「いい人だな」と思うのに恋愛感情が湧かない相手、なんで?

「いい人だな」と思うのに恋愛感情が湧かない相手、なんで?

女性

いい人なんだけど、そこ止まりという異性っていますよね。付き合えば優しくしてくれて絶対幸せになれるのに、付き合うだけのモチベーションが湧かない…そんなとき、あなたはどうしますか? そこで今回は、「いい人だなと思うのに恋愛感情が湧かないのはなぜなのか」をご紹介いたします。

■性格がマイルドすぎて印象に残らない

心理学においては自我関与というものがあります。この自我関与とは、自分が深く関わったことに対しては、それだけ思い入れが強くなり、そのことを意識するようになるという心の動きを指します。つまり、何かを考えている時間そのもののことを言っており、相手のことを思い浮かべている時間のことです。

いい人過ぎると、良くも悪くも性格がマイルドすぎて印象に残らないため、自我関与が低く思い入れが持てなくて恋愛感情が湧かないというケースも少なくないでしょう。

 

■自分に足りない要素・資質を持っていない

米国心理分析協会が行った研究によると、人は自分の長所が傷つかない相手と恋に落ちると結論づけています。そのため、恋に落ちる理由として、自分とは反対の性格を簡単に手に入れる、もしくは自分が嫌いな自分の一面を解消するためであると考えられます。

つまり、人は自分が持っていない要素を持っている相手と恋をする傾向にあるということなのです。そのため、自分に足りていない要素を持っていないと、いい人でも恋愛感情が湧かないのです。

 

■共感力が高すぎると恋愛感情が湧かない

共感力とは、他人の気持ちや感じ方に自分を同調させる資質や力を意味します。すなわち、他人の感情や経験をあたかも自分自身のこととして考え感じ理解し、それと同調したり共有したりする能力のことを指します。このような共感力が高い人は、相手からの評価も高くなり自然にモテると思われがちですよね。でも、実はそうではありません。なぜなら、相手の気持ちを必要以上にくみとってしまい、行動ができなくなってしまうためです。

共感力が高い人は、相手がどう思うかというのを気にしてしまいアタックまで踏み切れないのです。そんな相手の臆病さを目の当たりにすると、いくらいい人でも恋愛対象にならないと言えます。

 

■過去になじみのある存在でない

恋愛における最高の喜びは、親と子供の間にある共生感情の復活という心理分析理論があります。つまり、昔の人間関係で自分が演じた役割を再現できる相手と恋をしやすいということだと言えます。

そんなにイケメンでもないし、お金持ちでもない男子だとわかっていても惹かれてしまうのは、おのずと過去の体験や父親に似ているのが理由だったりするのです。その結果、過去になじみのある、あるいは父親とまったく似ていない相手には、いい人でも恋愛感情が湧かないのかもしれません。

好きは好きでも、LIKEの好きであってLOVEではない…。そんな微妙な感情を抱く異性というのもやはりいるものなのです。別に相性が悪いわけでもなく、一緒にいて不愉快でもないのに何か刺激を感じない、そんな相手と恋をするのは難しいもの。でも、よく考えてみて下さい。人間関係の摩擦が少ないというのは、実は関係論で見ると効率がよくストレスを感じない存在でもあるのです。ドキドキではなく安心感に目を向けると、長く付き合える相手でもあるのです。

(脇田尚揮)

脇田尚揮
認定心理士。Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリ 「マル見え心理テスト」はTBS 「王様のブランチ」 などでも紹介され、120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出 書房新社)。