言われてみれば確かに!これがきたら危ない「別れのサイン」LINE

LINEは今やたくさんの男女が使用するアプリ。コミュニケーションツールとして、もしかすると会話よりも多く使っている人もいるかもしれません。カップルさんも彼氏彼女との連絡に使う方が多いのではないでしょうか。
多く使われているLINEだからこそ、「別れの兆候」を感じることも可能と言えます。今回は、そんな別れのサインとなるLINEについて調査してみました! 最近彼が冷たい……なんてアナタ、必見ですよ!

これがきたら危ない「別れのサイン」LINE


◆既読無視が増えた

LINE

「別れる前は既読スルーが増える気がする」(24歳・IT関連)
「お互いに既読スルーをすることが多くなる」(22歳・アパレル関連)
「既読になっているのに返信がないことが増えると、別れが近づいていると思う」(29歳・サービス関連)

メッセージは読んでいるはずなのに、無視されている……。そんなLINEが別れのサインだったという女子の声が多く聞かれました!「相手が無視するならこっちも」なんてことはせず、時には対面して話し合うことも重要ですよ。

◆一言のそっけない返事ばかり

LINE

「『はい』とか『うん』の一言返事ばかりになる」(30歳・金融関連)
「一言の冷たい返信ばっかになる」(20歳・学生)
「何か話題を振っても興味なさげで、返事がそっけない」(27歳・広告関連)

彼の返信がそっけないことから、別れの不安がよぎり始めた女子は多いのでは?「彼の態度がなんだか冷たい」「興味がなさそう」……そんなときには、彼に詰め寄るよりも、逆にお互い距離を置くことが2人の絆を深める可能性も!?

◆予定を聞いても、「わからない」が多い

LINE

「会う約束をしようとしてもわからないと言われてしまう」(28歳・保険関連)
「予定を聞いてもわからないと言われて会うことを先延ばしにされる」(27歳・IT関連)
「わからない、とかはぐらかされることが多くなる」(24歳・アパレル関連)

会う約束をしようとしても、はぐらかされてしまう。彼が忙しくて本当に予定がわからない可能性もありますが、別れのサインとなっている場合も多いのかもしれません。会えない不安は募りますが、彼の置かれている状況を考えることから始めてみて。

普段使用するLINEだからこそ、サインに早めに気付き、未然に防げる別れもあるのかも。「いつもとLINEが少し違うな…」そんなふうに思ったときには放置せず、一度自分の行いを振り返ってみることが2人の関係を長続きさせる秘訣になるかもしれませんよ♡(スザクカナト)

 

自分は別れたくないのに…別れ話を切り出されたときの対処法