心当たりあるかも?友達がいない人の特徴・陥りがちなこと

心当たりあるかも?友達がいない人の特徴・陥りがちなこと


友達がいない人の特徴・陥りがちなこと

あなたの周りに、いつもぽつんとひとりでいる人はいますか? もしいたとしたら、少しだけ観察してみてください。もちろん、友達がいないからといって悪いわけでは、まったくありません。ただ、友達がいないのにも、何かしらの理由や事情があるのかもしれませんよ。そこで今回は、「友達がいない人の特徴・陥りがちなこと」をご紹介いたします。

 

自分を他者にさらけ出して自己開示できない

友達ができない人の多くは、シャイな性格で嫌われるのを恐れているところがあると言えます。間違ったことを言わないように、口数も少なく自分をさらけ出すこともできないでしょう。心理学においては、自分のことを相手にさらけ出すことを自己開示と言います。他者と仲良くなるには、この自己開示が重要になってきます。自分のことを相手に伝えることで、相手も自分のことを教えてくれて、関係が深まっていくからです。そのため、友達が少ない人には、自分のことを他者にオープンにできないという特徴があります。

 

自尊感情が高く自分を客観視するのが難しい

友達がいない人の中には、性格的に自尊感情が高過ぎるケースもあると言えます。プライドが高過ぎて、周囲の人たちとの人間関係を構築することが難しいのです。心理学的に、適度な自尊感情は人間関係を円滑にしてくれるのですが、過度に低すぎたり高過ぎたりすると周囲との折り合いをつけるのが困難になってしまいます。特に高すぎるケースは、他者が自分よりも劣っていると感じてしまうため、関わりを閉ざし、結果的に周りから友達がいなくなってしまうのです。

 

テリトリー意識が強くひとりの時間を大切にする

あまり群れるのを好まず、趣味や関心事など自分ひとりの時間を大切にするのが好きな人っていますよね。こういった特徴を持っている人も、友達がいなくなる傾向が高いと言えます。心理学者ソマーは、パーソナルスペース理論というものを提唱しました。これはテリトリー(縄張り)に関する距離の大きさが、人の心の距離を反映しているという理論です。周囲となじまずひとりを好む人は、このパーソナルスペースが広く、そこに入られるのを好まないため友達ができにくいのです。

 

恋人に依存的であり捨てられるのが怖い

あまりにも恋人に依存的すぎるのも、場合によっては友達がいなくなる原因になってしまいます。自分の世界が恋人中心に動いているため、それ以外の人間関係を排除してしまう傾向があるからです。言わばライフスタイルにおいて、そもそも友達が入り込む余地がないのです。心理学において依存は強くなればなるほど、特定の相手に対しての愛着が強くなり、他者への関心が薄れてしまった結果、友達がいなくなくなってしまうのです。

 

「何だか、あの人友達いないよね……」と言われる人には、さまざまな事情や理由があります。そもそも、友達をつくって群れるのがイヤなのかもしれませんし、性格的に声をかけられないのかもしれませんし、人間関係に疲れているのかもしれません。もしもそんな人と接する際には、相手はどうしてひとりなのかを知ることが第一です。下手に、可哀想だから友達になってあげようという態度を見せてしまうと、失礼にあたることもありますからね。(脇田尚揮)

脇田尚揮
認定心理士。Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリ 「マル見え心理テスト」はTBS 「王様のブランチ」 などでも紹介され、120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出 書房新社)。

 

★正直しんどい…。一緒にいると疲れる友達の特徴13

★モテない女子の特徴はコレ!モテるためにすべきこと&心理学

>>CanCam.jp TOPヘ