彼氏・彼女との違いは?「恋人」の定義と男子が恋人にしたい女子の特徴10選

「恋人」とは? 「付き合っている」のか悩んでしまう女子も多数…


草原のカップル
(C) Shutterstock, Inc.

「恋人」と聞くと、「彼氏」「彼女」と呼びあえる仲で、お互いが本命として交際をしているイメージが強いですよね。

また、いい感じの異性がいるけれど「恋人」なのかを確認したことがない、曖昧な関係がずるずると続いている……といった状況だと「私たちって、恋人同士なの?」「周りに、付き合っているって言ってもいいのかな?」などと悩んでしまう女子も多数……。

このようなシチュエーションだと、彼にはっきりと聞いてみたいけれど、答えが怖くて面と向かっては聞きにくい……と迷っている女子も少なくありません。

 

相性も大事…? みんなが思う「恋人」の定義5選


夕陽とカップル
(C) Shutterstock, Inc.

(1)告白があった

「付き合ってください」「はい」といった“告白”を経ていると、自信をもって「恋人」と言えると感じている人も少なくありません。一方、カラダの関係から始まってしまい、言葉で確認しあえていない状態が長く続くと「私たちって、恋人じゃなくて、単なるセフレなのかも……?」と不安を抱き始める女子も。

(2)周囲に「恋人」だと紹介しあっている

特に告白のセレモニーを経ていなくとも、お互いがまわりに対して堂々と「恋人」だと紹介しあっていると、自分たちは恋人同士だと自覚できますよね。「俺の彼女です」「私の彼氏」と、“恋人”という言葉を使わずに「彼氏」「彼女」と表現しあう場合も多いです。

(3)お互いが「本命」として交際している

お互いが、しっかりと「本命の相手」として交際している自覚があると、自信をもって「恋人同士」だと思える人も多いです。普段はなかなか愛情表現してくれない彼だったとしても「君は、僕の本命だから〜」など、ちょっとした会話で“本命視”していることがわかると、安心感が深まる女子も少なくないですよね。

(4)結婚前提に付き合っている

すでにお互いの間で結婚の話が「結婚前提」になっている場合には、パートナーを「恋人」と強く認識できる人も多いでしょう。結婚式の話が出ていたり、親に紹介されたりしている場合には、自分が「本命」であり真剣交際をしている自信にもつながりやすいですよね。

(5)関係が順調かつ安定している

一緒に暮らす話が出始めたり、実際に同棲に進んだり……と、結婚の話以外にも、お互いの関係が順調かつ安定して進んでいるのを実感できるときには、交際相手を「恋人」として認識しやすいでしょう。逆に、いつまでも不安定な間柄が続き、関係がいっこうに進んでいかないときには「私たちって、恋人じゃないのかも……」と不安になる人も。

 

男子が思う「恋人」にしたい女子の特徴5選


カーテンの中にいるカップル
(C) Shutterstock, Inc.

男子が、きちんと「恋人」として付き合いたいと思う女子には、ありがちな特徴も。そこで、男子たちの意見を交えつつ、彼らが「恋人にしたい!」と思う女子の特徴を5選ご紹介します。

(1)育ちの良さがある

「ちゃんと本命として付き合う女子には、育ちのいい雰囲気があると嬉しいです。下品な感じの子は、エッチするにはいいんだけど、“恋人”って感じにはしにくいかなぁ……。僕が考える育ちの良さは、見た目の話ではなくて、教養とか常識とか内面を重視しますね」(28歳男性/専門職)

本命の恋人としてお付き合いをする女子には、それなりの教養を求める男子も少なくありません。周囲に紹介しても恥ずかしくないだけのスキルがないと、なかなか本命の恋人には選ばれにくいのも実態……!?

(2)一緒にいて心地よい

「きちんとした恋人として交際する女子は、一緒にいて心地よい人じゃないと無理って思います! 飲みにいったり遊びにいったりするだけの女友達なら、居心地の良さはそこまで気にしませんが、恋人となれば将来も考えたいし、居心地の良さはマストです」(26歳男性/IT)

居心地の良さは、相性にも直結する問題。だからこそ、恋人として一緒に時間を歩んでいくにあたっては、居心地の良さが必須条件の男子もいるようです。

(3)食の好みが似ている

「恋人とは、きちんと将来を考えてお付き合いしたいので、僕は食の好みをめちゃ重視します。食の好みが合わない子とは、デートで行くお店も迷っちゃうし、一緒に食事していてもあまり楽しくないって思っちゃうんですよね。なので、食の好みが似ていないと、友達にはなれても恋人にはなれないかなぁ」(25歳男性/イベント関係)

本命彼女の条件としても「食の好み」は挙がりがちなテーマ。真剣交際をするパートナーとは、食べ物の価値観が似ている点を重視したいのも男子の心理なのでしょうね。

(4)きちんとした生活ができる

「お金の使い方とか家の中の掃除とか、生活にまつわる最低限のことがきちんとできる人じゃないと、恋人としては付き合えないですね。実は昔、見た目がめちゃタイプだったのに、浪費家で家の中もグチャグチャ……って女の子がいて、かなりガッカリしたことがあるんです。それ以来、きちんとした生活を送る最低限のスキルがある子じゃないと、恋人にはできないなって思うようになりました」(26歳男性/流通関係)

お金や家事など、生活の基盤となる部分への向き合い方を密かにチェックしている男子も。将来的に、結婚や同棲を考えるときにも重視したいテーマになりやすいだけに、現実的な男子ほど、気になる部分かもしれませんね。

(5)清潔感がある

「当たり前って言われちゃうとそれまでなんだけど、恋人にするなら清潔感のある女の子です! どんなに見た目がかわいくても、衛生面がイマイチだとガッカリしちゃいますね。洋服が汚れていたり、シミやシワが多いバッグなどを平気で使っていたりする子は、僕的にはNGです」(28歳男性/システム)

清潔感のある女子を恋人にしたいと思う男子からすると、ここも譲れない条件に。うっかりだらしない面を見せてしまうと、恋のチャンスを逃してしまう場合もありそう……!

 

「恋人」と「彼氏」「彼女」の違いって?


笑顔で仲が良さそうな男女
(C) Shutterstock, Inc.

交際相手を「恋人」だけでなく「彼氏」や「彼女」と紹介することもあります。「その違いはなに?」って深掘りしたくなるけれど、実際には、これらの言葉は同じような意味で使われるパターンが多いですよね。

お付き合いしている人から「恋人」とはっきりと言われなくて不安でも、「彼氏」や「彼女」という言葉を使ってくれる場合には「恋人」として認識されていると考えても問題なさそうですよ!

 

★手を繋ぎたくなる理由|付き合う前に繋ぐ心理やベストタイミングまで徹底調査

★もーっと好きになる♡彼氏にされてうれしいことランキング、1位はちょっと意外!

CanCam.jp  TOPに戻る