スタイルがよく見える!「ハイウエストパンツ」コーデ29選|レングス別のおすすめ【2021夏】

ハイウエストパンツの夏コーデを大特集

今っぽい&スタイルがよく見える!と、おしゃれラバーからの支持率が高いハイウエストパンツ。そんなハイウエストパンツを、この夏誰よりもおしゃれにかわいく着こなすなら? 脚長効果を狙ってコンパクトなトップスを合わせたり、カラーパンツを選んだり…おすすめの夏コーデを紹介します♡

ハイウエストパンツに合わせるトップス

スタイルがよく見える、と人気のハイウエストパンツは、合わせるトップス次第でシルエットや印象が変わります。この夏おすすめのトップスはこちら!

■ハイウエストパンツ×ショート丈のトップス

ハイウエストパンツ夏コーデ

短丈のオフショルブラウスなど、短めのトップスを合わせる夏らしいコーデもおすすめ。細見え&スタイルアップが叶う組み合わせです。ハイウエストパンツとトップスの間にちらりとのぞくお腹の肌見せもかわいい! 

■ハイウエストパンツ×シンプルトップス

センタープレス入りなどきれいめなハイウエストパンツは、シャツやタンクトップなどシンプルトップスに合わせてカジュアルに着こなすのもおすすめ♡ ×ジャケットでオフィス向けコーデに着回すのも◎。

■ショート丈のハイウエストパンツ×シャツ

ハイウエストパンツ夏コーデ

今季はショート丈のハイウエストパンツを大人っぽく着こなすものトレンド。シャツやニットなどのきれいめトップスなら、ショートボトムでも幼く見えずカジュアルコーデが楽しめます。

ハイウエストパンツの着こなしポイント

ハイウエストパンツ夏コーデ

  1. ショート丈トップスを合わせて細見え&スタイルアップ
  2. センタープレスのハイウエストパンツはオフィスコーデにも◎
  3. ショート丈のハイウエストパンツは、シャツなどを合わせて大人カジュアルに

カラーも豊富!ハイウエストパンツの夏コーデ

【1】ミントハイウエストパンツ×黒ブラウス×チェック柄サンダル

ハイウエストパンツ夏コーデ

ニュアンスグリーンのハイウエストパンツは、黒ブラウスを締め色に加えて大人っぽく。デコルテがきれいに見えるブラウスと脚長効果のあるパンツでスタイル美人に♡ 一見きれいめなコーデは、ギンガムチェックのサンダルやカチューシャなど旬の小物を合わせると感度高めに仕上がります。

CanCam2021年5月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【2】グレーハイウエストパンツ×シアーシャツ×ブルートップス×ベージュバッグ

ハイウエストパンツ夏コーデ

人気復活のアンサンブルニットは、シアー素材ならより今っぽくて、なおかつセンシュアル♡ ハイウエストのセンタープレスパンツなど、全体をブルーのグラデで爽やかにまとめて知的さも◎。仕上げに白小物を効かせると、清涼感たっぷりの夏スタイルが完成します。

CanCam2021年7月号より 撮影/前田 晃(MAETTICO) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/石黒千晶

【3】ラベンダーハイウエストパンツ×ベージュインナー×ベージュカーディガン×黒バッグ

ハイウエストパンツ夏コーデ

透け感のあるロング丈シャツは、アウター代わりにゆるっと着るのもGOOD。中はリブタンクときれいめなセンタープレスパンツですっきりまとめて縦ラインをさらに強調。エクリュやラベンダーの配色も今っぽさ満点です。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【4】ベージュハイウエストパンツ×白ブラウス×ラベンダーサンダル

ハイウエストパンツ夏コーデ

ブラウス×ハイウエストパンツで、お仕事もOKなきれいめコーデが完成♡ 通勤コーデを今っぽく更新できるハイウエストパンツは、スタイルがよく見えるワイドシルエットが気分! 白・アイボリー・ベージュの淡いトーンでフェミニンにまとめれば好感度もアップします。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【5】オレンジハイウエストパンツ×ピンクシャツ×白サンダル

ハイウエストパンツ夏コーデ

ブラウン感覚で使えるこっくりオレンジのクロップドパンツは、ほんのりピンクがかったふわ袖のベージュブラウスでグラデ風に仕上げるのが今っぽい♪ 配色を際立たせたいから、ベージュバッグや白サンダルなど小物はなじませカラーを選択。ブラウンのベルトだけ効かせてハイウエストの長所を生かすとスタイルアップも叶います。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】ミントハイウエストパンツ×ベージュブラウス×かごバッグ

ハイウエストパンツ夏コーデ

軽快なショート丈ブラウスとクリーンなミントパンツでオトナきれいな春コーデ♡ ふっくらしたパフスリーブがかわいいブラウスに、程よくゆとりのあるタックパンツを合わせると、おしゃれに大人の余裕が漂います。ハイウエストパンツと短丈ブラウスならスタイルUPもばっちり!

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】チェック柄フレアハイウエストパンツ×白Tシャツ×黒ベレー帽

ハイウエストパンツ夏コーデ

懐かしさを感じる白のロゴTシャツ×チェックパンツのレトロな着こなし。仕上げはバレエシューズやベレー帽をかぶって、ブリティッシュ気分のモノトーンコーデに。ほんのりフレアに広がるパンツのシルエットが、ヴィンテージっぽくておしゃれです♡

CanCam2020年9月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/kika モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/権藤彩子、時吉 茜、佐藤彩花

【8】ミントハイウエストパンツ×白Tシャツ×メッシュバッグ

ハイウエストパンツ夏コーデ

タック入りのキレイめテーパードでカジュアルなTシャツを品よく投入! 通勤服としても使えるハリのあるカラーパンツは、キュッと結ぶだけでワンポイントになるリボンベルト付き。アクセなしでも手抜きに見えないフォトTシャツとビーズバッグで、今っぽいシンプルコーデが完成します♪

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】オレンジハイウエストパンツ×白タンク×ストライプ柄シャツ

ハイウエストパンツ夏コーデ

ストライプシャツ×オレンジ系の配色が夏モード全開! カラーパンツに挑戦するときは、センタープレスをチョイスすればきちんと感が出せておすすめです。カラーが多めのときは、足元はヌーディなベージュを選んで肌なじみよく♡

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【10】ベージュハイウエストパンツ×白ブラウス×イエローサンダル

ハイウエストパンツ夏コーデ

ぴたっとタイトなニットにシースルーの袖がドッキング。緩急のある大胆シルエットのブラウスは、リネン素材のハイウエストパンツでシンプルに仕上げて。ブラウンのスクエアバッグやフラットサンダルなど、大人小物を散らして落ち着いた印象にまとめましょ。

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/佐藤彩花

デニムのハイウエストパンツの着こなし

【1】ハイウエストデニムパンツ×黒ブラウス×メタリックパンプス

ハイウエストパンツ夏コーデ

黒ブラウス×デニムのシンプルなコーデでも、透け感やハイウエストパンツを選ぶことで洒落感UP! 黒ブラウスのシアー感が女っぽいスパイスになってます♡ スカーフのヘアアレンジやゴールドのフラット靴で華やかさもプラスして。

CanCam2021年5月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【2】グレーハイウエストデニムパンツ×白タンク

ハイウエストパンツ夏コーデ

グレーのハイウエストデニムに白のタンクトップを合わせた洗練シンプル。トレンドのカチューシャをアクセントに、目を引くデニムコーデを完成させて。

CanCam2021年8月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/岩附永子

【3】白ハイウエストデニムパンツ×黒トップス×ベージュバッグ

ハイウエストパンツ夏コーデ

シンプルだけど印象に残る大胆な背中見せトップスは、セクシーになりすぎないようにエクリュデニムで健康的なアプローチを。ゴールドのアクセを利かせたり、黒小物をリンクさせたり、洗練された引き算コーデが実現します。

CanCam2021年7月号より 撮影/前田 晃(MAETTICO) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/石黒千晶

【4】ハイウエストデニムパンツ×白ニット×赤バッグ

ハイウエストパンツ夏コーデ

ハイウエストデニムと好相性の短丈カーデでカジュアルだってスタイルよく! 程よくウォッシュ加工されたリラックスデニムは、軽やかなクロシェニットやトリコロール配色で夏ムードを盛り上げて♪ 白サンダルで爽やかさをONしつつ、ビビッドな赤バッグでコーデをきりっと仕上げましょ。

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】グレーハイウエストデニムパンツ×白Tシャツ×ストライプ柄シャツ

ハイウエストパンツ夏コーデ

大人っぽくてきれいめな淡いグレーデニムはデートにもぴったり! ロゴTを合わせた超シンプルなスタイルに、デニムとトーンが近いブルーのストライプシャツを巻いて、顔周りにアクセントをプラス。シンプルだけどちゃっかりおしゃれな、きれいめカジュアルの出来上がり♪

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】ブラウンハイウエストデニムパンツ×ブラウンニット×白ジャケット

ハイウエストパンツ夏コーデ

マニッシュな印象のジャケット×パンツも、ブラウンのタンクやデニムを投入するだけで親しみやすい雰囲気に仕上がります。肌なじみのいいライトベージュやクリアバッグの小物で、初夏らしい軽やかさをプラスして。

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】ベージュハイウエストデニムパンツ×ベージュニット×ブラウンバッグ

ハイウエストパンツ夏コーデ

カジュアルだけど女っぽい♡この夏はニュアンシーなベージュデニムが狙い目。ライトベージュのリブトップスやブラウンのチェーンバッグで、白~ベージュのワントーンコーデを楽しんで。

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】ハイウエストデニムパンツ×白ブラウス×グリーンサンダル

ハイウエストパンツ夏コーデ

ブラウス×デニムの爽やかコーデは、流行の袖コンやカラーサンダルでアクセントを。バルーンスリーブが今っぽいフェミニンブラウスは、ハイウエストデニム&ヒールサンダルでスタイルよくまとめてデート仕様に着るのもおすすめです。

CanCam2021年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【9】ハイウエストデニムパンツ×ボーダー柄タンクトップ×白ジャケット

ハイウエストパンツ夏コーデ

ラフなデニムにタンクとシャツジャケットを合わせたリラクシーコーデ。デコルテやサンダルの抜け感で、濃いめのデニムも初夏ムードに♡ 1枚で下着の役割も果たしてくれるカップ付きのボーダータンクは、おしゃれなツーマイルコーデに最適です。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【10】グレーハイウエストデニムパンツ×黒ブラウス×かごバッグ

ハイウエストパンツ夏コーデ

デコラティブなトップスとデニムの永遠にかわいい甘辛コンビ。パールとヘアアクセで小物はレディに仕上げると、カジュアルなデニムがぐっとかわいく見違えます。

CanCam2021年5月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

ショート丈のハイウエストパンツコーデ

【1】白ショート丈ハイウエストパンツ×黒ブラウス×黒キャスケット

ハイウエストパンツ夏コーデ

ブラウス×ショーパンのワンツーコーデを、キャスケットとローファーで今っぽく味付け♡ コンパクトなショーパンとボリューム袖がメリハリになってバランスがよく見えます。上半身に目がいくショルダーバッグの斜め掛けもスタイルアップにひと役。

CanCam2021年5月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【2】ショート丈ハイウエストパンツセットアップ×グレーインナー

ハイウエストパンツ夏コーデ

アイスブルーのゆるジャケット×ハイウエストパンツのセットアップは、お出かけの時短コーデに最適。ジャケットのインナーにグレーを選んでなじませると、ワントーンの今っぽさがプラスできます。セットアップはカチッとまとめずラフに着るのがおすすめ。

CanCam2020年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/時吉 茜

【3】黒ハーフ丈ハイウエストパンツ×ストライプ柄ブラウス×イエローサンダル

ハイウエストパンツ夏コーデ

新顔のバミューダパンツは、一点投入でおしゃれ度が急上昇する注目アイテム。ひざが出るか出ないかの半端丈には、裾がひらっと広がるショート丈のブラウスや肌感多めのバーサンダルでバランスよくスタイルUP! イエローサンダルを差し色に加えて夏らしいハッピー感も♡

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【4】ベージュショート丈ハイウエストパンツ×ネイビーブラウス×ブラウンバッグ

ハイウエストパンツ夏コーデ

ネイビー感覚で着られるデニムブラウスは、詰まった首元&フリルデザインがクラシカル。甘めのディテールもデニム生地ならおしゃれっぽさが引き立ちます。ベージュショーパンやローファーと合わせてグッドガール風に着こなして。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【5】ベージュハーフ丈ハイウエストパンツ×白ブラウス×ブルーカーディガン

ハイウエストパンツ夏コーデ

袖コンブラウスとシンプルなベージュパンツの組み合わせも、ボトムをハーフ丈パンツにすることで今年らしく仕上がります。ネイビーのカーデを肩に巻いて、やわらかな配色にメリハリを。つま先に抜け感のあるオープントウのミュールで、コーデをキリッと引き締めて。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/鶴見知香

【6】ブラウンショート丈ハイウエストパンツ×赤キャミソール×白シャツ

ハイウエストパンツ夏コーデ

くすんだ赤のリブニットキャミは、やわらかなブラウンのショートパンツでなじませて。シアーシャツの肩がけで肌感を控えめにすると、街中でも浮かないトレンドコーデが完成します。かごバッグやブラウンのパンプスで小物使いも大人顔に。

CanCam2020年9月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/山木晴菜

【7】ベージュハーフ丈ハイウエストパンツ×ベージュブラウス×ベージュサンダル

ハイウエストパンツ夏コーデ

好感度高めのフリル袖ブラウスは、ベージュのワントーンでさらに上品見え♡ 足元にはヒールサンダルを合わせて、抜け感&女っぽさを意識して。ロマンティックなブラウスとヌーディなパンプスで、カジュアルなショート丈ボトムの少年っぽさを払拭。ハイウエストだから、スタイルUPにもひと役買います♡

CanCam2020年9月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/山木晴菜

【8】ベージュショート丈ハイウエストパンツ×白ブラウス×ブラウンバッグ

ハイウエストパンツ夏コーデ

繊細デザインのブラウスがショーパンコーデをレディに格上げ! ほんのり肌感がわかるセンシュアルな透け感もGoodです♡ 揺れるピアスやブラウンのバッグを合わせて、品よく女らしく着こなして。

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】ベージュハーフ丈ハイウエストパンツ×花柄ブラウス×黒パンプス

ハイウエストパンツ夏コーデ

黒地×花柄の大人ブラウスは、ベージュのハイウエストショーパンですっきりと。ショーパンと相性のいいバレエシューズや小さめのバッグは、ダークカラーをチョイスしてトーンを落ち着かせるのが大人見えのコツ。

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/佐藤彩花

スタイルをよく見せるならハイウエストパンツ♡

スタイルアップコーデに欠かせないハイウエストパンツの夏コーデを紹介しました。ショートトップスを合わせると、スタイルがよく見えるだけでなくトレンド感もプラスできます。今年っぽい着こなしにはショート丈のハイウエストパンツも推し! 肌の露出に抵抗がある人は、トレンドど真ん中のバミューダパンツがおすすめです♡