付き合う前の「映画デート」で男性にやられたら女性がキュンとする行動6つ

付き合う前の「映画デート」で男性にやられたらキュンとする行動

映画館といえば、多くのカップルがデートを楽しむ定番のスポットです。シートに並んで同じ作品を楽しむことで、さまざまな感情を共有できることでしょう。定番の映画デートだからこそ! カレの行動にキュンキュンしてみたい!と思う女子も多いのでは?

84名の20代から30代の女子が、「映画デートでコレをやられたら、思わずキュン!」と思う行動について、調査してみました。

映画デート

1.スムーズな入場

  • 「チケットをあらかじめネットなどで買っておいてくれている。待たずにスマートに入場できるし、先のこと考えて準備してくれてるんだなって思う」(31歳・アルバイト)
  • 「チケットを事前に買っておいてくれる」(26歳・会社員)
  • 「チケットを買ってくれてたり、映画の時間までのプランも考えてある」(27歳・会社員)

 

人気映画作品の場合、購入から入場まで、長い列に並ばなければならないことも……。こんなとき、「あ、チケット買っておいたから」なんてサラッと言ってくれる男性に対して、思わずキュン!としてしまう女子が多いようです。

 


2.さまざまな気遣い

  • 「映画館に入って、私がミニスカートだったために、『寒くない?』って聞いてくれて、そのあと彼のコートを掛けて貰ったことです!」(21歳・学生)
  • 「トイレに行っている間に、ポップコーンやジュースを買ってくれていたらキュンとします!」(25歳・会社員)
  • 「レディーファースト! きちんと席を考えてくれて手をつないでくれている」(23歳・学生)

 

映画館で彼女が快適に過ごせるよう、気にかけてくれるカレはやはり好印象です。「こんなに私のこと、考えてくれているんだな」なんて、愛を実感できますよね。気遣いをしてもらったら、とびきりの笑顔でお礼の言葉を伝えましょう!

 


3.さりげない触れ合い

  • 「観ているときに手を繋いでくる」(27歳・公務員)
  • 「手をいきなり繋いで来たり、耳元で囁かれるとキュンとすると思う! やられたことないけど……」(29歳・専業主婦)
  • 「私側の手すりにひじをかけて体がさりげなく密着してくること!」(27歳・会社員)

 

映画を見ながらそっと手つなぎ! 恋愛ドラマや映画でもよくあるシチュエーションです。映画館でイチャつきすぎるカップルは正直微妙な存在ですが、これくらいなら周囲からも微笑ましく見てもらえるでしょう。

 


4.目と目で会話

  • 「となりに座って距離が近いとき、目が合って笑顔になってくれる! あとはそっと手を繋いでくれる」(25歳・学生)
  • 「チラッと隣をみたら、相手もこっち見てたとき」(22歳・会社員)
  • 「ドリンクを飲んだときに一緒にドリンクを飲んでアイコンタクトでニコ!って!」(25歳・会社員)

 

作品上映中は、「話せない」のが映画デートのデメリットでもあります。しかし二人の心がつながっていれば大丈夫! 二人だけのアイコンタクトで、こっそり愛を深められそうですね。

 


5.意外な一面にキュン!

  • 「感動シーンでボロボロ泣いて『ハンカチ貸して』って言ってくる。かわいい」(26歳・会社員)
  • 「感動して泣く」(49歳・専業主婦)

 

カッコ良く、紳士的に振る舞うカレにドキッとするのは当たり前。一方で、普段とはちがうかわいらしい姿にキュンとする女子も多いようです。あえて感動ものの映画をチョイスすると、大好きなカレの意外な一面を発見できるのかもしれません。

 


6.理解ある行動

  • 「急に手を繋ぐ。泣いてたら、頭ぽんぽん」(24歳・学生)
  • 「ホラー映画のとき、様子を伺ってくれるとき」(21歳・学生)

 

映画を見て、涙したり怖がったりする彼女に対して、さりげない気遣いを実践できるカレの評価も高いようです。二人で一緒に、同じ感情を共有できている感じが、映画デートの魅力です!

 


【まとめ】

映画デートにおける、女子たちのキュンポイントはいかがでしたか? あくまでもさりげなく、こんな行動をとられると、カレへの気持ちもぐんぐん高まっていきそうです! あまり気付いてくれないカレならば、「女子はこんな風にされるとうれしいんだよ」と、さりげなく教えてあげるのもアリかもしれませんね。(小日向恵子)