ドキドキ?それとも安定?結婚を前提に付き合う相手の選び方、ゴールインするための見極めポイント

結婚を前提に付き合う相手の選び方!ゴールインするための見極めポイントは?

(c)Shutterstock.com

「結婚を前提にお付き合いしてください」と言われたら、嬉しいと感じる人が多いのではないでしょうか。ではどんな相手となら結婚前提のお付き合いが成り立つのでしょう。また結婚を前提にお付き合いしている相手と本当に結婚してもよいか迷ったときの、見極めポイントも解説します。

結婚は何歳までにしたい?女子の本音は…

20代も後半に入ると、周りで結婚する人が増えたりして自分も結婚を考えだすという人が多いいのでは? では女性たちは何歳までに結婚したいと思っているのでしょう。18歳から35歳の女性(平均年齢:25.7歳)計134名の本音を見てみましょう!

平均年齢は29.9歳!

今回のアンケートでは、平均年齢は29.9歳という結果になりました。やはり「30歳という節目の年までに結婚したい!」という気持ちの女子が多いのかもしれませんね。では、それぞれの年齢までに結婚したい人の意見を見てみましょう。

24

「23歳。親が結婚した年と同じだから」(26歳・会社員)

「24歳。子どもが4人欲しいからできるだけ早く結婚したかったから」(24歳・会社員)

子供は親の背中を見て育つと言いますから、親と同じような人生を想像するのはある意味当然かもしれません。また子供がたくさん欲しいという希望があるのであれば、なるべく早く結婚しないと難しいですよね。

25歳~27歳

「27歳。子どもを産むまでに新婚生活を楽しみたい」(23歳・学生)

「27歳。30歳までに子どもを産むと考えたらギリギリの年齢だから」(25歳・会社員)

「25歳。子どもが欲しいから、もし不妊治療費が必要とかになったときに早いに越したことはないから」(23歳・会社員)

25歳を超えると、出産などを考える人も増えてくるようです。30歳までに第1子をと考えると、27歳くらいまでには結婚しておきたいという計算になるのかも?

28歳~29歳

「29歳。やはり女の子にはみんな、20代で結婚したい願望があると思います」(33歳・専門職)

「29歳。できれば27歳か28歳までにはしたいが、ギリギリ29歳までにはしたい! 20代のうちにしたいし、子どもも30歳までに欲しいから!」(25歳・会社員)

「28歳。30までには結婚!という空気が嫌でもある。いざ30になってから焦るというよりは、周辺の年齢で焦り始めるかと思います」(23歳・会社員)

20代のうちに結婚したいという意見も根強いですよね。周りの結婚ラッシュに焦って、結婚相手を探し始める人も多いです。

30歳~32歳

「30歳。子どもの将来を考えると一つの境目だと感じるから」(25歳・会社員)

「30歳。30を過ぎると結婚を前提にお付き合いというイメージで、男性からも魅力的に見えづらくなってしまいそうだから」(23歳・会社員)

「30歳。自分が母親になることを考えたら、30歳までには一人目を産んでないと、自分が大変になりそうなので」(23歳・会社員)

20代と30代はやはり少し違うという感覚がありそうです。体力的にもだんだんと衰えを感じてくる30歳ごろには、子供を産みたいというのはわかります。

33歳~34歳

「33歳。できれば今年中に伴侶を見つけたいですが、授かり婚が私の中ではないので、この年齢になるとなかなか焦ります」(32歳・会社員)

「33歳。女性としてのタイムリミットがあるし、取り残されたくない」(26歳・その他)

結婚相手を焦って決めたくはなくても、出産願望が強い人は体のことを考えると葛藤してしまいそうですね。

35歳~

「35歳。子どもを産みたいが35歳の時点でパートナーがいないと高齢出産のリスクが高まるので」(23歳・学生)

「40歳。40歳までに結婚できなかったらマンションを買おうと決めてるから」(26歳・会社員)

「35歳。アラフォーを意識する」(26歳・その他)

35歳を超えてからの出産は高齢出産のリスクがあります。“アラフォー”という言葉にひとつ区切りを感じる人も多いよう。


結婚を前提に付き合うならドキドキする男性?それとも落ち着く男性?

結婚を前提にしてお付き合いを始めるのとき、女性はどんな男性を選ぶのでしょうか?

Q.結婚相手にするならどっちを選びますか?

一緒にいてドキドキする男性・・・7%
一緒にいて落ち着く男性・・・93%

普通の恋愛であれば相手にドキドキを求めたくなりますが、結婚するのなら一緒にいて落ち着く男性がよいと思っている人が大半でした。ではそれぞれを選ぶ理由とは?

「一緒にいてドキドキする男性」を選ぶ理由

いつもキレイでいたい

「いつでも女性でいるためにはトキメキが必要だから」(24歳・女性)

「ときめいていたいから」(54歳・女性)

ドキドキする相手と一緒にいれば、自分自身もキレイで輝いていられそう♡ ときめきは恋に必須という意見ですね。

魅力がある

「いっしょにいてつまらない人はいやだから」(34歳・女性)

「落ち着くような大人しい男はおもんないわっ!」(22歳・女性)

「結婚して家族になっても好きで居たいから」(32歳・女性)

落ち着いてしまうような相手だと、一緒にいてもつまらなくなりそうという女性たちも。ずっと大好きでいるためにもドキドキさせて欲しいということなのでしょう。

「一緒にいて落ち着く男性」を選ぶ理由

(c)Shutterstock.com

ずっと一緒だからこそ

「ずっとドキドキは、しんどいです!」(28歳・女性)

「常に一緒にいるのに、ドキドキしっぱなしは疲れる」(26歳・女性)

「顔はそこそこで、自分の素が見せられるひとがいい」(24歳・女性)

結婚すれば毎日一緒に過ごすことになります。その間中ドキドキしていては、確かに身が持たなそうですね。

平和が一番

「結婚したら人生においてのビッグイベントがたくさんあるから、それを一緒に支え合って乗り越えていきたいから。ドキドキはたまーにでいいです!」(24歳・女性)

「自分自身、感情が激しいので、それを抑えてもらえそうだから」(21歳・女性)

ドキドキする感情はたまに味わえれば十分。逆に日常にドキドキがないからこそ、たまのイベントが楽しみになるかも!?

ドキドキはいつか……

「ドキドキはいつか慣れるから。結婚する人は気を使わなくて、一緒にいて楽な人がいい」(27歳・女性)

「一緒にいるだけで幸せになるから。無駄にドキドキしない関係が良い」(20歳・女性)

結婚当初はドキドキしていても、人間は何にでも慣れてしまう生き物。慣れた後も好きでいられるかどうかが大事ですよね。


 

結婚を前提に同棲するカップルも!メリット・デメリットは?

(c)Shutterstock.com

結婚を前提にお付き合いしていく中で、同棲を考えるカップルも多いですよね。では結婚前の同棲のメリットデメリットとは?

結婚前の同棲のメリット

「帰りに待ち合わせて一緒に食材を買って帰ったりするのなんかいい」(Webサービス運営・26歳)

「デートの後にバイバイしなくていいのがうれしい」(会社員・28歳)

「私はズボラで、すぐ散らかすタイプだが、知らぬ間に片付いてることがある」(営業・27歳)

「帰ってきたときに温かいごはんが食べれるのはめっちゃうれしい」(自営業・29歳)

同棲すれば当然一緒にいられる時間が長くなります。そのことに幸せを感じる女性は多いよう。また家事も分担できるため、ひとりの時より楽ができるという意見も!

結婚前の同棲のデメリット

「オナラとかされるとガッカリする」(広告系・38歳)

「良くも悪くも家族みたいになって、半年ぐらいセックスレスになった」(自営業・29歳)

「トイレやお風呂など、水回りの使い方が汚い。あと、料理のときのニオイに敏感で面倒」(営業・27歳)

「恋人のときには見えていなかった性格が表に出てきた。特に束縛」(Webデザイナー・34歳)

一緒に住んでみたからこそ、相手の粗が見えてしまうという悩みも発生します。同棲したら家族になってしまい、結婚のタイミングを逃すなんて言われますもんね……。


結婚を前提にお付き合い中…結婚相手として男性が選ぶ女性の特徴は?

(c)Shutterstock.com

現在結婚を前提に付き合っている人がいたり、付き合いたいと思っている人がいる人のために、既婚男性が結婚相手として選んだ決め手を見てみましょう!

性格が良い

「優しかった」 (20代・男性)

「性格がよく楽しかった」 (20代・男性)

「思いやりのある性格の人であったこと」 (30代・男性)

思いやりや優しさを感じた瞬間に、「この人とならずっと一緒にいられそうだ」と感じる男性は多いようです。将来子供が生まれたときのことを考えると、温かい家庭を一緒に築ける人が理想なのでしょうね。

一緒にいて安心する・気を遣わない

「一緒にいて落ち着いたから」 (回答多数)

「気を遣わないで暮らせるから」 (20代・男性)

「安心感」 (30代・男性)

結婚は恋愛と違い、その後の人生の長い時間をともにすることになります。そのとき、隣にいて気を使う相手では疲れ切ってしまうでしょう。隣にいてくれるとホッとする存在って貴重ですよね♡

相性が良い

「ライフスタイルのフィーリングが完全に一致した」 (30代・男性)

「気が合う」 (20代・男性)

「心の付き合い、金銭感覚、人生の向き合い方など共有共感できることが多かったから」 (30代・男性)

相性のよさは欠かせない要素のひとつではないでしょうか。金銭感覚や食べ物の趣味などが近くないと、どんなに好きな相手でもストレスが溜まってしまいます。

なんとなく

「なんとなく」 (回答多数)

「フィーリング」 (回答多数)

「直感」 (30代・男性)

フィーリングやなんとなくで結婚を決めたという男性も多数。ですが実際には、こんな風に直感で結婚したいと思った人が、いちばん相性がよいのかもしれませんね。

タイミング

「タイミング」 (回答多数)

「結婚したいタイミングで付き合っていたから」 (30代・男性)

「年齢」 (30代・男性)

お互いにタイミングが合っていることも重要です。どちらかだけが結婚したいと望んでも、できるものではないですからね。これもある意味運命かも!?

笑顔

「笑顔」 (30代・男性)

「笑顔が素敵な人だった」 (20代・男性)

女性の笑顔に癒されて、「この人なら大丈夫」と確信するケースもあるようです。毎日笑顔でいることは大変ですが、それができる女性は強さと優しさを兼ね備えています。

 


【既婚女性に聞いた!】結婚を決めた理由

続いては既婚女性が結婚を決めた理由を見てみましょう! リアルな本音が覗けますよ。

規則正しい生活

「夫は毎日シャワーを浴びて、歯磨きをすること。生活態度がルーズな人と一緒にいると、自分もルーズになるので」

一緒に暮らす人の生活態度って、自然と自分にもうつってしまうんですよね。自分の理想の生活態度を持つ人と暮らせば、自分自身が望む姿になれる!?

部屋が汚くても許してくれる

(c)Shutterstock.com

「夫は家が汚くて安心できた。潔癖男子と長く付き合って、疲れたので」

過去に潔癖男子と付き合って疲れてしまったという女性も。過去の失敗を活かし、自分が一緒にいてホッとできる人を選んだんですね!

安定がいちばん!

「定職についていて、生活も気持ちも安定している」

やはりお金や気持ちが安定している人は落ち着きますよね。結婚生活の中でなるべく静かな幸せを望むなら、こういう人がいちばんかも!?

小さな価値観が同じ

「共通の生活雑貨があったり、不思議といろんな共通項があり、小さな価値観を共有できる」

価値観が近いことって本当に重要。価値観ってなかなか変えることができないため、最初から合っているに越したことはありません。

歩み寄れる

「相手に合わせてもお互い苦にならず、自然に歩み寄れる」

相手に無理に合わせるのでなく自然に合わせられる。しかもお互いにそれをするので、どちらかだけの負担が大きくなるわけでもない。ふたりともの愛情を感じますね♡


結婚を前提に付き合うときに見極めるポイント6つ

最後に結婚を前提に付き合うとき、どんな相手を選ぶべきなのか。見極めポイントをご紹介します。マッチングアプリ大学が結婚経験のある30代女性178名を対象に行った、「結婚の決め手」に関する調査から見てみましょう!

【1】自分を大事にしてくれるか

「結婚前は経済力や容姿や肩書きなどばかり見ていたが、旦那さんに出会ってから経済力や見た目も大事だけど自分を大切にしてくれる、真心がある温かさが必要なんだと思った。今も毎日感謝しています」(福岡県・36歳・30歳で結婚)

結婚してからもパートナーを大切にするためには、優しさや温かさに余裕も必要です。そういう相手とでなければ、結婚生活も辛くなってしまいそう。

【2】自分をさらけ出して落ち着けるか

「常にドキドキする恋愛対象の人がいいと思っていましたが、自分をさらけ出して落ち着ける人が一番です。結婚前の自分はイケメンを探していたので、“容姿ではなく結婚対象タイプで選ぶんだよ”と伝えたいです」(埼玉県・39歳・33歳で結婚)

見た目で結婚相手を選んで失敗したという声も聞きます。恋愛するなら外見重視でもよいかもしれませんが、結婚相手には落ち着けるタイプが合っていそうです。

【3】ある程度収入があるか

「いくら良い人でも、お金は大切だと思いました。貯蓄がなく、収入も低ければ子育ては難しいです。産まれる前に出産、育児に必要な買い物もあるし、産まれてからも、必要なものがたくさんでてきます」(福井県・30歳・23歳で結婚)

性格がよくて相性がよくても、お金がないとなかなか生活が大変です。収入だけを見て決めるのも問題ですが、自分の望む生活ができるくらいの収入はないと厳しいかも?

【4】いざというとき味方をしてくれるか

「自分の発言に責任を持って行動できる人、意外と少ないです。いざという時、きちんと妻の味方をしてくれる人。それを見極めなさい、と結婚前の自分に教えたいです」(神奈川県・37歳・25歳で結婚)

責任感のある人は、人を見捨てたりはしません。人は追い詰められると失敗をしてしまう生き物。だからこそ、いつでも味方になってくれると確信できる人を選ぶべきなのかも。

【5】優しいか

「優しいと単なる優柔不断の見極めは大事だと思いました。また、ある程度お互いが自分の意見を言えて相手の言う事を理解することが出来る人が大事だと思います。 結婚前の自分に教えるなら“本当の優しさを見極めて”と言いたいです」(滋賀県・39歳・19歳で結婚)

優しさって見極めが難しいですが、いざというときには叱ってくれたり、本当の意味で相手のことを思いやれる心が重要ですよね。

【6】お互いに尊敬しあえるか

「長く一緒にいたり、子供が生まれたりして環境が変わってしまうと、お互いに考えや価値観が変わってしまうのだと思いました。 もっとお互いに思いあえる人や、尊敬しあえる人なら良かったのだろうなと思います」(東京都・30歳・23歳で結婚)

お互いに対等に意見を言い合えて、相手を尊敬できる。そんな関係でないと、夫婦は長続きしないのかも。たとえダメな部分があっても尊敬できる部分が大きければ許せちゃいそうですもんね!


【まとめ】

「結婚を前提にお付き合いしてください」と言われたら、多少の不安があっても嬉しいですよね! ですがそこで舞い上がってしまうのは要注意。きちんと相手を見極めて、本当に結婚しても後悔しないかを確かめてみてください。