選びのコツや色合わせは?ベージュパンツコーデ14選|センタープレスやハーフパンツなど【2021春レディース】

ジェラートカラーとも好相性♡ベージュパンツのコーデを特集

ニュアンスカラーのファッションが増える春に活躍させたいベージュパンツ。今回は、ベーシックカラーのベージュパンツを今年っぽく着こなすテクやシルエットの選び方、そして合わせる靴の色など、トレンド感がアピールできるおすすめコーデを紹介します♡

ベージュパンツの着こなしポイント

ニュアンスカラーやトレンドのジェラートカラーとも合わせやすいベージュパンツは、オンオフ履き回せる万能ボトム。今っぽい着こなしには、きれいめに決まるセンタープレスパンツやリラクシーなワイドパンツ、そして旬のハーフパンツをセレクトして。シンプルなアイテムなので、華奢なサンダルやパンプスを合わせてレディな要素をプラスするのもおすすめです。

  1. トレンドのジェラートカラーとも相性抜群なベージュパンツ
  2. ワイドパンツやセンタープレスパンツで今っぽさUP
  3. 今季はベージュのハーフパンツにも注目!
  4. 足元は白やベージュ、ブラウンのベーシックカラーが◎

カジュアルに着るベージュパンツの春コーデ

【1】ベージュパンツ×白シャツ×ネイビーカーディガン×黒サンダル

06新顔ハーフパンツ×抜け感ヒール

袖コンブラウスとシンプルなベージュパンツの組み合わせも、ハーフ丈パンツに替えることで今年らしく、新顔に。つま先に抜け感のあるオープントウのフェイクレザーミュールで、コーデをキリッと引き締めて。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/鶴見知香

【2】ベージュパンツ×グリーンシャツ×グレーサンダル

06新顔ハーフパンツ×抜け感ヒール

ゆるめのシルエットがリラックス感漂うハーフパンツは、ジェラートカラーのニットやバッグで春らしくフェミニンに着たい気分。肌感多めのバーサンダルで色気を盛って、ほっこりさせないのが〝オトナきれい〟の秘訣です。

CanCam2021年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/鶴見知香

【3】ベージュパンツ×ベージュニット×キャミソール×ブラウンサンダル

06新顔ハーフパンツ×抜け感ヒール

こなれ度No.1のベージュグラデは、チノハーフパンツを大人っぽくアレンジして新鮮にアップデート。透けトップスや足元の肌見せで、チノの〝ゆるさ〟に女性らしさをプラスするのがコツ。今っぽいラフさときれいめのいいトコ取りができちゃいます。

CanCam2021年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/鶴見知香

【4】ベージュパンツ×白ブラウス×白サンダル×ベージュベレー帽

04チュニックブラウス×セミフレアパンツ

大人フェミニンなワントーンコーデは、NEWシルエットで鮮度UP。オーバーサイズのブラウス×スリット入りの旬顔パンツなら、シンプルなワンツーコーデも今っぽく見違えます♪ 洗練見えするエクリュのバッグや白のバーサンダルもこなれ感ばっちり。

CanCam2021年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/小松胡桃(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】ベージュパンツ×ベージュブラウス×ブラウンサンダル

全身をベージュ系でまとめた程カジュアルなフェミニンコーデ。甘さのあるフリルブラウスと長めのショートパンツが、ヘルシーなのに女の子らしい印象です♡ 爽やかなダークブラウンの小物でコーデの輪郭をパキっと締めて。

CanCam2020年5月号より 撮影/Chopper スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】ベージュパンツ×ピンクニット×グレーシャツ×シルバーサンダル

今季は形も色も、豊富です!トレンドボトム、何選ぶ?『美月は…コケティッシュなミニスカ』

ベージュピンクのリブニットを中心に、くすみトーンで全身をまとめた春コーデ。リネンパンツのナチュラルさをモダンな小物使いでピリッと盛り上げれば、都会派のリラックスコーデが完成します。

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

【7】ベージュワイドパンツ×ブラウンシャツジャケット×白インナー

色っぽエシカル楓のエモフェミ7days

CPOシャツ×ワイドパンツのオーバーサイズコーデも、あいまいなベージュのワントーンでエモさ抜群。エコスエード×リネンで立体感を加えつつ、コーデを春仕様にアップデート。白インナーを挟むことで抜け感と奥行きも生まれます。

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

きれいめなベージュパンツの春コーデ

【1】ベージュパンツセットアップ×ベージュインナー×白サンダル

07テーラードジャケット×定番デニム

ノーブルな白っぽベージュのセットアップは、品の良さも色っぽさも◎。ジャケット×デニムのマニッシュな着こなしがフェミニンに決まる、白〜ベージュの淡いトーンがポイントです。靴&バッグまで同系色でまとめたまろやか配色が洒落見えに効果あり。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】ベージュパンツ×黒ビスチェ×白シャツ×黒サンダル

05シャツonニットレイヤード×きれいめパンツ

色っぽいおしゃれを叶えるバックシャンビスチェは、シアーシャツ×ベージュパンツのヌーディコーデに重ねてバランスよく。シンプルな合わせに映える黒ビスチェが、全身のメリハリやトレンド感を底上げ。黒小物をリンクさせて引き締めたり、大きめバッグでハズしを加えて媚びない色気をGETして♡

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/石川恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】ベージュパンツセットアップ×白Tシャツ×黒ロングブーツ

東京カジュアルな安未のミニ×ブーツはこう着る!

ジャケット×ショーパンのセットアップは、ヘルシー&大人っぽく着るのが気分! テーラードジャケットの中でも、大人っぽく着こなせるショートパンツとのセットアップはこの春も大注目。×ロングブーツとの程よい肌見せが大人っぽいヘルシーな雰囲気を作ってくれます♡

CanCam2021年4月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】ベージュワイドパンツ×白シャツワンピース×黒インナー×白パンプス

色っぽエシカル楓のエモフェミ7days

シンプルなシャツワンピをガウン風にアレンジ。黒トップス×ベージュのワイドパンツにバサっとはおれば、ナチュラルなイイ女ムードが手に入ります♡ 足元は白のミュールでなじませつつ、ピアスやバッグに個性を加えてシンプルな配色にアクセントを。

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【5】ベージュハイウエストパンツ×ミントグリーンブラウス

エモフェミニンをつくる、10Keywords『Keywords1 隠して、魅せる♡光に透けるシースルー』

㊧ほんのりミントがかったヴィンテージ風のレースブラウスは、肌の透け感がエモかわいい一枚。カジュアルなベージュのチノパンも、レースの甘さを加えると上品&フェミニンなパンツスタイルに早変わり。クリアなバッグで春らしい透明感もプラスして。

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】ベージュパンツ×ミントグリーンブラウス

News4程甘なくすみパステルで大人かわいく♡『この春のトレンドのひとつが、彩度を抑えたフェードカラー。甘い印象のブラウスもくすみフィルターがかかったパステルなら大人顔。』

㊧肌の色が透けてもいやらしさを感じさせない、ヘルシーグリーンのシアーブラウス。ベージュのリブニットパンツでこなれ感のあるカジュアルコーデに仕上げれば、おしゃれっぽさも底上げできます。グリーン×ベージュで春らしいやわらかな配色を楽しんで。

CanCam2020年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】ベージュワイドパンツ×オレンジシアーシャツ×オレンジニット×ブラウンサンダル

オレンジブラウンの透けシャツは、ベージュトーンのパンツスタイルが大人っぽくておすすめ。オレンジのインナーをパンツにINして、ハイウエストパンツとのコントラストをつけると脚長効果も期待以上♡ ヒールで盛らずとも、×ぺたんこサンダルでこなれ感がONできます。

CanCam2020年5月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/Midori モデル/菜波(本誌専属) 構成/田中絵理子

今季はベージュのハーフパンツにも注目!

定番カラーでどんなトップスにも合わせやすいベージュパンツの着こなしをご紹介しました。今シーズンは、きれいめコーデにぴったりのセンタープレスパンツのほか、大人カジュアルに決まるハーフパンツにも注目が集まっています。トレンドのジェラートカラーのアイテムと合わせて、春らしい淡色コーデを楽しんでくださいね♡