トレンド感抜群♡パンツが映える秋コーデ17選

トレンドが止まらない♡秋のパンツコーデ

旬顔アイテムが続々登場しているパンツコーデをクローズアップ! どんなトップスにも合わせやすい黒・白パンツや、トレンド感あふれるチェックパンツの着こなしは要チェック♡

【目次】
黒パンツ 秋コーデ
白パンツ 秋コーデ
チェックパンツ 秋コーデ

黒パンツ 秋コーデ


【1】トレンドのジャケットはどれだけ気くずせるかがカギ!

トレンドのジャケットは、どれだけ気くずせるかが鍵!

きちんと感のあるジャケットは、中をヘルシーなキャミソールにして肌の抜け感をプラス。ボトムはワイドをチョイスすると360度こなれて見える!

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ  モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、EW.Pharmacy、café 1886 at Bosch、GOFFA juice、JEFFERSON’S BALLOON、Le Shiner、田中かほ里 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【2】フリルたっぷりのブラウスはモードな黒パンツで糖質OFF!

フリルたっぷりのブラウスはモードな黒パンツで糖質OFF!

デコルテや袖口に大ぶりのフリルが付いた、ロマンティックな一枚♪ ステッチ入りのワイドパンツでちょっぴりエッジを効かせれば、かわいいだけで終わらない印象的なItスタイルが完成します!

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】ドット柄の甘さと調和するピンクグレーのライダースが気分

ドット柄の甘さと調和するピンクグレーのライダースが気分

ピンクグレーのスエードジャケット×ドット柄のワイドパンツで、今年らしさ満点な着こなしに。絶妙なピンクとグレーの中間色は、甘すぎず程よくクールにきまるから羽織るだけでおしゃれ見えが叶います♪

CanCam2017年10月号より 撮影/江原英二(Astro) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/田中絵理子

【4】カジュアルなTシャツコーデはラベンダーで女らしさをトッピング♪

カジュアルなTシャツコーデはラベンダーで女らしさをトッピング♪

オーバーサイズのゆるカーデに、キャラTシャツとスニーカーを合わせたラフで動きやすい着こなし。袖や裾の太リブが効いたリラックス感のあるカーディガンは、トレンドのパープルとやわらかな素材感がツボ。顔映りがぐっと明るくなるパープルを差し色に加えれば、モノトーンコーデが途端に女の子らしくシフトします♡ ボトムとスニーカーは黒でつなげて、淡色のトップスを程よく締めつつスタイルアップも意識♪ ちょっぴりストリート感のあるコーデには、キラキラアクセやファーBAGで加える女らしさも忘れずに。足元は、クールな黒コンバースを合わせれば、歩きやすさもばっちりです。

★【今日のコーデ】ゆるカーデで秋を先取る♡女っぽクールな雨の日コーデ

【5】女っぽさ格上げのレディなラメカーデを主役に

女っぽさ格上げのレディなラメカーデを主役に

キラキラ素材が特徴のラメカーディガンは、一枚で着こなしが華やぐ便利アイテム♪ インナーにブラックのレースキャミを合わせることで、シャイニーなアイテムをレディな着こなしに落とし込めます。ボトムはちょっぴりモードな黒のワイドパンツをチョイス。同系色の中にラメ素材を取り入れることで、こなれたカジュアルスタイルが完成します。

★【今日のコーデ】こなれた上品さをプラスする「ラメカーデ」が主役のコーデ♡

白パンツ 秋コーデ


【1】スポーティなライン入りはきれいめパンツで取り入れて♡

スポーティなライン入りはきれいめパンツで取り入れて♡

去年、大人気だったワイドパンツの進化版! ラインを1本加えたシンプルなデザインなので、カジュアルになりすぎず大人っぽく着こなせます。シンプルなきれいめパンツとして使えるので、着回し力も抜群。モノトーンで合わせてクールに、Tシャツなどを合わせてカジュアルダウンさせるのもオススメです。

CanCam2018年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini.) 構成/八木橋佳世

【2】ニットパンツ×Tシャツで〝ちょっとそこまで〟なシャレスタイルに

ニットパンツ×Tシャツで〝ちょっとそこまで〟なシャレスタイルに

この秋注目のニットパンツ! 脚のラインを拾わないので〝スタイルが気にならない〟という意味でもらくちん♪ 古着っぽいTシャツは黒を選んで、ちょっぴりタウン仕様を意識するのがポイントです。

CanCam2018年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/遊佐こころ(SPACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/八木橋佳世

【3】バランスよく散らした締め色で淡トーンにメリハリを

バランスよく散らした締め色で淡トーンにメリハリを

季節の変わり目には、黒よりもマイルドなグレージュのライダースがオススメ。花柄のトーンをキープしながらコーデを締めてくれるので、ハードな印象にならず女らしく着こなせます。ニュアンスのあるカラーとスエード素材なら、ライダース初心者さんにもぴったりです♡

CanCam2017年10月号より 撮影/江原英二(Astro) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/田中絵理子

【4】プチプラなのにおしゃれ度満載♡大人かわいい淡色コーデ

プチプラなのにおしゃれ度満載♡大人かわいい淡色コーデ

ボリューミーでありながらシルエットはすっきり上品に見えるコートを主役に、ちょっぴり大人なカジュアルスタイルを堪能して。足元は、シャイニー素材のスニーカーで華やかさをアップすれば、今っぽい淡色コーデが完成します。足元からさりげなくトレンド感をアップさせるのも洒落見えのポイントです。

★【今日のコーデ】驚愕のプチプラ!絶対手に入れるべきGUのボアコートが主役♡

チェックパンツ 秋コーデ


【1】ワイパン合わせもほっこり淡トーンでグッドガール風♡

ワイパン合わせも、ほっこり淡トーンでグッドガール風♡

ワイドパンツを肌見せニットで女らしくアップデート。鎖骨がきれいに見える女っぽいざっくりニットは、取り外し可能なリボン付き。さらに、オフショルにもなる&前後を逆にすればカーデに変身!という、最強のマルチwayも魅力です。

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里、篠原里緒 構成/渡辺みらの

【2】ハンサムなチェックを品のよいラベンダーでレディに昇華!

ハンサムなチェックを、品のよいラベンダーでレディに昇華!

肌見せ感のあるタンクトップにカーデをON♡ BIGボタンやたゆんとした袖のカーディガンで、女らしさをさらにアピール。ボトムにチェック柄のワイドパンツを合わせれば、さらにこなれた秋コーデがきまります。

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友  スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/山木晴菜

【3】秋の流行チェックパンツをブリティッシュに着こなして

秋の流行チェックパンツをブリティッシュに着こなして

キャスケットやチェックパンツで、ハンサムな〝ブリティッシュ〟を意識。シャープな黒でチェックを締めて、全体に切れ味よく着こなすのがポイントです。足元は細ヒールで、女っぽさも忘れずに♡

CanCam2018年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/遊佐こころ(SPACE MONKEY) モデル/まい(本誌専属) 構成/八木橋佳世

【4】人気再燃♡のローファー靴で今っぽいトラッドコーデに

SHOES 3 人気再燃♡の、女の子トラッド靴 ローファー『ベルトやタッセル、ビット付きなど、コーデ全体を品よくまとめる、トラッドなローファー人気が急上昇中! カジュアルにも、キレイめにも、幅広いコーデに対応できる万能シューズでもあるんです♪』

トレンドのグリーンニットにチェック柄パンツをコーディネート。足元にはローファーをプラスして、きちんと感のある足元に。バッグは冬カゴを投入すれば、ハズしの効いたおしゃれスタイルが完成します♡

CanCam2017年10月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/手塚明菜

【5】ワイパン×黒スムースのライダースでおしゃれを底上げ!

#08 鉄板の黒スムースでいく?流行の淡色スエードでいく? 頼りになる♡ライダース!長め丈ボトムが多い今シーズン、軽はおりはライダースが買い!『黒スムースはどんなボトムとも相性抜群でおしゃれを底上げしてくれる!トレンドのちょい長め丈スカートやワイドパンツとも相性◎。特に華やかなボトムが多いこの秋、×黒ライダースで甘辛MIXに着こなせばグッとこなれ感が倍増!』

流行のグレンチェックを引き立てた大人モードなパンツスタイル。コンパクトな黒ライダースで辛口コーデに仕上げたら、ファーバッグやカラーサンダルなど、ミーハー感をプラスしてクールになりすぎない着こなしを意識して。

CanCam2017年10月号より 撮影/江原英二(Astro) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/田中絵理子

【6】ハイウエスト×センタープレスで脚長効果に磨きをかけて

ハイウエスト×センタープレスで脚長効果に磨きをかけて

この秋一枚は持っておきたい人気色パープルのクルーニットも、今からゲットするならちょっぴり赤みのあるプラム系がイチ推し。グレー・ブラウン・ネイビーなど、秋らしいダークカラーとの相性も抜群です。そんな旬のニットを、チェック柄ワイドパンツにIN! カラーニットの面積をコンパクトにすることで、見た目以上の脚長シルエットが決まります♡パープル×グレーのちょっぴり渋めの配色は、大ぶりのパールピアスでプラスする女っぽさが必須! 顔まわりが華やぎ、レディな雰囲気に仕上がります。ニットにパンツを合わせただけの「無難なワンツーコーデ」にならないよう、ベルト・バッグ・靴は秋めくブラウンで統一。季節感のある大人の着こなしが完成します。

★【今日のコーデ】秋色プラムを差し色に♡チェック柄ワイドパンツの着回しスタイル

【7】女っぽさ格上げ! ベリーカラーのニットが今日の主役

女っぽさ格上げ! ベリーカラーのニットが今日の主役

着るだけで女度がアップするベリー色ニットを取り入れた、あったか可愛いスタイルがオススメ♡ 今年イチオシの「ベリーカラー」は、ピンクの中でも大人っぽく取り入れられるのが魅力です。ボトムは季節感とトレンドを意識したグレンチェック柄のクロップドパンツを。ちょっぴりヴィンテージ感を漂わせる上品スタイルの完成です。

★【今日のコーデ】この秋注目!「くすみベリーカラー」が可愛すぎ♡

【8】ざっくりニット×ワイドパンツの女子力満載なゆるコーデ

ざっくりニット×ワイドパンツの女子力満載なゆるコーデ

長袖のトップスが活躍する日は、ざっくりとしたシルエットのケーブルニットがピッタリ♡ ほっこりしないように、センタープレス入りのワイドパンツを合わせてキリッと仕上げるのがおすすめです。パンツはトレンドのグレンチェックを選べば今年感がさらにアップ。 アクセントにプラスしたベレー帽は、どんなスタイルにも馴染む黒が正解。ゆるっとしたスタイルでまとめたら、足元はピンヒールのパンプスで女性らしく仕上げましょ。

★最高気温21度。ぐっと冷え込む秋の日、何を着たらいい?【今日のコーデ】