ニットコーデのおすすめ17選|着回しが効くざっくりニットの取り入れ方♡【2020秋冬】

オーバーサイズをゆるく着こなす♡秋のざっくりニットコーデ

女の子らしくてあたたかみのある、ざっくりニットの着こなしをクローズアップ! トレンドを意識したクルーニット&カーディガンのコーデは即マネしたいかわいさです♡

ざっくり感がかわいい♡ニットの着こなし方

03[あやうげ肌感ニット]『見えるの? 見えないの? 思わせぶりなニットからのぞく素肌は、ダイレクトな肌見せスタイルよりも、色気があって、親しみやすくて♡今秋トライするなら、おしゃれにキマるこの2大デザインがいい感じ!』

ゆるさがかわいいざっくりニットは女の子らしさバツグン! フレアスカートやワイドパンツなどボリュームのあるボトムには、ショート丈のざっくりニットを合わせるのがおすすめ。ニットカーディガンは、インナーを白にすると軽やかな印象に仕上がります。ざっくりニットのトップスを前だけインすると、コーデ全体にスッキリ感が演出できます。

  1. フレアやワイドパンツなどのボリュームボトムは短め丈のざっくりニットがおすすめ
  2. カーディガンのざっくりニットは白インナーを合わせると軽やかな印象に
  3. ざっくりニットのトップスは前だけをINするとスッキリ感が出せる

★ざっくりニットにプリーツスカートを合わせてフェミニンに


秋のレディースざっくりニットコーデ

【1】赤ざっくりニット×黒パンツ×黒パンプス

ざっくり感がかわいい主役ニットは、×デニムとぺたんこ靴のシンプルな合わせが洗練見え。かわいらしいざっくりニットを着こなすなら、鎖骨見せで女っぽさをプラスするのが子供っぽさを払拭するカギ!

CanCam2020年10月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【2】黒ざっくりニット×デニムパンツ×グレーパンプス

一枚でサマになるざっくり編みニットは、ワントーンでクールに着こなしたい! シルエットがきれいな黒デニム×グレーパンプスで、シックな中に女っぽさをONするのがポイントです♡

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/時吉 茜

【3】白ざっくりニット×ドット柄スカート

05[薄てろボトム]『とろんと、たおやかに揺れる素材に薄手の頼りなさも相まって、品のよい色気をもたらしてくれる薄てろボトム。どこかリュクスなツヤめきがあるから、カジュアルコーデのドレスアップにも有効。』

着物っぽい小紋調の柄と控えめなAラインで、主張せずともキレイな印象を与えるロングスカート。トップスとボトムのボリューム感に差をつけることで、ざっくりニットのかわいさとてろボトムの女っぽさを、両方増し増しにできるんです。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【4】黒ざっくりニット×グレースカート

03[あやうげ肌感ニット]『見えるの? 見えないの? 思わせぶりなニットからのぞく素肌は、ダイレクトな肌見せスタイルよりも、色気があって、親しみやすくて♡今秋トライするなら、おしゃれにキマるこの2大デザインがいい感じ!』

黒とグレーでまとめたスパイシーコーデに、ゆるふわニットでやさしさをプラス♡ アラン編みニットやてろりんスカートなど、かわいげのあるデザインもダークな配色をまろやかに見せるコツ。首元の肌感をよりアピールするなら、ちょい長めのミドル丈ブーツで脚の露出を控えるのが得策です。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【5】ラベンダーざっくりニット×ベージュ柄スカート

03[あやうげ肌感ニット]『見えるの? 見えないの? 思わせぶりなニットからのぞく素肌は、ダイレクトな肌見せスタイルよりも、色気があって、親しみやすくて♡今秋トライするなら、おしゃれにキマるこの2大デザインがいい感じ!』

色×柄を組み合わせるときは、全体をミルキートーンで統一すると派手になりすぎずマイルドな表情に。ゆるっと感はキープしつつもすっきり見えが叶う〝ニットの前だけIN〟テクもマネしたい♡

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【6】ブラウンざっくりニット×ブルーフレアスカート

03[あやうげ肌感ニット]『見えるの? 見えないの? 思わせぶりなニットからのぞく素肌は、ダイレクトな肌見せスタイルよりも、色気があって、親しみやすくて♡今秋トライするなら、おしゃれにキマるこの2大デザインがいい感じ!』

胸元が開いたざっくりニットで目指したいのは、肩ひじ張らないエフォートレスな色気♡ カジュアルになりすぎないよう、サテン素材のスリムフレアスカートであくまできれいめにまとめて。ベージュやブルーのニュアンシーな配色が大人ムードを盛り上げます。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【7】アイスグレーざっくりニット×白スカート×ベージュパンプス

曖昧さが心地いいニュアンスグレー『ベーシックカラーも、この秋ははっきりしないトーンが旬。白やベージュを含んだソフトな印象のニュアンスグレーなら、大人っぽさ、上品さ、フェミニンさ…どんなイメージだってものにできる。』

限りなく白に近いアイスグレーのニットは、白のスカートを合わせた透明感のある配色でイノセントなオーラを放って。ケーブル編みのボリューミィな質感も、背中がちらりと見えるレースアップデザインで色っぽい抜け感が加わります。

CanCam2019年11月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

★ざっくりニットに合わせたい柄スカート


ざっくりニットカーディガンの秋コーデ

【1】白ざっくりニットカーディガン×白スカート

かわいさ5割増しのニットパーカ×白スカートのALLホワイトコーデに、ガンガン歩ける秋色スニーカーをプラス! フレアスカートからちらりとのぞく足首で、華奢さをアピールするのも計算済みです♡

CanCam2019年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【2】ベージュざっくりニットカーディガン×ブラウン花柄スカート

花柄ワンピを大人っぽく着るには、くすんだカラーを選ぶのがおすすめ♡ 落ち着きのあるオレンジ系ブラウンと同系色のベージュカーデを組み合わせて大人フェミニンを完成させて。小物はブラウンだけでまとめると、やわらかな女らしさも手に入ります。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/時吉 茜

【3】ブルーざっくりニットカーディガン×ブラウンワイドパンツ

05[薄てろボトム]『とろんと、たおやかに揺れる素材に薄手の頼りなさも相まって、品のよい色気をもたらしてくれる薄てろボトム。どこかリュクスなツヤめきがあるから、カジュアルコーデのドレスアップにも有効。』

落ち感のあるブラウンのワイドパンツを取り入れて、ラフなざっくりニットに女らしさをプラス。ブラウンとくすみブルーのおしゃれっぽい配色が、シンプルなワンツーコーデを今っぽく仕上げてくれます。柄モノの巾着やヘアターバンで、ちょっぴりクセを加えるのもポイントです。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【4】ブラウンざっくりニットカーディガン×花柄ワンピース

オーバーサイズ感がかわいいケーブルニットは、抜けが生まれると同時に女っぽさが感じられる一枚。テイストの異なるアラン編みニットと小花柄ワンピを合わせれば、旬のヴィンテージムードが楽しめます。

CanCam2019年11月号より 撮影/吉田 崇(まきうらオフィス) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/森野友香子(Perle Management) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子

【5】グレーざっくりニットカーディガン×白Tシャツ×黒スカート

07 おしゃれ男子別 デートに「スニーカー」の王道コーデ『エナジー系男子とデートするなら、思い切りスポーティにスニーカーを履く!』

ロング丈のティアードスカートを、ざっくりカーデとスニーカー合わせでカジュアルダウン。ほんのりかっこいいムードのハイカットスニーカーは、グレーならモードすぎずスカートにも好相性。スカートに甘さがある分、Tシャツやニットカーデはモノトーンでまとめてちょっぴり辛めに仕上げています。

CanCam2019年10月号より 倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(楓分)、神戸春美(松本大輝さん分) モデル/楓(本誌専属)、松本大輝 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【6】ブラウンざっくりニットカーディガン×花柄ワンピース

07 おしゃれ男子別 デートに「スニーカー」の王道コーデ『MUJI系男子とデートするなら、ほんのりかわいくスニーカーを履く!』

甘いプリントワンピにニットカーデをプラスして、花柄の面積を抑えると即秋モードに。ボーイッシュな印象のダッドスニーカーは、淡いトーンの色をチョイス。なじみのいいまろやかカラーなら、ワンピの外しとしても浮かないので安心です♡

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属)、小野寺晃良 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【7】ブルーざっくりニットカーディガン×白Tシャツ×黒パンツ

06 カジュアルな赤 甘くないサックスブルー ヘルシーなベージュ 僕らが癒される、3つのカラー

白のロゴTシャツに黒パンツを合わせたシンプルなワンツーコーデ。くすみブルーのざっくりカーディガンで差し色をプラスすると、モノトーンコーデがぐっと華やかに仕上がります。インパクトのあるストライプ柄クラッチでコーデに洒落感をプラス!

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美 モデル/楓(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【8】ベージュざっくりニットカーディガン×白タンクトップ×ベージュパンツ

06 カジュアルな赤 甘くないサックスブルー ヘルシーなベージュ 僕らが癒される、3つのカラー

ざっくりニットカーデは、ほんのり肌見せで脱・ほっこり。ずるっと着ても上品さをキープできるのは肌なじみのいいベージュだからこそ。白キャミをのぞかせて、厚手のニットコーデにすっきり抜け感も意識して。靴はあえての黒パンプスで、ベージュを引き締めるのが大人見えポイントです。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美 モデル/楓(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【9】ピンクざっくりニットカーディガン×白インナー×デニムパンツ

夏から引き続き活躍中の白タンクは、ざっくりカーデの下に着て冬まで着回す! ニットの時季も白タンクを活用すれば、抜け感や温度調節も簡単です。厚手のニットカーデをすっきりと着たいときは、白のタンクトップがおすすめ。ボトムはシンプルなデニムを合わせてカーディガンの存在感を引き立てて。

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 構成/木村 晶

★きれいめワンピースにざっくりニットカーデを羽織る!


タートルネックのざっくりニットコーデ

【1】白ざっくりニットタートルネック×黒パンツ×グリーンバッグ

02 かっこよくって、ほんのり色っぽい。目で追われてます! モノトーンで着る「黒スリムパンツ」

白タートルをキリッと辛口に着こなすなら、脚をほっそり長く見せてくれるスティックパンツを合わせて切れ味よく。オーバーサイズのタートルニットは、デニムでハズさず品よく着るのもおすすめです。足元は存在感のある厚底の白スニーカーで、シンプルなワンツーコーデにこなれ感を。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

秋から冬まで着回せるざっくりニット

女子会もデートコーデにもおすすめなざっくりニットの秋コーデを紹介しました。インナーやアウターの合わせ方で、秋から冬まで着回しが楽しめるアイテムです。