【紺パンツの人気コーデ9選】きちんとシーンに欠かせない!トレンドのデザインもご紹介|2022レディース

ONもOFFも大活躍♡紺色パンツの最旬コーデ

ORANGE

黒よりカジュアルで、ブラウンより女っぽい「紺パンツ」♡ 定番人気で合わせやすい紺色のパンツは、きれいめからカジュアルまで着こなしのバリエも豊富。落ち着いた色味だから、オフィスには×ジャケットのかっちりコーデもおすすめです。

きれいめな紺色パンツはオフィスにも活躍

ORANGE

色彩心理学的に、冷静で格式のあるイメージが魅力のネイビーカラーは、ファッションにおいても落ち着きやきれいめな印象が得られるそう。知的でスタイリッシュに見える効果もあるので、大切なデートやビジネスシーンにもいいですね!

黒パンツより軽やかな印象があり、コーデが爽やかに引き締まるのもポイント。オフィスシーンに取り入れたときも清潔感や品があるのであか抜けた印象になります。

紺パンツを合わせるコーデのポイント


  1. 知的で誠実な印象の紺はオフィスコーデのボトムにもぴったり
  2. ダークトーンの着こなしは小物やインナーに白やベージュを選んで抜け感を
  3. ブルー~紺のワントーンコーデも今年っぽくておすすめ

紺パンツを合わせるレディースコーデ

【1】オレンジトップス×クールな紺パンツのきれいめコーデ

ORANGE

印象的なオレンジトップスは、端正なネイビーパンツをセレクトして品よく華やかな印象に。重たいコートを脱ぐ季節は、さりげないデザイン性が目を引く1枚サマトップスの出番です。ジューシーオレンジの鮮やかさで、トップス×パンツの簡単ワンツーコーデでも抜群の映え感が手に入ります。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/後藤若菜 モデル/菜波(本誌専属) 構成/岩附永子

【2】ベージュ×ブルーのこなれ配色

ハイウエストテーパードパンツを骨格タイプ別に冬→春着回し『NATURAL』

ゆったりとしたシルエットでリラクシーに体が泳ぐチュニックは、裾に向かって徐々に細くなるテーパードパンツと合わせることで美スタイルが際立ちます。サンドベージュ×ピーコックブルーのこなれ配色も洒落感たっぷり。小物はブラウスと同系のベージュやブラウンで統一して今っぽい配色に。

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【3】シースルーシャツがほんのり色っぽい♡ワイドパンツコーデ

イエベさんレモンライムを着るなら…『攻略テク01 今っぽ〝透け〟アイテムで軽やかにまとって』

ボリューミーなワイドパンツは、軽さの出せるシースルーシャツなどトップスでバランスを取るのが重要。きれいに透けるマットな質感のシースルーシャツに、スクエアネックのノースリーブニットの組み合わせも秀逸。マニッシュで女らしい印象が残せます。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属)構成/浜田麻衣

【4】ブルーのアイシー配色をダークネイビーで引き締め

Q.2 外回り多めの営業職だから疲れないお仕事靴がマスト。この冬買いな一足って?『A.ほんのりハンサムな甲深ローファーなら快適で今っぽくなる!』

ブルーのコートが映えるアイシー配色コーデはネイビーのパンツで知的に引き締め。ゆるっと大きめのシャツ×ニットの重ね着も、細身のパンツ合わせでバランスをすっきり見せるのがポイントです。トップスにボリュームがあるのでアウターは首元がすっきりしているノーカラーコートをチョイス。まろやかで女らしいきれいめコーデが完成します。

CanCam2022年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【5】濃紺デニムパンツはジャケット合わせできれいめに

3 秋外せないチェック柄は、何選ぶ?『きれいめ派は…上品細かめチェック』

細身のネイビーデニムでメンズライクなダブルジャケットをバランスよく。細かいチェックやオーバーサイズなどマニッシュなジャケットコーデをボウタイブラウスや赤リップで女度高めに着こなして。トレンドのチェックジャケットはクラシカルなブラウスや小物で、あえてかっちり着るのが今っぽい♪

CanCam2021年10月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/金 世娜 構成/鶴見知香

【6】ネイビートーンでまとめる大人カジュアルコーデ

〝洒落感上がる夏→秋ブリッジ服〟で一点突破!

レトロモダンなロゴ入りニットと爽やかなギンガムパンツが好マッチ! チェックパンツなど柄ボトムと合わせると、レトロニットがより今っぽく着こなせます。全体をネイビー系でまとめたら、差し色の赤パンプスでパキっとシャープなアクセントを。

CanCam2021年9月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/岩附永子

【7】定番カラーの着こなしはサスペンダー付きパンツが新鮮

“My„Date Clothe 4.大人っぽさもトレンド感も叶えてくれるサスペンダー付きパンツ&サロペット『旬のカジュアルパンツは細ストラップを選び、ノースリーブ合わせですっきりした縦ラインを作ると、シュッと美人見え♡ デートにマストな大人っぽさも、私らしいトレンド感も叶えてくれる!』

美シルエットできちんと感もGETできるネイビーパンツは、カジュアルなサスペンダーでキャッチー&今どきな装いに。インナーは黒のニットでシックにまとめつつ、パールネックレスや白小物で品のある華やかさをプラスすれば今っぽいきれいめカジュアルに仕上がります。

CanCam2021年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【8】紺パンツ×ニットレイヤードのトラッドな着こなし

Q.6センタープレスパンツをスーツ感なく着くずすにはどうしたらいいですか?『A.デザイン性のあるトップスで、脱・地味っコ!』

BIGシャツ×ニットベストの旬レイヤードは細身のボトムでバランスよく。ネイビーのセンタープレスパンツは、シャツや小物でほんのりプレッピーに着るのもおすすめです。足元はエナメルのフラット靴でトラッドに仕上げて。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

着こなしに上品さがプラスできる紺色パンツ

きれいめトップスを合わせるオフィス向けコーデや、シンプルトップスを合わせるカジュアルな着こなしなど、紺色のパンツは着回しやすさも太鼓判! 落ち着いたカラーでシーンを問わずに着られるので一本あると便利です。ダークトーンのコーデのときは、小物に白やベージュを入れて抜け感をつくるのもおすすめ。軽さを意識することでおしゃれな着こなしに仕上がります♡