ストレートアイロンの巻き方8選|初心者でも簡単にできるやり方を徹底解説!

艶肌

巻き髪を作りたいけどコテを使いこなせない…そんな不器用さんにもおすすめなのが、ストレートアイロン。クセやうねりをまっすぐにするのはもちろん、内巻きやミックス巻き、ウェーブまでできちゃいます! 周りが熱くならないから、髪が短い人や前髪など細かいところにも使える優れもの。ロングヘアやミディアムヘア、ボブヘアの方にもおすすめの巻き方をご紹介します。

ストレートアイロンでスタイリングの前に

事前にブラッシングを!もつれをほぐし、毛流れを整えてから

ストレートアイロンで巻く前にまずはしっかりブラッシングを。髪がからまったままだときれいに巻けません。おすすめブラシはこちら!

事前にブラッシングを!もつれをほぐし、毛流れを整えてから
ブラッシングしながら頭皮マッサージができるブラシ。程よい刺激のマッサージピンや、クッション性の高いパッドが頭皮にやさしく、傷つけることなくケアができます。

giovanni(ジョヴァンニ) パドルブラシ 2,728円(税込)

ボブ~ロングヘアまで!王道ワンカールの巻き方

「整ってるのに自然な動きが作れる!」「とにかく万能!」と再注目されているストレートアイロン。まずは基本の内巻きからマスターして。

初心者も簡単♡「エアリー内巻き」の作り方

カールアイロンを使うより、初心者さんでも自然な仕上がりに! 毛先だけキュッと内巻きにするのではなく、手首を大きく動かしながらゆるやかな内巻きを作ります。

How to

初心者も簡単♡「エアリー内巻き」の作り方
1.全体を4つにブロッキング
いくつかに分けて巻けば熱が通りやすく失敗してもリカバリーできます。縦4つに分け、前から後ろの順に巻いていきます。

初心者も簡単♡「エアリー内巻き」の作り方
2.顔周りを内巻きに
毛束を持ち上げて中間部分からアイロンを軽く挟み、時間を置くことなくすべらせて、手首を大きく返して内巻きに。ハーフカールくらいがベストです。

初心者も簡単♡「エアリー内巻き」の作り方
3.後ろを内巻きに
両方の顔周りを終えたら、後ろの毛束を巻きます。毛束は自分で見やすいように横に引き出し、中間からアイロンを挟んで毛先を内巻きに。毛束が少しねじれても気にしなくてOKです。

初心者も簡単♡「エアリー内巻き」の作り方
4.トップを内巻き
全体を巻き終えたら、トップの毛束を上に引き出して根元近くからアイロンを挟み、そのまま後ろへ大きく内巻きに。

初心者も簡単♡「エアリー内巻き」の作り方
5.スプレーワックスでふわっと仕上げ
手のひらでカールを持ち上げて、髪の内側にスプレーワックスをふんわりかけます。スプレーの缶を動かしながらつけるとムラになりにくくて◎。

初心者も簡単♡「エアリー内巻き」の作り方
完成!

アイロンで簡単!ウェーブ巻きや内外ミックス巻きのやり方

アレンジ幅が広がる!「カジュアル波ウェーブ」の作り方

そのままでもアレンジしてもかわいい「カジュアル波ウェーブ」。仕込んでおけば、ひとつ結びやシニヨンなどのシンプルなアレンジもおしゃれにランクアップ。毛束を持ちながらクセづけすると意外と簡単です。

How to

アレンジ幅が広がる!「カジュアル波ウェーブ」の作り方
1.全体を5つにブロッキング
こめかみのラインで上下に分け、下は縦4つに分けてそれぞれクリップで仮留めしておきます。写真は片側だけの状態です。

アレンジ幅が広がる!「カジュアル波ウェーブ」の作り方
2.根元は必ず外巻きからスタート
ひとつのブロックの毛束をさらにふたつに分け、顔周りから開始。根元近くからアイロンを挟んで、根元を頭皮側に軽く押し当てるようにして外巻きに。ここを内巻きにしてしまうと、内側が膨らんで頭が大きく見えてしまうので、最初は必ず外巻きにします。

アレンジ幅が広がる!「カジュアル波ウェーブ」の作り方
3.次に内巻き、その下は外巻きと繰り返す
少しアイロンをずらし、その下は内巻き、さらにその下は外巻きにしてウェーブを作ります。毛先は外巻きで終わるように。他のブロックも同じように巻きます。

アレンジ幅が広がる!「カジュアル波ウェーブ」の作り方
4.上半分も波ウェーブに
上半分は6つくらい、細めの毛束に分けて巻きます。下半分とは逆に、こちらはトップがふんわり見えるように根元は内巻き、その下は外巻きに。毛先の巻き終わりは内巻きでも外巻きでもOKです。

アレンジ幅が広がる!「カジュアル波ウェーブ」の作り方
5.ヘアミルクでツヤをプラス
ミルクの量は2プッシュ。指の間までしっかり広げてから、内側から髪を持ち上げて空気を入れるようになじませます。

アレンジ幅が広がる!「カジュアル波ウェーブ」の作り方
完成!

 

ニュアンスのある揺れ感がかわいい♡

ニュアンスのある動きがスタイリング上級者風の「内外MIX巻き」。ちょっと複雑な巻き方も、ストレートアイロンならやけどを気にせずに気軽にできます。毛先の平巻きでカールがダレるのを予防し、顔周りのSカールでニュアンシーな揺れ感を。

How to

ニュアンスのある揺れ感がかわいい♡
1.全体を5つにブロッキング
こめかみのラインで上下に分け、下は縦4つに分けてそれぞれクリップで仮留めしておきます。

ニュアンスのある揺れ感がかわいい♡
2.顔周りを一気にS字カール
まずは下半分の顔周りからスタート。毛束の中間からアイロンを挟み、手首を内に返して内へのカーブを作ります。
そのままアイロンをすべらせて、S字を描くように毛先は外ハネに。毛束を持ちながら作ると簡単です。

ニュアンスのある揺れ感がかわいい♡
3.後ろは外巻きに
後ろの毛束は横に引き出し、中間からアイロンで挟んでそのまま毛先まで下ろし、毛先だけキュッと持ち上げて外ハネにします。

ニュアンスのある揺れ感がかわいい♡
4.上半分は大きく内巻きに
こめかみ上部の髪は左右に分けて巻いていきます。毛束を斜め上に持ち上げて中間から挟み、持ち上げながら毛先を内巻きに。

5.毛先を握ってヘアバームをなじませます
バームを人さし指の先に取り、手のひらですりつぶしながら広げます。毛先を握って外ハネの毛流れを作るようになじませます。

6.内巻きのカールにはバームをふわっと
トップや中間の内巻き部分には手ぐしを通しながらふわっとバームをなじませます。

ニュアンスのある揺れ感がかわいい♡
完成!


ストレートアイロンを使った前髪の巻き方は?

今っぽい抜け感♪シースルー前髪の作り方

おでこが見えるくらい透けている前髪は、顔の半分が隠れてしまうマスクをしていても、グッと明るい印象に♡

How to

今っぽい抜け感♪シースルー前髪の作り方
①霧吹きなどで前髪の根元を濡らし、ブラシで根元を立ち上げるようにすくってブロー。最初に前髪のクセをしっかり伸ばしつつ、根元のふんわり感を仕込んでおくのがポイント。

今っぽい抜け感♪シースルー前髪の作り方
②ストレートアイロンで前髪の根元から毛を挟み、毛先を軽く内側に入れるようにワンカール。ブローでややボリュームアップするので、アイロンの熱を与えて広がりを抑える役割も!

今っぽい抜け感♪シースルー前髪の作り方
③ワックスを少量取って指先になじませ、前髪を少しずつつまみランダムに束を作っていきます。根元にワックスをつけるとベタッとするので、毛の中間から毛先をつまむように意識して。

今っぽい抜け感♪シースルー前髪の作り方
④前髪の量を薄くするために前髪表面の中央の毛を写真くらいの量取り、サイドに流して周りの毛となじませます。流した前髪にワックスがついているので、サイドの髪と一体化させやすい。

完成!

 

長い前髪や伸ばしかけにもおすすめのヘアアレンジ

下ろすと目にかかってとってもウザったい……そんな長さの前髪をかわいくアレンジした「じゃまっけ前髪」。外側にハネ動きがつくことで、邪魔な前髪がスッキリ。伸ばしかけっぽい野暮ったさがなくなり、おしゃれな印象に♡

How to

長い前髪や伸ばしかけにもおすすめのヘアアレンジ
①ストレートアイロンを160°に温めたら、前髪をひとまとめにして根元近くからアイロンで挟み、毛先までスッと通してクセをリセット。特に生え際に手強い生えグセがある場合は、根元だけ何度かアイロンを通して!

長い前髪や伸ばしかけにもおすすめのヘアアレンジ
②ざっくりセンターパートにして、まずは前髪の両端部分を巻きます。髪が外側へ流れるように毛束は外を向けながらもアイロンを縦に使って毛先は軽く内に入るようにするのがコツ。こうすることで、顔まわりのカールとの馴染みがよくなりこなれたフリル感がでます。

長い前髪や伸ばしかけにもおすすめのヘアアレンジ
③前髪の中央部分の左パートはアイロンで根元を挟んで右方向に流します。右パートも根元を挟み左方向に流して。つまり分け目を境にふたつの毛束がクロスするように巻くイメージ。端と中央部分を2段階に分けて巻くと綺麗に仕上がります。

長い前髪や伸ばしかけにもおすすめのヘアアレンジ
④センターパートに戻したら、スプレーする前に毛流れを軽く整えます。こうしておくと、仕上がりが綺麗に。最後にソフトスプレーを毛束の内側にシュッとひと吹き。スプレーを左右に動かしながらつけるとムラになりにくく、ベタつかない!

長い前髪や伸ばしかけにもおすすめのヘアアレンジ
完成!

 

ハーフアップにぴったり!ストレートを活かしたシースルー前髪

長め前髪にぴったり! ハーフアップをカジュアルに落とし込んだアレンジ。薄めに下ろして束にしたシースルー前髪が、クールに見せる効果あり!

How to

ハーフアップにぴったり!ストレートを活かしたシースルー前髪
①前髪の中央とこめかみ上の部分をほんの少しだけ残して、高い位置でハーフアップに。ハーフアップはタイトにして、カジュアルな印象に。

ハーフアップにぴったり!ストレートを活かしたシースルー前髪
②前髪の根元からストレートアイロンを通して、ピンとさせます。

ハーフアップにぴったり!ストレートを活かしたシースルー前髪
③バームをほんの少し指先に取り、前髪を少しずつつまんで束になるようにつけます。バームをつけすぎるとベタッとするので、量に注意を!

ハーフアップにぴったり!ストレートを活かしたシースルー前髪
完成!


後れ毛や外ハネを作るストレートアイロンのやり方

ポニーテールにもぴったり!後れ毛の巻き方

ヘアアレンジで残した後れ毛を、軽く巻いて動かすだけで「手が込んだ風」の気の利いた印象になります。
細い毛束だから、熱を当てるだけでちょうどよくクセづきます。いつものアレンジに+αするだけで見違えるほどおしゃれに!

How to

ポニーテールにもぴったり!後れ毛の巻き方
1.毛先は外ハネに
まずは毛先をアイロンで軽く挟み、巻くのではなく外にハネさせるようにハーフカール。先端だけちょこんと外ハネにします。

ポニーテールにもぴったり!後れ毛の巻き方
2.中間は挟まず沿わせるだけ
次は中間部分を。毛束の内側からプレートを当て、プレートに沿わせながらカールさせます。毛先のハネにつなげ、ゆるーくS字に仕上げます。アイロンで挟まず、プレートを当てるだけです。

ポニーテールにもぴったり!後れ毛の巻き方
3.オイルで束っぽく
指先にほんの少しオイルをつけ、クセづけた毛束をつまみながら束感を出します。しなやかな動きが出れば完璧!

ポニーテールにもぴったり!後れ毛の巻き方
完成!

\後れ毛でこんなアレンジも可能♪ 手ぐしでラフに!「ざっくりポニーテール」 /

ポニーテールにもぴったり!後れ毛の巻き方

軽めの外ハネが大人っぽい♡ヘアアレンジ

うねるようなクセを生かし、バームで仕上げたニュアンシーな外ハネヘアもストレートアイロンでできます。直毛だったり髪が硬めの場合はカールアイロンでしっかり熱を与えるのがおすすめ。その場合も「巻く」のではなく、アイロンをすべらせるイメージで曲線をつけて。

How to

軽めの外ハネが大人っぽい♡ヘアアレンジ
1.ストレートアイロンで毛先だけ軽く外ハネに
ストレートアイロンで、「巻く」というより「外ハネになるようにアイロンを通す」イメージで毛先に動きをつけます。前髪の端の毛先もやや外に流れるように、アイロンでクセづけ。

軽めの外ハネが大人っぽい♡ヘアアレンジ
2.ヘアバームを髪全体にしっかりつけて動きのある束感に
使うのは、写真真ん中のナプラ N.(エヌドット) ナチュラルバーム。小豆粒ほど指先に取ってから、両手をこすり合わせて手のひらに薄く均一に広げます。バームが手のひらの一部にしかついていないと髪につけた際にムラになってしまうため、指のまたにまでしっかり広げるのが大事。

軽めの外ハネが大人っぽい♡ヘアアレンジ

軽めの外ハネが大人っぽい♡ヘアアレンジ
根元から指を通しながら、空気を入れ込みつつ手のひらについたバームを髪になじませていきます。バームをつけるときはとにかく大胆に、ワシャワシャとつけて。髪の内側までつくように手でまとめたり、束感を出したいおくれ毛部分や前髪の毛先は、指でつまむようにしながらなじませます。

軽めの外ハネが大人っぽい♡ヘアアレンジ
完成!

◆価格表示に関するお知らせ◆
CanCam.jpでは、総額表示に関する特別措置法の2021年3月31日終了に伴い、2021年4月1日より、すべての価格表示を総額表示に統一します。 なお、2021年4月1日以前の記事、またそれらを参照している記事については、記事により税抜・税込の表示が異なるケースがあります。