好感度高めを狙って♡大人かわいい冬の女子コーデ22選

大人可愛いおすすめの冬コーデを大特集!

大人っぽくて女らしい、冬の女子コーデをピックアップ。おしゃれにきめたい女子会におすすめの冬コーデや、スニーカーと合わせても子供っぽくならない大人め女子コーデを紹介します♡

【目次】
女子会に着ていきたい!大人女子コーデ
スニーカーでカジュアルダウン 大人女子コーデ

女子会に着ていきたい!大人女子コーデ


【1】赤茶ブラウスをのぞかせてレトロムードに♡

idea4今すぐから春まで味わい尽くすなら…【レディブラウス】を冬→春へ着回しまSHOW!『本気の古着でも新品でも、選びの決め手はクラシカルでレディライクなこと。繊細レース、フリル、シルキー素材、ガーリーなギャザーetc.大げさなくらいのディテールも今シーズンはアリ!今すぐ買って冬服とレイヤード、春になったら一枚で、とことん着回し尽くそう♪』

ふわふわモヘアニットの下にレースブラウスを仕込んで、ダークになりがちな冬服の彩度を上げて。イヤリング、リップ、ブラウスの赤みが、面積は小さくても女っぷりをぐんと上げてくれるポイントです。ブーツとの隙間に見せる肌感のようなちょっとした肌見せテクで、バランスの良さやスタイルアップが叶います!

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY)モデル/楓(本誌専属) 構成/木村 晶

【2】大人っぽいパンツコーデを渋色コートで今っぽく♡

大人っぽいパンツコーデを渋色コートで今っぽく♡

シャツ×ニットのレイヤード風トップスに、白のワイドパンツを合わせたきれいめモードな着こなし。そこにトレンドのビッグシルエットコートをONすれば、見た目のこなれ感もMAXに。スモーキーなマスタード色は、くすみカーキとグラデのようになじませておしゃれ感をアピールするのが正解です♡

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY)モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/木村 晶

【3】ミルクティー配色をチェックコートで今っぽく引き締め♡

idea52枚目、3枚目のコートとして効くのはコレ!【くすみ系渋色コート】で速攻ヴィンテージMIX!『ベーシックカラーのコートに飽きてない?新たに買い足すならば、一枚でスタイリッシュなヴィンテージMIXが叶う、渋めカラーに注目して。正直、真冬はアウターの印象が9割。コートからヴィンテージMIXを始めるのもアリ!』

トレンドの千鳥格子チェスターコートは、普段甘めスタイルが好きな人にぜひ取り入れてほしい一枚です。女の子らしいピンクベージュのジャンスカも、オジっぽいコートの力で一気にこなれた印象に。

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY)モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/木村 晶

【4】上品な白ニットで女らしいボルドーをトーンアップ!

idea52枚目、3枚目のコートとして効くのはコレ!【くすみ系渋色コート】で速攻ヴィンテージMIX!『ベーシックカラーのコートに飽きてない?新たに買い足すならば、一枚でスタイリッシュなヴィンテージMIXが叶う、渋めカラーに注目して。正直、真冬はアウターの印象が9割。コートからヴィンテージMIXを始めるのもアリ!』

クラシカルな上品さが魅力のボルドーのロングコートを、同じくロング丈のスカートでストリートアレンジ。ゆるゆるっとしたシルエットも、落ち着きのあるボルドーをリンクさせれば見た目の印象が大人っぽくまとまります。

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY)モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/木村 晶

【5】女っぽさや上品さを意識したヴィンテージスタイル

女っぽさや上品さを意識したヴィンテージスタイル

後ろにスリットが入っているプリントスカートに、シンプルなニットをON。スカートがロングで細身な分、アウターはボリューム感のあるもこもこジャケットで今っぽいバランスに仕上げています。

CanCam2019年1月号より スタイリスト&モデル/丸林広奈 撮影/田村昌裕(FREAKS) ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) 撮影協力/串崎 友 構成/菊谷まゆ

【6】おしゃれ感を醸し出すロングコートはワントーンで感度高く

おしゃれ感を醸し出すロングコートはワントーンで感度高く

チョコレート配色の着こなしに、スーパーロング丈のコートで大人っぽさをプラス。バランスが重めのときは全体にのっぺりしないよう、INにケーブルニットやチェック柄スカートを合わせて立体感を加えるのがコツ。

CanCam2019年1月号より 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】ほんのりレトロなビジュー小物で印象づけて♡

ほんのりレトロなビジュー小物で印象づけて♡

ゆとりのあるカーデにベルトマークをすることで、メリハリ効果でスタイルよく。ベルトとヒールのさりげないビジューリンクも、ステキに見える秘密です。初心者はまず、クリアビジューからトライして。

CanCam2019年1月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/田中絵理子

【8】ベージュ×キャメルでこなれ感たっぷりのグラデ配色に

ベージュ×キャメルでこなれ感たっぷりのグラデ配色に

BIGサイズのボアコートを着るときは、インナーをすっきりまとめてメリハリをつけるのが鉄則。ミニスカートにニットをINしたすっきりコーデで、コートの中で体を泳がせるようなイメージです♡ ゆる感とタイトシルエットのギャップこそ、細見えのカギ。

CanCam2019年1月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/ビオセボン中目黒店、ミーガン バー&パティスリー 構成/浜田麻衣、時吉 茜

【9】BIGニット×ロングスカートのゆるっと感が今どきかわいい

BIGニット×ロングスカートのゆるっと感が今どきかわいい

ロング丈の柄スカートにオーバーサイズのコートをはおって、今どきのゆるシルエットをメイク! きれい色の大人ピンクと美人なパンプスを合わせたことで、女子会も出会いのシーンもマルチに対応♡ 着回しができる柄スカートは春まで使える万能アイテム。

CanCam2019年1月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/ビオセボン中目黒店、レモネードbyレモニカ渋谷ストリーム店、ミーガン バー&パティスリー 構成/浜田麻衣、時吉 茜

【10】グレー×パープルの大人かわいい配色がツボ♡

グレー×パープルの大人かわいい配色がツボ♡

ヴィンテージ感のあるレースをあしらったリブニットに、パープルのスカートを合わせたフェミニンスタイル。落ち着きと女っぽさが漂う配色と、ジェニックなレースニットの透け感&リッチ感がしっくりです。

CanCam2019年1月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/ビオセボン中目黒店、レモネードbyレモニカ渋谷ストリーム店、ミーガン バー&パティスリー 構成/浜田麻衣、時吉 茜

【11】ベージュからブラウンへの段階別グラデーションがシャレ見え♥

ベージュからブラウンへの段階別グラデーションがシャレ見え♥

あっさりベージュからこっくりブラウンへのまろやかグラデ―ションコーデ。ワントーンでもぼやけないポイントは、シャープなスクエアバッグとポインテッドトウのパンプスで、印象も色味も締めること。上品で今っぽいベージュ系の濃淡コーデは、おしゃれにシビアな女子会映えもばっちりです。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/木村 晶

【12】ロング丈のきれい色コートでハンサムな女っぽさを

ロング丈のきれい色コートでハンサムな女っぽさを

柔らかなラベンダーのコートが、シャープな黒に女っぽい色気をプラス。小花柄のロングワンピにレギンスを重ねた程モードな着こなしに、キリッとしたパープルのパンプスが映えるハンサムコーデは、おしゃれにシビアな女子ウケも期待できそう♡

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【13】ミックスファーブルゾンでストリートムードを意識

ミックスファーブルゾンでストリートムードを意識

フェミニンなラベンダー×ブラウンの配色は、着こなしをストリートに振って甘見えを回避。無造作にはおったヴィンテージライクなアウターで、全体のこなれ感も高めましょ。ほんのり体に沿うニットアップなら、淡いカラーも幼く見えず女っぽく仕上がります!

CanCam2019年1月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/加藤かすみ(TRON) ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/木村 晶

スニーカーでカジュアルダウン 大人女子コーデ


【1】バランスのとれた白黒配色でおしゃれな存在感に♡

バランスのとれた白黒配色でおしゃれな存在感に♡

全身モノトーンでも、つい目にとまってしまうバランスのとれたモノトーンコーデ。トラッドな千鳥格子コートは、ノーカラーのオーバーシルエットを選んでスポーティに着ると鮮度もアップ。

CanCam2019年1月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/Saturdays NYC Tokyo 構成/木村 晶

【2】遠目からでも目を引く大柄チェックが街に映えて♡

遠目からでも目を引く大柄チェックが街に映えて♡

トレンドのチェックコートの中でも、黒×白のグレンチェックはよりマニッシュでクールな印象。かっこよさも大人っぽさも手に入るので、チェックを辛口に着こなしたい人にオススメです。インナーに合わせたのは、Vネックのモヘアニットとコーデュロイのワイドパンツを合わせた最旬スタイル。素材感や柄など今っぽさを存分に詰め込んでも、落ち着いたカラーでまとめれば感度の高い着こなしに仕上がります。

CanCam2019年1月号より 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】スーパーロングコートでおしゃれな空気を醸し出して

スーパーロングコートでおしゃれな空気を醸し出して

シャープなグレーのワントーンは、ストリートMIXで等身大な着こなしに。くるぶし丈や長めのベルトがモードな印象を与える分、フーディやスニーカーを合わせてラフさをプラス。

CanCam2019年1月号より 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】プリーツスカートの甘さを×スニーカーでカジュアルダウン!

プリーツスカートの甘さを×スニーカーでカジュアルダウン!

ダスティブルーのニット&スニーカーのカラーリンクコーデ。淡トーンでまとめたコーデも、ダスティブルーなら旬顔にシフトします。レディなプリーツスカートは、あえてスニーカーで外すのが気分♡

CanCam2019年1月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/田中絵理子

【5】赤を効かせたカジュアルで女の子らしさもぬかりなく

赤を効かせたカジュアルで女の子らしさもぬかりなく

赤ニットとスキニーで、コートを脱いでも女らしい色味&シルエットがアピールできるのもうれしい♡コートは着膨れしないデザインを選んで、すっきり着るのが大人見えのポイント。

CanCam2019年1月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣、時吉 茜

【6】イエローとブラウンを合わせた上級コーデが大人モード♡

イエローとブラウンを合わせた上級コーデが大人モード♡

ブラウンのワイドパンツに合わせて、コートはマスタードイエロー、キャップはベージュ、アクセはゴールドをチョイス! 重めな冬コーデに白スニーカーを合わせれば、抜け感もばっちりです♡

CanCam2019年1月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣、時吉 茜

【7】同系色でまとめたカラーコーデで印象も今っぽく!

同系色でまとめたカラーコーデで印象も今っぽく!

ラベンダーのコートに濃いめのグレープカラーを合わせる同系色コーデ。ロングスカートとロングコートのズルッとしたバランスも、軽やかな白トップスとスニーカーで今っぽい仕上がり。

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【8】袖切り替えや異素材MIXなど遊び心のあるデザインが◎

袖切り替えや異素材MIXなど遊び心のあるデザインが◎

黒やグレーでまとめたシックなコーデに、存在感のあるキルティングコートをON! 大きく広がるAラインで、ワンピースのように女らしいシルエットが完成します。

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【9】はおるだけでこなれ感が手に入るくすみ色チェスター

はおるだけでこなれ感が手に入るくすみ色チェスター

王道のチェスターコートだからこそ、色で冒険! 杢っぽいニュアンスのあるマスタード色なら、シンプルな黒ワンピがぐっと華やかな装いに仕上がります。ヴィンテージ風のボタンもリッチ見えのアクセントに。

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花