【夏のジーンズコーデ22選】フレアやサスペンダー付きデニムも♡|2021レディースのおすすめ

ジーンズ・デニムパンツの最旬スタイルを厳選!

夏ジーンズコーデ

カジュアルスタイルの鉄板・ジーンズを合わせる、最旬コーデをピックアップ! おすすめのトップス合わせや、×Tシャツのトレンドコーデなど、洗練された今っぽスタイルをお届けします♡ 甘さのあるコーデやトレンドのボリュームトップスに欠かせないジーンズは夏の着こなしにマストです。

今季トレンドのジーンズのデザイン

■フレアジーンズ

夏ジーンズコーデ

脚長効果が期待できるフレアジーンズは、カジュアルからきれいめまで幅広い着こなしにマッチ! スタイルアップを狙いたい人におすすめ♡ ×タンクトップでヘルシーに肌見せしたり、甘めトップスで女っぽカジュアルに着るのもかわいい!

■グレーやベージュなどニュアンシーカラーのジーンズ

夏ジーンズコーデ

今季豊富でおしゃれっぽいのが、グレーやベージュなど柔らかな色味のジーンズ! ブルー系よりも、大人っぽくてこなれ感が演出できます。近いトーンのトップスや小物を合わせると、トレンドのニュアンス配色が楽しめます。

■サスペンダー付きのジーンズ

夏ジーンズコーデ

TシャツやボーダーTなど定番トップスを今年っぽくアップデートするなら、サスペンダー付きジーンズが推し! ハイウエストやワイド、テーパードなど大人っぽく着られるデザインなら、幼くならずトレンド感のある着こなしに。

ユニクロの新作ジーンズをチェック!

夏ジーンズコーデ

トレンド感×コスパの良さに定評のある「ユニクロジーンズ」は、着心地がよくてトップスを選ばないベーシックなデザインで毎シーズン大人気! ワンマイルからデートまで、シーンレスで着られるアイテムとしても好評ですよね。

夏ジーンズコーデ

そんな不動の人気を誇るユニクロのジーンズが、さらに洗練されて今年っぽくアップデート!気になる新作ジーンズはこちら♡

1.「フレアハイライズジーンズ」

夏ジーンズコーデ

「フレアジーンズ」という商品名ではあるものの、実際は裾の広がりがさりげなくて程よいフレア加減に感激! 広がりすぎるとトップスが限られたりオフィスに向かなかったり…と、いろいろな制限がかかってしまうフレアデニムも、このシルエットなら心配ご無用。トレンドムードがありつつ、ベーシックにはける飽きのこないデザインです。

夏ジーンズコーデ

足首がしっかり隠れるフルレングスだとさらに美脚見え! デニム生地なのにストレッチが効いていて、ストレスのない着心地です♪

2.ペグトップハイライズジーンズ

夏ジーンズコーデ

リラックス感がありつつも体のラインを拾いすぎず、ユニクロならではの美設計が魅力のペグトップジーンズ。ハイライズでスタイルよくキマるシルエットは、デニムで今年っぽさをアピールしたい人におすすめ! お出かけはもちろん、リモートワークやワンマイルウェアにも最適で楽ちん&ノンストレスです。

夏ジーンズコーデ

ゆったりめのテーパードなのに、ヒップ周りがもたついて見えないシルエットもきれいめ♡

3.スリムストレートハイライズジーンズ

夏ジーンズコーデ

腰から裾までまっすぐ伸びる、きれいなストレートシルエットが特徴のハイライズジーンズ。丈長めのフルレングスも脚長効果の理由のひとつ。

夏ジーンズコーデ

なんといっても、程よく伸びるストレッチ素材で、はきやすさがピカイチなんです! 見た目はスッキリと細見えするのに、窮屈さがありません。

4.ウルトラストレッチスキニーハイライズジーンズ

夏ジーンズコーデ

「ウルトラストレッチ」というその名の通り、まるでレギンスのようなはき心地。不動の人気のスキニーは、今までも美脚効果の高いアイテムでしたが、今回はハイライズにアップデート! ひざや足首まできれいにフィットする、流行りのテーパードシルエットに進化しました。

夏ジーンズコーデ

ピタ×ピタでメリハリのあるコーデで合わせてもよし、×シャツでゆるっと腰周りをカバーしても◎。立ったり座ったりが楽チンなノンストレススキニーは、おうち時間やデスクワークにももってこい!

5.スキニーハイライズアンクルジーンズ

夏ジーンズコーデ

柔らかくストレッチが効いた素材が、足のラインに程フィット♡ スキニー特有の”締め付け感”は軽減され伸縮性が抜群! さらに、足首が見えてスッキリ着こなせる9分丈や、美脚×安心感のある深めの股上で、低身長・高身長問わず美シルエットが狙えます。

夏ジーンズコーデ

今年のジーンズコーデの着こなしポイント

夏ジーンズコーデ

  1. グレーやベージュのニュアンスカラーであか抜けジーンズコーデに
  2. サスペンダー付きジーンズでトレンドのパンツスタイルが完成
  3. 上品で女性らしいパンツコーデにはフレアデニムがおすすめ

2021夏のトレンドジーンズコーデ

【1】白ジーンズ×ボーダー柄トップス×黒キャスケット

夏ジーンズコーデ

ともするとほっこり見えるボーダーTシャツ×デニムは、大胆なバックシャンから背中をのぞかせてヘルシーな女っぽさを。真っ白すぎないエクリュのデニムを選ぶのもあか抜けのコツ♡ キャスケットやバレエシューズを締め色に取り入れて、ほっこり見えないボーダーコーデを楽しんで。

CanCam2021年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、金 世娜 構成/田中絵理子、石黒千晶

【2】フレアジーンズ×ボーダー柄トップス×赤パンプス×かごバッグ

夏ジーンズコーデ

雑妙な首元のカッティングと上質なコットン素材で愛される、セント ジェームスの不朽の名品ボーダートップス。女らしい赤やフレアデニムとの合わせで、王道コーデも鮮度アップを目指しましょ! 大きめのかごバッグもコーデのこなれ感を高めてくれます。

CanCam2021年9月号より 撮影/三宮幹史(TRIVAL) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】ベージュジーンズ×ブラウントップス×ベージュバッグ

夏ジーンズコーデ

デコルテ見せ×デニムのヘルシーコーデで男女モテ♡ 背中の開いたVネックニットには、女っぽくなりすぎないようにニュアンスのあるベージュデニムでおしゃれっぽいムードをプラス! あえてのデニムで大人カジュアルに仕上げるのがポイントです。サングラスやデカクラッチでこなれ感も。

CanCam2021年9月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【4】ジーンズ×イエローブラウス×かごバッグ

夏ジーンズコーデ

大ぶりフリルからちらりと見える素肌にドキッ♡ クロスするボリュームたっぷりのフリルブラウスは、華やかさを引き立ててくれるシンプルデニムを相棒に。ビビッドなイエロー×デニムの配色には、夏らしいかごバッグや顔まわりがすっきり見えるカチューシャで、爽やかさも取り入れて。

CanCam2021年9月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【5】ジーンズ×ブルーノースリーブニット×白サンダル

夏ジーンズコーデ

ざっくりとしたノースリニットに色落ちジーンズをラフに合わせて。ゴールドアクセとかごバッグをプラスするだけで、おしゃれに余裕がある人のシンプルでこなれたデニムカジュアルが完成します。

CanCam2021年9月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/岩附永子

【6】ジーンズ×赤チェック柄キャミソール

夏ジーンズコーデ

デニムにキャミ1枚でも心強いのは、ビビッドなギンガムとペプラムデザインのなせるワザ。アクセをつけない思い切りのよさが、気取らないロコガール風でおしゃれ! 

CanCam2021年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、金崎吏穏 構成/権藤彩子

【7】ハイウエストジーンズ×黒ブラウス×グリーンバッグ

夏ジーンズコーデ

黒レースのブラウスで無骨なデニムに大人なかわいげをプラス! 高めのウエスト位置からストンとまっすぐに落ちるシルエットが、ゆるっとしつつも美脚見えを叶えます。トレンドのパフスリーブがかわいいカットワークレースのブラウスで、絶妙な甘×辛バランスを演出したら、チェーンバッグや華奢サンダルで女っぽさもON♡

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company)  スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】フレアジーンズ×グリーンニットタンクトップ×チェック柄バッグ

夏ジーンズコーデ

70’sライクなデニム×ノースリニットでヘルシーに肌見せ。ぴたっとコンパクトなリブニットを合わせれば、メリハリのある女っぽシルエットが叶います。足元は白サンダルで女らしさと夏らしい抜け感を。

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】フレアワイドジーンズ×ドット柄ブラウス×麦わら帽子

夏ジーンズコーデ

ドット柄ブラウス×フレアデニムでトレンドのレトロムードを堪能♡ きれい見えする濃紺デニムとガーリーなドットブラウスの合わせは、簡単なのにおしゃれ見えする名コンビ。小物はストローハットと赤サンダルでパリ気分を楽しんで。

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【10】サスペンダー付きジーンズ×黒ブラウス×赤サンダル

夏ジーンズコーデ

バルーン袖トップスとサスペンダーデニムの今っぽかわいい旬コーデ♡ 小物はドットのBAGや赤サンダルでレトロガーリーに仕上げて♡ トップスにボリュームがある分、華奢サンダルで足元に肌感を見せるとすっきり&バランスよくまとまります。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

きれいめに着こなす夏のジーンズコーデ

【1】グレージーンズ×黒ブラウス×黒サンダル

夏ジーンズコーデ

大きく開いた胸元とパフスリが目を引く肌見せニットは、古着風デニムでカジュアルダウン。ウォッシュがかったグレーデニムを主軸に全身をモノトーンでまとめると、ほんのり緊張感が漂う大人カジュアルが完成します。

CanCam2021年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、金 世娜 構成/田中絵理子、石黒千晶

【2】ジーンズ×黒ブラウス×かごバッグ

夏ジーンズコーデ

ブラックのレトロブラウスとデニムを合わせて、トレンドのちょい辛コーデに。さりげない透け感やドットでラブリー要素もMIXすれば、休日のデートスタイルにも最適。トレンドど真ん中の大きめ襟なら、控えめなアクセ使いでも今っぽくきまります。

CanCam2021年9月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/鶴見知香

【3】白ジーンズ×黒ブラウス×ベージュバッグ

夏ジーンズコーデ

シンプルだけど印象に残る大胆な背中見せトップスは、セクシーになりすぎないようにエクリュデニムで健康的なアプローチを。ゴールドのアクセを利かせたり、黒小物をリンクさせたり、洗練された引き算コーデがよく映えます。

CanCam2021年7月号より 撮影/前田 晃(MAETTICO) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/石黒千晶

【4】グレージーンズ×ブラウンノースリーブニット×白ジャケット

夏ジーンズコーデ

マニッシュな印象のジャケット×パンツも、ブラウンのタンクやデニムを投入するだけで親しみやすい雰囲気に仕上がります。肌なじみのいいライトベージュやクリアバッグの小物で、初夏らしい軽やかさをプラスして。

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】白ジーンズ×ブルーブラウス×白クラッチバッグ

夏ジーンズコーデ

鮮やかブルーのシアーブラウスに、カジュアルな白デニムでこなれ感を意識。着こなしがパッと明るくなるエレガントな白レザーのクラッチバッグで大人っぽいシャレ感をアピールすれば、ワンツーコーデがぐっと洗練された印象に仕上がります。

CanCam2021年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【6】エクリュジーンズ×ピンクアンサンブルニット×バイカラーバッグ

夏ジーンズコーデ

女っぽい肌見せアンサンブルに、エクリュのパンツを合わせて媚びない色っぽさを。キャミソールにカシュクールニットを重ねたアンサンブルは、ふとした瞬間にちらっとのぞく隙間がさりげなくてあざとかわいい♡ ほんのり透け感があるからセンシュアルな魅力もアピールできます。

CanCam2021年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【7】ジーンズ×ブラウントップス×黒インナー×ブラウンバケットハット

夏ジーンズコーデ

ざっくりラフに結んだようなビッグリボンのバックシャンブラウス♡ こっくりとしたブリックブラウン×ヴィンテージライクなデニムなら、大人の余裕を感じさせるこなれムードに仕上がります。小物で夏素材のバケットハットを足しておしゃれっぽいアクセントを。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【8】ベージュジーンズ×白ニット×ブラウンインナー

夏ジーンズコーデ

アイボリーのニット、ニュアンシーなベージュデニム、中から効かせたブラウンのタンクトップ…近しい色を重ねるだけでおしゃれ感度の高い洗練グラデーションが完成! サンダルとリンクさせたブラウンのインナーでほんのりと引き締めれば、淡色コーデにメリハリもつけられます。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

すっきり着こなすスキニージーンズコーデ

【1】グレースキニージーンズ×ピンクシャツ×白タンクトップ

夏ジーンズコーデ

デニムを女らしく着たい日は、ノースリニットに透けシャツをまとうヘルシーで女っぽいトップス合わせがおすすめ。くすみのあるニュアンスカラーと相性のいいグレーデニムの存在も大人カジュアルのカギなんです♡

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属)  撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【2】スキニージーンズ×チェック柄ブラウス×メタリックサンダル

夏ジーンズコーデ

チェック柄&パフ袖がサマになるレトロブラウスは、夏から秋への季節の変わり目にもおすすめ。お嬢風味なブラウスは、×インディゴデニムで品のいいカジュアルに落とし込むとデイリー仕様にまとまります。

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】黒スキニージーンズ×黒トップス×ベージュアウター

夏ジーンズコーデ

細さと美しいシルエットが特徴のスーパースキニーデニムに、ゆるっとラフなはおりをON! 黒を軸にまとめた配色は、メリハリがつくコントラストで細見え効果もばっちり。黒トップス+黒スキニーでよりスタイルUPが叶います。小物はおしゃれっぽいベレー帽と、足元はゴツめのサンダルでボリューム感をもたせるとGOOD♡

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】黒スキニージーンズ×白Tシャツ×グレージャケット

夏ジーンズコーデ

脚の形をキレイに整えてくれるスキニーデニムを、黒のヒールパンプスでよりスタイルアップ! 白Tシャツとジャケットのシンプルな合わせでも、抜群の美シルエットと華やかオーラがUPします。

CanCam2020年6月号より 撮影/北浦敦子 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/MAKI(Linx) モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/佐藤彩花

シーズンレスに着回せるジーンズは不可欠♡

カジュアルなスタイルに欠かせないジーンズは、季節を問わずはけるのも嬉しいポイント。今季はグレーやベージュなどきれいめに履けるジーンズも豊富です。スニーカーと合わせてアクティブに、パンプスやサンダルでガーリーにも♪ スタイルアップを狙うなら、腰位置高めのハイウエストジーンズがおすすめです。フレアやサスペンダー付きジーンズなら、シンプルトップスを合わせても即トレンドコーデが完成します♡