彼氏を嫌いになったときに!気分転換法&上手なお別れのしかた

【彼氏を嫌いになったときに!気分転換法&上手なお別れのしかた】


悩む女性

 

好きだから付き合いはじめた恋人とはいえ、好きなところばかりじゃないですよね。
誰しも恋人に対して「何それ!?」と疑問に思うことがあるはず。
そこでCanCam.jpがこれまで行ってきた調査から、彼氏を嫌いになる瞬間、そんなときの気分転換法、最終手段としての上手なお別れのしかたまでを一挙ご紹介します!

 

 

【女子たちが彼氏を嫌いになる言動】


悩む女性

まずは、皆さんが体験した「彼氏を嫌いになりそうになった言動」を調査しました!
大きく3パターンに分類したので、順に見ていきましょう。

■マナー違反系

お店の中で大声で電話する(25歳 会社員)

貧乏ゆすり(24歳 会社員)

食べ方が汚い(36歳 会社員)

待ち合わせに遅刻してるのに連絡してこない、謝らない(25歳 会社員)

こういうマナーの部分って伝えるのがすごく難しいですよね……。
相手は今まで疑問を持たずに生きてきた部分なので、強く批判することもできず、ただただ引いちゃう……ということにもなりかねないところ。
言ってやめてくれればいいんですが、まず伝えるのに相当苦労するかも。

 

■センスが無理!系

膝上の短パン。マジで無理……。(23歳 会社員)

近年急激に増えてきた感のある男性の膝上丈パンツですが、好き嫌いがかなりはっきり分かれますよね。
見る方の好き嫌いの前に、そもそも着る人をかなり選ぶアイテムだと思うんですが、具体的にどういう人が似合うのかうまく言語化できない……。

 

続いては笑いのセンス。

こっちが反応するまでずっと同じギャグ言ってる……。(22歳 学生)

これはキツい……。言い続ければいつか反応すると思われてるんでしょうか。
愛があったってつまらないものはつまらないですからね……。

 

■もっと大事にして!系


「太ったよね」とか気軽にいじってくる(21歳 学生)

髪を切ったら「前の方がよかった」と言って露骨に態度が変わった(21歳 学生)

デリカシーがないのはつらいですよね。

 

彼氏に私よりよく会っている男友達がいて、デート中もその友達の話ばかりする。どっちと付き合ってるんだかわからない(28歳 学生)

たとえ恋愛感情がない(あるのかもしれないけど?)友達相手でもこれはいやですよね。
友達と仲がいいのはいいことだけど、自分と一緒にいるときは自分に集中してほしい!

 

じっくり話し合う習慣のあるカップルだったらどれも解消できる問題なのかもしれないけれど、なかなかうまくはいかないものですよね。
せめて今回意見を寄せてくれた皆さんの彼氏たちがこの記事を読んで、自分を省みるきっかけになったらいいなと思います。

そして彼氏の方もきっと、彼女に対して言いたいことあるんだろうな……。そのお話はまたの機会に!

>イラッ!!女子に聞いた「彼氏のムカついた言動」3パターン

 

【彼氏のイヤなところばかり目につく…そんなときの気分転換法】


カップル

恋人のことがどんなに好きでも、どうしても許せない・気になってしまういやな部分ってありますよね。
指摘しにくい点だったり、やめさせようとしてもうまくいかなかったりして、渋々共存するしかない場合もあるかと思います。
そこで、「彼氏の嫌いなところばかり目につくときにやるべき思考法」をご紹介します。

 

■不満を軽くするために“受け止め方”を調整!


心理学者リチャード・ラザルスは、ストレス・コーピングという概念を通して、ストレス状況に対する自分の感情や行動をコントロールしたり、その環境を変えて自分を成長させることの大切さを説きました。そのため、彼の嫌いな部分をどう受け止めるかが重要に。例えば、遅刻癖のある彼に関しては、時間を守れないダメな人と認識すると腹が立ちますが、時間の感覚があいまいな相手だと認識すれば自然と怒りも収まるはずです。

 

■思い込みから自分を介抱する“ラショナル・ビリーフ”


コップに半分ある水を見て、「まだ半分ある」と考える人と「もう半分しかない」と考える人がいます。これは“認知のしかた”の違いが原因です。彼の嫌いな部分も同じく、“思い込み”による不快感が原因です。

そこで、心理学者アルバート・エリスが提唱するRET(論理療法)を試してみましょう。ある事柄に対して、「~しなければならない」という思考に固執するのを手放すのです。つまり、“ラショナル・ビリーフ”(合理的な考え方)に変えるのです。例えば、少し軟弱な彼なら「頼りがいのある人であるべき」という思い込みを「頼りがいのある人になってくれたらいいな」と変えましょう。そうすることで、彼に対するハードルが下がるはず。

 

■彼氏の嫌いなところの“原因帰属”をすることで許せる自分に


心理学者バーナード・ワイナーが発表する、人間の行動の原因を推測することを“原因帰属”と言います。これには内的帰属と外的帰属があるとされ、前者は本人の性格など内部にあるものに理由を求めます。

そして後者は、状況や運など外部にあるものに理由を求めます。内的帰属の考え方だと、彼の嫌いなところを常に「彼のせい」にしてしまいます。しかし、外的帰属の考え方だと、彼の嫌いなところを「環境や状況のせい」だと考えることができます。この外的帰属の考え方をマスターできれば、彼の嫌いな部分も許せるようになるでしょう。

 

■“あるがまま”を受け入れることでイライラしない自分に


心理学者カール・ロジャーズは、もともと人には自分で自分の心の健康を回復させ、成長させようとする力があると提唱しました。彼氏の嫌いな部分を受け入れられないというのは、あなた自身の「こうあるべき」という理想とのズレが生じているのが原因です。

それを解決するためには、これまで認知していなかった“現実の彼”をあるがままに受け入れることが大事に。そうすることで、これまでとは違った視点で世界や彼を捉えることができるようになるため、心の変容が果たされるはずです。

 

人は未来を変えることはできますが、過去を変えることはできません。それと同様に、自分を変えることはできますが、他人を変えることは至難の業です。

相手の嫌いな部分を直してもらおうと努力するよりも、自分の受け止め方、考え方、認識のしかたを変える方がずっと早くて楽なのです。そして、あなたが変われば、自然と相手も変わっていくかもしれません。少し視点をズラすことで、世界はまったく別ものになると言うことなのですね。(認定心理士・脇田尚揮)

>彼氏のイヤなところばかり目につく…そんなときの気分転換法

 

 

【なかなか別れてくれない彼氏との「上手な別れ方」エピソード】


 

別れ

前の段落でご紹介した気分転換法を試してみても、やっぱりどうしても無理! となってしまったら、お別れに向けて動き出したほうがお互いのため。

アンケートにご協力いただいた18歳から35歳の66名の女性の体験談から、コツを探っていきましょう。

 

■「なかなか別れてくれない」状況になったことある?


Q.付き合っていた彼がなかなか別れてくれない……という状況になったことはありますか?

付き合っていた彼がなかなか別れてくれない……という状況になったことはありますか?グラフ

ある…32%
ない…68%

経験ありと答えた女子は32%。そのときにどんな行動をとったのか教えてもらいました。

 

■なかなか別れてくれない彼氏とどうやって別れたの?


・丁寧に説得

「納得するまで理由を言います」(20歳・学生)

「自分はもう相手に対する気持ちがないことを一貫して伝え続ける」(25歳・学生)

「きちんと話す」(23歳・学生)

やっぱりオーソドックスに、話し合いで解決の道を模索することを選ぶ人は多いようです。
別れることに応じてくれないのは、彼の中で何かもやもやしていることがあるからなのかもしれませんね。「もう一緒にはいられない理由を、とにかく丁寧に伝える」という意見が目立ちました。忍耐力が試されそうです。

 

・きっぱり突き放す

「もう好きじゃないから一緒にいられないと、キツいけど伝える」(22歳・会社員)

「すごい無愛想に冷たくキツく言う」(19歳・学生)

たとえ別れる瞬間であっても、自分が嫌われるのはいやなもの。できればいい感情だけを胸に、すんなり別れて欲しいところですが、現実には難しいでしょう。嫌われる覚悟で、あえて冷たく突き放すことが相手に対する優しさなのかもしれません。

 

・連絡を絶つ

「ひたすら連絡を無視」(27歳・会社員)

「LINEで未読無視を続けた……」(23歳・学生)

「何度も別れてと言ったが、泣かれたりキレられたりでなかなか別れてくれなくて着信拒否した」(30歳・専門職)

どんなにはっきり伝えても、理解しようとしない相手も存在します。こんな相手には行動で示すしかありません。途中でくじけると、相手に希望を与えてしまうことになりますから、「連絡先を消去する」「ブロックする」ぐらいの強い態度で臨むのがおすすめです。

・お金で解決

「1カ月ぐらい別れ話をしてて、限界だったので、手切れ金みたいな感じで欲しがっていた時計をあげて、これで別れて!って言ったら別れられました」(24歳・派遣社員)

「どうしても別れたかったので、お金を渡して引き下がってもらいました」(27歳・会社員)

無事に別れられてよかったものの、これでいいんでしょうか……。
最後の最後に彼氏のいやな部分を見せつけられたようで、がっかりする女子も多いのでは? 次こそは、こんな相手は避けて恋愛したいところです。

 

・トラブルの可能性も…

「もう連絡しないからって言ってまったく連絡を取らないようにする。LINEはブロックしたりアドレス帳から消して電話は出ないようにする。それでストーカーぽくなった人がいたからそのやり方が正しいのか分からないけど」(27歳・会社員)

「連絡を取らなくなると家(実家)まで押しかけられたりしたのでトラブルになりました」(27歳・会社員)

「なんとかスムーズに別れられるように」と行動しても、場合によってはトラブルに発展するケースもあります。ベストな対応方法は、相手によっても異なるはず。「無理だ!」と思ったときには自分ひとりで抱え込まず、早めに「信頼できる第三者」に介入してもらうことも考えておきましょう!

>もう嫌いだってば…。なかなか別れてくれない彼氏との「上手な別れ方」エピソード

 

 

別れてほしいのに別れてくれない彼氏に対して困った経験がある女子は、全体の約3割。決して少なくはない数字で、誰にとっても他人事ではないと言えるでしょう。はっきり、丁寧に伝えてもわかってもらえない場合には、早めに次のステップへと移ることも重要なのかもしれませんね。

 

【あわせて読みたい】

※モテない女子の特徴はコレ!モテるためにすべきこと&心理学

※本命彼女と遊びの彼女の違いって?大切にされるポイント&本命度診断テスト

※「彼氏と別れたい!」さりげないLINEでの伝え方から同棲解消テクまで体験談まとめ

※男女の友情は成立する?女子の本音は?心理学的には?経験者の実体験も!

※「彼氏がかっこいい!」とホレなおしちゃう瞬間・行動・言葉