モテ最強説♡カーディガンのおすすめコーデ28選【2019秋レディース】

2019・秋のカーディガンコーデを大特集!


今シーズン、絶対にゲットしてほしいBIGカーディガン。ゆるっともピタッとも、はおるだけで途端に今っぽいシルエットがメイクできるカーディガンは、秋のトレンドをすぐに投入したいおしゃれ女子におすすめです。グレー・ベージュ・黒など、合わせやすいベーシックカラーを取り入れた、旬の秋コーデを紹介します! 花柄ニットに重ねたり、Tシャツにはおったり、プルオーバー風に着るのも今季のトレンド。着こなしはもちろん、コンパクトなリブや定番のケーブル編みなど、新作カーデもチェックして♡

【目次】
カーディガンを合わせる秋のレディースコーデ
グレーカーディガン 秋コーデ
ベージュカーディガン 秋コーデ
黒カーディガン 秋コーデ

カーディガンを合わせる秋のレディースコーデ


【1】白カーディガン×グリーンワンピース

花柄ワンピが主役の女のココーデに、白カーデ&白ブーツを投入♡ ニット×ロング丈ワンピのボリューミーな組み合わせでも、白ブーツなら軽やかにまとめてくれる♪ 

CanCam2019年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/Paris COFFEE 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【2】水色カーディガン×ブラウンワイドパンツ

05[薄てろボトム]『とろんと、たおやかに揺れる素材に薄手の頼りなさも相まって、品のよい色気をもたらしてくれる薄てろボトム。どこかリュクスなツヤめきがあるから、カジュアルコーデのドレスアップにも有効。』

落ち感のあるワイドパンツを取り入れて、ざっくりニットに適度な緊張感をプラス。こっくりブラウンを選べば、より上品にまとまります。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【3】ピンクカーディガン×ピンクロングワンピース

何度も恋するひと目惚れピンク『きっと物心ついた頃から無条件に「好き」。そんな惹かれ続ける色だから、今に合わせたアップデートを。こなれ感のあるくすみフィルターをかけたダスティピンクなら、甘すぎない大人のかわいさに着地。』

ぴたっとしたライン感のあるリブワンピが、ピンク=かわいいだけでは終わらない色っぽさも醸してくれる秋コーデ♡ ちょっぴり淡いピンクカーデとこっくりピンクのバレエシューズで、抜けと締めを両立させた色バランスを完成させて。

CanCam2019年11月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/Flamebike 構成/浜田麻衣

【4】ブラウンカーディガン×花柄ロングワンピース

背中部分が浅めのVカットになったケーブルニットは、抜けが生まれると同時に女っぽさが感じられる一枚。パターンが異なるアラン編みニットと小花柄ワンピを合わせると、旬のヴィンテージムードが楽しめます。

CanCam2019年11月号より 撮影/吉田 崇(まきうらオフィス) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/森野友香子(Perle Management) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子

【5】ネイビーカーディガン×ネイビーパンツ

クラシカル小物でとことん上品リッチに レディなトレンドが多い今季。小物も品があってかっちりしたものを買い足そうかなと計画中です。ビジュー付きのものやキャスケットなど、シンプルコーデに一点投入するだけで華やかに仕上げてくれるものがいいな♪

今季のトレンドはレオパード小物を差す秋スタイル♡ 起毛感&優しい配色がかわいいキャスケットを、シックな黒コーデにピリッと効かせて大人の着こなしを完成させて。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/田臥曜子 ヘア&メーク/sachi モデル/まい(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】ブラウンカーディガン×黒の花柄ロングワンピース

07 おしゃれ男子別 デートに「スニーカー」の王道コーデ『MUJI系男子とデートするなら、ほんのりかわいくスニーカーを履く!』

甘いプリントワンピはニットカーデをプラスして、花柄の面積を抑えると即秋モードに。ボーイッシュな印象のダッドスニーカーは、淡いトーンの色をチョイス。なじみのいいまろやかカラーなら、ワンピの外しとしても浮かないので安心です♡ 秋らしいこっくりブラウンでまとめて大人っぽい表情に。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属)、小野寺晃良 撮影協力/ROTISSERIE BLUE、東京おでんラブストーリー、ユーゴデノワイエ恵比寿、AWABEES 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【7】水色カーディガン×白Tシャツ×黒デニムパンツ

06 カジュアルな赤 甘くないサックスブルー ヘルシーなベージュ 僕らが癒される、3つのカラー

素材自体が甘めのモヘアカーデも、サックスブルーなら程よくクールに。モノトーン合わせでシンプルにまとめるのが男子モテの近道です♡

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美 モデル/楓(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【8】白カーディガン×ネイビーロングスカート

05 男女共に賛同!今っぽ彼女の「スリムフレアスカート」『ベーシックカラーの小花柄』

王道ガーリーなアイテムこそ、秋はシルエットをアップデート! モヘアニットの愛され力を最大限に発揮するなら、OUTでずるっと着るより、INしてきれいめに着るのが正解です。裾がほんのり広がるスリムフレアスカートなら、×ニットカーデの王道コーデも今っぽく仕上がります。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【9】白カーディガン×黒の花柄ロングワンピース

04 彼好みだし、わたしもちゃんと満足する服!抱き寄せたくなる「デートワンピ」

総柄のワンピは張り切ってるようで気後れしちゃう、というコにはニットカーデでカジュアルダウンするのがオススメ。その分手元のアクセやヒールでレディ度をUPさせて♡

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/ROTISSERIE BLUE、東京おでんラブストーリー、ユーゴデノワイエ恵比寿、AWABEES 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【10】白カーディガン×黒タンクトップ×黒デニムパンツ

02 かっこよくって、ほんのり色っぽい。目で追われてます! モノトーンで着る「黒スリムパンツ」

スニーカーやキャップなど、スポーティなアイテムを女っぽく着る秋コーデ。アクティブな黒スキニーに、デコルテがきれいに見えるゆるカーデを合わせてギャップを演出♡

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【11】白カーディガン×白カットソー×黒ロングスカート

シルエットをタイトにまとめてスポーツ小物をnotカジュアルに

キャップやスニーカーでモテコーデを楽しむなら、女らしいアイテムやシルエットを意識して。膝下からスリットの入ったタイトスカートは、女っぽさとこなれ感が共存するイチ推しアイテム。コンパクトなカットソーと短丈ニットですっきりIラインにまとめれば、トレンド感もスタイルアップも叶います。スニーカー合わせでもバランスがきまる絶妙な丈感も♡

CanCam2018年11月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/BRYANT COFFEE、ON THE CORNER、SMT TOKYO、VINTAGE QOO TOKYO 構成/田中絵理子、佐藤彩花

【12】ラベンダーカーディガン×黒パンツ

6位 「パンツなのに女っぽい♡」とスカート派からも票が多数!肌見せトップス×ハイウエストパンツ『〝コーデを考えるときに大切なこと〟1位の「スタイルがよく見える」を、簡単に叶えてくれるハイウエストパンツ!抜け感のある肌見せトップスを合わせれば、相乗効果でさらにGOODバランスが完成します☆』

ラベンダーカーデ×ウエストリボンパンツの美スタイルコーデ。リボンベルトのテーパードパンツは、誰でもスタイルUPできる絶品シルエットが人気です。ボトムがタイトな分、ゆるっとしたドルマンスリーブのカーデを一枚で着て抜け感をプラスして。

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【13】ブラウンカーディガン×花柄フレアスカート

2位 着映えする華やかコーデがバツグンの支持率GET!キレイ色ニット×花柄スカート『「上品さも華やかさも欲張れる♡」と人気を集めたのが、このコーデ!会社に着ていけるきちんと感がありながらも、女の子らしさを最大限に引き出してくれる、最強の組み合わせなんです!!』

絵になる大花柄のスカートには、こっくり秋らしいブラウンニットを合わせて大人っぽく! ブラウンにオレンジスカート、ベージュBAGと落ち着いた色合わせがクラシカルムード満点です♡ カーデのアクセントになっている大ぶりのビジューボタンや、程よいツヤ感のある大花柄スカートで、上品な中にも目を引く華やかさが叶います。

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/汐留シオサイト5区イタリア街、田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【14】白カーディガン×ピンクオールインワン

おうちデートならロンパース×肌触りのいいゆるカーデで♥

ピュアなベビーピンクのオールインワンに、ふんわりやわらか素材のロングカーデをON! お部屋の中でもかわいくいたい、欲張り女子におすすめです♡

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/まい(本誌専属) 構成/田中絵理子

【15】イエローカーディガン×白Tシャツ×水色タイトスカート

定番こそ色で遊ぶのが、おしゃれ上級者のマインド!

カーディガンにレーススカート…コンサバな合わせこそ、トレンドカラーで遊んでナンボ! スカジャン風デザインをかわいく落とし込んだ技ありカーデなら、おしゃれの鮮度もグッと上がる♪

CanCam2018年10月号より 撮影/今城 純(D-CORD) スタイリスト/奥野友佳 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【16】パープルカーディガン×黒キャミソール×チェックタイトスカート

大胆なデコルテ見せもこっくりパープルで上品に♡

深みのあるグレープパープルなら、ほっこりしがちなマルチカラーのチェックもキレ味のよいスタイリングに。ゆるっと着られるVネックカーディガンで、ほんのりと肌見せを取り入れて。女っぽい着こなしなら、チェックコーデも洗練された印象に決まります。

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/山木晴菜

【17】ラベンダーカーディガン×白タンクトップ×チェックワイドパンツ

ハンサムなチェックを品のよいラベンダーでレディに昇華!

肌見せ感のあるタンクトップにカーデをON♡ BIGボタンやたゆんとした袖のカーディガンで、女らしさをさらにアピール。ボトムにチェック柄のワイドパンツを合わせれば、さらにこなれた秋コーデがきまります。

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友  スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/山木晴菜

グレーカーディガン 秋コーデ


【1】グレーカーディガン×白カットソー×黒ロングスカート

07 おしゃれ男子別 デートに「スニーカー」の王道コーデ『エナジー系男子とデートするなら、思い切りスポーティにスニーカーを履く!』

ロング丈のティアードスカートをスニーカー合わせでカジュアルダウン。ほんのりかっこいいムードのハイカットスニーカーは、グレーならモードすぎずスカートにも好相性。スカートに甘さがある分、Tシャツやニットカーデはモノトーンでまとめてちょっぴり辛めに。スニーカーとニットカーデのグレーをリンクさせて、コーデに一体感を意識して。

CanCam2019年10月号より 倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(楓分)、神戸春美(松本大輝さん分) モデル/楓(本誌専属)、松本大輝 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【2】グレーカーディガン×ネイビーTシャツ×デニムパンツ

まろやかグレーのざっくりカーデを×ウォッシュデニムで切れ味よく

ラフに羽織った手編み風のボリュームカーデが、定番のデニムコーデをあったかかわいい雰囲気に。淡いグレーのカーディガンを、黒ではなくネイビーのTシャツで締める着こなしも、すぐにマネしたい配色テク。ハイウエストデニムにTシャツをINすれば、すっきりスタイルアップも叶います。スキニーデニムのタイトさとBIGカーデのゆるっと感、このシルエットのギャップも体型カバーに効果的♡ 小物は鮮やかなイエローを効かせて、ハッピーでヘルシーな印象に。

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/汐留シオサイト5区イタリア街、田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【3】カーディガン×ブラウンワンピース

シンプルワンピ×アクセントになるラメカーデをプラス

モード感のあるロング丈の黒ワンピに、女らしさが盛れるラメのニットカーデをON! コンパクトなカーデなら、シャイニー感も程よいスパイスに。おしゃれ感はマストだけど、好印象に仕上がるコーデを心がけて。

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ  モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/EW.Pharmacy、café 1886 at Bosch、GOFFA juice、JEFFERSON’S BALLOON、Le Shiner、田中かほ里 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【4】グレーカーディガン×黒タンクトップ×ベージュパンツ

パンツスタイルもタンクの肌見せでヘルシー&セクシー♡

この秋ワードローブに追加したいのは、襟元のリブ切り替えとカラーボタンが着るだけでサマになっちゃうニットカーデ。上のボタンを外してルーズに着ると、インナーとのレイヤードが映えてさらにこなれ感がUPします。

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里、篠原里緒 構成/渡辺みらの

ベージュカーディガン 秋コーデ


【1】ベージュカーディガン×白タンクトップ×ブラウンワイドパンツ

06 カジュアルな赤 甘くないサックスブルー ヘルシーなベージュ 僕らが癒される、3つのカラー

ざっくりニットカーデは、ほんのり肌見せで脱・ほっこり。ずるっと着ても上品さをキープできるのは、肌なじみのいいベージュならでは。白キャミをのぞかせて、すっきり抜け感も意識して。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美 モデル/楓(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【2】ベージュカーディガン×ボルドーフレアパンツ

簡単にしゃれ見えしたいならフレアパンツ説 by 安未

こっくりボルドーカラーのパンツで秋らしさを後押し。トップスはコンパクトなリブカーデでスッキリまとめて、フレアパンツの美ラインをさらに引き立てて。

CanCam2019年9月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】ベージュカーディガン×黒Tシャツ×デニムパンツ

手編み風カーデで男前なデニムコーデを女らしく♡

黒Tシャツ&インディゴデニムのクールなコーデを、ふんわり感のあるボリュームカーデで女らしく。思わずハグしたくなるぬいぐるみのようなモコモコ感に、指先がちょこんとのぞく盛り袖。男女ともにウケる主役カーデを引き立てたいから、その他のアイテムはミニマルなデザインを選ぶのがベターです。

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

黒カーディガン 秋コーデ


【1】黒カーディガン×ブラウンロングスカート

05 男女共に賛同!今っぽ彼女の「スリムフレアスカート」『美シルエットの優しい色』

フィット感のあるカーデには、ハリのあるフレアスカートが好バランス。ハリのあるスカートにピタ感のあるカーデをINしたら、甲浅パンプスやチェーンバッグで繊細な女らしさをプラスして。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美 モデル/石川 恋(本誌専属)、遠藤史也(MEN’S NON-NO専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【2】黒カーディガン×ピンクTシャツ×デニムパンツ

モードなブラックコーデにロゴT&ファー小物で甘さもON

フレンチロゴのTシャツ×スキニーデニムでタイトにまとめて、ざっくりカーデのゆるっと感を強調。ちょっぴりルーズなシルエットが、今っぽくて女らしい印象に。お尻がすっぽり隠れる長め丈のカーディガンなら体型カバーも狙えます。クールなモノトーンコーデには、ピンクのファー小物で甘さとトレンド感をプラス。シャープになりすぎず、程よいかっこよさがアピールできます♡

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【3】黒カーディガン×白ブラウス×ラベンダーフレアスカート

トレンドのパープルはやわらかな淡色コーデで上品に

流行のパープルスカートと小花柄トップスを、さりげなくカラーリンクさせているのがこなれ見えのヒミツ♡ 首元のベロアリボンやパンプスなど、ポイントで黒を投入してコーデを引き締めるのがポイントです。

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/田中絵理子

【4】黒カーディガン×ボ―ダープルオーバー×カーキスカート

細身トップスのウエストINですらっとしたⅠラインを意識

ボーダートップスにカーキのスカートを合わせた辛口コーデ。スカートをちょっぴりハンサムに着こなしたいときにオススメです♡ スカートはウエストリボンを取り外して、シンプルに使ってもOK。

CanCam2018年10月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/楓(本誌専属) 構成/新城真紀

 

いかがでしたか? カーディガンを使った秋コーデは、女らしさやかわいらしさをアピールするのに効果的! ゆるっと感で女のコらしさをアピールしたり、ピタッと感で女っぽさを演出したり、この秋はお気に入りの一枚を見つけてカーディガンコーデを楽しんでくださいね。

 

★ロングカーディガンのおすすめコーデ4選

>>CanCam.jp TOPへ戻る