2019夏におすすめ!ハイウエストのパンツコーデ10選

スタイルアップも♡ハイウエストパンツの着こなし

今っぽい&スタイルがよく見える!と、おしゃれラバーからの支持率が高いハイウエストパンツの夏コーデをピックアップ。コンパクトなトップスを合わせれば、脚長効果はさらにアップ! イチオシの美シルエットを手に入れて。

ハイウエストパンツを合わせる夏コーデ


【1】デニムのハイウエストパンツ×グレーTシャツ

シンプルなワンツーコーデは、古着さんで見つけたようなTシャツ選びと着こなしがポイント! ほんのりユーズド感のある、くたっとした質感がこなれ度満点。あせた色味のネイビー地にポップなオレンジのプリントもコーデに映えます♪ ボトムはハイウエスト×インディゴの濃いめデニムを合わせて、女らしいチョーカーをひと盛りすれば、レトロで今年っぽい「エモ」感が演出できます♡ 足元は鉄板コンバースを。あえての赤がこだわりです。

CanCam2019年7月号より 撮影/山岸和人 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/kika モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/STRANGER 構成/佐藤彩花

【2】アイボリーのハイウエストワイドパンツ×ブルーニット

ピーコックブルーの女っぽいニットキャミを、ライトベージュの麻パンツでリラクシーに着こなして。美しい砂浜を思わせるライトベージュのパンツは、リネン素材のラフな風合いとハイウエストでおしゃムードも満点です。ニットキャミとパンプスをリンクさせて、淡いベージュとのコントラストを楽しみたい。

CanCam2019年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】アイボリーのハイウエストワイドパンツ×白タンクトップ

リネン素材のラフな風合いとハイウエストのワイドボトムが、コーデのおしゃれ感を高めてくれるリラックススタイル。素肌に溶け込むようなベージュパンツを、ブラウンのクロシェニットカーデで包み込む簡単グラデは試す価値あり♡ 着こなしに今っぽさとまとまりが生まれて、エモさたっぷりな雰囲気に仕上がります。

CanCam2019年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】ベージュのハイウエストパンツ×白Tシャツ×ジャケット

今年っぽいジャケパンコーデは、旬のブラウン〜ベージュのグラデで感度高めに。ワントーンが落ち着きすぎないように、ジャケットの中にプリントTシャツを仕込んで、ラフなニュアンスを加えるのがポイントです。ラフにはおれるビッグシルエットのジャケットは、ハイウエストパンツを合わせてスタイルアップも心がけて。斜めがけのバッグやパイソン柄のぺたんこ靴で、動きやすさもばっちりです。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ベージュのハイウエストパンツ×ラベンダーニット

パンツコーデに欠かせない“スタイルアップ”を意識して、コンパクトニットをハイウエストパンツにすっきりIN。大人見え&着映えしそうなラベンダーのニットは、夏に向けて手に入れておきたい万能カラー。小物はヴィンテージのバッグを合わせてレトロ感もMIXして。ヴィンテージならではの味のある風合いが、コーデのこなれ感を高めてくれます。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】デニムのハイウエストパンツ×黒ニット×シャツ

今年らしいデニムを選ぶなら、脚長効果も抜群のハイウエスト×足首が見えるクロップド丈がおすすめ。リブタンクでシンプルな女らしさをプラスしつつ、シアーベージュのロングシャツでやわらかさも意識して。カチッとしたバッグでクラシカルなきちんと感をONすれば、カジュアルなデニムコーデが大人っぽく仕上がります。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【7】ストライプのハイウエストワイドパンツ×白Tシャツ

ストライプ&ハイウエストのパンツで足長効果を狙って

インパクトのあるストライプ柄も、渋いグリーンの落ちついたトーンなら上品な印象に。パンチの効いたメタリックTシャツと組み合わせれば、夜のシーンにも映えるシックで華やかなコーディネートが完成します。ハイウエストの美シルエットで、うれしいスタイルアップ効果もいただき♡

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【8】黒のハイウエストパンツ×白ブラウス

ジェニックな主役ブラウスでデニムコーデを今っぽく!

トレンド感もSNS映えも期待できる、パフスリーブが印象的なドット柄ブラウス。可憐な小粒のドットは、ショート丈のブラウスと好バランスです♪ ボトムには、ハイウエストの黒スキニーを合わせてちょっぴり辛口モードに。モノトーンのシンプルな配色は、ハットでラフな抜け感をプラスするとこなれコーデに仕上がります。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/堀田茜(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【9】デニムのハイウエストワイドパンツ×オレンジTシャツ

短丈Tシャツ×ハイウエストデニムで美スタイルに

パッと目を引くビビッドなオレンジTは、控えめなロゴが女の子らしいアクセントに。今年らしい短丈Tにハイウエストデニムを合わせるだけで、おしゃれ感もスタイルアップも叶います♡ Tシャツに引けをとらない派手色のストライプバッグでPOPさを後押しすれば、セレブ風のこなれカジュアルが即完成!

CanCam2018年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【10】デニムのハイウエストワイドパンツ×白Tシャツ

白T×デニムの王道コーデも今旬ロゴでこなれ見え♡

白のロゴTをハイウエストのデニムパンツにIN。シンプルだけどおしゃれオーラの漂う上級スタイルは、頭に巻いたスカーフや派手サンダルで夏らしいトロピカルカラーをONするのが好バランス。お茶目なパインモチーフのバッグも、遊び心と抜け感をプラスする必須アイテムです♡

CanCam2018年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/野口由佳(ROI) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、PROPS NOW、田中かほ里 構成/浜田麻衣