重めシルエットがかわいい♡ロングスカート×アウターコーデ35選|春夏秋冬のおすすめ

今っぽいアイテム選びと着こなしバランスがカギ!

一見、難しく見えるロングスカート×アウターの着こなしは、おしゃれっぽさがアピールできるおすすめコーデ! タイト・プリーツ・フレアのロングスカートと、ジャケット・ダウンコート・トレンチコートを取り入れた着こなしをマスターすれば、季節感のある旬コーデが楽しめます♡ 春夏秋冬の季節別レクチャーは必見!

かっちりして 真面目っぽい印象がある>>>チェックアウターはオーバーサイズで今っぽく『1枚はおるだけでスタイリングが決まるチェックアウターは、ゆるっとしたオーバーサイズで今年らしいシルエットをメイク!メインが引き立つように、中はシンプルにまとめるのが◎。』

【目次】
ロングスカート×アウターの春コーデ
ロングスカート×アウターの夏コーデ
ロングスカート×アウターの秋コーデ
ロングスカート×アウターの冬コーデ

ロングスカート×アウターの春コーデ


【1】柄ロングスカート×ベージュジャケット×白インナー

コンサバになりがちなジャケットも、ロングスカート合わせで即こなれ。インナーには白Tを挟んで、スカートの甘さをきりっと仕上げて。カラー小物で遊び心もONしましょ。

CanCam2020年5月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/Midori モデル/菜波(本誌専属) 構成/田中絵理子

【2】ベージュロングスカート×ブルーアウター×テラコッタインナー

軽めのロングアウターとフレアスカートの重めシルエットが今旬。背抜きコートでトップスをのぞかせて、ブルー×テラコッタオレンジのカラーMIXを楽しんで♪

CanCam2020年5月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/Midori モデル/菜波(本誌専属) 構成/田中絵理子

【3】イエローロングスカート×ベージュジャケット×ブラウンノースリーブニット

ブラウンのノースリトップスにイエローのロングスカートを。夏らしい洒落カラーが洗練された女っぽさを演出してくれる色合わせはTRYしたい! 小物は揺れるピアスや小ぶりのバッグで、きれいめに着こなして。

CanCam2020年5月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石黒千晶

【4】花柄ロングスカート×コート×白Tシャツ

Brown&Beige

一枚で映えるモードなトレンチコートは、ライダースがドッキングされていてデザイン性抜群! ハードすぎないパフスリーブなので、シンプルTやスカート合わせで楽しんで。

CanCam2020年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/時吉 茜

【5】チェック柄ロングスカート×白Gジャン×ブラウンカットソー

Denim

さっとはおるだけであか抜けて見える白Gジャンは、ショート丈でボリュームがあるからスカートにもぴったり! チェックのロングスカートやブラウントップスのくすみカラーに、白Gジャンで爽やかさをON。

CanCam2020年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/時吉 茜

【6】柄ロングスカート×グリーンジャケット×黒カットソー

ほぼシルバーパンプスな白スニーカーでクリーンな抜け感を出す!『擬態のコツは、足元の印象を薄くして目線を他に向けさせること。全身を淡いトーンでまとめるのもgood。清潔感あふれるクリアな白スニーカーなら、服装にうるさい先輩も何も言えまい。』

フェミニンな柄スカートにシャケットを合わせたゆるコーデ。足元には、白浮きしないNIKEのボリュームスニーカーをプラス! 全体をきれいめにまとめることで、カジュアルな小物合わせも品よくきまる♡

CanCam2020年3月号より 撮影/大辻隆広(go relax E more) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 構成/時吉 茜

【7】白ロングスカート×白ジャケット×ベージュインナー

ほぼシルバーパンプスな白スニーカーでクリーンな抜け感を出す!『擬態のコツは、足元の印象を薄くして目線を他に向けさせること。全身を淡いトーンでまとめるのもgood。清潔感あふれるクリアな白スニーカーなら、服装にうるさい先輩も何も言えまい。』

足元まで白のワントーンで完全になじませた、トレンド感抜群のこなれコーデ。ジャケットのインナーにやわらかなベージュを挟んで、奥行きのあるメリハリ感も意識! スニーカーの投入で、レーススカートもぐっとこなれた印象に仕上がります。

CanCam2020年3月号より 撮影/大辻隆広(go relax E more) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/時吉 茜

【8】ラベンダーロングスカート×ブラウンジャケット×ベージュニット

ほぼベージュパンプスなグレージュスニーカーで女っぽくまろやかに!『スニーカー擬態チャレンジは、シックな色からはじめてみて。全体の印象はベージュパンプスとほぼ変わらないどころか、スニーカーならではのラフさが加味されてよりおしゃれになれる!』

ベージュやくすみパープルでまとめたワントーンコーデは、春を先取りできるおすすめ配色。透け感のあるレーススカートなどフェミニン要素の強いアイテムには、軽快なスニーカー合わせも新鮮! 足首がちらっと見えるスカートのときは、なじみのいいベージュがイチ推しです♡

CanCam2020年3月号より 撮影/大辻隆広(go relax E more) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 構成/時吉 茜

【9】ブラウンロングスカート×ブラウンニット×ブラウンチェック柄ジャケット

とことん今っぽさを狙うなら、くすみカラーのワントーンに挑戦! プリーツスカートやチェックジャケットで立体的に魅せるのがポイントです。

CanCam2020年5月号より 撮影/Chopper スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【10】白ロングスカート×グレージャケット×ブラウンインナー

ベージュのインナーとエクリュのスカートでまとめた優しいミルキーコーデ。ウエストベルトをキュッと絞ったジャケットは、まろやかなラベンダーを選んで女性らしさを高めて♡ 

CanCam2020年5月号より 撮影/Chopper スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

ロングスカート×アウターの夏コーデ


【1】黒ロングスカート×白ガウン×黒インナー

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

透け感のある繊細なガウンは見た目も涼しげ! プリーツスカートを合わせてベルトをすれば、メリハリ効果もばっちりです♡ シアーなガウン×プリーツの軽やかな素材なら、モノトーンでも重くならず爽やかにまとまります♪

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】ブラウンロングスカート×白カーディガン

海外リゾートでは、 水着×はだけ服で現地っぽレイヤード『リラクシーな空気が流れる海外リゾートでは、 キメすぎないことがおしゃれ感UPのヒケツ。水着の上に肌感多めのアイテムを重ねたラフなレイヤードスタイルで、 思う存分チルしよう♡』

フェミニンで今っぽいベージュトーンのBOHOスタイル。ヌーディなベージュを濃淡で合わせた着こなしは、下着代わりの水着が透けるドキッと感も計算ずく♡

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】デニムロングスカート×白ガウン×ブラウンタンクトップ

周りと差がつくステッチ入りのデニムスカートは、透け感がキュートな花柄ガウンとレイヤードしてデニムをエレガント&今っぽくアップデート。仕上げはラフィア素材のつば広ハットとベージュ小物で、おしゃれっぽさをさらに盛り上げて。

CanCam2019年7月号より 撮影/東 京祐 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】ドット柄ロングスカート×黒キャミソール×ブラウンジャケット

ドット柄×細プリーツのスカートは、トレンドのキャラメルブラウンでおしゃれっぽく! 黒キャミやミリタリージャケットで可憐なドットスカートをスパイシーに仕上げれば、甘さよりも大人っぽさが引き立ちます。足元は今っぽカジュアルに欠かせないコンバースで、こなれ感も意識して。

CanCam2019年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/石黒千晶

【5】ピンクニットセットアップ×Gジャン

沙友理は大人ベージュでモテ♡カジュアル

きちんと見えておしゃれっぽい、ニットのセットアップでおしゃれを満喫。直線的なタイトシルエットなら「カジュアルなのに大人っぽい」が叶います。 Gジャンをばさっとはおって、ゆる×ぴたシルエットにするのが好バランスです。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】柄ロングスカート×ベージュジャケット×白Tシャツ

ーAkane's Private Fashion Part④ージェットセッター茜の旅スタイル 頻繁な海外ロケや地方取材、プライベートでも旅行好き。というわけで、旅スタイルが確立されてきました!

ジャケット&ロングスカートの大人コーデに、シンプルな白Tシャツで抜け感を。フェミニンなスカートのテンションに合わせて、きれいめ小物を投入すれば都会的な洗練コーデが完成します♡

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

ロングスカート×アウターの秋コーデ


【1】白ロングスカート×白ニットアウター

かわいさ5割増しのALLホワイトコーデに、ガンガン歩ける秋色スニーカーを合わせればコーデは完璧! フレアスカートからちらりとのぞく足首で、華奢さをアピールするのも計算済みです♡

CanCam2019年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/Paris COFFEE 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【2】赤ロングスカート×チェック柄ジャケット×白カットソー

女っぽさを意識したいデートの日は、キャメルブーツ×赤スカートで上品に。メンズっぽいチェックジャケットを合わせても、どこか女らしく着こなせます♡ 

CanCam2019年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/Paris COFFEE 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【3】ドット柄ロングスカート×ブラウンジャケット×黒カットソー

ウエストマークしたCPOジャケットの着こなしはこなれ感もばっちり。ロング丈同士のシルエットを活かしつつ、高めのヒールパンプスでスタイルUPを!

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【4】柄ロングスカート×白シャツ×ラベンダーニット

02[彼っぽCPOシャツ]『アメリカ海軍の制服がルーツなだけに、デザインはメンズライク。ここに肌感のあるインナーやメリハリシルエットを加えることで、彼のシャツを着たような女らしさ際立つ色っぽスタイルが叶うんです♡』

彼っぽシャツにラベンダーで程よい甘さを。ドライな質感のリネンシャツには、女らしい立体感を増してくれるリブニットが好相性です。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【5】赤ロングスカート×ブルージャケット×ブラウンニット

02[彼っぽCPOシャツ]『アメリカ海軍の制服がルーツなだけに、デザインはメンズライク。ここに肌感のあるインナーやメリハリシルエットを加えることで、彼のシャツを着たような女らしさ際立つ色っぽスタイルが叶うんです♡』

彩度を抑えた赤なら、黒とのコントラストも強く見えずおしゃれっぽく馴染みます。ベージュを挟んだり白バッグで抜け感を作ったり、軽さをMIXするのもポイン!

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumin) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【6】黒ロングスカート×ブラウンジャケット×ボーダーカットソー

02[彼っぽCPOシャツ]『アメリカ海軍の制服がルーツなだけに、デザインはメンズライク。ここに肌感のあるインナーやメリハリシルエットを加えることで、彼のシャツを着たような女らしさ際立つ色っぽスタイルが叶うんです♡』

BIGサイズのCPOジャケットに、ラフなボーダーを仕込んでより今っぽく。黒スカートや黒小物でモノトーン面積を増やすことで、カジュアルなジャケットも大人っぽく着こなせます。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【7】ベージュロングスカート×ブラウンジャケット×白カットソー

01[あいまいベージュ]『どっちつかずの色合いでやさしげなムードをメイク♡』

セットアップ風にまとめたタンク×ケーブルニットスカートに、ウエストマークができるジャケットを無造作にはおる。きちんとしつつもどこか色っぽくてたおやかな空気感が出る、ベージュ×ブラウンの魔法に釘付け♡

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【8】ベージュロングスカート×ベージュジャケット×ラベンダーインナー

01[あいまいベージュ]『どっちつかずの色合いでやさしげなムードをメイク♡』

ダブルジャケットやマーメイドスカートなど、キレのあるベージュアイテムには美女ムードのラベンダーがお似合い♡ コンサバにならないよう、カットソー素材でほんのりラフな味付けを!

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【9】白柄ロングスカート×コーデュロイシャツ×ブラウンニット

01[あいまいベージュ]『どっちつかずの色合いでやさしげなムードをメイク♡』

ヴィンテージ風の花柄スカートに、コーデュロイ素材のCPOシャツ。今っぽさたっぷりの組み合わせこそ、あいまいベージュのワントーンで上品&好感度高く。ハイネックなど、露出度控えめなアイテムを軽快に見せてくれるところも心強い♡

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

ロングスカート×アウターの冬コーデ


【1】白ロングスカート×ベージュジャケット×白タートルネック

No/02白タートル『上品かつフェミニンな印象の白タートルは、上質なカシミア素材でクラス感もアップ。レイヤードで中に仕込むことで、顔周りがパッと華やぎ、女性らしいやわらかさを与えてくれます。』

甘いオール白コーデは、ミント色のジャケットでカジュアルにシフト! はおるだけでサマになるオーバーサイズのシャケットが、絵になる着こなしを叶えます♡

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】ピンクロングスカート×グレーアウター×白カーディガン

重くなりがちなビッグコート×ロングスカートスタイルには、コンパクトなミニ丈カーデで目線を上げてスタイルアップ。爽やかな白Tをインナーに挟めば、抜け感UPでこなれた雰囲気に仕上がります。ふんわりとした淡色コーデは濃い色アウターで引き締めて。

CanCam2020年2月号より 撮影/的場 亮 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】ベージュロングスカート×チェック柄アウター

メンズライク になりがちな>>>旬のチェックシャケットは女らしく振って!『この時季、コートの中の温度調節アイテムとして活躍するシャツジャケット=シャケット。カジュアル感が強めだから、女っぽいシルエットやアイテム合わせで野暮ったさを回避!』

品のよさとマイルドな表情を持ち合わせるベージュ配色で、ほんのり甘いムードを演出♡ カジュアル見えするシャケットも、起毛感のある素材や優しげなカラーリングで好感度の高い愛らしさをGET。マーメイドラインのスカートでエレガントな女っぽさも手に入れて。

CanCam2020年2月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】黒ロングスカート×チェック柄アウター×白パーカ

かっちりして 真面目っぽい印象がある>>>チェックアウターはオーバーサイズで今っぽく『1枚はおるだけでスタイリングが決まるチェックアウターは、ゆるっとしたオーバーサイズで今年らしいシルエットをメイク!メインが引き立つように、中はシンプルにまとめるのが◎。』

パーカとレーススカートを合わせたきれいめカジュアルコーデ。足首に届くくらいのスーパーロング丈コートで、トレンド感をさらに後押し。ざっくりはおれるビッグサイズのコートなら、カジュアルなパーカとも相性よくまとまります。

CanCam2020年2月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】赤ロングスカート×チェック柄コート×ブラウンニット

かっちりして 真面目っぽい印象がある>>>チェックアウターはオーバーサイズで今っぽく『1枚はおるだけでスタイリングが決まるチェックアウターは、ゆるっとしたオーバーサイズで今年らしいシルエットをメイク!メインが引き立つように、中はシンプルにまとめるのが◎。』

やわらかな淡いチェックと落ち感のあるシルエットが、しなやかなルックスを叶える冬コーデ。品よく取り入れやすい柔和なチェックコートは、ブラウンやキャメル、冬らしいカラーでまとめてウォーミーなかわいさをまとって。

CanCam2020年2月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】チェック柄ロングスカート×ベージュアウター×ピンクタートルネック

チェックスカートは地味見えしがちだから>>>多色チェックスカートで華やかに!『シックな色合わせのチェックスカートにはマンネリ気味…。そんなときは、1点華やかな多色チェックスカートを投入。トップスは柄の中の1色を拾うと統一感が出て大人っぽさUP!』

ツイードチェックの絶妙なニュアンスで、甘いピンクのワントーンコーデを格上げ。品格漂うチェックのタイトスカートは、華のあるキャッチーなミックスツイードで脱無難!

CanCam2020年2月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】ラベンダーロングスカート×カーキアウター×黒タートルネック

SUKE KNIT : 4 リブ透け『センシュアルなリブ透け。ニットとは異なる色のインナーや柄モノをガッツリ透けさせて、セクシーよりも洒落たムードで着こなしたい!』

ジャケット×パープルのロングスカート。一見きれいめな着こなしには、ボーダートップスをINに重ねてコーデに大人な遊びゴコロを。透け感のおかげで黒のレイヤードも軽やかに仕上がります♡

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】黒ロングスカート×ピンクコート×白インナー

SUKE KNIT : 4 リブ透け『センシュアルなリブ透け。ニットとは異なる色のインナーや柄モノをガッツリ透けさせて、セクシーよりも洒落たムードで着こなしたい!』

シンプルなタートルも透け感で鮮度UP♪ インナーキャミとスカートの色をブラックでつなげてまとまりを意識したら、差し色のモーヴピンクで女らしさをもうひと盛り♡

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】イエローロングスカート×ネイビーコート×ベージュブラウス

SUKE KNIT : 4 リブ透け『センシュアルなリブ透け。ニットとは異なる色のインナーや柄モノをガッツリ透けさせて、セクシーよりも洒落たムードで着こなしたい!』

ブラウス見えするノーブルな透けベージュのトップスを、トレンドのカラースカートにIN! 旬のブラウスは、透明感のあるシアー素材と華奢なランダムリブがエモかわ♡ ネイビーのロングコートで大人っぽくまとめましょ。

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/坂口勝俊(sui) モデル/まい(本誌専属) 構成/石黒千晶

【10】チェック柄ロングスカート×グレーコート×白ニット

SUKE KNIT :3 マジメ透け『知的なベーシックカラーの透けニットなら、会社にも対応可!長袖や同色インナーに重ねて、肌感をセーブするのがポイント。』

チェックのロングスカートに白のクロシェニットを重ねた個性派コーデ。下に黒ニットを仕込んで白ニットの透け感を引き立ててれば奥行きのある印象に。ダークトーンを明るく仕上げる白ニット重ねがポイントです。

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶  

 

>CanCam.jp TOPに戻る