理想のバランスを伝授!「ロングスカート×アウター」の人気コーデ20選|【2021レディース】

「ロングスカート×アウター」のおすすめコーデを特集

ロングスカートアウター

シルエットが今っぽい「ロングスカート×アウター」のおすすめコーデを大特集! 人気継続中のロングスカートに、ロングコートやジャケット、CPOシャツなど旬のアウターを合わせたトレンドコーデを紹介します♡ ロングスカートをバランスよく、おしゃれに着こなす最旬テクは要チェック!

ロングスカートコーデにおすすめなアウターは?

フェミニンなロングスカートと相性のいいアウターは? テーラードやデニムジャケットなどの定番に加えて、今季はツイードジャケットやジレなどのトレンドアウターもチェック! 今っぽく着こなすコツも紹介します♡

■ツイードジャケット

ロングスカートアウター

大豊作なツイードジャケットは、きちんと感も華やかさもあって休日もオフィスにも着回しやすいおすすめアウター♡ コーデが大人っぽく上品な雰囲気に仕上がります。

■ジレ

ロングスカートアウター

トレンドの「ジレ」で一気に今年っぽいムードの着こなしに♡ 辛口なアイテムなだけに、スカートを合わせてフェミニンに着るといい塩梅なコーデがきまります。縦長ラインを強調してくれるロング丈なら、スタイルアップ効果もばっちり。

■カーディガン

ロングスカートアウター

さっと羽織れるカーディガンは、気温が読めないブリッジコーデにぴったり。ロングスカートのときは、短め丈のカーデを選ぶのもスタイルアップに効果的。ボリュームのあるカーデには、すっきりとしたナロースカートがよく合います。

■デニムジャケット

ロングスカートアウター

ブルーのイメージが強いデニムジャケットですが、最近はエクリュやベージュ、くすみ系のカラーなどバリエーションも豊富! デニムジャケットとコーデを近いトーンでまとめるとフェミニンで優しい配色になりきれいめな印象に仕上がります。ストリート感の強い着こなしならブルー系、大人っぽさをプラスしたいなら白やグレーのデニムジャケットがおすすめ。

■テーラードジャケット

ロングスカートアウター

知的でマニッシュなジャケットは、ONのシーンにカチッと着るのもありですが、ロングワンピに羽織ったり、スニーカーを合わせたり、ラフに着こなすのもおすすめです。カジュアルさを出すなら、インナーをTシャツにするとコーデに抜け感が生まれて◎。夏はリネン、冬はウールなど素材感を意識するのもポイントです。

■カラーアウター

ロングスカートアウター

ピンクやラベンダーなど華やかな色を取り入れれば、ロングアウターも軽やかに着こなせます。インナーや小物はダークトーンを選んでコーデにメリハリを。

■トレンチコート

ロングスカートアウター

オーソドックスなトレンチコートなどは、Tシャツやパーカなどカジュアルなアイテムと合わせるのもおすすめ。靴やバッグなどの小物をコートの色とリンクさせたりトーンをまとめると上品にまとまります。

ロングスカート×アウターの着こなしポイント

ロングスカートアウター

  1. インナーはスカートにインすると脚長見えしてスタイルアップ
  2. CPOなどのショートアウターはゆったりシルエットが今っぽい!
  3. 春夏のロングアウターはイエローやブルーなどきれい色もおすすめ
  4. ロングアウターはIラインを意識したコーデですっきり着こなせる

ショート丈アウター×ロングスカートでスタイルUP

【1】ツイード風ニットジャケットで上品カジュアルな印象に

ランダムプリーツフレアスカートを着回し!

フレアスカート×コンパクトトップスは、きちんと感があり自然とスタイルアップして見える鉄板の組み合わせ。ニットジャケットは、ツイード見えする素材を選ぶだけで今年顔に仕上がります。存在感のあるイニシャルブローチを華やかアクセントとしてプラスして。

CanCam2022年5月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/只友謙也(LINX) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/岩附永子

【2】ダークトーンの着こなしは白アウターで軽やかに

個性の立った映えスカートに白のデニムジャケットをプラス。甘さとカジュアルを融合させたゆるコーデもアウターを白にすることできれいめにまとまります。小物は黒で揃えてシックに。さらっと履けるつっかけタイプのグルカサンダルは抜け感を出したいときにぴったり!

CanCam2022年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/佐々木莉佳子(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石村真由子

【3】白アウター×白スカートを黒インナーで引き締め

RULE2 上ピタ下ゆるに着こなすのが黄金バランス!『ピタッとしたクロップド×ゆるボトムでリズムをつけると、スタイルUP効果も! ゆるボトムはハイウエストを選んで、脚長効果を最大限に♡』

タイトなクロップドタンクは、ホワイトトーンとゆるシルエットでこなれ見え。ピタッとしたリブ素材もトレンドです。コンパクトなデニムジャケットをレイヤードすれば、程よいゆるさで大人っぽく仕上がります♡

CanCam2022年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石村真由子

【4】知的なネイビーアウターで白スカートの糖度をオフ

クラシカルな王道ジャケット紺ブレザー『知的で、好感度も抜群! タイムレスな魅力を放つ紺ブレザーは、はおるだけでコーディネートを品よく引き立ててくれる! 王道のダブル&金ボタンをセレクトして、ちょいガーリーに着くずすのが気分♡』

白スカートにグリーンボーダー、爽やか配色でパリシックに♡ ブレザーの真面目さをいい具合に着くずしてくれる、ランダムティアードのフレアスカートで女のコらしいシルエットに。ストール感覚で巻いたボーダーカットソーや小粋なポシェットでフレンチムードをプラスするのもおしゃれです。

CanCam2022年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【5】ニュアンスカラーで洗練されたブリッジコーデ

No.5 メンズライクなジャケットには女っぽさを♡リネンジャケット×マーメイドスカート

春先はニュアンスカラーのジャケットコーデで洗練された季節の変わり目スタイルが完成。ジャケットは軽やかなライトグリーン、スカートはドライな大人カーキ、Tシャツはまろやかなカーキブラウンというニュアンシーな組み合わせでまわりと差のつく着こなしに。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【6】クロシェスカート×デニムアウターのガーリーカジュアル

ゆるっとリラクシーに♡ デコラスカートで一点突破!『出かけるのが楽しくなる、凝ったデザインのスカート。 トップスはあえてコンパクトにせず、程よくゆったりとした  シルエットを意識して。盛りスカートは 普段着っぽくラフに着こなすのが今っぽい!』

ロマスカートにメンズっぽい気楽さを足してくれるデニムジャケットがいいコンビ。フェミニンなレーススカートをメンズライクなGジャンで着くずして、洒落たニュアンスを投入。お茶目な刺しゅうバッグやサングラスでテンション高く仕上げると埋もれないカジュアルに仕上がります。

CanCam2022年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/YUMBOW(ilumini) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【7】エクリュのロングスカートで上品フェミニンに

No.5 リネンジャケット×マーメイドスカート

ハンサムなブルージャケットにはレザースカートで女っぽいツヤをプラス。カジュアルなリネン素材なら、カラージャケットもトライしやすいのでおすすめです。ジャケットのくすみブルー以外のアイテムは、ベージュの濃淡でまとめて大人っぽく着こなして。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【8】クールなジャケットはニュアンス配色で女性らしく

No.5 リネンジャケット×マーメイドスカート

ベージュベースの春らしいニュアンス配色ならジャケットコーデも女らしくて◎。マニッシュなダブルのジャケットと、動くたびに裾が美しく揺れるスカートのギャップもおしゃれです。すっきりIラインのスカートには少し長めのジャケットも好相性。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【9】オレンジのロングスカートはきれいめアウターで大人に

ORANGE

慣れ親しんだボーダートップスでオレンジのワントーンコーデに挑戦。ダークオレンジのサテンスカートを合わせたワントーンコーデで、色がもつポジティブオーラを全身にまといましょ。ジャケットやスクエアバッグなど、かっちりしたアイテムも上品で◎。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子

【10】ショート丈アウター×ロングスカートでスタイルアップ!

イエベさんに似合う春イエローは…まろやかなたまごイエロー

ラフなスニーカーとジャケットで女っぽいマーメイドスカートをカジュアルダウン。チアフルなたまごイエローのスカートや爽やかな白T&ジャケットで、気張りすぎないラフな着こなしが楽しめます。グリーンを効かせた新鮮な配色も、柔和なイエローベースならすんなりとなじみます。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属)構成/浜田麻衣

ロングアウター×ロングスカートの着こなし

【1】こなれ感が高まるトレンチワンピのアウター風コーデ

ジャケットやカーデもいいけれど、より新鮮な春コーデを楽しみたいときはトレンチワンピをはおりとして投入。華やかな柄スカートは、羽織りの白面積を多めにしながら包み込むように着こなすことで、きれいめな印象をキープ。コーデが締まるロゴTシャツもポイントです。

CanCam2022年5月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/只友謙也(LINX) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/岩附永子

【2】旬のロングジレで都会的なカジュアルコーデ

シンプル服にキレをプラス!モード顔ジレで一点突破!『いつものコーデにプラスするだけで   おしゃれ感度を底上げしてくれるジレ。直線的なシルエットのおかげで、  スタイルアップも叶えてくれる優れもの♪   ドラマティックなロング丈も、軽快なショート丈も、今季は豊富に登場!』

マーメイドラインとマキシ丈ジレの相乗効果で、ほっそり見えの効果が倍増♡ スカートを合わせるときは丈感をそろえるとコーデがしっくりまとまります。サテンスカートの光沢感も華やかなアクセントに。

CanCam2022年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/YUMBOW(ilumini) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【3】華やかピンクのロングスカートで大人っぽく

@ショッピングDateなら淡カラーウールコート

パッと目を惹くモーヴピンクのプリーツスカートにコンパクトなニットをすっきりIN。やさしげな配色のコーデにグレーラベンダーのコートを羽織ってみると旬の曖昧カラーが引き立ちます。ブーツはニュアンスカラーをやさしく引き締めるブラウンで程よくマイルドに。

CanCam2021年12月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】シンプルな着こなしはカラーアウターで鮮度UP!

@ショッピングDateなら淡カラーウールコート

レースブラウス×チェックスカートの王道コーデも、フレッシュなセージグリーンコートでおしゃれ度高めに。こなれ見えするくすみカラーは、ブラウン系のスカートとの色バランスもばっちりです。ニュアンス配色になじむベージュパンプスで柔らかく仕上げましょう。

CanCam2021年12月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】ロングアウターはIラインを意識してすっきりと

この春注目のトレンドカラー!YELLOW『ブルベの人は…レモン』

イエローの春コートは、落ち着きのあるブラウンスカートに合わせて上品に。やわらかな発色のイエローをブラウンやベージュになじませると、春らしいフェミニンムードが漂います。コーデがぼんやりしないように足元はシャープなブーツで引き締めて。

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【6】ミント色アウターと花柄スカートのフェミニンスタイル

大人っぽくこなれる控えめな甘さ♡GREEN『イエベの人は…ピスタチオ』

黒地の花柄スカートにブルートップスを合わせたフェミニンコーデに、深みのあるピスタチオ色のコートをON。イエローのカラーパンプスでぱきっとしたインパクトをプラスすると、トレンドのカラーMIXコーデにこなれ感が上乗せできます♪ 主張のあるカラーをMIXするときは、つなぎ役に黒バッグを指名して。

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 構成/山木晴菜

【7】ロングスカート×トレンチコートの王道きれいめコーデ

Blue×Beige

キレイめコーデの王道トレンチコート×フレアスカートの組み合わせも、アイシーブルーの花柄スカートで鮮度アップ。強い色は使わず上品なブルーやベージュなど甘さ控えめの配色で、やわらかな色合いをグッと大人顔に着こなしましょ。

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】甘めのプリーツスカートは×トレンチで大人っぽく!

上品で大人っぽいベージュトレンチで甘さのあるラベンダーのプリーツスカートを大人っぽく! 顔映りのいい色合わせは、春らしい季節感が表現できるおすすめ配色。ベージュやブラウンでまとめた淡色トーンも好感度ばっちりです。

CanCam2021年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/石黒千晶

【9】大人かわいいピンクのロングアウターコーデ

大人見えするくすみ感がニュアンスおしゃれ!ファジーピンク

ほんのり色づく微彩なピンクコートにペールピンクのニットを合わせてやわらかに。こなれたワントーンでまとめると、ピンクの甘さが中和できて今っぽく仕上がります。間延びしないように、抜けを作るシアーニットや白パンプス、目を引くチェック柄スカートでポイントを効かせるのも重要。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【10】きれいめコーデはパーカやスニーカーでカジュアルダウン

白が混ざったクリーミィさが今っぽい まろやかイエロー

きれいめなベージュトレンチとスカートの合わせをスニーカーでカジュアルダウン。コーデのカギを握るパーカは、フェミニンなイエロープリーツスカートとのギャップが新鮮! きれいめなロングスカートに、ゆるっとパーカーを重ねるバランスも今っぽい♡

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

アウター選びでロングスカートの雰囲気をチェンジ

シンプルなロングスカートには、カラーアウターを合わせて華やかさを出したり、×ロングアウターのゆるシルエットでこなれ感を出したり、アウターの丈感や色によって定番のロングスカートにも今っぽさが演出できます♡ 羽織りとの合わせ方やバランスなど、季節の変わり目や肌寒い日のコーデの参考にしてくださいね!