳥柄パンツでかっこよく

No.4 スイート×スマートの組み合わせが今の気分♪盛りブラウス×ハンサムパンツ

ビッグカラーの〝盛り〟ブラウスは、程よく主張する千鳥格子柄のセミフレアパンツで華やかに。マニッシュなローファー&さりげない裾スリットで抜け感もプラスすれば、甘すぎず大人っぽさも演出できます。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【3】オレンジパンツを合わせた大人カジュアル

No.2 シャツ×パンツも脱コンサバでちょい攻め!バンドカラーシャツ×鮮やかカラーパンツ

バンドカラーシャツにキャッチーなオレンジパンツを合わせて大人の余裕をひとさじ。ベージュ、オレンジ、ブラウン、ゴールドと同系色でまとめれば、カラーパンツ初心者さんも簡単に洒落見えできます。動くたびに揺れるボリュームのあるシャツは、パンツを合わせてウエストアウトで着ると今っぽいバランスに。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【4】旬なボールドカラーパンツでブラウスコーデを今っぽく

ORANGE

ブラウスやトレンチなど清潔感のある白の分量を多めにして、鮮烈なネオンオレンジを包み込むようにコーディネート。定番色やくすみカラーでなく今季らしいオレンジにしてみると、よりハツラツとしたムードに仕上がります。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子

【5】ツイードジャケットで作る上品オフィスコーデ

ハイウエストテーパードパンツを骨格タイプ別に冬→春着回し『WAVE』

フリルブラウス・ツイードジャケット・カラーパンツで甘さと華やかさが漂う上品コーデに。ノーカラージャケットの下は、フリル襟のブラウスで顔まわりをトーンアップ。華やかさが盛れるレディなビジュ―付きパンプスもポイントです♪

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【6】ロングブラウス×フレアパンツで体型をカムフラージュ

くすみピンクのセミフレアパンツを骨格別に冬→春着回し『STRAIGHT』

地厚でハリがある白ブラウスにニュアンスピンクのパンツをプラス。シンプルなのにスタイルがよく見えて顔映りもいい着こなしは通勤にもおすすめです。パンツのセンタープレスも下半身を直線的に見せてくれてGOOD。

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【7】黒インナー×白ブラウスで奥行きのある着こなしに

03 タートルレイヤードで洒落見え!『着方を更新!』

“映え”のさじ加減が難しいお仕事スタイルは、ベーシックなアイテムを軸に流行のビッグカラーブラウスでほんのりと華やかに。インナーにハイネックニットを重ねると、春っぽいデコラブラウスも真冬のスタイリングが楽しめます。ボトムはシンプルなグレーパンツですっきりと。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【8】甘めデザインのブラウスはモノトーンで大人っぽく

@SUBWAY【クライアントにプレゼンへ】

リッチ感も抜群のニットツイードジャケットは、フリルシャツ×黒パンツのモノトーン配色で品のいい甘さに落ち着かせて。カーディガンのようにやわらかで気軽にはおれるツイードジャケットは一枚あるととっても便利! かちっとした黒バッグで知的さも。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属)構成/手塚明菜

【9】ツイードのタイトスカートを合わせる通勤コーデ

3 ミックスツイードスカートをムードを変えて着回し!

クラシカルなツイードタイトは、×白ブラウスでお仕事コーデにもフル活用。あいまいグリーンのリバーコートでふわっと包み込めば、憧れ感のある通勤スタイルが完成します。パンプスでなくブラウンのロングブーツをはくことで、コンサバなタイトスカートが今っぽい印象に。バッグも同色でまとめて統一感を。

CanCam2021年12月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/有田梨華 構成/岩附永子

【10】白ブラウス×ブルーパンツで透明感のあるコーデに

01ロマンティックブラウス×ジェラートカラーパンツ

淡色のフレアパンツに裾に向けてひらっと広がるチュニックブラウスを投入。全身をやわらかな配色でまとめつつ、ボリュームネックレスやフラットサンダル、そしてニュアンスカラーのバッグなどトレンドの小物でキレよく着こなすのがおしゃれです。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

好感度が高い「白ブラウス」がオンオフ使える

オフィスや休日コーデにおすすめな白ブラウスコーデを紹介しました。春夏はインナーを合わせてトップスとして、秋冬はブラウスの上にニットやカーデを重ね着するなど、シーンだけでなくシーズンも問わず着られるアイテムです♡