透け素材やクロシェが人気!カーディガンコーデ8選|冷房対策にもおすすめ【2020夏】

2020夏のカーディガンコーデを特集

夏っぽ素材で涼しげな(クロシェパンツ)で大人リラクシーに挑戦したい!『体のラインが出る服が苦手で、避けてきたニットパンツ。トレンドのクロシェ編みならラインもごまかせそう?と思って挑戦したけど、程よい〝透け〟で抜け感も出ていい…! ロングのはおりがあると腰回りもカバーできて、スタイルUP見えするのもうれしいところ♡』

夏のトレンドコーデに欠かせないのは、ゆるっともピタッとも、はおるだけで今っぽいシルエットがメイクできるカーディガン。定番のハイゲージやローゲージカーディガンのほか、今年顔のシアーカーディガンやコンパクトなリブカーディガン、程レトロなクロシェカーディガンを合わせた着こなしを紹介します!

【目次】
2020夏のトレンドカーディガンコーデ
カーディガン×スカートの夏コーデ
夏のパンツ×カーディガンコーデ
さっと羽織れるカーディガンが便利

2020夏のトレンドカーディガンコーデ


透けチュールアイテム

暑い夏でも、朝晩の気温差や冷房の冷えなど羽織りものはマスト! 中でもさらっと着られるカーディガンは、季節の変わり目にも活躍するので重宝します。合わせやすいベージュやくすみ系のトレンドカラーや、クロシェやシースルーなど透け感のある素材もおすすめ。シアーカーディガンやリブカーディガンなら、トレンド感のある着こなしが完成します。

Point
・軽やかなシアーカーディガンはトレンド感を演出できる
・カラーカーディガンにカラーボトムを合わせると今年っぽい印象に

カーディガン×スカートの夏コーデ


【1】ベージュカーディガン×ベージュタンクトップ×ピンクスカート

サテンスカートってイイ女っぽくなれるから好き♡

ゆるっとした肌見せカーデとサテン調スカートで、かっこよさの中にある色気をアピール。ベージュとピンクの配色も、エモさ抜群のフェミニンオーラが漂います♡

CanCam2020年5月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】ピンクカーディガン×白Tシャツ×ベージュスカート

Item4 大人くすみピンク

Tシャツ×サテンスカートのゆるカジュアルに、ピンクカーデをプラスすればほんのりフェミニン♡ ざっくり感がかわいいくすみピンクのカーデなら今どきのラフさもGETできます。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/としまえん 構成/手塚明菜

【3】ベージュカーディガン×ベージュスカート

海外リゾートでは、 水着×はだけ服で現地っぽレイヤード『リラクシーな空気が流れる海外リゾートでは、 キメすぎないことがおしゃれ感UPのヒケツ。水着の上に肌感多めのアイテムを重ねたラフなレイヤードスタイルで、 思う存分チルしよう♡』

プルオーバーのように取り入れた透けカーディガンとクロシェスカートの、フェミニンで今っぽいベージュトーンのBOHOスタイル。ヌーディなベージュを濃淡で合わせた着こなしは、下着代わりの水着が透けるドキッと感も絶妙です。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

夏のパンツ×カーディガンコーデ


【1】ベージュパンツセットアップ×白タンクトップ

Brown&Beige

流行りのベージュワントーンも、クロシェ風ニットのセットアップならありきたりにならず華奢見えも♡ 落ち着いたワントーンコーデは、立体感を出すのが着映えのコツ。ロングカーデ×フレアパンツの縦長シルエットで、存在感のあるスタイルに。

CanCam2020年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/時吉 茜

【2】ベージュカーディガン×ブラウンキャミソール×白パンツ

夏っぽ素材で涼しげな(クロシェパンツ)で大人リラクシーに挑戦したい!『体のラインが出る服が苦手で、避けてきたニットパンツ。トレンドのクロシェ編みならラインもごまかせそう?と思って挑戦したけど、程よい〝透け〟で抜け感も出ていい…! ロングのはおりがあると腰回りもカバーできて、スタイルUP見えするのもうれしいところ♡』

ロング×ロングの旬なレイヤードスタイルでクロシェパンツを攻略。シアーカーディガンをさらっと羽織って、異素材の〝透け〟を合わせるのが上級テク! 繊細なディテールならトレンドを盛ってもきれいめ&バランスよく仕上がります♡

CanCam2020年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/Midori モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

【3】オレンジカーディガン×白タンクトップ×グリーンパンツ

透けチュールアイテム

くすみミントのパンツにオレンジ系のシアーカーディガンをプラス! フレッシュな色合わせでチアフルにまとめた着こなしは、季節感もトレンド感も抜群♡ くすみ系で統一すると、小技の効いた色使いが逆に大人見えするんです。

CanCam2020年6月号より 撮影/北浦敦子 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/MAKI(Linx) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/佐藤彩花

【4】ブラウンカーディガン×白タンクトップ×ベージュワイドパンツ

リネン素材のラフな風合いとハイウエストのワイドボトムが、コーデのおしゃれ感を高めてくれるリラックススタイル。素肌に溶け込むようなベージュパンツを、ブラウンのクロシェニットカーデで包み込む簡単グラデは試す価値あり!

CanCam2019年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】白カーディガン×ブラウンオールインワン×白ノースリーブ

この春は「ブラウン上手」が「おしゃれ上手」ブラウン〜ベージュグラデ

カジュアルなオールインワンもブラウンなら品よし♡ ビビッドな色味が効いたバッグが、大人の色遊びの仕上げです。ヘアターバンとスニーカーをベージュでリンクさせるだけで、全体のまとまりもよくなります。肩にかけてもかわいいエクリュのカーデを手持ちして、温度差のある夏スタイルを完成させて。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉茜、木村晶

さっと羽織れるカーディガンが便利


今年の夏のカーディガンコーデは、シアーカーディガン×カラーパンツやカラースカートとの組み合わせがおすすめ! 無地のTシャツやキャミに羽織るだけで旬コーデになるので、暑い夏のおしゃれにぴったりです。冷房などで気温差が出てしまう季節は、着脱しやすいカーディガンが便利です♡

 

>CanCam.jp TOPへ戻る