通勤カジュアルにちょうどいい!「ジーンズ×ジャケット」のおすすめコーデ18選【2021レディース】

「ジャケット×ジーンズ」のおすすめコーデ集

今っぽくてかっこいい、ジーンズ×ジャケットの鉄板コーデを大特集! カチッとしたジャケットとデニムパンツを合わせる着こなしはシャレ感も抜群です。ビジネスシーンにおすすめのコーデもご紹介します。

ジーンズに合うジャケットの色やデザインは?

ジーンズジャケット

休日コーデはもちろん、オフィスカジュアルにもおすすめなジーンズとジャケットの組み合わせ。着回せて今年っぽい、おすすめのジャケットを紹介します!

■ベーシックカラーのジャケット×ジーンズ

ジーンズジャケット

黒やブラウン、白、ネイビーなどベーシックカラーのジャケットはジーンズとの相性も抜群! ONのシーンならインナーをシンプルな無地にするときれいめに着られます。カジュアルさを出したいときはロゴTやボーダーなどの柄物を合わせてみて。

■チェック柄ジャケット×ジーンズ

ジーンズジャケット

チェック柄のジャケットは、トラッドな印象とヴィンテージっぽいシャレ感のいいとこどり♡ 白や黒といった無地インナーも合いますが、ニュアンスのある淡色カラーに置き換えるだけで、着慣れたコーデが洒落見えします!

■カラージャケット×ジーンズ

ジーンズジャケット

豊富に展開されているカラージャケットは、インナーやジーンズをジャケットの色味に合わせるワントーン配色がおすすめ。堅苦しさより今っぽいムードが出せるので上品に着こなせます。

「ジャケット×ジーンズコーデ」のポイント

ジーンズジャケット

  1. カラージャケットはインナーやジーンズのトーンを合わせて上品に
  2. カジュアルに着こなすならインナーにロゴTやボーダーを合わせて
  3. チェック柄のジャケットはニュアンスカラーのインナーでシャレ感UP

ビジネス向け「ジャケット×ジーンズ」の着こなし

【1】白ジャケット×ブラウンインナー×白ジーンズ

ジャケットコーデがラフで今っぽくきまるのは、デニム合わせやトレンドのベージュ×茶のグラデ配色がポイント。頭から足元までトーンをそろえたカフェラテ配色で大人っぽさも◎。ダブルのジャケットはリネン混のくたっとした素材で、堅苦しさのないお仕事コーデが演出できます♡

CanCam2020年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【2】ミントジャケット×白インナー×ジーンズ×ブラウンサンダル

07テーラードジャケット×定番デニム

爽やかなミント色のジャケットでベーシックなインディゴデニムを春らしく。いつものトラッドが見違える人気のジェラートカラーは肌映りも抜群! ミント色と好相性のキャメル小物で端正な印象も手に入れて。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/まい(本誌専属)構成/浜田麻衣

【3】アプリコットジャケット×白インナー×ベージュジーンズ×白スニーカー

07テーラードジャケット×定番デニム

締め色なしのグラデ配色でカジュアルとキレイのいいとこ取り♡ 注目のグレージュデニムにアプリコットカラーのテーラードジャケットを合わせた春らしいコーデ。デニム×スニーカーでも、ジャケットやきれいめ配色にこだわることでフェミニン&上品見えが叶います。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】チェック柄ジャケット×ブラウンインナー×ジーンズ×ベージュバッグ

07テーラードジャケット×定番デニム

クラシカルなチェックジャケットにカットオフデニムのギャップを効かせておしゃれっぽく! ビッグシルエットのメンズっぽいチェックジャケットは、デコルテの開いたタンクをINして色っぽさをプラス。ジャケットの堅さやインナーの女っぽさをデニムで着くずすのがおすすめです。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】ブラウンジャケット×ミントインナー×ジーンズ×キャメルバッグ

07テーラードジャケット×定番デニム

淡色トーンをこっくりブラウンのジャケットで優しく引き締め!ニュアンスカラーにダークブラウンをのせた、チョコミント配色が新鮮おしゃれ。程ワイドなシルエットと色落ち感がカジュアルなデニムには、かっちりしすぎないリネン風素材のジャケットをはおってこなれムードたっぷりに。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】キャメルジャケット×キャメルニット×ジーンズ×黒パンプス

GAP『高見えベーシックならここ。着回し力は右に出るものなし』

美脚デニムと上品なキャメルニットで作るこなれコーデ。ニットと同色のテーラードジャケットを合わせるだけで、きれいめで今っぽい大人カジュアルの出来上がり♪ バッグはブラウンでコーデとなじませつつ、足元は黒パンプスでぱきっと締めて。

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【7】チェック柄ジャケット×ブラウンインナー×ジーンズ×ブラウンローファー

秋ジャケットはデニムでカジュアルダウン!

グレーのチェックジャケット×ハイウエストデニムで、今っぽさときちんと感の両立コーデ。デニムは細身タイプを合わせるとダブルジャケットとの相性が◎。ベージュのリブインナーとキャメルローファーで曖昧さをキープするのが今年っぽい色合わせのポイントです。

CanCam2020年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【8】チェック柄ジャケット×ラベンダーインナー×ジーンズ×ブラウンパンプス

ラベンダー&デニムのブルーっぽトーンに、シックなブラウンチェックを効かせたきちんとカジュアル♪ 長めの丈感やシックなチェック柄がおしゃれなジャケットは、ラフなデニムに合わせるだけでもサマになります♡

CanCam2020年10月号より 撮影/坂田幸一 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI(LINX) 構成/石黒千晶、浜田麻衣

カジュアルな「ジャケット×ジーンズ」コーデ

【1】白ジャケット×黒Tシャツ×ジーンズ×黒スニーカー

ジャケットをカジュアルに取り入れるなら、アクティブで軽快なロゴTシャツ×デニムスタイルを採用。ベーシックになりすぎないように、アクセ感覚でピンクバッグを斜めがけにしたりカラフルな傘で明るめに。定番の黒コンバースをコーデの締め色に加えるのもポイントです。

CanCam2020年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【2】チェック柄ジャケット×ピンクインナー×ジーンズ×ピンクサンダル

ジャケット×デニムの男前コーデも、シアーシャツを挟むだけで女っぽさがUP♡ バンドカラーのシャツなら、ピンク色もハンサムにきまります。バッグとサンダルもピンク系でリンクさせれば、コーデがより洗練された印象に。甘さよりおしゃれっぽさが先行するトレンドコーデの出来上がり♪

CanCam2020年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/時吉 茜

【3】ネイビージャケット×ネイビーTシャツ×グレージーンズ

07テーラードジャケット×定番デニム

王道のネイビージャケットは、ロゴT×グレーデニムでクール&こなれ感を。知的なネイビージャケットを今っぽくラフに着るなら、キャッチーなロゴTやグレーデニムでカジュアルダウンするのがおすすめです。仕上げは、パイソン靴やカラーバッグなどエッジの効いた小物使いで盛り上げて。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】ストライプ柄ジャケット×白インナー×ジーンズ×かごバッグ

07テーラードジャケット×定番デニム

ストライプのリネンジャケットでシンプルデニムをセンスアップ! シアー素材のトップスをインナーに仕込むと、コーデ全体がおしゃれっぽくなり春らしさもONできます。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属)構成/浜田麻衣

【5】ブルージャケット×グレーインナー×グレージーンズ×白スニーカー

TREND01 よりミルキーになったパステルカラーは全身ワントーンで!

メンズライクなジャケットも、サックスブルーの爽やかさでまろやかな印象に。ラフなダメージデニムと白スニーカーを合わせて、ジャケットをカジュアルダウンするのもこなれテク。白でなくグレーのTシャツでなじませつつ、肩にひと巻きしたブルーニットで洒落感強めの春コーデが完成します。

CanCam2021年4月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、田中かほ里 構成/鶴見知香

【6】ネイビージャケット×白Tシャツ×ジーンズ×ブラウンブーツ

菜波トラッドCASUALになれるブランド4

定番のダブルジャケットを、ロゴTシャツ・デニム・ブーツINでカジュアルダウン! クセがないネイビーのジャケットは、ストレッチ入りを選べばアクティブにも着回せます。ヴィンテージ感のあるブーツにデニムをINして今年っぽいボトムバランスもメイク♡

CanCam2020年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/鶴見知香

【7】ネイビージャケット×ボーダー柄カットソー×ジーンズ×赤パンプス

秋ジャケットはデニムでカジュアルダウン!

金ボタンを効かせたトラッドなネイビージャケットは、デニムを合わせるカジュアルダウンがおすすめ。ボーダーカットソーや赤小物でマリンテイストにまとめたら、デニムは爽やかな淡色がベストマッチ♡ カットソーをデニムにINしてスタイルアップさせるのも大人カジュアルのポイントです。

CanCam2020年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【8】チェック柄ジャケット×白インナー×ジーンズ×ブラウンハット

チェックジャケットとレトロブラウスを組み合わせた、トレンド感抜群のヴィンテージ風コーデ。デニムパンツを合わせただけのラフな着こなしも、ハットやブーツのエッジで辛口モードにシフトできます。

CanCam2020年11月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/筒井葉子(PEACE MONKEY) ヘア&メイク/福岡玲衣(TRON) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/西村真樹

【9】ブラウンロングジャケット×黒インナー×ジーンズ×キャメルパンプス

きれいめな新顔デニムはメンズウケ最高!センタープレスデニム×ゆるはおり『今季の旬デニムといえば、センタープレス! 品よく洗練された印象は、デートにぴったり♡ ゆるっとロングアウターをラフにはおって、隙のあるカジュアルコーデを叶えて。』

立体的なセンターシームとフロントスリットのデニムが、今っぽい抜け感をプラス。デコルテ美人なインナーとロングジャケットで大人にまとめて、デートスタイルにアップデート♡ 足元をシャープなパンプスにすることで女っぽさも引き立ちます。

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【10】ネイビージャケット×ピンクTシャツ×ジーンズ

Item4 大人くすみピンク

Tシャツ×デニムの王道カジュアルに、粋なネイビージャケットでハズしを加えて。ジャケットスタイルの定番インナー・Tシャツも、ピンクを取り入れるとコーデの鮮度が上がります。上品さもこなれ感も両方手に入るおすすめコーデの出来上がり♡

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

「ジーンズ×ジャケット」はこなれ感がちょうどいい♡

程よくきちんと感も見せられる、ジーンズ×ジャケットの大人カジュアルコーデを紹介しました。無地のインナーでオフィスカジュアルに仕上げたり、休日はロゴTやボーダー柄のカットソーでラフさを出したり、シーンによって着回しも自在。足元にパンプスや華奢なサンダルを合わせるとフェミニンさがプラスできます♡