早く結婚したい男性心理…スピード婚の定義と特徴、交際期間が短くても幸せになるには

早く結婚したい男性心理…スピード婚の定義と特徴、交際期間が短くても幸せになるには

(c)Shutterstock.com

あなたは結婚するまでの交際期間はどのくらいが理想ですか? 『スピード婚』なんて言葉もよく耳にしますが、一般的にどのくらいがスピード婚と呼ばれるのでしょうか? 今回は、スピード婚する人の特徴や早く結婚したい男性心理、失敗しないための見極めポイントを集めてきました!

 

スピード婚とは?どのくらいで結婚することを言う?

スピード婚とは交際期間どれくらいで結婚することを言うのか、調査していきます。まず、お付き合いを開始してから結婚まで、どのくらいの期間が必要だと思うかを聞いてきました!

 

Q:お付き合いを開始してから結婚まで、どのくらいの期間が必要だと思いますか?

半年未満…6.3%

半年~1年未満…32%

1年~2年未満…46.7%

2年~3年未満…13.4%

3年以上…2.6%

情報提供元:Omiai

 

1番多かったのは1~2年未満。そして短い期間で言うと半年未満という意見がありました。この半年未満にも1か月なのか3か月なのか、多少のばらつきがあると思いますが、このくらいの交際期間で結婚することは間違いなく「スピード婚」と言えそう。

また少し広めに見ると半年~2年未満という意見が全体の8割弱を占めているので、この期間より早く結婚する場合は一般的にスピード婚と思うのかも。なんとなく、長くても1年は待たずしてゴールインする場合は早めに結婚を決めたな! というイメージでしょうか?


スピード婚する人の特徴3つ

続いてスピード婚する人の共通点をまとめました。こんな人はスピード婚しやすい! 早く結婚したいあなたは、こんな人を見つけるといいかもしれませんよ♡

 

1.結婚願望がとにかく強い

当然かもしれませんが、結婚願望が強い人は結婚への話が早いです。出会ってからの会話も結婚前提の内容になりますし、今どうというよりは結婚後の生活をイメージしています。例えば、自分の仕事が忙しいなら家事を任せても大丈夫か。子どもの人数や住環境の理想は一致しているかなど…。ゆっくり恋愛したいというよりも条件で見てくる人も多いので、そこが問題なければ結婚は早そう。

 

2.決断力がある

決断力がある人は、結婚の決断も早い傾向にあるのかも。もちろん、結婚は何度もするものではないですが普段から決断力や判断力がある人は、大事なことを決めるのも得意です。反対に「この人との結婚はないな」と思ったら、お別れを決断するのも早いです。

 

3.運命を信じている

よく「ビビッと来た!」なんて言葉もありますが、運命を信じているロマンチストタイプな人も、スピード婚しやすい人あるあるです。出会った瞬間恋に落ち燃え上がりやすいので、そのままスピード婚ということも! 熱しやすく冷めやすい面もあるので、いくら運命を感じてもお互いのことをしっかり知ることは必要ですよね。


スピード婚を考える男性心理

(c)Shutterstock.com

「結婚はまだいいや」と考える男性がいる一方で、「少しでも早く結婚したい」男性がいるのはなぜか、その心理が気になりませんか? こちらでは、スピード婚したいと思う男性の本音を調査してきました。

 

1.親を安心させたい

多いのが親を安心させたいという意見。特に親の結婚が早かったり兄弟が既に結婚していたりする場合は、プレッシャーをかけられることもあります。一方で特に親から何か言われているわけでもなく、親孝行のひとつとして結婚を考える男性もいます。

 

2.孫の顔を見せたい

親孝行と似ている部分がありますが、孫の顔を見せたいから結婚したいという男性もいるよう。正直、結婚したいというよりは子どもが欲しい気持ちが強いため、早めの結婚を考える人も多いようです。子供が多く欲しい場合はなるべく早めに第一子を…と考えるのは自然なことですよね!

 

3.会社での立場

会社の同期や後輩まで結婚していると、早く身を固めなきゃと急ぐ男性もいるんだとか。会社によりますが、独身だと転勤が多かったり転勤の範囲が広かったりすることもありますよね。結婚することでそれが多少落ち着くことも。

 


スピード婚したいなら。結婚を意識させるポイント

(c)Shutterstock.com

ここまで、スピード婚する人の特徴や男性心理を見てきましたが、スピード婚を掴むには「結婚したい」と思わせる女性になるのも大切です。そこで、結婚を意識させるポイントをまとめました♡

 

1.家庭的な一面をアピール

家事はお互い協力して分担制でいいと思いますが、なんだかんだで家庭的な一面はアピールポイントになります。料理を振る舞うでも、整頓された部屋に招待するでもいいので、家事が得意な部分や苦手でも頑張っている一面を見せておくと、結婚への意識が高まるかも。あと家庭的というのは、ただ単に家事をこなすだけではなく、彼にとっての癒し・安心感のある存在になることという意味も含まれていますよ♡

 

2.プロポーズのアシスト行動

告白もそうですが、アシスト行動って結構大事なんです。例えば、

  • 将来についての話をする
  • 『子供欲しいなあ』『子供かわいい』アピールをする
  • 『結婚したいなあ』とぼやく

など、わりとストレートに結婚したいことを伝えるのがポイントです♡ 前向きに考えているけど、プロポーズのタイミングをうかがっていた彼なら、すぐに行動してくれるかも!

 

3.結婚しないなら別れるとハッキリ伝える

プロポーズのアシスト行動をしても彼から動きがないのであれば、ハッキリ「結婚しないなら別れる」と伝えるのも手です。いくら好きでも結婚する気がない相手なのであれば、結婚したいあなたの時間を無駄にしていくだけ…。一度きりの人生なので、後悔のない選択を!


スピード婚をうまくいかせるために。結婚すべき相手か見極める方法

交際期間が短い場合でも後悔しないために、最低限見るべき見極めポイントをご紹介します!

 

1.金銭感覚は似ているか

いきなり現実的な話ですが、お金ってやっぱりトラブルの原因になりやすいんです。毎回のデートや持ち物などで、金銭感覚を知ることはとっても大切! ケチ過ぎても息苦しいし、無駄遣いやギャンブルばかりする人も困りもの。あと、お互い食やファッションなど、特定のものにはお金をかけるなど、使う内容に理解があるといいですね! 使うところは使う、節約するところは節約。話しにくいことではありますが、ここはきっちり話し合うことが必要です。

 

2.価値観の大きなズレがないか

価値観って多少なら合わせることはできても、大きくズレていると一緒にいて辛くなります。大切にしたいもの、こだわりのもの、これだけは譲れないこと…たくさんあると思います。金銭感覚同様、こちらも短期間でもよく話して、お互いのことを知って見極めると良いでしょう!

 

3.将来住む場所や子供について話し合う

結婚はふたりだけの問題ではありません。もし上京しているなら将来は田舎に帰るのか、それとも今住んでいる場所の近くに住むのか。仕事は? 子どもは? どう育てたい? など、イメージを話し合っておくべき。もちろんその通りいかなくても、例えばどちらかは子供は考えていない、どちらかは東京に残りたいなど、そこで意見が相違していたら将来一緒にいるのは難しいですよね。結婚後に発覚しても困るので、事前に話し合うべき!


スピード婚?じっくり交際?本当に幸せになれる婚期をチェック♡

最後に、あなたにおすすめな結婚時期がわかる心理テストをご用意しました! 婚期が気になるあなた、早速診断してみて♡

 

 

あなたの婚期の正解は?本当に幸せになれる「おすすめ結婚時期」心理テスト


【まとめ】

結婚する上で大切なのは交際期間の長さではなく、お互いを思いやる気持ち。交際期間が短くても、本気で大切に思っていればその後の結婚生活も成立するはずです。とはいえ、短いと見抜けない部分も多いので、慎重に。最低限の見極めポイントは必ずチェックしてくださいね!