顔の大きさって遺伝するの?歳をとると顔が大きくなる?小顔についての疑問を医師に聞いてみた

小顔は遺伝?小顔にまつわる疑問に医師がアンサー

(c)Shutterstock.com

フェイスラインが綺麗でパーツが整い、モデルのような小さい顔。誰もが一度は憧れたことがあるのではないでしょうか?

小顔って遺伝する? 顔が大きくなる日常クセは? などなど、小顔にまつわる疑問に美容外科医のドクタースパクリニック鈴木院長がアンサー!

顔の大きさは遺伝する?

→遺伝する可能性大

「顔の大きさが遺伝することはある程度ありえます。両親2人とも顔が大きければ子供も大きくなる可能性が高くなるし、母親が小さくて父親が大きければ約50%の確率で小顔に。ですが、顔が大きくなる原因の多くは生活習慣や体重などによるものです。太れば当然顔も大きくなるし、お酒を飲む習慣があったり塩分が高い食事をしていればむくむので顔が大きくなります」

顔が大きくなる日常のクセはある?

→生活習慣の乱れ、表情が乏しい

「食生活が乱れていると当然体重も増えますよね。それに比例するように顔も大きくなります。あとは、顔の表情が乏しい人は顔が大きくなりやすいです。マスク生活で表情が乏しくなりがちですが、そうするとフェイスラインがたるんでくるので結果的に顔が大きく見えてしまいます。表情筋の運動をすれば改善するので、顔を意識的に動かしましょう。また、フェイスバンドやEMSを使うのもたるみを予防できるので効果的です」

年々顔が大きくなってきた気がします…

→歳をとるとフェイスラインがたるんで顔が大きく見える

「若い頃小顔だとしても、歳を重ねると顔が大きくなることがあります。それはなぜかというと、フェイスラインがたるんだり二重顎になって首との境目がわからなくなることが原因。ですので、フェイスラインを綺麗にみせることが小顔になる上で一番重要だと考えます」

教えてくれたのは……ドクタースパ・クリニック 鈴木 芳郎院長

ドクタースパ・クリニック院長。美容外科「名医101人」に選出され、多数のフェイスリフト/スレッドリフトの学会講演・セミナー講師実績からメディアでもリフトアップの魔術師と称される。日本で唯一のまぶたを裏返さない埋没法も好評。