【ラベンダーコーデ12選】顔写り最強!盛れるカラーで「モテ」と「あか抜け」を叶える着こなし術

春といえばやっぱりこの色♡ラベンダーコーデ特集

春服を意識しはじめると、途端に着たくなる「ラベンダーカラー」。コーデにラベンダーを取り入れると一気に春っぽく。ピンクよりも大人っぽい印象になるので、「春らしい色を着たいけど、勇気が出ない…」そんな方に一度挑戦してほしいカラーなんです♡ 今回は「ラベンダーカラー」を使ったラベンダーコーデを紹介していきます!

大人っぽ&女っぽが絶妙なバランス!ラベンダーコーデのポイントは?

ラベンダーカラーは、白やパステル系のニュアンスカラーやジェラートカラーと相性抜群!例えば上の写真のパンツとバッグ。ラベンダー×パステルグリーンで、色と色を合わせるとぶつかってしまうかな?と思いきや、実はそんなことなく色同士でなじんでくれます。今っぽ春コーデは「ラベンダー×ニュアンスカラー」でまとめて♡ 春こそ“色で遊ぶコーデ“に挑戦して、モテ&あか抜けを両方手に入れちゃいましょう♡

  1. 今っぽ春コーデ=「ラベンダーカラー×ニュアンスカラー」♡
  2. 「ラベンダーカラー×カラーアイテム」はぶつからず、むしろ吉!
  3. 顔写り最強!盛れる♡愛されラベンダーカラー
  4. ラベンダーカラーをひとつ取り入れるだけで一気に春コーデに

今っぽニュアンスラベンダーコーデPICK UP♡

【1】パフスリーブトップス×レースボトムのラベンダーコーデ

ラベンダーカラーの半袖トップスは、パフスリーブなので一気に上品見え。パフスリーブは、二の腕をふんわりカバーしてくれるから安心♡ レースの白いボトムはストレートシルエットなので甘くなりすぎず好バランス!あえてラベンダーカラーの同系色のバッグをセレクトしてコーデに統一感を持たせて。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【2】キャミソール×パンツ×ニットカーデのラベンダーコーデ

キャミ×パンツでラベンダーのワントーンコーデに!白ニットカーデを入れることで一気に優しくカジュアルな印象になります。ラベンダーカラーだけでなく、カラーアイテムの合わせが難しいと感じる方は、とりあえずワントーンでまとめて、はおりものでハズすのがおすすめ。キャミに厚手のゆったりめのカーデを合わせる着こなしができるのは、春の特権♡

CanCam2020年4月より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company)スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属)構成/権藤彩子、鶴見知香

【3】Tシャツ×チェックスカート×トレンチコートのラベンダーコーデ

パステルピンク×ラベンダーのトレンド感満載の春コーデ。ハイウエストのロングタイトスカートとバレエシューズの組み合わせは足首が細く見えるから華奢見えも抜群!シンプルなコーデに柄ボトムを合わせることで、こなれ度もUP。さらに細かめのチェックだから、かわいらしく見えがちな色合いのコーデでも大人化成功!

CanCam2021年3月より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company)スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/Props Now 構成/浜田麻衣 

【4】フリルブラウス×デニム×サングラスのラベンダーコーデ

ブラウス×デニム合わせがかわいいのは鉄板だけど、ラベンダーカラーのブラウスは、白ブラウスよりも大人フェミニンにまとまるから嬉しい♡ 髪型はお団子でポップに!サングラスをいつものコーデにプラスワンすれば今すぐ海辺に行きたくなっちゃう!

CanCam2021年3月より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company)スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/Props Now 構成/浜田麻衣 

【5】ジャケット×スカート×カゴバッグのラベンダーコーデ

春になると着たくなるジャケットも、ラベンダーカラーだと春らしさ満載でかわいすぎる!ジャケットのインナーはTシャツではなくブラウンのキャミでさりげなく女っぽさを演出♡ ジャケットもウエストマーク×ロングスカートの組み合わせでスタイルUP♡ バッグと靴の素材を合わせれば統一感も増し増しに!

CanCam2020年5月号より 撮影/Chopper スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属)構成/石黒千晶

【6】シアーシャツ×タンクトップ×パンツのラベンダーコーデ

タンクトップとボトムはブラウン系のワントーン。その上にラベンダーカラーのシアーシャツをはおったら、トレンド感とこだわりがたっぷり詰まった春コーデに!シャツはオーバーサイズをチョイスするのが今ドキ♡ ライターKも、最近はわざとメンズのLサイズのシャツを購入して、メンズライクな中に仕込む女っぽでモテを狙ってます♡(笑)

2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company)スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属)構成/権藤彩子、鶴見知香

【7】リブニット×花柄スカートのラベンダーコーデ

さりげないレディ感が醸し出されるリブニット×ラベンダーカラーの花柄スカートでガーリーもフェミニンも兼ね備えた絶妙なテイストのコーデが完成♡ 巻き髪ではなくお団子にまとめることでカジュアルダウン◎ 濃いめの赤ピンクのリップはコーデの差し色に!

CanCam2020年5月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/河嶋 希(io)モデル/松村沙友理(本誌専属)撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【8】タンクトップ×フレアスカートのラベンダーコーデ

フェミニンな中におしゃれ感を取り入れた、ラベンダー×ピンクの色合わせが新鮮なコーデ!トーンを淡くそろえることで上品さもプラス。動くたびにふんわりかわいい、ニュアンスたっぷりのピンク色のスカートはデートにぴったり♡ 肌寒い日はカーデやシャツをはおってもGOOD!

CanCam2020年5月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/河嶋 希(io)モデル/松村沙友理(本誌専属)撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【9】小花柄ロングワンピースのラベンダーコーデ

Vネックが小顔効果抜群のラベンダーカラーのワンピースは、主張しすぎない小花柄が上品で大人っぽ♡ 淡いラベンダーカラーは、顔色を明るく見せてくれるのもポイント!プラスアルファでトレンドのカチューシャをつけてヘアアレンジしたり…ストンと1枚で春コーデが完成するから、メイクやヘアアレンジにこだわりを詰めて自分だけの着こなしに♡

CanCam2020年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company)スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/小松胡桃(ROI)モデル/山下美月(本誌専属)構成/権藤彩子、鶴見知香

【10】白シャツ×細身パンツ×パンプスのラベンダーコーデ

甘すぎないのにどこか儚げ、フェミニンなラベンダーカラーを、きちんと感のあるセンタープレスパンツで大人っぽくシャープに着こなして♡ シンプルな白のチュニックブラウスで色の甘さを中和&ウエストをINしないことでシルエットを今っぽくアップデート!

CanCam2021年4月より 撮影/菊地 史(impress+)スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属)構成/浜田麻衣

【11】カシュクール風ニット×ニットパンツのラベンダーコーデ

シンプルなのに着映え力バツグンなカシュクール風ニット。色気を宿す胸元のクロスが、大人っぽくエレガント&色っぽさを爆上げ♡ ゆるりとした余裕ある着こなしも、女性らしくてなんだか目が離せない!たぷっとしたバルーン袖も体の華奢さを強調してくれるから嬉しい♡

CanCam2021年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE)スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)モデル/ほのか(本誌専属)撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【12】チェスターコート×Vネックトップス×チェックスカートのラベンダーコーデ

春色ラベンダーのチェスターコートを味方につければ、肌寒くてもお出かけしたくなる♡ 温かみのあるブラウンは、上品かつちょっぴりレトロに!広めVネック×ラベンダーカラーは顔写り最強コンビ!トレンドの白ブーツはコーデの印象をさらにまろやかにしてくれます。

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company)スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属)構成/山木晴菜 

甘すぎないのに、どこか儚げ「ラベンダーコーデ」で好感度UP

女っぽにも、カジュアルにも、きちんとコーデにも大活躍な「ラベンダーカラー」はどのシーンでも好感度抜群!アイテムの一部にラベンダーカラーを取り入れるだけで、なぜか顔色がパッと明るくなりかわいく見えるなんて…着ない選択肢などない!この記事のコーデを参考に、ぜひ挑戦してみてください♡