失敗しない!「ロングスカート×アウター」のトレンドコーデ20選|今っぽい全身バランスの作り方

ロングスカート×アウターのおすすめコーデを大特集

3 フレンチなカジュアルコーデはラベンダーの小花柄を効かせて

羽織り次第で雰囲気が変わる「ロングスカート×アウター」のおすすめコーデを大特集! 人気継続中のロングスカートに、ロングコートやジャケット、CPOシャツなど旬のアウターを合わせたトレンドコーデを紹介します♡ ロングボトムをバランスよくおしゃれに着こなす最旬コーデがいっぱいです。

ロングスカートに合わせるアウターのポイント

トレンド続行のロングスカートは、きれいめに着こなすならロングコートやジャケット、カジュアルならデニムジャケットやカーディガンを羽織るのがおすすめ。TPO別に合わせるアウターで印象が変えられます。CPOジャケットなどショート丈のアウターは体が泳ぐような大きめのシルエットが今っぽい! ロングアウターはイエローやブルーなど、きれい色のアウターで普段のコーデを華やかにするのも効果的です♡

  1. トップスはスカートインすると脚長見えしてスタイルアップ
  2. 短め丈のアウターはゆったりシルエットのものが今っぽい!
  3. ロングアウターはイエローやブルーなどカラーアウターもおすすめ

ショート丈アウター×ロングスカートの着こなし

【1】エクリュアウター×ピンクロングスカート×ブラウンニット×黒スニーカー

モカブラウンのニットとくすみピンクのスカートをつないだ、コクのあるインナーコーデにジャケットをON! くすみ系のカラーでまとめることで、おしゃれっぽさもUPします♡ 今っぽい空気感をたっぷり含んだ感度高めの着こなしには、力の抜けた黒コンバースでこなれた足元をメイクして。

CanCam2020年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/森野友香子(Perle Management) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【2】エクリュアウター×白ロングスカート×白インナー×ベージュスニーカー

No/02白タートル『上品かつフェミニンな印象の白タートルは、上質なカシミア素材でクラス感もアップ。レイヤードで中に仕込むことで、顔周りがパッと華やぎ、女性らしいやわらかさを与えてくれます。』

タートル・スカート・スニーカーをホワイトで統一した甘めコーデは、トーンを崩さないエクリュ色のCPOジャケットでゆるカジュアルにシフト! 今っぽいシルエットを作ってくれるオーバーサイズジャケットを羽織ることで絵になる着こなしが叶います♡

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【3】白アウター×グレーロングスカート×マスタードインナー

かわいいカジュアル・菜波はこの3アイテムで恋愛運UP

顔映りバッチリなイエローニットに、きちんと感も漂うレザー風のシャツをはおって今年っぽく。タートルニットとプリーツスカートのフェミニンコーデを程よくカジュアルダウンしたいときは、オーバーサイズのシャツジャケットを投入するのがおすすめです。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【4】白アウター×花柄ロングスカート×ブラウンバッグ

大人フェミニン・ほのかはこの3アイテムで対人運UP

ちょっぴり特別感を出したいデートシーンは、大人っぽい花柄スカートで参戦♡ おしゃれ感と大人っぽさを両立する長め丈のスカートに、白のショート丈コートで女らしさをプラス。表情まで明るくなるコートをONすると今っぽい大人フェミニンが完成します。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【5】ベージュアウター×パープルロングスカート×白ニット

あか抜けてる人は…「あしらい」が今っぽい

ベロアのロングスカートをベージュのきちんとジャケットで大人めにコーディネート♡ ピンストライプの裏地がかわいいジャケットは、袖を少しだけ折り返してちらりと見せて。インナーにアイボリーのタートルを合わせて顔まわりは明るく仕上げましょ。

CanCam2021年2月号より 撮影/土山大輔 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫真梨子 構成/鶴見知香

【6】黒アウター×白ロングスカート×グレーインナー×黒ブーツ

黒60%以上のかっこいい系モノトーンが基本辛口キレイめ安未style

ビッグカラーの今年っぽいコートに、グレーのタートルや白のフレアスカートを合わせたモノトーンコーデ。あえてのBIGシルエットとロングスカートのバランスも今っぽムードの秘訣。黒アウターに効き目のある真っ赤なミニBAGがアクセントになり、コーデのメリハリもアップします。

CanCam2021年1月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【7】チェック柄アウター×白ロングスカート×オレンジニット

ヴィンテージ風小物でまちゅレトロ♡

ブラウンチェックのテーラードジャケットは、着るだけでコンサバ感がプラスできる上品アイテム。印象が落ち着きすぎないように、インナーにオレンジのタートルネックを合わせるとフレッシュに着こなせます。ボトムは白スカートですっきりまとめてきれいなお姉さん風に。ベルトのウエストマークやレースアップブーツで加えるアクセントも今年っぽい!

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company/人物) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/ 構成/石黒千晶

【8】グレーアウター×白ロングスカート×パープルインナー×黒ブーツ

女っぽさと洒落感が高まる楓レザー

流れるような曲線が美しいマーメイドスカートをツイードジャケットで大人モードに。きれいめな組み合わせでもコンサバすぎないのは、今っぽいレザースカートのおかげ。トレンドの重ねタートルはパープルを選んでフェミニンに。足元は黒のヒールブーツでキレ味よくまとめましょ♡

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】デニムアウター×イエロースカート×白Tシャツ

レディなスカートを、今っぽゆるGジャンでカジュアルダウン!Gジャン×ナロースカート『今季、Gジャンは色や形がバリエ豊富! おしとやかなナロースカートと合わせれば、男女ともに好印象な程よいカジュアル感♪ 』

ロマンティックなティアードスカートは、ロゴTでテンション高めに♪ ウォッシュGジャンの袖をくるっとまくって、フェミニンなスカートをラフに着こなすのがポイントです。TシャツやGジャンを合わせると、甘さのあるスカートにこなれ感がプラスできます。

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【10】ピンクアウター×ベージュスカート×白Tシャツ

Item4 大人くすみピンク

フォトTシャツ×サテンスカートのゆるカジュアルに、ピンクカーデをプラスすればほんのりフェミニン♡ ざっくり感がかわいいくすみピンクのカーデなら今どきのラフさもGETできます。ラインのきれいなベージュのナロースカートは、TシャツをOUTで着てもずるっと見えずバランスよくまとまります。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

ロング丈アウター×ロングスカートのコーデ

【1】ブルーアウター×ベージュロングスカート×テラコッタトップス

軽めのロングアウターとフレアロングスカートの重めシルエットが今旬。背抜きコートでトップスをのぞかせて、ブルー×テラコッタオレンジのカラーMIXを楽しんで♪ 靴は華奢なサンダルですっきり抜けを魅せるとバランスよくまとまります。

CanCam2020年5月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/Midori モデル/菜波(本誌専属) 構成/田中絵理子

【2】イエローアウター×チェック柄ロングスカート×ベージュブラウス

この春注目のトレンドカラー!YELLOW『ブルベの人は…レモン』

イエローの春コートは落ち着きのあるブラウンスカートに合わせて上品に。やわらかな発色のイエローをブラウンやベージュになじませると春らしいフェミニンムードが漂います。コーデがぼんやりしないように、足元はシャープなブーツで引き締めて。

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【3】白アウター×ラベンダーロングスカート×ラベンダーブラウス

大人フェミニン ほのか『カシュクール風ニットでゆったり余裕感を醸し出す!』

ニット×スカートはラベンダーカラーを軸にしたグラデーションでまとめて春らしく。白のコートやライトグレーのブーツなど、締め色を使わずふんわりとまとめるのがラベンダー色の華やかさを活かすコツ。全体をアイシーカラーでまとめて透明感のある女らしさをメイクして。

CanCam2021年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【4】ネイビーアウター×花柄ロングスカート×白Tシャツ×黒ベレー帽

3 フレンチなカジュアルコーデはラベンダーの小花柄を効かせて

ロゴTシャツ×ロングスカートのカジュアルフェミニンな着こなし。ネイビーのロングコートとベレー帽など、Parisガールっぽい合わせが新鮮です! インナーはロゴTを足してカジュアルに着くずせば都会的な花柄コーデが完成します。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】白アウター×キャメルロングスカート×ブラウンニット×ベージュブーツ

GAP『高見えベーシックならここ。着回し力は右に出るものなし』

ロング丈のプリーツスカートは、コンパクトなタートルニットですっきりと。きちんと感のあるキャメルのワントーンなら休日はもちろん通勤シーンにも活躍します。白いコートを合わせて優しげな配色にまとめたら、オレンジのバッグでコーデをシャープに引き締めて。軽やかな白コートなら、ロング×ロングのシルエットもすっきりとまとまります。

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 構成/山木晴菜

【6】ピンクアウター×花柄ロングスカート×白ニット×ブラウンブーツ

大人フェミニン・ほのかはこの3アイテムで対人運UP

パッと目を惹くモーヴピンクのコートは、ほんのりくすんだ色味が大人かわいい印象に。花柄スカート×白ニットの王道モノトーンコーデにはおれば、華やかさも鮮度も高まります。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【7】ブラウンアウター×レースロングスカート×ブラウンニット

どこかに〝ひらっと〟女のコらしいときめきを♡大人フェミニンほのかstyle

トレンドのブラウンニット合わせで王道のレーススカートも新鮮に。キレイめシルエットが挑戦しやすいココアブラウンのコートも、ブラウンのニットやスカートの馴染ませカラーにぴったりです。ラベンダー色のスカートとも相性抜群!

CanCam2021年1月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【8】チェック柄アウター×ネイビーロングスカート×黒ニット

軽やかに、しなやかに、リバーコート

スリット入りの着流し風コートをラフにはおって、感度高めのハンサムフェミニンStyleに。コートの下は黒ニット×ネイビースカートでシックにきめてブラウン系のチェックコートをおしゃれっぽく引き立てて。

CanCam2021年1月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】イエローアウター×ドット柄ロングスカート×ブラウンニット

美月パステルで優しく、甘く♡

薄いブラウンのVニットにドット柄のプリーツスカートを合わせたレディなコーデ♡ 黒やブラウンでなく柔和なムードが漂うイエローコートでやさしくまとめると、印象もぐっと明るく仕上がります。ぼやけた印象にならないように、小物はブラックで美人なムードに引き締めて。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 構成/石黒千晶

【10】ミントアウター×エクリュロングスカート×エクリュパーカ

軽やかに、しなやかに、リバーコート

エクリュカラーでまとめたトップス×スカートに、やわらかなライトグリーンのコートをプラス。二重織りのリバーコートをばさっと羽織ると、ニュアンスのあるラフでやさしいコーデが完成します♡

CanCam2021年1月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

アウター合わせでロングスカートの雰囲気をチェンジ!

ロングスカート×アウターのトレンドコーデをご紹介しました。シンプルなロングスカートコーデにはカラーアウターを合わせて華やかさを出したり、ロングスカート×ロングアウターのゆるシルエットでこなれ感を出したり、アウターの丈感や色で定番のロングスカートに今っぽさを演出して♡