使い勝手良すぎ!【グレーパンツコーデ19選】|オフィスも休日も着回しOK【2022レディース】

スタイリッシュな「グレーパンツ」のコーデ集

レディースグレーパンツコーデ

会社にもデートにも活躍する「グレーパンツ」を今年っぽくおしゃれに着こなすなら? 休日コーデやオフィスコーデなど、今すぐに取り入れたい旬の着こなしを紹介します。合わせやすいセンタープレスパンツやグレーデニム、トレンドのフレアパンツも集めました♡

オンもオフも「グレーパンツ」が活躍!

合わせやすくて知的な印象のグレーパンツは、シャツやジャケットと合わせるオフィスコーデにもおすすめ。

レディースグレーパンツコーデ

黒や白などベーシックカラーと合わせやすいのはもちろん、トレンドのニュアンスカラーともしっくりとなじみます♡ 落ち着きのあるグレーパンツは、小物で差し色を使うとおしゃれっぽく着こなせます。

使いやすいグレーパンツのデザイン

手持ちのアイテムに合わせやすいおすすめのグレーパンツはこちら!

■ライトグレーのフレアパンツ

レディースグレーパンツコーデ

女性らしいセミフレアのシルエットなら、シンプルコーデもラフになりすぎず上品な着こなしに♡ ハイウエストを選ぶと脚長見えも叶います。

■グレーデニムのパンツ

レディースグレーパンツコーデ

カジュアルな印象のデニムパンツも、グレーなら大人っぽさが◎。ベーシックカラーのアイテムはもちろん、トレンドのニュアンスカラーとも相性がよく、ジャケットやコートなどきれいめアイテムと合わせる着こなしもスタイリッシュに決まります。

■グレーのセンタープレスパンツ

レディースグレーパンツコーデ

きちんと見せられるセンタープラスパンツは、オンオフどちらも履き回せて重宝。カジュアルな無地トップスと合わせても大人見えするので、時短コーデにも最適です!

グレーパンツコーデのポイント

レディースグレーパンツコーデ

  1. 黒や白などモノトーンが相性抜群!小物で差し色を入れるとグッとおしゃれ
  2. くすみカラーや同系トーンでまとめるニュアンシーな配色も旬♡
  3. 上品なグレーパンツはきちんと見せたいオフィスコーデにもおすすめ

グレーパンツを合わせるきれいめカジュアルコーデ

【1】大人っぽいデニムコーデならグレーがおすすめ

6 春カラー×淡色デニム『マイルドな〝あいまいカラー〟で優しく♡』

流行のニュアンスカラーと相性のいいグレーデニムを相棒に、ベージュ感覚で着られるまろやかイエローのトレンチコートを投入! フレア袖とトレンドのイエローで優しいムードもプラスできます。インナーはデコルテの開いたニットで女っぽさを足して、白パンプスとチェーンバッグでキレよく仕上げて。

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【2】グレーパンツ×ミントトップスのクリーンな配色

2 コットンブラウス×セミフレアパンツ『上品見えする〝ナチュラル素材〟で優しく♡』

ひとクセあるグレーのセミフレアパンツは、甘いトップスやシンプルなコーデの効かせ役にぴったり。ロマンティックなレースブラウスをウエストアウトにして、セミフレアパンツとのモードな着こなしを楽しんで。全身を淡色でまとめると優しいムードがアップするのでデートにもおすすめ。

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【3】サスペンダー付きパンツでモノトーンを新鮮に

GRAY×WHITE,BLACK like a オレオチーズケーキ

技ありパンツ×きれいめな白リブニットの今っぽシンプルコーデ。生地を折り返したウエストデザインとサスぺ付きのワイドパンツなら、リブニットを合わせただけのワンツーコーデも絵になります。足元は黒で締めつつ、ニットとリンクする白バッグで清潔感も◎。

CanCam2021年11月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【4】肌見せニットやパンプスでデニムを色っぽく『きれいめ派は…肌見せレイヤーニット』

グレーデニム×白ニット×黒小物のモノトーンコーデ。ペーズリー柄のミニトートが映えるイイ女カジュアルは、ゆるピタのニットアンサンブルと大人デニムのコンビが絶妙。カジュアルなのに目を惹くコーデに仕上がります♡ 足元はヒール高めのミュールブーツでシャープさを。

CanCam2021年10月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/金 世娜 構成/鶴見知香

【5】セットアップをTシャツやスニーカーでカジュアルに

4 秋イチ狙いたいワンピorセットアップは?『カジュアル派は…モード見えセットアップ』

グレー系のチェックならセットアップで取り入れても派手すぎずおしゃれっぽい印象に。Tシャツやコンバースでメンズライクに着こなすとコーデのこなれ感もアップ。セットアップ以外のアイテムで抜け感を加えて遊びの効いたバランスに仕上げましょう。

CanCam2021年10月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/金 世娜 構成/鶴見知香

【6】上品なパフ袖トップスをグレーデニムでラフに

2

大きく開いた胸元とパフスリが目を引く肌見せニットを、古着風デニムでカジュアルダウン。ウォッシュがかったグレーデニムを主軸に全身をモノトーンでまとめると、ほんのり緊張感が漂う大人カジュアルが完成します。

CanCam2021年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、金 世娜 構成/田中絵理子、石黒千晶

【7】デニムコーデはフレア×グレーにアップデート

即今っぽさが手に入る♪今季注目のトレンドシルエット。セミフレアデニム

辛さのあるフレアシルエットのグレーデニムは、×透け感ニットでセンシュアルに。サングラスやクリアサンダルなど、エッジの効いた小物を使うとトレンドムードが盛り上がります♡

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】グレーの同系トーンで爽やかなパンツスタイル

絶妙なやわらかカラーでワードローブの鮮度高まる!ニュアンスカラーデニム

大人っぽくてきれいめな淡いグレーデニムはデートにもぴったり。ロゴTを合わせた超シンプルなスタイルに、デニムとトーンが近いブルーのストライプシャツを巻いて顔周りにアクセントを。Tシャツ×シャツの合わせ技で、シンプルだけどおしゃれなきれいめカジュアルが完成します。

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】こなれ見えするグレーのショーパンセットアップ

Q.春から高まってるミニボトム気分♡ 〝オトナきれい〟に着るには?『A.辛口要素を足して、かっこよく!』

テーラードジャケット×ショーパンのセットアップは、さらりと着るだけで今っぽモードな印象に。インナーにロゴTシャツを合わせればラフなムードで着こなせます。足元は黒のポインテッドトウでキリッと締めて、きれいめなこなれコーデを楽しんで。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【10】シアーシャツを羽織る旬なグレーデニムコーデ

Q.たくさん着回せる服しか買いたくないんです!『A.アイディア満載のマルチwayが使える!』

グレーデニムを女らしく着たい日は、ノースリニットに透けシャツをまとうヘルシーで女っぽいトップス合わせがおすすめ。くすみのあるニュアンスカラーと相性のいいグレーデニムの存在も大人カジュアルのカギなんです。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属)  撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

オフィスコーデにおすすめなきれいめグレーパンツ

【1】トレンドのジレが映えるグレーパンツコーデ

No.1 ジレセットアップ

ひざ下までのロングジレと、サイドにスリットが入ったワイドボトムでこなれ感がアピールできるセットアップコーデ。インナーにはカットソーを合わせてラフさをプラス。美シルエットを生かしたシンプルコーデは、辛口小物でピリッと締めるのがおすすめです。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【2】千鳥格子パンツと盛りブラウスで華やかオフィスコーデ

No.4 スイート×スマートの組み合わせが今の気分♪盛りブラウス×ハンサムパンツ

ビッグカラーの〝盛り〟ブラウスは、程よく主張する千鳥格子柄のセミフレアパンツで華やかに。マニッシュなローファー&さりげない裾スリットで抜け感もプラスすれば、甘すぎず大人っぽさも演出できます。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【3】きれい色アウターでモノトーンを華やかに

6 春カラー×淡色デニム『〝色〟で優しく』

デニム×ボーダーのカジュアルコーデを春色コートでオトナきれいに更新! 着るだけで華やかなムードをONできるきれい色コートは、デニムで抜け感を加えつつボーダーを締め色代わりに取り入れて淡いトーンで仕上げるのがポイント。品があって優しげなきれいめカジュアルが完成します。

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【4】グレーのワイドパンツで上品なオフィススタイル

Q.3 厚手ウールコートでもモタつかないお仕事バッグは?『A.肩掛けしやすい長めストラップ×メリハリの効いたバイカラーが使える!』

グレーのニットとワイドパンツのワントーンコーデに黒のアウターをプラス。シックなパンツスタイルをバイカラーのトートバッグで盛り上げつつ、足元はベージュで軽さを意識! ボルドー×グレイッシュブルーの印象的なバッグで、沈みがちな着こなしが途端にキャッチーに着映えします。

CanCam2022年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【5】盛りブラウスは×シンプルなグレーパンツが好相性

03 タートルレイヤードで洒落見え!『着方を更新!』

トレンドのビッグカラーブラウスは、ベーシックなグレーパンツを軸にほんのり華やかに取り入れて。インナーにハイネックニットを重ねると、肌寒い日のスタイリングも楽しめます。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【6】フレアパンツならシンプルコーデも洒落見え

“My„Date Clothe 2.あざとかわいい♡ちょこっと肌見せ『背中や隙間、足元など、気分がアガるほんの少しの肌見せがデート服のスパイスに。肌見せのちょっとした緊張感と、高揚感と…着ている自分がドキドキするなら、相手もきっとそう思っているはず♡』

シルエットがきれいなフレアパンツは、程よくフィットするリブトップスと合わせてカーヴィに着こなすのもおすすめ。レースアップになったバックシャンニットがシンプルコーデのアクセントになっています。小物は白やブラウンの小物で大人っぽくすっきりと着こなして。

CanCam2021年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属)  撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【7】ニュアンス配色が今っぽいジャケパンスタイル

07テーラードジャケット×定番デニム

注目のグレージュデニムにアプリコットカラーのテーラードジャケットをON! 締め色なしのグラデでカジュアルとキレイのいいとこ取りも叶います。デニム×スニーカーでも、ジャケットやきれいめ配色にこだわることでフェミニンな印象に。足首が見えるローカットスニーカーは抜け感も◎。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】白スニーカーで抜け感をプラスしたグレーコーデ

Q.6センタープレスパンツをスーツ感なく着くずすにはどうしたらいいですか?『A.デザイン性のあるトップスで、脱・地味っコ!』

ゆるシャツ×パンツの定番コーデは、Aラインのアシメシャツできちんと&華やかに。スマートなセンタープレスパンツとボリュームのあるトップスとの上下バランスも抜群です。白スニーカーやクラッチを合わせて、ちょっぴり攻めたオフィスコーデを完成させて。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【9】イエロートップスはグレーパンツで引き締めて

Q.1オンライン会議におすすめなトップスが知りたいです!『A.1万5,000円以下のちょい甘トップスで華やかに盛るべし。』

シックなグレーパンツに淡いイエローのブラウスを合わせてやわらかな印象に。トレンドのたまごイエローやパフスリーブなど旬な要素を盛り込んだブラウスは、シックなグレーパンツで大人っぽく引き締めるのが正解。靴は黒パンプス、バッグは白×黒のバイカラーで抜け感と締め色のどちらの効果も取り入れて。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

上品なグレーパンツはシーン問わず合わせやすい

きちんと感があってスタイリッシュなグレーパンツは、休日コーデはもちろんオフィスコーデにも合わせやすいボトムです。ビジネスシーンなら、センタープレスやセミフレアのタイプは品があって特におすすめ。今季は同系色や同系トーンでまとめるニュアンシーな配色が旬なので、グレーパンツが活躍しますよ♡