ダントツの着回し力!ベージュパンツの秋冬コーデ10選【レディースのおすすめ】

使い勝手抜群!ベージュパンツの秋冬コーデ集

トップス合わせがしやすい&おしゃれ感もゲットできる、秋冬のベージュパンツコーデを大特集! トレンドのワイドパンツと合わせる秋冬コーデや、ベージュのパンツに合う靴の色を紹介します♡

【目次】
ベージュワイドパンツ 秋冬コーデ
ベージュのパンツに合う靴の色

ベージュワイドパンツ 秋コーデ


【1】ベージュワイドパンツ×ベージュシャツジャケット

6位 「パンツなのに女っぽい♡」とスカート派からも票が多数!肌見せトップス×ハイウエストパンツ『〝コーデを考えるときに大切なこと〟1位の「スタイルがよく見える」を、簡単に叶えてくれるハイウエストパンツ!抜け感のある肌見せトップスを合わせれば、相乗効果でさらにGOODバランスが完成します☆』

ゆったりセットアップには、レイヤードを仕込んでこなれ感をアピール♡ タートルにTシャツ、さらにシャツを重ねるレイヤードテクで、リラクシーな着こなしにも“おしゃれしてる感”が出せるんです♪

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】ベージュワイドパンツ×ピンクブラウス

6位 「パンツなのに女っぽい♡」とスカート派からも票が多数!肌見せトップス×ハイウエストパンツ『〝コーデを考えるときに大切なこと〟1位の「スタイルがよく見える」を、簡単に叶えてくれるハイウエストパンツ!抜け感のある肌見せトップスを合わせれば、相乗効果でさらにGOODバランスが完成します☆』

タックやフリルなどディテールにこだわった主役ブラウスを、落ち感のあるワイドパンツにすっきりIN。脚長効果も期待できるハイウエストパンツは、ちらっと素足が見えるスリット入りで女らしさもばっちりです。揺れ感の中に切れ味のよさも上乗せしてくれるパンツなら、スイートなブラウスも大人の甘さに着地♡

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【3】ベージュワイドパンツ×黒ニット×チェック柄ジャケット

6位 「パンツなのに女っぽい♡」とスカート派からも票が多数!肌見せトップス×ハイウエストパンツ『〝コーデを考えるときに大切なこと〟1位の「スタイルがよく見える」を、簡単に叶えてくれるハイウエストパンツ!抜け感のある肌見せトップスを合わせれば、相乗効果でさらにGOODバランスが完成します☆』

正統派のチェック柄ジャケットに、黒タートルをINしたハンサムコーデ。好感度はもちろん、今どきのおしゃれ感も手に入る着こなしです♡ 注意したいのはジャケットの丈感。ゆるっと着くずせるロング丈を選べば、まじめ一辺倒にならないムード漂う着こなしに。トレンドのかっちりシルエットだから、シンプルコーデでもさりげない今っぽさが漂います♪

CanCam2019年10月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】ベージュワイドパンツ×ロング白シャツ

6位 「パンツなのに女っぽい♡」とスカート派からも票が多数!肌見せトップス×ハイウエストパンツ『〝コーデを考えるときに大切なこと〟1位の「スタイルがよく見える」を、簡単に叶えてくれるハイウエストパンツ!抜け感のある肌見せトップスを合わせれば、相乗効果でさらにGOODバランスが完成します☆』

ワイドパンツに重ねたのは、べっ甲風ボタンが効いたヴィンテージ風ロング白シャツ。レトロテイストのレザーベルトでウエストマークをすれば、どこかエモい秋コーデが完成します。

CanCam2019年9月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ベージュハイウエストパンツ×ボルドーニット

6位 「パンツなのに女っぽい♡」とスカート派からも票が多数!肌見せトップス×ハイウエストパンツ『〝コーデを考えるときに大切なこと〟1位の「スタイルがよく見える」を、簡単に叶えてくれるハイウエストパンツ!抜け感のある肌見せトップスを合わせれば、相乗効果でさらにGOODバランスが完成します☆』

ボルドー×ベージュの配色に大人っぽい肌見せ…どことなく香る色気が♡ ボトムにハイウエストのワイドパンツを合わせれば、こなれ感もイイ女度もUPします。

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【6】ベージュワイドパンツ×白ニット

6位 「パンツなのに女っぽい♡」とスカート派からも票が多数!肌見せトップス×ハイウエストパンツ『〝コーデを考えるときに大切なこと〟1位の「スタイルがよく見える」を、簡単に叶えてくれるハイウエストパンツ!抜け感のある肌見せトップスを合わせれば、相乗効果でさらにGOODバランスが完成します☆』

カジュアルなチノ風パンツに華奢見えするリブニットを合わせて、エフォートレスな女っぽさを。程よい肉厚感とハリのある素材など、ラフに着られるハイウエストのワイドパンツは脚長効果もばっちり! ウエストのBOXタックが腰回りをすっきり見せてくれるから、コンパクトなニット合わせがおすすめです。

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【7】チノパンツ×カーディガン

ニットカーデ×チノパンの秋旬カジュアルで今っぽく

厚手のニットカーディガンをプルオーバー風に投入♪ 太めのリブカーディガンは、レイヤードスタイルも楽しめるVネックのデザインなので見た目のすっきり感もばっちり! きれいめボトムではなく、カジュアルなチノパンに合わせることで、今っぽいゆるムードが演出できます。

★【今日のコーデ】厚手ニットカーデをさらりとチノパンで着こなす、こなれカジュアル

【8】ベージュワイドパンツ×赤ニット

ウエストディテールのキレイめパンツで美スタイルに

ワイドパンツは、スタイルよく見える着こなしがいちばん大事。ベルトが映えるハイウエストデザインなら脚長効果も抜群です。トップスにはコンパクトな赤ニットをINにして、さらにスタイルよく♪ 足の甲が見えるように計算された丈感も、軽やかでおすすめです。

CanCam2018年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/まい(本誌専属) 構成/八木橋佳世

ベージュのパンツに合う靴の色


【1】ベージュワイドパンツ×黒ドットブラウス

可憐なドットブラウスはワイドパンツでちょいハンサムに

透け感のあるシアー素材なら、黒の長袖ブラウスも涼しげな印象に。シンプルなタックパンツでなくハイウエストのワイドパンツを選ぶことで、コンサバなブラウスもグッと今っぽく着こなせます。

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】ベージュパンツ×黒ブラウス

6位 「パンツなのに女っぽい♡」とスカート派からも票が多数!肌見せトップス×ハイウエストパンツ『〝コーデを考えるときに大切なこと〟1位の「スタイルがよく見える」を、簡単に叶えてくれるハイウエストパンツ!抜け感のある肌見せトップスを合わせれば、相乗効果でさらにGOODバランスが完成します☆』

デコルテが透けるニットに、ハイウエストのスティックパンツを合わせた大人っぽい着こなし。甘さと辛さが絶妙にMIXしているので、おさえた色味でもおしゃれ度高くきまります。小物まで黒でまとめても重く見えないのは、デコルテ周りの透け感のおかげ♡ バッグ&靴のツヤ感もポイントです。

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

どんな色ともどんなシーンにもマッチするベージュパンツは、この秋冬もワードローブにマスト! ハイウエストやワイドシルエットなど、おしゃれっぽさが底上げできるベージュパンツもおすすめです♡

★寒い日こそあったかかわいく♡最高・最低気温10度のおすすめコーデ42選

>CanCam.jp TOPに戻る