カジュアルに着るのが今っぽい♡夏ジャケットのおすすめコーデ10選

 

夏コーデに投入したい、大人っぽいジャケットスタイルを大特集♡ ワンピースでつるくカジュアルコーデから、ハイウエストパンツを合わせる大人っぽコーデなど、今すぐにマネしたいテーラードジャケットの着こなしは要チェック!

【目次】
ジャケットを合わせる夏のレディースコーデ
テーラードジャケットを合わせる夏コーデ

ジャケットを合わせる夏のレディースコーデ


【1】アイボリージャケット×白Tシャツ×ベージュパンツ

今年っぽいジャケパンコーデは、旬のブラウン〜ベージュグラデでまとめて感度高く。ワントーンが落ち着きすぎないように、ジャケットの中にプリントTシャツを仕込んでラフなニュアンスを加わえるのがポイントです。ラフにはおれるビッグシルエットのジャケットは、ハイウエストパンツを合わせてスタイルアップも心がけて。斜めがけのバッグやパイソン柄のぺたんこ靴で、動きやすさもばっちりです。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】アイボリージャケット×ラベンダーニット×黒デニムパンツ

フェミニンなラベンダーニットを、黒スキニーとジャケットで辛口にシフト! シンプルだけどエッジが効いてる…これぞまさに、理想の〝大人め〟コーデです♡

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】アイボリージャケット×白シャツ×チェックパンツ

“エキップモン”の白シャツは、仕立てと素材の良さが大人の女らしさを演出してくれる魔法の一枚。首元の開きやなめらかな素材感など、シンプルな中にこだわりがつまったアイテムです。ボトムは白に映えるチェックのリネンパンツを投入して、ちょっぴり個性的で今っぽい印象に。手に持ったサマーツイードのジャケットで、大人っぽいレトロムードもばっちりです!

CanCam2019年6月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/岡田知子(TRON) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/時吉 茜

【4】チェックジャケット×白Tシャツ×黒デニムパンツ

ーAkane's Private Fashion Part③ージャケットで〝大人シンプル〟を極めたい 今いちばんアディクトなファッションアイテムはジャケット。お気に入りの4枚はこう着ています!

ベージュ系のチェック柄ジャケットを、黒デニムとコンバースで大人カジュアルに。インナーに白Tシャツをはさむことで、ジャケットも軽やかに着こなせます。

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

【5】ピンクジャケット×白タンクトップ×ピンクパンツ

ジャケット×レーススカートで

季節感のあるやわらかなピンク色を、大人っぽいジャケット×レーススカートで取り入れたきちんとフェミニンな着こなし♡ シルエットがきれいな美人ジャケットと、王道レディなレースタイトを合わせることで、大人の魅力がぐっと倍増。Tシャツのロゴもこっそりピンクでリンクさせれば、テンションのあがるピンクグラデが完成します。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【6】ネイビージャケット×白Tシャツ×ネイビーショートパンツ

ネイビージャケットが主役の大人ジェニックコーデ

デキる女感が漂うネイビージャケットは、同色のショーパンを合わせればセットアップ風に! カジュアル過ぎない素材をチョイスして、肌見せも大人クールに。ショーパンはゆとりのあるフレアシルエットを選ぶことで、気になる太もも周りもすっきり見えるのでチェックして♡

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/楓(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【7】カーキジャケット×黒ニット×白フレアスカート

サマーモノトーンには差し色を効かせて爽やかに

主役は軽やかに揺れるフレアスカート。その動きの美しさは、「インスタ映え」ならぬ「ストーリー映え」が狙えそう。モノトーンでまとめたコーディネートには、バッグとピアスでターコイズブルーのアクセントをプラス。涼しげで大人かわいい印象をまとえます。カーキのシャツで辛さを、さらに足元はゴツめのサンダルでちょっぴり外して。

★【今日のコーデ】松村沙友理が着こなす、夏のモノトーン美人スタイル

【8】カーキジャケット×黒花柄ワンピース

小花柄ワンピを×白スニーカーでカジュアルダウン★

カジュアルなカーキジャケット×小花柄ワンピースで、こなれた甘辛MIXコーデの完成! カーデ代わりの薄軽ジャケットは、ベルトできゅっとウエストマークすることでロングスカートとのバランスも◎。さりげないスタイルアップも叶います♡ 差し色にチョイスしたいのは、ピンクのバッグ。甘めピンクのアイテムを、ジャケットやスニーカーで中和させるのが好バランス。丸メガネやシルバーの大振りピアスを合わせて、旬のこなれ顔をGetしよ。

★【今日のコーデ】石川恋が着こなす、花柄ワンピースの大人な着こなし

テーラードジャケットを合わせる夏コーデ


【1】チェックジャケット×白ワンピース×グレーパンツ

ーAkane's Private Fashion Part③ージャケットで〝大人シンプル〟を極めたい 今いちばんアディクトなファッションアイテムはジャケット。お気に入りの4枚はこう着ています!

チェックのテーラードジャケットで、白ワンピの甘さを抑えた最旬スタイル。ちょっぴりメンズライクなニュアンスグレーは、好相性カラーが多いので着回しにも最適。女の子らしいティアードワンピも大人めに着られます

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

【2】ピンクジャケット×白Tシャツ×ピンクスカート

ーAkane's Private Fashion Part①ー買ったばかりの新作服で私らしい〝大人シンプル〟普通のシンプルじゃつまらない。ちょっとひねって茜らしいスパイスをプラス。

ツヤのあるサテン素材、ゆるっとしたシルエット、渋めのくすみピンクが印象的なセットアップは、上下合わせてかっこよく着こなして。ゆるっとしたシャツは、ジャケットみたいにはおってウエストをベルトマーク。ウエストや足元を黒小物で引き締める、着こなしテクが新鮮です!

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶