イヤなLINE5連発!既読スルーする男性の本音と相手が返事を返したくなるテクニック

イヤなLINE5連発!既読スルーする男性の本音と相手が返事を返したくなるテクニック

(c)Shutterstock.com

彼氏や好きな人からLINEで既読スルーされると、悲しい気持ちになりますよね。「脈なしなのかな?」と自信を失ってしまう女性もいると思います。そこで今回は、男性が既読スルーする本音や既読スルーしたくなるLINE、脈なしLINEの特徴をご紹介。既読スルーされにくいLINEのテクニックもお伝えします♡

未読スルーと既読スルー、どっちがイヤ?

LINEって便利なツールですが、相手が読んだか読んでないかが一発でわかってしまう、既読マークがあります。そのため、もやもやした気持ちになったことがある人も多いのでは? 既読スルーと未読スルーってどちらが嫌なのでしょうか。女性100名にアンケートを実施してみました。

Q.未読スルーと既読スルー、どっちがイヤ?

未読スルー・・・43%
既読スルー・・・57%

既読スルーのほうが嫌という人が多い結果に。未読なら「忙しいのかな」などと自分の中でも言い訳を考えられるからでしょうか。

「既読スルーの方がイヤ」な理由

見たのに返さないのはなぜ?と思う

「見たのになぜ返さない? と思う」(27歳女性)

「見てるのに返信がないのか…という気持ちになるので」(27歳女性)

「返信をしなきゃいけないような内容で、見たのに返信が返ってこないのはツラい」(22歳女性)

読んでいないのであれば仕方がないと思えますが、読んでからの返事なしだと相手の心情をいろいろと考えてしまいますよね。何度も既読マークがついていることを確認してはため息をつくなんて行動をしてしまうかも。

希望がなくなる

「不安になる」(20歳女性)

「グループラインでみんな既読して返信がなかったら心が折れる」(23歳女性)

「読んでいるのに返信してもらえないことが悲しい」(29歳女性)

相手にも事情があるのかもと思いつつ、心のどこかで引っかかり続ける既読スルー。「嫌われたのかな?」「何か嫌がる言葉を送っちゃったかな?」など、不安がどんどん募ってしまいます。

 

なんとなく気まずい

「もうその後の話がないってことになるから悲しい」(20歳女性)

「もうこっちから連絡がとりづらくなるから」(19歳女性)

「読む時間があっても返事をくれないと後回しにされている感じがするため」(24歳女性)

未読スルーであれば「どうしたの?何かあった?」など心配を装って次のLINEを送ることも可能です。ですが既読スルーは相手からシャッターを下ろされてしまっているような状態。自分から再度メッセージを送るのもためらわれます。


既読スルーしてしまう男性の本音6つ

(c)Shutterstock.com

男性たちはなぜ既読スルーをするのでしょうか? その本音を見てみましょう。

【1】返す内容に悩んでいる

相手のメッセージに対して、どう返事をしたらいいのか悩んでいる可能性は十分にあります。相手の気持ちなどをよく考える慎重なタイプほどこの理由になりやすいため、しばらくは様子をみるのがいいかも。

【2】ただ面倒くさい

男性は女性ほど気軽なおしゃべりが好きではないという人も。そのため、面倒くさくて後回しにしてしまうこともあります。あまり深く考えた行動ではないので、気にしすぎないほうがいいのでは?

【3】仕事などで忙しい

仕事のスイッチが入っているときには、恋愛のことは一切考えないという人もいますよね。仕事中にメッセージは読んだけれど、返事をするのは仕事が終わってプライベートの時間になってからと決めているのかも。

【4】返事の必要性を感じていない

相手からのLINEが質問などでないと、返事をしなくてもいいのかなと思ってしまうこともあります。この場合、いつまで経っても相手から返事がくることはないので、質問を含めたLINEを時間が経ってからもう一度送ってみるのもありでしょう。

【5】返事をしたくない

既読スルーをされたら脈なしと決めるのは早計ですが、「この人とは会話をしたくないな」と思われている可能性も捨てきれません。それまでの会話の流れなどを思い返して、相手の気持ちを探ってみては?


男性が既読スルーしたくなる不人気LINE5選

男性に既読スルーされやすいLINEというのもあります。あなたが送ってしまっていないかチェックしてみてください!

【1】今日の報告

「どう返信するのが正解かいまだにわからない」(26歳・公務員)

「そんなときこそイイネのボタンがほしくなります」(25歳・IT関連)

「送られてきても困惑しかしない」(29歳・広告関連)

まるで日記のようなLINEを送られて、何と返事をしていいか悩んでしまう男性たち。ただ話を聞いてほしい、今日のことを共有したいという気持ちだけで送っても無視されてしまうかもしれません。

【2】長文LINE

「結局何が言いたいのかわからないものが多い為」(30歳・金融関連)

「もっと簡潔に!と言いたくなる」(25歳・出版関連)

「長い吹き出しを見るだけで溜息が出る。読むのが面倒だし、だいたい返信に困る内容が多いですね」(29歳・メーカー関連)

チャットのようにポンポンと会話ができるのがLINEの魅力です。それを台無しにするような長文LINEは男性たちに不評のよう。長い文章は細切れにして、相手と会話を楽しみましょう。

【3】「重たい……」

「相談の中でも内容が重いもの。電話か会って話そーよって感じ」(23歳・学生)

「LINEで返すには長くなりそうだし……って相談は悩む」(26歳・不動産関連)

「そんな重い話LINEでするなよと思う」(20歳・学生)

LINEではあまり重たい相談をされても困ってしまうんですね。内容が重めだなと思ったら、まずLINEで時間を作って電話や直接会えないかを聞いてみるのが正解。

【4】しつこいLINE

「返事をしていないのに何度もしつこいLINE」(25歳・IT関連)

「やりとりを終わらせるメッセージを送ったが、しつこく質問したりして終わらせてくれない」(27歳・広告関連)

しつこいLINEも嫌われてしまいます。相手が返事をしてこないのには何らかの理由があるはず。LINEでもしっかり空気を読んで、相手が終わらせたがっている雰囲気を感じたらその日の会話は終了しましょう。

【5】自撮り付きLINE

「わざわざ自撮り送ってくる子がいるが、ナルシストとしか思えない」(22歳・学生)

「頼んでもいないのに自撮り写真を送ってこられても反応に困る」(28歳・出版関連)

「かわいいね……とお世辞しか返せない」(25歳・金融)

自撮り写真を送られたら、「褒めて」と言われているように感じてしまう男性もいるようです。恋人ならともかく、まだ友達の段階での自撮りは、避けた方が無難です。


既読スルーされた…男性の脈なしLINEの特徴

既読スルーされたからと言ってすぐに脈なし判定する必要はありませんが、それでも脈なしの可能性が……。どんな会話だと脈なしの可能性が高いのでしょうか?

質問がこない・・・脈なし度60%

「やっぱり自分に興味がある人は自分のことを知ろうとしてくれる」(23歳・コンサル関係)

自分からばかり質問を投げていて、相手からは質問がこない……。これは相手が自分に興味を示してくれていない可能性大です。残念ながら現時点では恋心は発生していないと認識したほうがいいかも。

相槌orスタンプのみ・・・脈なし度80%

「うんっといった相槌だけだと、話題を広げるのではなくて、会話を終わらせたいんだろうなって察する(笑)」(24歳・不動産関係)

返事が超短文で相槌だけだと、会話を続けるのにも挫けてしまいますよね。正直相手もあまりあなたと会話するのを楽しく思っていないのかもしれません。

返信が遅い・・・脈なし度90%

「スマホをよく触っているのに返信が全然こないから、諦めました」(22歳・学生)

いつもスマホを触っている人からの既読スルーなら、それはわざとの確率が高いです。返事を最後までしないで関係がこじれるのが嫌だからと、寝る直前に一言だけ返事をしてくるなんてこともあるある。

予定をはぐらかされる・・・脈なし度95%

「さらっと違う話にもっていかれる…」(20歳・学生)

約束ごとを守らなかったり、直接会うのを避けるような行動をとっているのなら、残念ですが恋愛は難しいでしょう。少しずつ関係を構築していけば、将来的には奇跡が起こるかも!?

無視・・・脈なし度100%

「返信がこなくなったらそれはもう、諦めるしかない」(26歳・IT関係)

既読スルーのままいつまで待っても連絡が来ないなら、脈なし度は100%。正直あまり相手に時間をかけるのは得策とは言えないかも。


既読スルーさせないためのテクニック4つ

(c)Shutterstock.com

いつもLINEを既読スルーされてしまう人は、LINEの中身を変えてみるといいかも! 既読スルーされないためのテクニックを見てみましょう。

【1】最初に山場を!

言いたいことや本題は後回しにせず、LINEの前半に持ってくるようにしてみてください。忙しい男性ほど、結論を急ぎがち。最初にグッと話題に引き込めば、相手も無視しづらくなります。

【2】相手が興味のある話題を提供

内容は自分の言いたいことよりも、相手の興味を引けるかどうかで選ぶのが適切です。人は自分の興味関心のあることに関してのほうが話に乗ってくれやすくなります。

【3】スタンプを使い過ぎない

スタンプを多用しすぎると、相手に「この人はスタンプばかり送ってくる人だ」と認識され、あなたのLINEの価値が下がってしまうことがあるそう。スタンプは便利なアイテムですが、ここぞという時だけに使うようにしましょう。

【4】テンポのよい会話を心がける

LINEってチャットのように、相手との会話のキャッチボールを楽しめるのが醍醐味ですよね。そのためには、あまり長い文章は送らず、短文でテンポのよい会話を続けられるように意識するのが吉。


【まとめ】

既読スルーをされるのって、結構精神的に辛いですよね。男性が既読スルーをしてしまう原因にも複数あるため、一度だけならあまり落ち込む必要はなさそうです。ただ何度も既読スルーされるなら、関係を進展させるのは難しいかも。LINE以外の行動も合わせて、本当に脈なしなのか確認してみてくださいね。