着回し実例も【グレーシャツの人気コーデ10選】|色合わせやトレンドなど【2022レディース】

大人カジュアルに最適「グレーシャツ」のコーデ集

グレーシャツレディースコーデ

休日カジュアルやきれいめコーデに着回せる「グレーシャツ」の着こなしをピックアップ! スタイリッシュでこなれ感バツグンのグレーカラーは、今年っぽいワントーンの着こなしもおすすめなんです♡

使いやすいグレーシャツのデザインは?

■ストライプ柄のグレーシャツ

グレーシャツレディースコーデ

定番人気のストライプシャツは、デニムなどにさらっと合わせてナチュラルに着るのがおすすめ。エクリュやベージュとなじませて、大人っぽいワントーンにまとめるのも都会的でおしゃれ◎。

■シアー素材のグレーシャツ

グレーシャツレディースコーデ

透け感があってほんのり色っぽさが漂うシアーシャツは、フェミニンにもモードにもアレンジできる旬アイテム。ワンピースに羽織ったり、フロントのボタンを留めてトップスとして着たり…と、着こなし方はさまざま。

■グレーのシャツジャケット

グレーシャツレディースコーデ

さらっと羽織れるCPOシャツは、アウターとしても大人気。シャツジャケットとして気軽に投入できるので、気温差のあるときやブリッジコーデに活躍します。

グレーシャツの着こなしポイント

グレーシャツレディースコーデ

  1. グレーやブルーなどアイシートーンでまとめると上品で今っぽい!
  2. トレンドのシアーシャツなら抜け感のあるグレーシャツコーデが楽しめる
  3. 肩掛けや斜め掛けなど、アクセントになる着こなし方もおしゃれ

グレーシャツを合わせるレディースコーデ

【1】青みがかったグレーとチュニック丈で旬顔に♡

04チュニックブラウス×セミフレアパンツ

光沢感のあるブルーグレーのブラウスにフィット感のあるフレアパンツを合わせれば、メリハリのきいたシルエットが女っぽくて目を惹きます♡ 黒パンツを合わせたらなんだか普通…なので、ブラウンのフレアパンツで感度高く着こなすのが正解! 仕上げはエクリュの小物で抜け感を。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】メンズライクなBIGシャツはショートボトムですっきりと

東京カジュアルな安未のミニ×ブーツはこう着る!

メンズライクなストライプシャツから黒のショートパンツをチラ見せ♡ トレンドのショーパンでカジュアルかわいく着くずすとムードのある今ドキコーデが完成します。マーチンのロングブーツで足元は重め&パンチを効かせて。

CanCam2021年4月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】ニュアンス配色が今っぽい!グレージュ系シャツコーデ

01 抜け感ありなバンドカラーシャツで大人の余裕を

落ち着きのあるグレージュシャツに、カーキパンツで大人っぽい華やぎをプラス。ボリューム感のある袖とハイウエストパンツでメリハリよく着こなすと、遠目からでも目を引くおしゃれコーデが完成します。バッグと靴は黒を選んでシャープな印象に。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【4】スタイリッシュで柔らかなワントーンシャツコーデ

抜け感シャツと好相性!ツヤっぽロングスカート『VanillaMilk』

ツヤ感にシアー素材…柔和なベージュ系のワントーンコーデは質感の差でメリハリをつけるのがポイント。肌が透けるシアートップスやツヤっぽ素材のタイトスカートで女っぷりを高めると、まろやかなバニラ配色もちょっぴりクールに仕上がります。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

グレーのシャツワンピースコーデ

【1】Iラインですっきり見せるシャツワンピコーデ

PATTERN03.前ボタンワンピ×ハイネックトップス

リラクシーなシャツワンピは、×黒タートルでキリッと引き締めきれいめな印象に。ベーシックなリブタートルやパンツのブーツインでシャープに着こなすと、おしゃれっぽいムードも◎。大人っぽいIラインシルエットも、トレンドの筒太ロングブーツで足元を重めにするとこなれ感がUPします。

CanCam2022年1月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/有田梨華、木谷成良 構成/浜田麻衣

【2】シャツワンピースは羽織りとしても着回しOK!

もうこれ以上、同じ着こなしに甘んじない!♡“色っぽ美人ワンピース”着回してみた!『ENTRY1 襟付きワンピース』

フォトTシャツ×黒スキニーに、ケープ付きの羽織りをプラス。ワンピとしても着られる羽織りは、モノトーンを明るく仕上げる甘めディテールがポイントです。靴やバッグは黒でまとめて小物はシックに印象づけて。

CanCam2021年11月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 構成/鶴見知香

【3】シャツワンピ×ニットレイヤードで今っぽムードに

02 何回も着られておいしいレイヤードワンピース

ワンピコーデもゆったりとしたベストやハードなブーツ合わせがトレンド! 細かい千鳥柄のシフォンワンピとベストのレイヤードでより今年らしい雰囲気に仕上げたら、足元はあえてのレースアップでアクセントを。ベストとブーツのテンションを合わせると、上品なワンピがおしゃれっぽく着回せます。

CanCam2021年11月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 構成/鶴見知香

シアーなグレーシャツの着回しアイデア

【1】トレンドのシアーシャツで女の子らしい印象に

ショートパンツ×ロングブーツで作るモテの王道コーデ。トップスをゆるっとしたオーバーサイズシャツにすることで、狙ってないショーパンコーデが完成します。トップスにピタ感がなくても、トレンドの透け感で女の子らしさは◎。短めに掛けたショルダーバッグでバランスUPも計算して。

CanCam2021年5月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【2】ビスチェを重ね着しておしゃれ感度高めに

シアーシャツ×ニットタンクのレイヤードがおしゃれ。ボトムにシンプルなグレーデニムを合わせたワントーンコーデには、旬のトップスがすんなりとなじみます。黒のキャスケットとサンダルで、コーデの上下をきゅっと締めてメリハリも意識!

CanCam2021年5月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【3】黒ワンピに軽やかさをプラスするシアーのグレーシャツ

白Tシャツ×ワンピースの重ね着に、大きめのシアーシャツをさらっとプラス。白Tや透け感のあるシャツで軽さを出せば、3枚の重ね着も重たく見えずにまとまります。ゼブラ柄のショルダーバッグやカラーコンバースを合わせたカジュアルコーデも、シックなダークトーンなら大人っぽい。

CanCam2021年5月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

グレーシャツの投入でコーデがスタイリッシュに

都会的な印象のグレーシャツは、トレンドの大人カジュアルに最適! グレーやブルーなど同系トーンでまとめると、今っぽい配色のおしゃれコーデが完成します。あたたかみや柔和さも欲しいときは、ベージュがかったグレージュを取り入れるのもおすすめ。女性らしく着るなら、シアーなグレーシャツで透け感をいかしたコーデをつくってみてくださいね。