イヤすぎ!付き合ってない男性から来た、絶対デートしたくないLINE

恋愛に何かと欠かせないLINE。ただの文字のやりとりだとしても、そこにはさまざまな人間性が透けて見えるものです。
「付き合う前の男性から来てイヤだったLINE」を10〜40代女性100名に調査した中から、今回紹介するのはまゆみさん(仮名・25歳・会社員)のケース。


ありがちだけど地味にイヤな、デートする気が失せるLINE。いったいどんなものなのか、再現LINEとともに見ていきましょう。

 

【STEP1】しつこくふたりでごはんに誘われる

「こっちはあんまり乗り気じゃないので、誘われてもやんわりかわし続けていた人がいるんですけど、結構しつこいので1回行っておくか…と。でも面倒になって一応キャンセルできるように逃げ道を作りつつOKしました」

あるある。やんわりかわし続けているのになかなかしつこい人…とはいえ、会っているうちに好きになることもあるのでここはまだ良しとしますが、モヤモヤするのはここから。

【STEP2】お店の候補も出させる

「でもOKしたら俺お店選びのセンスないからとか言って私にお店の候補をまず出させてきて。こういうのって誘ったほうがいろいろ考えるもんじゃないのかな…とモヤモヤしつつ、まあ自分が美味しい店ならごはん美味しいからいいかといくつか候補を出したんです」

お店選びは得意なほうがやればいいという気持ちもありつつ、自分がそこまで乗り気じゃなくて向こうがしつこく誘ってきたのに、お店選びの手間をこっちに丸投げしてくるのはちょっと「ん?」と思ってしまいますよね。
お店の候補を出すだけとはいえ、相手も自分も行きやすい場所だったり予算感だったり食やお酒の好みだったり、考えることはいろいろあります。
しかし、これではまだ終わりません。

 

【STEP3】予約もお任せされる

「そしたら最終的に予約よろしくね! と予約まで丸投げされて。いや別に電話1本するだけなんですけど、そっちから誘っておいて私はそんなに乗り気じゃないのに店選びも予約の手間も全部私? と超モヤモヤして、結局予約の電話もせずに1週間前になってやっぱり仕事で無理になったと連絡入れて、そのままフェードアウトしました」

1〜2分あればたいてい終わる予約の電話とはいえ、あまりにここまですべてこっちが負担すると「私何してるの?」と思ってしまうのが本音。
自分はお店選びの手間も予約の手間も負担したくないけど、でも気になる女の子とごはんには行きたい…って、男性はそこまで考えていなくても、女性側からすると「もし万が一付き合うことになっても大切にしてくれなさそう」と結構モヤモヤしてしまうもの。

おそらく男女の思考の違いで、男性からすると「お店選びは得意なほうがやればいい」「何回も行ったことがある人が予約するほうがお店の人も覚えているかもしれないし」と合理的思考なのかもしれませんが、女性からすると「そっちから誘ってきたのに、なんで?」と思ってしまうことが多いこんなすれ違いケース、ご注意ください。(榎本麻衣子)